立山寺子屋塾 詰所

富山県の片隅で小さな小さな学習塾をしています。


テーマ:

前回の更新から半年も経ってしまいました。

先日、ある親御さんから

「もうブログ、書かないんですか?」と言われ、

「それじゃ、少しだけ・・・」と思い立ち、

今パソコンの前に座りました。

いや、パソコンの前には毎日座っているのですが。


今年度から、高校生にも来てもらうようになりました。

といっても勉強を見ていくというよりは

こちらに来て、少しだけやり方のアドバイスをして

モチベーションを少しあげてもらうだけです。


とはいえ、まったくわからないではまずいので

毎日、参考書を覗いたり、

センター試験の過去問を解いたりして、復習しています。

この半年で、ようやく「見えた」という感じでしょうか。


この半年、いろんな高校生向けの参考書を買い、

やってみたのですが、その充実ぶりは

中学生向けの参考書の比ではありません。

まあ、高校ではより高度な内容を学習するわけで、

参考書や問題集が多くなるのも当たり前ですが・・・。


高校の内容を改めて復習して思ったのは、

「勉強って、やっぱり楽しい」ということ。


もちろん、高校生レベルの話なんて

受験のためのものが大半で

本当の学問とは程遠いのですが、

それでも、参考書を読んだり、問題を解いたりしていると、

「こんなの知らなかったな」

「この解き方はカッコいいなぁ」

といった感じで、ワクワクさせてくれるものがあります。


もしかしたら、この「ワクワク」は、

私が「受験生」という当事者でないことから

感じるものかもしれません。


今、塾生たちに

「勉強って楽しいだろ」なんて言ったら

「何言ってんだ、このおっさんは」と

思われるのがオチでしょう。


でも、

「この間の難しい算数パズル、もう1回やりたい!」

と言ってくれる小学生。


「考えたらできました!」

と入試問題と何十分も格闘して

うれしそうな笑顔をみせてくれた中学生。


そんなみんなが持っている感覚も

勉強に対する「ワクワク」です。


そんな勉強に対する

「ワクワク」がいっぱいになっていったらいいなぁ。


そのために、学校がもう少し

成績という呪縛をといてくれたらなと思うのですが。


その話は、また今度。

といっても半年後になるかもしれませんが・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

富山では、小中高と卒業式も終わり、

ゆっくりと春になるのを待っているところです。


先日、息子の卒業式があったのですが、

雪が降る中での卒業式となりました。


卒業式に出席するのは、自分の卒業式以来・・・。

平日だし、父親は数人かなと思って行ってみたら

結構な数のお父さんが来ていて、ちょっとびっくりしました。


今どき、お父さんも卒業式に来るんですね。

私もその一人だったわけですが。



さて、中3の塾生たちが巣立っていきました。

結果として、全員合格してくれました。


「ちょっとやばいぞ」という子たちも

推薦で志望校に合格していき、

一般入試を受けた子も、安全圏に入っていたので

今年は比較的「安心してむかえた」入試でした。


もちろん、その前までに

いろいろなことがあったわけですが・・・。


一般入試を受けて合格したSUN君は、

塾へ来てくれた回数が、いちばん多い生徒でした。


うちの塾は、

週に何度来てもいいことになっているのですが、

彼はその制度を有効(?)に利用し

夏休み以降、平日はほぼ毎日来てくれていました。


そのわりに成績がなかなか上がらず、

どうしたら彼の背中を押してあげられるのか

私自身も悩んだ時期もありました。


勉強を「強要」すれば、もちろん成績はあがります。

しかし、「強要」して作られた成績は、本物ではありません。

そこに「自分」が存在しないからです。


自分で気づき、自分でする・・・。


それまで、こちらはいろいろな言葉をかけながら

じっと「その時」が来るのを待つしかありません。


こんなことを言っていると

「甘い!」と笑われそうですね。


でも、えらそうに言えば、

こちらは人間を育てているつもりなんで。

あやつり人形を作ってるわけじゃないんです。

その辺の学習塾といっしょにしないでほしいな。 

そもそも、うちは私塾で、学習塾じゃないんでね。

うわっ、言っちゃった(笑)。


結論としては、じっと待った甲斐がありました。

SUN君は、冬休み以降、ぐっと成績を伸ばし、

すうーっと安全圏に入っていきました。


もちろん、成績が伸び、

合格したことがすべてではありません。

SUN君自身がおそらく自分で感じ取れるくらい

人間として成長してくれました。

「自分の意志でする」という人間に・・・。

なんか、傲慢な言葉が多いな、今日は(笑)。


私のやっていることが間違っていないと

証明してくれたSUN君、そして現中3生のみんなには、

ほんとうに感謝しています。


こんな出会いが、今年もありますように・・・。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長くブログから離れていました。

個人的に忙しくなってしまったり、

塾自体、いっぱいいっぱいでなかなかブログまで

手が回らないといった感じでした。

頭の中をいろんな考えが駆け巡り・・・。

たぶん、はたから見れば、どこが忙しいのといった

感じだったでしょうが。


さて、今年の中3生、

運よくと言うか、推薦がぞくぞくと決まり、

本チャンの入試を受けるのはなんと一人だけ!


残った彼は、1年生のときから来てくれており、

いちばんの古株です。

今は毎日のように来てくれており、

私も彼と日々会うのは「当たり前」で

あと2週間ほどで彼と会わなくなるかと思うと

何か不思議な感じがします。


彼に今してもらっているのは、過去問。

この時期、これしかないですよね。


「過去問なんて、過去に出てしまった問題なんだから

そんなにたくさんしなくていいよ」

なんて言う人もいますが、まったくもって的外れもいいところ。


しっかりとした過去問分析こそが

合格へのいちばんの近道であることは

「当たり前」と言っていいでしょう。


何度も過去問にあたっているうちに、

ペース配分、問題の取捨選択等が

知らず知らずのうちに身についていきます。

もちろん、それらを意識して

自分で「作戦」を考えていかなければ

ならないのは言うまでもありませんが。


富山県の公立高校入試は3月8・9日。

それまで、毎日の彼との時間を大切にしようと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、去年まで

うちの塾に通ってくれていた

YES君が遊びに来てくれました。


彼がうちに来たのは、

3年生の夏の終わりでした。


私がアドバイスしたことも

真摯に受け止めてくれて

即実行してくれる生徒でした。


それからぐんぐん成績を伸ばし、

志望校が手に届くところに。


しかし、内申をあと一歩伸ばすことができず、

悩んだ末に入試直前で受験する高校を変更。


もちろん合格してくれたのですが

直前で志望校を変更しただけに

入学後のモチベーションが気になっていました。


しかし、それはまったくの杞憂でした。


久しぶりにあった彼は、

充実した生活を送っているのが

見てすぐ分かるほど。


あれほど好きだった

ゲームをしたりマンガを読む時間もないとのこと。


いろいろな資格試験の準備もしているようだし、

学科での成績も、1・2を争っているとのこと。


彼の語る学校生活は

まさしく充実したもので

聞いているこちらも

楽しくなるものでした。


もちろん、嫌なこともあるようですが

それを差し引いても

彼が楽しい毎日を送っているのが

ひしひしと伝わってきました。


明日への活力がもらえた

楽しいひとときでした。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、友人に会いました。

誰って、こいつ


すっかり元の姿に戻って

私もうれしいかぎり。

今じゃどこが悪かったのか分からないくらいです。


しかし、医療技術の進歩って

すごいですね。


彼の闘病と募金活動によって

私自身も自分の生活と生き方の

見直しを迫られたのは確かです。


大切なものの優先順位を

つけておかなければならないと

思いました。


子どもたちと一緒に勉強していると、

その一瞬一瞬は

受験のためだったり、

直近のテストのためだったりします。


しかし、それは本来

どんな大人になり、

どんな仕事をして、

どんな人間になっていくかを

見据えたものでなければなりません。


いや、もちろんそんな大げさな話ではないのですが

一人一人の今精一杯の部分を

少しでも引き出してあげられたら・・・。


ははは。

ちょっと恥ずかしい文章になりました。


実は、やつにはまだ約束を果たしてもらっていません。

元気になったら、また一緒にバンドで音を出そうって話。


とりあえず、今年中にはお願いしたいものです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人に教えていると、

「今の説明、分かりやすかったです。」

なんて言ってもらえることがあります。


先日も、塾ではないところで

自分で考えたやり方で、ある話をしたところ

そう言ってくださる方がいて、

ちょっとうれしい思いをしました。


私なんぞは、

何でも知っていることは、話したくなるタチで

話し出すと止まらないのですが、

実は、ほとんどの場合

一方的に講義をしても、

聞き手(例えば生徒さん)に

伝わっていないことのほうが

圧倒的に多いでしょう。


私は、大人の方への講義では、

「私の話など聞かずに

 どんどん自分で問題を解いてください。

 これはと思う部分だけ聞いてください。」

と言っています。

そのほうが、よほど効率がよく、

彼らの目的達成につながるからです。



受験や検定試験という枠組みで考えれば、

まず自分で問題を解いてみて、

分からなかったところを確認し、再度解く。


その繰り返しが、試験突破の

正攻法といえます。

けっして「人の話をきく」ことが

試験突破への道ではないはずです。



例えば、学校では

クラス全員で同じ問題を解いていきます。

(あっ、これは学校批判ではありません。

 学校はある意味、そうでなければなりません。)


そうすると、できる子には、

ある程度の待ち時間ができます。

その待ち時間は、トータルにすると

かなりの時間になります。


私も昼間、大人の方向けに

ある講座の講義をしていますが、

私が話している間、

「この話は、知っている人には

 むだな時間だろう。」

というときがあります。

もちろん、どなたにも有意義な時間になるように

心がけているつもりですが、

ある検定試験向けの講座であるため、

「この話をしている間に、

 この人にはあの問題集を

 解いてもらったほうが時間の無駄がないな。」

と思います。


講師としては当然、

講義をしっかり聴いてもらいたいのですが

個人の「目標」の前では、

そんなものは二の次。

時間を有効に使っていただきたいし、

自分が生徒ならそうしたい。


私がすべきなのは、

自分ではなかなか押せなかった

「自学自習」のスイッチを

「はい、押してみてください。」

誘導してあげることだけです。


このスイッチさえ入ってしまえば、

あとはそれほどすることがありません。


たまに分からないところを

一緒に考えたり。


勉強するのに参考になる本を

紹介してみたり。


その程度です。



自学自習のスイッチを

押す気力をいかに与えてあげるか。

それを考えるのが、私の役目でしょう。


えっ、スイッチの場所がわからない?

じゃあ、場所を一緒に探しましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、忙しく、

パソコンに向かう時間が減っています。

特に、大人の方向けの講座は

「仕込み」にも時間がかかるので

それだけで半日つぶれてしまう感じ・・・。

じゃあ、それがなかったら

いろいろできるのかというとそうではなく、

ただボーっとしてるだけなんでしょうが。



うちに来ている中学生の中で

そこそこ勝ち進んでいる部活の子がいます。

大会も大詰めといったところでしょうか。

そんな彼に、どうしようかという出来事が・・・。


最後の大会前日に「オープンハイスクール」が

入ったのです。

いわゆる、高校が

「うちの学校、こんな感じです」と

学校を見せてくれるやつです。

でも、その日は当然最終調整の練習が入っています。


つまり、最後の大会前の、最後の練習の日と

オープンハイスクールの日が

重なってしまったのです。


「先生、どっちに行ったらいいと思います?」

と彼。


「そんなもん、部活の練習に決まってるよ!」

と私。


でも、彼が選択したのは、オープンスクールでした。

いや、彼というより学校の選択でした。


学校の先生が、オープンハイスクールに行くように

指示したのです。

未来につながるオープンハイスクールのが

大切だという論理です。


ホントにそうですか?


もちろん、何もなければ

私もオープンハイスクールへ行くべきだと思います。

塾生たちにもその学校を見てくる意義は

話してきたつもりです。


しかし、「部活最後の練習」と比べれば

そんなもの、それこそ月とスッポンでしょう。

いや、ちょっとそれはいいすぎか(笑)。


部活に対する彼の思いを考えれば、

最後の練習に参加させてあげたいと

思ったのですが、

それって普通じゃないのかな?


大会前日の部活の練習と

高校の1日体験とどっちが大切かって

部活の練習でしょうが。


なんか、くだらないことで腹が立った

話でした。


俺って普通じゃないのかな?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「おむすびころりん すっとんとん・・・」


音読の宿題がご他聞にもれず、

1年生のわが愚息にも出ています。


大きな声で一生懸命読んでいます。

学校の先生が言ったとおりにという感じでしょうか。


何度も読むと、先生にほめてもらえるため、

たくさん読みたがるのですが、

「読みすぎるとバカになるから」と

読ませないようにしています(笑)。


いや、私は音読が好きですし、

子どもにさせたいと思っています。

ただ、たくさん読むのはちょっと違うなと

思っているだけです。


もちろん、音読の前に

「読み聞かせ」がかかせないのは

言うまでもありません。


その日は、何回も読む代わりと言ってはなんですが、

「おむすびころりん」を絵にしてもらいました。


絵を描き始めた息子は、いきなり

「お父さん、“たがやす”って何?」

と聞いてきました。


最初におじいさんが畑をたがやしている

場面があるのですが

その「たがやす」がどんな意味か分からなかったのです。


「お父さんがナスやきゅうりを植える前に

 畑でクワを持って、土を掘り返してたの、

 見たことあるよね。」


「うん。」


「あれが“たがやす”ってことだよ。」


「ふ~ん、あれか。」


今はしていませんが、

うちはもともと農家で

小さな家庭菜園もしていたので、

“たがやす”はすぐイメージできたかもしれません。


そのあとはどんどん絵にして、

文章の最後まで紙芝居のように絵にしていきました。


描いてるうちにどんどん楽しくなっていくようです。


息子は絵を描いていくことで、

“たがやす”という言葉を

理解したということになります。



それはそうと、

息子は文の意味もわからず

音読の宿題をしようとしていたことになります。


幸い、学校で初めて授業した日で

よかったわけですが、

もし、意味もわからず、

何度も、何日も音読していたら・・・。


やはり、意味がしっかり分かってから

音読をしたほうがいいに決まっています。


というより、意味も分からず

音読してはいけません。


「意味が分からなくても、リズムよく・・・」などと、

まことしやかに言う方がいますが、

そんなことをしているから、


「音読できるけど、内容はさっぱり」


「計算はできるけど文章題はまったく」


という子どもたちが生まれてしまいます。


しかも この、「意味を気にしない音読」を

推奨しておられるのが、

偉い先生だったりするので

始末が悪い。


普通の頭で考えれば、

意味の分からないものを音読することが

それこそ「意味がない」ことは、

分かりそうなものです。


じゃあ、フランス語を分からないまま

とにかく読んでいれば

フランス語が分かってくるのでしょうか。


ましてや脳の活性化などとひどいことを

言う方までいらっしゃいます。

脳にいいからって、意味の分からない

フランス語を読み続けることを強要されたらどうします?


そもそも、脳の活性化って

脳に血流が増えたってことをあらわしているだけで

脳にいいことばかりじゃないようですが・・・。

集中すると、ピンポイントでしか活性化しないらしいですよ。

理論の後ろ盾だった

TH大学のK教授も今じゃサギみたいなこと言ってるし・・・。


あなたのお子さんも、

意味も分からず、音読の宿題を何度もしていませんか?


まず、言葉の意味を確認したほうが

いいですよ。


子どもって、スラスラ読んでますから、

意味わかんなくても・・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも一生懸命取り組んでくれる

エイトちゃん。


特に算数の文章題には

ひときわ目を輝かせて

取り組んでくれています。


でも、ここ2,3回、

どうも調子がでない。

以前とは違い、

考えるのも少し面倒な感じです。


選んでいる問題も

もちろん、以前よりレベルが上がっていますが

エイトちゃんにすれば

できない問題でもないように思います。


もしかしてと思い、

宿題の量を確認すると

案の定、学年が変わって

「漢字、計算、音読」が

いっぱい出るようになったとのこと。


親御さんのどなたかが

クラス担任の先生に

「もっと宿題を出してほしい」と

言ったとか言わないとか・・・。

「やればやるほど・・・」という考えの方が

まだいるんですね。


過度の読み書き計算が

「考える力」の妨げになっていることは

塾生の親御さんには啓蒙しているつもりですが、

宿題の内容まで干渉することはできません。


塾生たちがうちに来るのは

基本的に週に1度か2度。

他の日は、当然ご家庭での学習となります。


正直に言えば、

今日は良い感じで

考えることができたなと思っても、

次の週には元に戻っているなんてことも

よくあります。残念ですが。


子どもたちに

「考えるミッション」を与えて

その場では楽しくできても

1週間の考えない学習で

リセットされてしまい、

次の週はまた最初から考える練習。


でも、しないよりはしたほうがいい。

とにかく考える時間を作ってほしい。



それはそうと、

先生も宿題を出すときに

一度ご自分でその量をこなしてから

「これくらいなら大丈夫」と

決めていただけるといいのですが。


これだけ漢字を書いたら

「覚えること」から

「ただ書くこと」に気持ちが移ってしまうなとか。


この計算は

これくらいでルールが理解できるから

それ以上する必要はないなとか。


ちょっとしていただければ

子どもたちが

どう感じるかは分かるはずなんですが。


大きなお世話なんですが・・・・。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中学生は中間テストが終わりました。

正式には中間評価と言うらしいですが。


まさに悲喜こもごもといった感じです。


皆さんもご存知の通り、

定期テストの成績など

その生徒の「学力」とは関係ありません。


ただ、自分で計画し、

実行する能力のことを考えると

毎回の定期テストは

とても良い経験の場になります。


いわゆる“P・D・C・A”などと

社会ではいわれていますが、

テスト(入試も含めて)でも

このPDCAが大切でしょう。


もちろん、このPDCAを大人がしてあげれば

成績はすぐ上がっていきます。

もちろん、ある程度までは、ですが。


「明日までにこれをして、あさってはこれ、

 できたら持って来い、確認するから。

 その確認が終わったらできなかった問題を・・・」


と至れり尽くせりでしてあげれば、

すでに上位にいる子は別として

中学生の定期テストの成績なんて上がります。


では、手取り足取り、すべてをお膳立てしてあげて

成績が上がれば、それでいいのか?


そんな「お人形」のような子どもたちに

してしまっていいのか。


実は、教えていると、

あれもこれもとしてあげたくなります。


成績が上がれば、本人も親御さんたちも

ハッピーかもしれない・・・。


でも自分で考えてほしいんだよなぁ。

計画も自分で立ててほしいんだなぁ。

言われたことだけをする

ロボットじゃダメなんだよ、

どんなに成績が良くても・・・。


つべこべ言わずに

成績上げりゃいいんだよという声が

聞こえてきそうです。


実は、私もぶれそうになり、葛藤しています。

「強制的に勉強させたほうがいいのだろうか」と。


そして、いつも思い直します。

やはり「お人形」はまずいと・・・。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。