修復? 離婚? 夫婦問題はあってあたりまえ  夫婦カウンセラー 立木ミサ

どんな夫婦にも問題はあるのがあたりまえの時代です。
夫婦カウンセラーは心のトレーナーです。


テーマ:
夫婦カウンセラーの立木ミサです。

「夫の気持ちがわからない」というのは、
夫婦問題を抱えている妻は誰でも思うことです。

行動と言葉の違いだったり、
行動そのものの意味だったり、
相手の考えていることが見えなくなってしまいます。

確かに浮気といったような問題だったりすると
ある一定の方向性みたいなものはあったとしても、
それでもそれぞれに性格も環境も違うので
態度や行動、言動も違います。
ひとことで浮気といっても
そんなことで家庭を捨てる気になるのか、
という人もいれば、その逆の人もいます。
一概にはとてもくくれません。

浮気以外の問題でも
どうにも理解のできない行動や
なんでそんなことができるのか、といった行動に
翻弄されるようなことがあります。
夫の心のなかにある部屋に
どうしても踏み込めないんですね。

男性はどこかで孤独を
求めているものだといいます。
そうした時間が必要だというのも。
そのココロの部屋のなかに
何があるのかは
本人でないとよくわからない。
もしかしたら本人も
はっきりとわかっていないことも
あるくらいです。


悪いことだとわかっているけれど止められない。
またはわかっているけれどやらずにはいられない。
離婚したら悲しむ人がいるのはわかっているけど
離婚したい(これといった理由はなくても)。

それがどんどん高じてしまうと
本人自体が混沌としたなかにいて、
自分が起こしている行動の意味さえ、
どちらに向かっていっていいのすら
わからないという状態に陥ります。

ときには離婚といいながら
まったく逆の行動をしている人もいますし、
もっとになると「どうしたらいいんだ」と
自分の起こした行動に対して言ったりします。

そういうときは
相手のココロの部屋に何があるのか
知ろうとしても難しいし、知ったところで対処の方法はないし
混沌としていて、本人自体がバラバラになりかけている
ような状態なので、そのことに目を向けない
ようにした方が賢明です。

翻弄されてしまいます。
ココロの部屋にあるものを知ったところで
それをどうにかできるわけでも
妻の側が受け取れるとは限らないないもの
だったりするからです。
知ったことに対して対処法がいつもあるわけではないのです。
その人、個人のココロの問題なのかもしれないので。

もっと冷たい言い方をしてしまうと
「そんなの知るか! 」って言いたいような
ことが部屋のなかにあることもあります。
夫のココロの部屋と家庭の運営とか
婚姻関係というのは、なぜか少し距離があります。

夫婦といえどもわからないことはあるし
そのことを自分が受け取れるかどうかは
まったくわからない。
そういうココロの部屋があるのだと認識して
おくことがいいのじゃないかと思います。
問題はその部屋の中味ではなくて
今夫婦に起きている事態に対してなのだと思います。

20分無料電話相談受付中 !   
 070-6965-5522
無料メール相談は
ここから送信してください

HPはこちらからどうぞ

  こちらもよろしくお願いします 
   
人気ブログランキングへ 

にほ
んブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ


メールマガジン購読の登録は

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

夫婦カウンセラー 立木ミサさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります