みやこマンの『どんな時も、いつも上機嫌!』

日本中の職場を上機嫌にする★みやこマン社長★の徒然なるブログです


テーマ:

№3810

 

リーダーとかマネージャーにとって「危機感」は、原動力になる。

顧客動向や市場動向を観察して、分析して

健全な危機感を持てない奴はリーダーやマネージャーに向いてない。

 

一方で、メンバーの原動力は「安心感」。

メンバーに安心感を与えられない奴は

やっぱりリーダーやマネージャーには向いていない。

 

この人の部下でいれば、大丈夫。挑戦できる!

とか、この人の後輩でいる自分は、間違いなく成長できる!

メンバーにそういった「安心感」を与えれる

そんなリーダーやマネージャーでなければアカンよ。

 

 

組織にボスは必要ない。良いリーダーが必要なんだよ。

頭千切れるくらい、考えなさい。

 

 

ほな、上機嫌でパー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「   ひとりごと」 の記事

テーマ:

№3809

 

2020年。東京で二度目のオリンピックが開催される年ですね。楽しみです。日本に住むスポーツ好きとしては、最高にワクワクする楽しみな年、今から待ち遠しい気分になる2020年です。一方、ビジネス・経済的には2020年は大きな転換点になることは間違いありません。過去のオリンピックから、開催国の経済成長率を見ると、開催年の翌年はやはりどの都市もガタンと成長率を落としています。それだけではなくもっと興味深いのは、1988年のソウル五輪以降の全て開催国の経済は開催年の2年前にピークアウトしているというデータがあります。2020年にオリンピックを控える日本では2017‐18年にピークアウトするということです。そして2020年以降、経済状況はガタンと、難しい局面に入ります。「2020年以降は、崖だ!」と言っておられる方もいらっしゃいます。

 

 

需要低迷、少子高齢化、財政問題、安倍首相、日銀黒田総裁の任期などなど理由を挙げれば、いくらでも上げることはできます。でも、それよりももっともっと私たちが意識しなければならないことがあります。それは2020年に自分自身が何歳を迎えているのか?です。私の場合は2020年に45歳になっています。会社は30期になります。45歳ですから、まだまた20年や25年はビジネスの最前線で経営に携わっていく年齢です。加えて、家族。子供たちは幾つになっているのか、その時にどのような費用が掛かってくるのか、親は幾つになっているのか。そう考えると、2020年がどんどん自分事になっていきますね。

 

 

2020年に大きな転換を迎える市場環境の中で、それ以降の自分の在り方。仕事の仕方。稼ぎ方。などをしっかりと見据えて、もう準備を始めなければいけない。30歳でグループマネージャーになりたいというキャリアビジョンを持っている人、35歳で幹部職になりたいと思っている人、40歳で役員になりたいと思っている人、、、社員さん一人ひとりが2020年に自分がいくつになっているのか、そして2020年以降自分の担っている仕事を、どのような環境下で、どのように成長発展させていくのか。自分で考え、愚直に実行していかなければ、もうそんなに時間はありません。来年か再来年には、ピークアウトし潮目が変わりだします。

 

 

すでに出来起こっている未来。来るべき未来の当事者として立ち位置を整えなければなりません。幸い、現在の当社とそこで働いている私達は、とても恵まれた経営資源と経営環境を与えられています。チーム・個人が恵まれた状態でいる今、次の準備を始めること。手を打つこと。始めましょう。まったなしでアンテナを張り巡らせる時ですね。

 

そんな気付きと学びと発見にあふれた大阪出張でした爆  笑

 

 

 

ほな、上機嫌でパー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№3808

個人の集まりが、チームになって

チームが、組織へと進化していく中で

そこに集まっていた、ただの個人の

存在価値や付加価値や自己重要感

そして幸福度が増していくんだよ。

 

一つの理念のもとに集い

コアコンピタンスを磨き

共通のビジョンへと向かう

 

 

今年も経営計画書を社員みんなで書き上げました。

戦略立てて、戦術決めたら、あとは戦闘するだけ。

さぁ、未来に何をもっていこうか!?

 

 

 

ほな、上機嫌でパー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№3807

今も経営者としては若い部類に入る私ですが、駆け出しの経営者だったもっと若い頃、ある先輩がいってくれたひと言。「仕事がシンドイとか、仕事のストレスだとか、体調がよくないとか落ち込んでいて、他人が心配や同情をしてくれるのは社員さんだけ、経営者がそんなコト言っても誰からも心配も同情もされないよ、あいつアホちゃうか。実力無いなとジャッジされるだけ。」

 

 

 

バタバタ出張続きで身体がシンドかったり、新しい人事の事などで、最近は「はぁ、鉄のメンタルを手に入れたい…」が口癖になりつつありますが、やっぱり仕事が一番のビタミン剤でした。仕事が面白いと人生が面白くなる。人生が疲れない。コレ本当ですね。昨夜の就活居酒屋®︎9月開催。大学3年生中心になってきた就活居酒屋®︎。ヤングなキッズ達に囲まれてエネルギー沢山いただきました!


 

さぁ来月はついに豊田市開催!みなさん、お楽しみにっつ。( ̄▽ ̄)

http://tsunagu-prj.org/

 

 

ほな、上機嫌でパー

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№3806

努力をして後悔した人を見たことがない

練習して下手になる人もいない

勉強して馬鹿になる人もいない

何かをして変わった人はいても

何もしないで変わった人はいない

 

「挑戦」の二文字で

チームは何度でも生まれ変わる。

 

 

ほな、上機嫌でパー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№3805

 

昨日、あるプロジェクトに参画してくれている大学生とのやり取り。そのプロジェクトのmtgがてら本日ウチの本社オフィスのミーティングブースを使いたいっていう申し出があり、、、

 

学「オフィスって何時からオープンしていますか?」

 

私「6時」

 

学「はやい!台風きてるのに。。。」

 

私「台風や大雪で派遣スタッフさんたちやお客さんに不都合がおこりそうな日は社員達が自発的にもっと早く出社してるよー。5時とか。」

 

学「ハタラクって大変ですね」

 

私「あはは、そんなことないよ。楽しんでやっている。人の役に立ちたくって働いてる。だから、台風きたり、大雪の日は、みんな「おっしゃー!俺の出番きた!」って、自発的に早く出社してる。自分も雨や風や雪で大変なのに、普段よりウンと早く出てきて、不測の事態や連絡に備えてるよ。( ´ ▽ ` ) 」

 

学「教師をしている私の兄は、台風直撃して学校休みになればいいって言ってますよ・・・」

 

 

学生さんには理解できないかもしれないけど、人ってね、みんな誰かの役に立ちたいって思ってるんですよ。役に立ちたいって思って働いている。だから周りの人がピンチとか、困ってると「よっしゃ!自分の出番が来たっっ!!」って燃えるんだよ。本気で働く大人の集団って。

 

人は他人の役に立ったとき、自分の価値を再認識して、感謝とか自己重要感を手に入れるんだよ。そんな話をしました。

 

 

ほな、上機嫌でパー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№3804

「鈍刀を磨く」

 鈍刀をいくら磨いても無駄なことだというが

 何もそんな言葉に耳をかす必要はない

 せっせと磨くのだ

 刀は光らないかもしれないが

 磨く本人が変わってくる

 つまり刀が すまぬすまぬ と言いながら

 磨く本人を光るものにしてくれるのだ

 そこが甚深微妙(じんじんみみょう)の世界だ

 だからせっせと磨くのだ

  (坂村真民 翁)

 

私は、あらゆる勉強、講演会、授業などいわゆる「学ぶ」機会で、配布される資料やテキスト・メモ用紙を使わずに、自分が参加した勉強会や講演会などの気付きや学びは、一冊のノートにまとめています。会場で配布されるテキストや資料をノート替りに使ってメモしても、そのテキストや資料を後から引っ張り出してきて見直すことはありませんが、毎回、どんな場所でも同じ一冊のノートにまとめていると、つねに見返し、見直すことが出来ます。その「じぶんノート」、もう何冊にもなりますが、ふとひらいたノートの冒頭、見開き一ページ目に真民先生の「鈍刀をみがく」が書いてありました。

 

 

そしてそのノートの最新のページには、先般、あるお師匠さんから頂いた「若いウチから清濁併せ呑むなどとバカなことを言わせるな、濁ったものがやってきたら突っぱねる!そんな正義感をしっかりと自分の中に育んでいきなさい。」という言葉が書かれています。

 

神様は人間に「繰り返し行うと、上達する」という特性を与えたといわれます。

努力。ですね。努力が道を拓きます。胸張って努力します。

 

 

 

ほな、上機嫌でパー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№3803

 

9月に入りましたね。残暑との戦いが続きます。USBメモリってスグにどっかへ行ってしまいがちでなので、失くしてしまうことがないようにキーホルダーを付けました。存在感のあるキーホルダーのおかげで、失くなる心配はなさそうです。

 

6月末に決算を迎え26期に入っている当社です。6月末に決算ですから、8月は株主総会や決算報告、そして毎年9月に発表している経営計画書の立案など、いわゆる「経営」に関することにアレヤコレヤと思いをはせる一か月でした。30期へ向けた中期経営計画のスタート年でもある今期。会社は大きな変わり目へ向けて一歩一歩しっかりと歩みを進めています。若手メンバーは日一日、確実に力と自信をつけていっています。中堅メンバーも本業集中・原点回帰の今期方針をまさに体現してくれるべく頑張っています。マネジメントメンバーは、そんな若手・中堅メンバーの頑張りがキチンと成果につながるように、必死にもがきながら考え、動きを作り出しています。中小企業ですから、全員参画の全員経営です。全員がアレもやり、コレもやる。全員参画の全員経営が、個人と組織を成長させます。

 

 

現状否定からは何も生まれない。今あるものをあるがままに受け入れる、その肚を括り、現状肯定からしか、新しいものは生まれません。

 

今あるもの、今いる上司・部下・同僚、今いる顧客、今あるお金、今あるサービス、、、、今ある経営資源・自分に与えられた環境に対して、否定してネガティブになって、新しいパワーは生まれません。今ある経営資源や与えられている環境を肯定した時、そこが出発点になり、新しいものが自分の中に生まれくるのです。

 

 

繰り返しになりますが、現状否定からは何も生まれない、より幸せに、物心両面で豊かに、思った人生をおくりたいのなら、現状肯定から歩き出していくしかありません。肚括りです。

 

 

創業事業であるFE(築炉設備工事)、現在の主力のHR(人材系事業)、新芽が息吹だしたLABO(NPO・コンサル事業)の主要各事業。加えてもうすぐ公にできる新事業、不動産管理、海外事業、それにマネジメントサイドの再構築。採用人事、制度改革、風土改革、、、etc。取り組むべき課題は山積です。すなわち活躍の場がいっぱいあるってコト。一つひとつ上書き保存していきます。

 

さぁ、人生は上書き保存だ。

 

 

 

 

ほな、上機嫌でパー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№3802

 

自由とは、好きなように気ままに生きることではなく

自由というのは、自分で決めて、最後は責任をとること。

それを「自由」というのだ。

 

 

毎月全社員で同じ経営雑誌【月刊 理念と経営】を一人一冊ずつ購入して「みやこ塾」という読書会・社内勉強会をおこなっています。事前に雑誌を読み、各自が設問表に回答を記入して持ち寄りって。私は全社員が記入した設問表に事前にコメントを入れさせていただきます。毎月毎月、社員さんの書いてくださった設問表を見ていると、社員さんの現在の心理状態、何かに悩んでいるなとか、良い感じでモチベーションが高まっているなとか手に取るようにわかります。

 

 

冒頭の言葉は、今月の設問の中で多くの社員さんが共感し、気付き・学びになったと書いていた野口健さんへの取材記事の一節です。「自由」「決断」「責任」。自分でやろうと決めた以上、その結果に対しても自分で責任を取らなければいけない。自由とは覚悟がなければ、けっこう辛いものです。

 

 

自由でいたいなら、決断と責任から逃げないでいることです。

 

 

 

ほな、上機嫌でパー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№3801

GW・お盆・年末年始と毎連休そうですが
いつも長期休暇の初日は「原点に戻る日」です。



現在はHR(人材派遣)事業中心に、LABO(採用コンサル)事業や、新卒採用や地域中小企業支援のNPO、それに海外事業、メディア事業など様々な事業を行わせていただいている当社&当社グループですが、25年前に当社が創業した時のお仕事は【築炉(チクロ)工事】事業です。700~1500℃前後の高熱で鉄やアルミニウムなどを溶かす炉、いわゆる工業用高熱炉のエンジニア事業でした。レンガ職人さんやスタッフさん達が、日々製鉄メーカーや自動車メーカーの工場や市町村の焼却場で、高熱炉の解体・再施工工事、保全工事をする、そんなお仕事です。私も学生時代や若い頃にはしょっちゅう現場に駆り出されていたもので、しっかりアルバイト代を稼がせていただきました。

このFE(築炉工事・保全工事)事業は、GWやお盆、年末年始など、世間が長期連休をとっている時期が一番の繁忙期です。通常時に高熱で稼働している高熱炉は長期連休の時にしっかりと修理や保全を行い、また連休明けに無事に安全に稼働するようにメンテナンスをします。

私たちの住むクルマの街は、本日より9日間の夏季連休。つまり、当社FE事業部にとっては夏の繁忙期のキックオフな訳です。HR事業もLABO、NPOもその他事業も、この築炉工事事業から派生して産まれていった事業です。毎日頭のてっぺんから足の先まで真っ黒になって戻ってこられる職人さん達のお世話やキャリア開発、教育をどんどんしていくことが、私たちの理念【働く人の笑顔創り】のベースであり、それをどんどん事業化していく中で【日本の職場を上機嫌にする】というビジョンに出会いました。それは学生時代や若い頃に、職人さんやスタッフさんと一緒になって超高温の炉の横や中に入って真っ黒になりながら毎日毎日レンガを積んだり解体したりした経験があるから、胸張って言える理念とビジョンです。


築炉工事を請負うFE事業部のお仕事は、今でも私たちにとって最も大切な事業なのです。だから毎連休初日は基本的に全ての社員が早朝から出勤し、職人さんやスタッフさんの送り出しや現場準備を行います。それが私たち都工業の「原点」ですから、これ絶対です。今朝からアチコチで現場が立ち上がっています。今朝も社員たちは職人さんが集合される1時間近く前から本社に集まって、立ち上がる各現場の段取りチェック、人員と保護具の確認、出勤してこられる職人さんやスタッフさんたちの体調確認や安全ミーティング等々し、各現場へ安全パトロールに向かいますし、営業採用だろうが新卒新入社員たちは連休期間中に築炉の現場での現場研修も行います。

みんな忘れたらアカンよ、現場で働いてくれる皆さんのお陰で、自分たちが仕事を与えてもらっているってことを。それが自分たちの原点なんだってことを。


さぁ!暑い夏に熱い仕事です。
皆さん、ご安全にっっつ!



ほな、上機嫌で

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)