みやこマンの『どんな時も、いつも上機嫌!』

日本中の職場を上機嫌にする★みやこマン社長★の徒然なるブログです


テーマ:
№3795

叔父が元々某フルコン系空手の師範代だったことや、漫画「空手バカ一代」の影響もあり私は子供の頃に空手をやっていました。空手に限らず武道を習いだすと、まずはじめは礼節・しつけを叩き込まれます。正しい正座から道場に入場する際の礼、師範や先輩・道場仲間への挨拶。それが出来るようになると「型」を徹底的に反復練習します。

よく武道を知らない方が「型なんかダンスじゃあるまいしっ」とネガティブにおっしゃられることがありますが、武道に於いて、型はその技術の最も効果的な動き、体重移動や、重心の置き方、手足の動き等を体に覚えさせるための重要な修練です。型が身に付くと、いわゆる組手という試合形式の稽古に進みます。組手にも約束組手、自由組手とあるのですが、いずれにしても、組手の強い人(一般的にイメージされる空手の強い人)は、おしなべて型がとても上手いものです。


礼儀・礼節と型を軽んじて強い空手家(武道家)なんて、いません。
これ社会人、ビジネスマンでも同じです。

社会に出たら、まず社会で通用する社会的常識(しつけ・マナー)を身に付ける必要があります。しつけ・マナーはあらゆる世代・性別・職業・肩書・出身地の方に対峙するビジネスのシーンで、どんな方と出会い対峙したとしても、相手に「良い感じ」「気持ち良さ」を感じて貰える技術・能力です。

そして次に、「型」です。営業ロープレや先輩への同行など反復して徹底的に練習を繰り返すことです。圧倒的な量からしか、質なんて生まれません。質にたどり着くまでは、とにかく量へトライするしかありません。型が身に付いて初めて、先輩に同行して貰っての営業デビュー、営業ソロデビューとなりますよね。


人間、土台が大切なんです。
その土台となるのが、しつけ・マナーと「型」です。


アインシュタインの有名な言葉に「常識とは、一人ひとりの人が、人それぞれに植え付けられた偏見の集合体である」という言葉があります。あなたにあなたの常識があるように、隣の人には隣の人の常識があります。さまざまな人の偏見の集合体(=常識)の中で、ビジネスを成功に導くには、自分自身が物心両面で幸せに過ごすには、やっぱり人間としての土台が大切なんでしょうね。

がんばりましょう!



ほな、上機嫌で
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
No.3794

【閑話休題】

昨日、西新宿のプロントでカレーランチ待ちの間にアイスコーヒーを飲んでいたら、
アイスコーヒーにポケモンいました。(O_o)
{4E8BB8F3-CD54-4EE6-8AF1-629174B5DA7F}
世界中で話題になり、ニュースになり、ついに日本配信が始まったポケモンGOです。ポケモン世代ではない僕にはチョットわからない事が多いですが、新しいモノに触れることは経営者・経営幹部として絶対に必要なコト!(数記事前のFADSの記事参照)てコトで、いじっています。

海外でニュースになり、任天堂の時価総額が2倍になりって聞きながら、誰がそんなにハマるだよっ!?って思ってましたがダウンロードしてみたら面白いですねー。あはは。


ほな、上機嫌でパー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
No.3793

{1FC72144-7099-41C6-8421-3E53327A83DC}

今夜は、私が去年・今年と会長を務めさせていただいている地元経営者団体の歴代会長会に参加させて頂きました。私で13代目の会長というコトで、私以前に12名の歴代会長さん達がいらっしゃるのですが、皆さん地元の名だたる中小企業の経営者ばかりで恐縮しちゃいます。私は昨年・今年と2年間の任期で、会長を務めさせていただいているのですが、当時歴代最年少で会長職を拝命しました。創業者であった父親を26で亡くしていますので、経営者・ビジネスマンとしての基本の基から、人としての在り方までこの会で育てて貰ったという自負がありましたから、勇気を出して引き受けさせて貰っています。

・仕事を大切にすること
・一緒にいる仲間、社員さんを大切にすること
・家族や友人を大切にすること
・大切な人の大切にしているものを、大切にすること

日々の関わりの中で、仕事や生活の中で、色んなことが起こるけれど、健全に、前向きに、そして原因自分論で可能思考で捉えること。自分と自分の周りの人の幸せに最も影響を与えるのは、自分自身であること。学び続けることの価値ナドナド、10年以上にわたり大切なコトを沢山教わってます。

まさに僕の人生が豊かに幸せにむかう為のインフラです。

どんな場所や、どんな人と過ごしても良いですが、その場所や人が、いつも健全なモノの捉え方や自分の成長に向かうモノである必要はあります。自分一人でいると、つい他人のせいにしてストレスを感じたり、愚痴や不平不満、後ろ向きな感情に包まれたり身近な人への感謝を忘れちゃうことがありますが、そんな時に自分自身をちゃんと戻してくれる。前向きに頑張らしてくれる場所や仲間こそ人生のインフラです。インフラですから、道路や上下水道、橋などと同じで、自分のその時の状態・モチベーションや感情にかかわらず否が応でも利用しなければならないもの、絶対に通らないといけない道みたいなものです。そのインフラが良質であれば、人生は良質なモノになります。しかし、質の悪いインフラや、そもそもそういったものを持たないでいると残念な感情から自分の人生を抜け出させることが出来ません。


ウチの若手社員さんの中には、お母さんがその役割を果たしてくれている子もいるし、友人や家族が良質なインフラになっている人もいます。私のように経営者仲間に恵まれる人もいるでしょう。自分の人生に、良質なインフラを持つこと。大切なコトです。そして自分自身が側にいる誰かにとっての良質なインフラになること。それが自分の人生を豊かに幸せにすることなんでしょうね。




ほな、上機嫌でパー



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
№3792

2016年、これまでに、●ニッチモ海老原さん/●テラ・ルネッサンス鬼丸さん/●ジオコス伊藤さん と、「働く」ということや「雇用」ということに対して、独自の切り口で新たな気付きを提供していただける講師陣をお呼びして開催している【NPO働く人の笑顔創り研究所】の隔月例会。次回8月開催が近づいて参りました。

8月の例会講師は、ワイキューブ創業者であり、現在は境目研究家、NPO中小企業共和国 理事長、株式会社ブランドファーマーズ・インク代表の安田佳生さんをお招きして開催します。「特別化の時代~中小企業は差別化では生き残れない~」と題して行なうのですが、これは私たちが常々発信してきた「中小企業は差別化ではなく、個性化だ!」という考えに共鳴して、この度、講師をお願いし、快く二つ返事でご快諾いただきました。


【講師プロフィール】
安田佳生:1965年大阪府生まれ。株式会社ワイキューブ元社長。斬新な人材コンサルティング事業で一世を風靡するも、2011年に40億円の負債を抱えて民事再生。自己破産。著書「私、社長ではなくなりました」で二度と社長はやらないことを宣言し、経営の舞台から退場する。境目研究家を名乗り、講演活動やコラムの執筆、ポッドキャスト番組の配信を行う。NPO法人中小企業共和国を立ち上げ、初代総裁を名乗る。いくつかの会社にて顧問・非常勤役員を務めた後、2014年10月、約束を反古にして社長に復帰。BFI代表取締役となる。著書に『千円札は拾うな』『私、社長ではなくなりました』『疑問論』など。


とにかく、面白いです!参加希望の方は
フェイスブックイベントページより「参加する」にポチっとしてください。
https://www.facebook.com/events/1888930141333714/

会員企業の社員の方は無料/会員企業以外の方はお1人様3000円
学生さんは無料(学生証をお持ちください) となっています。




ほな、上機嫌で


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
№3791

「私、100mを10秒台で走れます。だから私と付き合ってください。」
とか「俺、スマホ4台もっているんだ。だから俺の彼女になってよ。」などと言う人と、それとも「君、〇〇ってミュージシャンが好きって言ってたよね。そのミュージシャンのコンサートのチケットを取ったから、一緒に行こうよ。」とか、「あなたの好きなハンバーグ屋さん、私も行ってみたよ。すごく美味しかった。今度二人で行こう。」と言う人と、あなたはどちらの人と恋人同士になりますか?


または「女性だったら誰でもいい」「ちょっとお金持っている男性だったら誰でもいい」などと言って回っている人か、それとも「明るくて天真爛漫な女性が良いから、君と結婚したい。」とか「優しくって家庭的な男性が良いから、あなたと結婚したいな。」という人と、どちらがあなたを大切にしてくれそうでしょうか?あなたはどちらの人と結婚したいですか??

どちらの人と一緒になると、自分も相手も幸せだと思いますか??
どちらの例でも、モチロン後者ですよね。


昨夜の就活居酒屋®には、内定を獲得し一旦就職活動に区切りのついている4年生も来てくれましたが、それそりも多くの3年生(なかには2年生も)が参加して下さってましたので、こんな例え話をして、就活観のお話をさせていただきました。自己分析をして、自分にどんな業界や業種、お仕事があっているのかなんてことに、自分視点・自分立脚でばかりエネルギーを使うよりも、業界や企業を知って、好きになって、その「好き」が伝わるように準備してその思いを行動に変えて、ぶつけていくのが就職活動。

条件選びよりも、もっともっと大切なやるべきコトがあります。それは恋愛や結婚と同じで、あなたが人間であるように、相手も(企業の採用担当者や経営者も)人間だからです。相手があること。

 


まぁ、そんなお話を毎月大学生に向けてお話しさせてもらっています。次回は2016年9月14日に開催です。場所は、名古屋市中区錦三丁目で開催します。学年関係なく参加いただけますので、ご興味のある人はフェイスブックページよりイベント参加ボタンを「ポチ」っとお願いします!

フェイスブック 就活居酒屋®イベントページ
https://www.facebook.com/events/1011792852261092/



ほな、上機嫌で

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№3790

十数年前、私の人生を変えた愛媛のお師匠さんが、ひっさびさに豊田市の本社までお見えくださいました。早朝に前泊地を出られて一時間以上かけて当社に8時半前に入られ、10時前には次の予定地・大阪に向かっていかれました。まさに嵐のようにやってきて、嵐のように去って行ったわけです。


15分ほどの一本のムービーを一緒に見るために。


The Good Life (Robert Waldinger)


人は「幸せ」になるために働いている。「幸せ」は、その本人が「幸せ」と感じ、思わなければ「幸せ」ではない。では、人(あなたや私)は、何をもって「幸せ」を感じるのでしょうか?この問いに対するハーバード大学の75年にも及ぶ研究のプレゼンテーションのムービーです。

多くの若者が、「幸せ」に必要なものは、富や名声などの成功だと勘違いしているが、年収が800万円から8000万円になったとしても人間の幸福度への影響は発生しない。人(あなたや私)が「幸せ」を感じるのは、人間関係と健康に起因していて、家族、頼るべき人との関係性が人(あなたや私)の「幸せ」を決定付けているという研究結果。

翻って、経営者・経営幹部にとって最も優先されるべき大切なスキルは、「人間関係調整能力」であるというお話をきかせていただきました。そりゃ、朝から部下やメンバーが「あー、あの上司嫌いだなー」とか、「あいつに会いたくないなぁ」なんて思いながら出社してきていたとすれば、そのチームや個人が、お客様や取引先に対して良いサービスをしようとか、仕事/作業の質を向上させようなんて思わないし、そうなれば当然パフォーマンスは落ちるし、結果、個人に対してのリターンも低下してしまいます。人間関係調整能力、最も大切にすべきビジネススキルですね。



皆さんも、一度このムービーをご覧ください。


ほな、上機嫌で

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
№3789

本日2016年7月1日を以て、私たち都工業は26期新年度を迎えました。関係するお客様、取引先様、地域の皆様の御支援を頂き無事に26機を迎えることが出来たこと、心より感謝いたします。昨年度は当社並びに当社グループにとってとても学びの多い一年になりました。その学びを活かし、また目標、理念をブラさずに本年度も社員一同全力で頑張ってまいります。変わらぬご愛顧をどうぞ宜しくお願いいたします。


さてと言う訳で新年度初日を迎えたわけですが、さっそく当社関係団体である働く人の笑顔創り研究所から嬉しいリリースが!この度、地元豊田市さんが企画し、はたけん(働く人の笑顔創り研究所)が受託させていただいた【豊田市 学生とハタラクをつなぐプロジェクト】が本日より正式にキックオフしましたヾ(@°▽°@)ノ 地元の有名ではないけどキラッと光っている中小企業のハタラクを、地元の学生たちに発信していくプロジェクトです。私たちが25年間蓄積してきたナレッジをフルに活用して、地元の活性化に貢献できることはとても嬉しいことです。


【豊田市 学生とハタラクをつなぐPROJECT】
公式ホームページ    http://tsunagu-prj.org
フェイスブックページ      https://www.facebook.com/tsunagu.prj



ほな、上機嫌で


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№3788

Fadsを感じ取れ。
fad (英語)[一時的な熱中、気まぐれな熱狂] 
複数形に転じて fads[新しい動き、時代の風]

「Fads(ファッズ)/ビックリ現象に気付きなさい!」こう指導いただくことがあります。曰く「その後の劇的な、大きな変化を予兆する、またはそれを生み出す小さな現象を見逃してはならない」と。ビックリするような現象が発生した時、驚いているばかりだったり、評論や噂話ばかりしているだけではなく【これから起こる新しいことの予兆】だと感じ取れるか、それが経営を行う上でとても大切だという指導です。(私の言う’経営’には、企業経営だけでなく、家族経営、自分経営を含みます)

他者が見えていない予兆を、いかに感知できるか。嗅ぎ分けることができるか。その嗅覚、アンテナを常に磨いていなければ、企業の持続的な成長は困難です。


Fadsの例として、紫色の口紅の出現という現象がありました。元来、口紅と云えば赤やピンクなど健康的で色気を感じさせる色が定番でした。一方、紫色の唇は、寒くて震えていたり健康を害していたりというイメージを与えますから、紫色の口紅の出現というのは、一見理解しがたい現象です。ところが、その一年後には80色程度だった大手化粧品会社の口紅のラインナップが200色近くまで大幅に増えていったのです。紫色の口紅の出現は、赤やピンクといったスタンダードな口紅の時代から、口紅の色が多様化していく先駆け、予兆だったのです。それ以降、口紅マーケットには、唇をプルプルに見せるものやラメ入り、水落ちしないウォータープルーフの商品まで多様化・多機能化しています。

またグッと分かり易く身近なFadsの例としては、安室奈美恵さんの出現もFadsの一つであったと言われています。それまでの女性アイドルは、男性だけの憧れの対象であり、男子学生たちがお昼にお弁当を食べながら「俺は聖子派だ」「いやいや明菜ちゃんの方が・・・」と議論しているのを女子生徒がシラーッと眺めている、そんな存在でしたが、安室奈美恵さんの出現は、女性アイドルが男性だけの憧れの女性像から、女性の憧れの的として存在しだしたという現象で、その後の浜崎あゆみさんや倖田來未さんへと繋がり、女性の憧れの対象・女性向けの女性アイドル像という新しいマーケットが開拓されました。

街のアチコチに、普通にしていたのでは見逃してしまいそうな出来事、予兆がたくさん発生しています。その中の全てがその後に大きな潮流を生むわけではありませんが、その中の一つがその後の大きな変化の兆しである可能性があります。だから「最近、変なものが流行して・・・」とか「今の若い人の感覚は・・・」といった姿勢では、世の中の変化に気付かず、変化を見逃してしまうことになりかねません。


世の中は、何か一つの変化が、経営や商売のやり方を大きく変える切っ掛けになります。何か一つ変化に気付いたり、大きなニュースを聞いた時に、「これからの我が社にどんなえいきょうがあるだろうか」「自分の生活にどのような影響があるか」「またそれはどの程度のインパクトなのか」を考える必要があります。そしてシュミレーションと準備を早くすることですね。


先週末6月24日(現地時間23日)、イギリスの国民投票結果を受けて世界のマーケットは大きく混乱しました。この出来事が、自社や自分に与える影響をシュミレーションして、あらゆる状況に備えること。しっかりと準備をしていくことが大切です。これだけグローバル化された現在の地球上で、あらゆる通信網が瞬時に世界を繋げている現代で「海の向こうの遠い国の話」などと物理的な距離感だけで、自分への影響を制限できるわけがありません。もはや、あらゆることの当事者であると考えた方が賢明でしょう。

ブレグジット。このFadsを読み解き、準備しましょう。


ほな、上機嫌で

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№3787

本社オフィス入り口横に鎮座する自動販売機。色々とメッセージを発している田園オフィス名物の一つです。4年前にこのオフィスをオープンした当時から置いてありますから、私は直近の4年間ほぼ毎日この自動販売機で缶コーヒーやペットボトルのお水を購入しているのですが、、、


なんと!今日っ!はじめてっっ!

当たりましたヾ(@°▽°@)ノ

4年越しの「当たり!」に狂喜乱舞して、オフィスの中で社員さん皆に自慢しまくっていたら、入社2年目になったばかりの女子社員に「私も当たったことありますよ」とか、ほかの社員には「僕は4回くらい当たっていますよ」とか。。。どうやら、社員さん達はすでに結構当たっているようです。僕だけですか、初当たりまで4年もの歳月をかけたのは。ふむー。。。((+_+))

ま!いずれにしても、ついに起こしたラッキーに
とても気分の良い、上機嫌な一日になりました


ほな、上機嫌で


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
№3786

先週は、明けの月曜日から東京日帰り出張。最終の新幹線で名古屋に戻り、翌日は都工業の2017年新卒採用の選考と説明会、夜はNPO事業「働く人の笑顔創り研究所」の例会。翌日は朝から名古屋で新規案件PJのスタートアップMTGと海外投資先の事業進捗MTG、からの20時目途に東京・青山へ入り夕食兼ねた新規紹介とMTG。翌日は朝イチの新幹線で大阪に移動してキャリアアドバイザーを務めている法科大学院にて大学院生向けのプレゼン。夜には名古屋に戻って、翌金曜の朝シンガポールへフライト、週末に現地の所用を済ませ、会うべき人に会って、月曜日の朝名古屋へ戻る。という一週間でした。((+_+))

この間の移動距離、ざっと1万2000キロ。地球一周が約4万キロですから、一週間で地球一周の3割以上の距離を行ったり来たりしたことになります。

あらためてこう書くと、すごく大変そうですね(汗)。確かに40歳をむかえたオッサンの身体にこのスケジュールは相当こたえます。クタクタです。ふとした瞬間、顔面から生気が消え失せます。冷静になると「俺は、俺にこき使われすぎじゃないのか!」とも思いますが、コレ全部、自分で決めたことが出発地点で、自分で決めてきたことの集積だから、メンタル的にはクタビレないでイキイキしてます。

動き回って、走りまくって、疲れて、クタビレたからといって思った成果が出るとかいわれれば、そんな保証はどこにもありません。他人から、こんなもんかと言われることだってありますし、心無い人からは心無い言葉も浴びせていただくこともあります。でね、身体が疲れちゃってる時、メンタルも疲れちゃいそうになったら、いっつも言うんですよ、自分に。俺は「自分で自分の可能性を見くびっていないか!?」「ホントはもっとやりたいし、やれるんじゃないか、俺は。」って。単純単細胞の私は、それだけでスイッチ入るワケです。ありがたい脳ミソです。我ながら。


写真はシンガポールの森の中にあるカフェ。昨年残念なことに現地で急逝した大親友(大心友)と最後にゆっくり会ってmtgした場所です。彼が最後に教えてくれた、彼のお気に入りの場所です。今回少し時間があったのでフラッと顔を出してきました。その大心友と、いっつも言っていました「自分の可能性を見くびって手抜きしたらアカン。挑戦や。」って


ありがたい脳ミソに生んでくれた両親と、このスイッチを与えてくれた大心友に感謝です。その恩返しは、一生懸命働いて、他人の役に立つ立派な人間になること。誰でもそうですし、みんな同じですが、自分で選択したことの連続性の中にいる自覚。この自覚が、自分自身を疲れ知らずに走らせてくれるエンジンになります!


一生懸命に、必死のパッチで走ったからと言って、一等賞を得られる保証はありませんが
一等賞を取る人は、必ずみんな一生懸命に、必死に走っていますよね。



ほな、上機嫌で

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)