追憶のゲレンデ

テーマ:




有名なブロクの題名を拝借してすみません

もうこの写真ではなんのこっちゃらわからないが

ここにはアルペンローズという
結構なサイズのスキー場があった。

閉まったのはもうずいぶん昔。

1度も滑ったことがない。
なんかとても残念だ。

ファミリーとか開けた感じは圧倒的にはアップカンナベ。

その昔国体もやった万場や
いまはなき名色
奥神鍋といいスキー場がめじろ押しな神鍋地区にあって厳しい戦いだったかもしれない。

スキー場の生き残りはやはり役割を見出だすことなんだと思う。

むしろ役割を探し続けて表現し、伝え続けることといったほうがいいかもしれない。

立地だけで役割があるところもあれば

大規模スキー場のとなりで
役割なくしてどうにもならない場所もある

地域の都合をいう前に

役割をもってそれを果たすことが大切なんだろう。


今日は奥神鍋のスキー連盟事務局で会議があり帰り。

マキノと並んで関西のスキー文化発祥のこの神鍋にくるとホント色々考えさせられる。

追憶のゲレンデをつくらない。

それって大切。




Android携帯からの投稿
AD

コメント(1)