スキー場経営の裏事情。

テーマ:
スキー場には

メチャメチャ電気代がかかります。

燃料代も含めた水道光熱費は

うちのグループでいうと

高いスキー場で2憶7千万
安いスキー場で800万くらいです。

人工造雪機のあるスキー場は規模がでかいほどかかります。

そこでこの冬しか使わない機械のために

多くの電力会社で

ウインタープランがありますが、

関西電力と北海道電力にはこれがありません。

ウインタープランってやつは

降雪機、造雪機に適用され、夏の電気代の基本料金がかからない。そんな契約です。


なので、このエリアでは新電力と契約した方が賢明力ということになります。

ナイター照明のLED化はかなり節電になります。


たくさんつかっても
まいどおおきにとはいってくれない電力会社さん

なるべく節電できるよう
業界あげて対策が、必要なんだとおもいます

そのうち
ハイブリット型のモーターとか
リフトに組み込めれば
もっと節電できるかな。
AD

コメント(1)