修復? 離婚? 夫婦問題はあってあたりまえ  夫婦カウンセラー 立木ミサ

どんな夫婦にも問題はあるのがあたりまえの時代です。
夫婦カウンセラーは心のトレーナーです。


テーマ:

夫婦カウンセラーの立木ミサです。

 

クローバー「夫婦問題になる夫婦」がブログ村夫婦再構築

注目記事1位になりましたビックリマーク

ありがとうございますビックリマーク

 

ようやく梅雨らしいシトシト降る雨が・・・

あまり気持ち的にはよくないですが、

必要な雨なのだと思います。

 

よくね、子どもの教育方針で夫婦に亀裂が入ります。

そんなに習い事させなくても。

塾もほどほどに。

という一方の親に対して、

「必要なのだ」とガンとして

「子供のため」を盾にゆずらない・・・・。

 

まあ多くの場合で、

妻である母親がイニシアチブを

握ることが多いかと思います。

 

最初は抵抗を試みる夫である父親ですが、

いつしかフェイドアウトしていくことになり、

そうこうするうちに、

夫婦からもフェイドアウトしてしまうことも――。

 

「子供のため」とという魔法のような言葉ですが、

やはり、育てていくうえでは

両親の意見の違いは埋める努力なり、

譲り合うことも必要だと思います。

 

だって子育てに正解なんてないのに、

「子供のために」といったって、

わからないわけです。

実際のところ。

ほんとかどうかは。

 

正解があればみんなやっているはずでしょうし

間違えることもないでしょう。

だけど、うまくいかないことがあったり

思ったようにはなっていなかったり、

人間ですからね・・・。

そういうものだと思います。

そこで思考錯誤していくのが大事?

 

だから、あまり絶対的な意見というのはないと思います。

そうしたいという希望だけでしょう。

 

今は習い事を小学1年生でも

6個もやっているという家庭もありますし、

毎日学校終わって習い事?

大変だなぁと思います。

でも子どもってボーっとしているときに育つといいますよね。

または幼い子どもはとくに遊びが

そのまま学習とも。

机上や誰かに教えてもらうことよりも

大事なことというのは

きっとたくさんあるんでしょうね、と思いますよ。

 

私立の小学校や中学校進学でも

両親の意見がわかれて夫婦問題になることも

よくあります。

 

一方は進学、一方は公立でいい、とか。

進学先でも意見が割れたり。

そういうときはゴリ押しはしないで、

やはり相手の言い分というか、

意見を聞いてみて、ちゃんと考えてみることが

大事な気がします。

 

何しろ正解はないのですから。

 

よく中学受験は子どもがしたがっているから、

というのがありますが、

そうは言っても、中学受験までは親の意見だ、と

ある中学進学を手掛ける

著名な家庭教師の先生がおっしゃっていました。

親が決めるべきことだ、と。

そうだと思います。

それを「子どもが言っている」というのは

ちょっと詭弁に感じてしまいます。

 

せっかく子供のためを思ってなのですが、

ちょっとベクトルがずれてしまうと

夫婦もおかしなことになるし、

子ども息苦しいし、

毒親なんて言われちゃうことにもなりかねません。

 

大事なことは

子どもが何が好きでどんなことに秀でていて

どうやったら伸ばしてあげられるか、

ではないかと思います。

 

 

 


20分無料電話相談受付中 !   
 070-6965-5522

無料メール相談はここから送信してください

HPはこちらからどうぞ

 

 

 

  こちらもよろしくお願いします 
   
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ


メールマガジン購読の登録はこちらから

 

 

 

 
コメント(0)  |  リブログ(0)

夫婦カウンセラー 立木ミサさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります