いつか晴れた日もやってくるさ~♪

日々の生活、スポーツ全般、競馬・競艇予想などを綴ってます。


テーマ:

執念の優勝を目指す40歳のピーター・アーツ・・・。

5度目の優勝をもくろむセーム・シュルトを破りながら・・・。


その前に立ちはだかったのは、MMA覇者・怪物アリスター。

凄い破壊力だった。

彼は見世物?っぽかったボブ・サップとは、やはり違った。

K-1初優勝。

今までのオランダ人優勝者とは違い、ちょっと怖いな^^。

狂気さえ感じてしまう。


Shot!-アリスター20101211

ピーター・アーツ、勇気をありがとう。


しかし、これでK-1はオランダ人9連覇?

凄いな、欧州の小国、1500万人の国。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

これが実力だと思う。

亀田兄弟(ひとくくりにするには失礼だが)は、まだ【実力】がないと思う。

辰吉にはなれない。

天才ではない。


ただ、世界タイトルに挑戦する権利を得られる立場にいる幸せを感じてほしい。

チャンスはあるのだから・・・。


今日の試合からいえば、何も得るところはない。

そんなことはないはずだ。という意見が多いと思う。

確かにそうだ。

しかし、チャンピオンを目指すのであれば、積極的に打って行かないと。


今回の試合で身の程を知ってくれたらいい。

彼はスーパースターではない。

しかし、類まれなる資質を備えた選手には間違いないのだから。


自分を知り、強くなろうと思えばもっと強くなれる選手だ。


これからのアスリートとしての亀田大毅を期待する。

頑張ってほしい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

内藤vs亀田


今度行われるらしい。


オイラは内藤を応援する。


技術、体力、衰退期に入っているであろう、内藤。

しかし、亀田が気に入らない?

以前、褒め称えた事もあったが、彼は辰吉の疑似ボクサーだと思っている。


辰吉は強かった。

キチンとボクサーとして強かった。


亀田が偽物までとは言わない。


強いなら強い勝ち方をしてほしい。


中年の星・内藤!!

頑張れ!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

内藤は頑張ったと思う。

一連の騒ぎは彼も被害者だと思うし、そんな中、ドローではあるものの、防衛したことに彼の存在意義を感じる。

亀田兄弟にはないひたむきさ、努力。

戦略はそこまであるとは思えないが、頑張った!!内藤!!

ありがとう!!


内藤20080308


にほんブログ村 その他スポーツブログへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

強いなぁ・・・。

オランダ人・・・。


準決勝4人中、3人がオランダ人。

セーム・シュルト、レミー・ボンヤスキー、ピーター・アーツ。


そんな中でセーム・シュルト3連覇!!初の偉業だ。



セーム・シュルト20071208


15回の大会で

アーネスト・ホースト4回

ピーター・アーツ3回

レミー・ボンヤスキー2回

セーム・シュルト3回

計12回の優勝だ。


なんだかなぁ、強いなオランダの人。


いつか優勝できるのだろうか?日本人。


ブログランキング・にほんブログ村へ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

次男もデビュー戦KO勝利!!


強いけど・・・・。


なんだかなぁ。


亀田兄弟は素質・環境、凄いと思う。

亀田兄弟は・・・・。


前、辰吉みたいな表現を僕がしたかもしれないが・・・・。


僕の中の強い人。

辰吉、具志堅、アルバチャコフなんだけど・・・。


亀田は強い。

強ければ何でもあり?ってのはちょっと疑問だ。


歌なんか歌わないでほしい。。。。。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

kameda 亀田が元世界王者を1回KO!!

<ボクシング:フライ級10回戦>◇20日◇東京・後楽園ホール

 「浪速の闘拳」亀田興毅(18=協栄)が、移籍初戦を179秒KOで飾った。元WBC世界ライトフライ級王者サマン・ソーチャトロン(36=タイ)との10回戦。亀田は1回に右ボディーで2度のダウン、最後は左フックで3度目のダウンを奪い、2分59秒KO勝ちした。世界王座10度防衛の相手に圧倒的な攻撃力で、後楽園ホールを満員にしたファンのハートもわしづかみ。デビュー以来無傷7連勝(6KO)で、目指す世界王者へ再スタートを切った。

 鮮やかに移籍初戦を飾った亀田に、恐ろしい祝福が待っていた。控室にテレビ番組出演で親しくなったシダックス野村克也監督、沙知代夫妻がお祝いに「乱入」してきた。沙知代夫人は「コウキー、世界取らなきゃダメよ~」と抱きつき、亀田の右ほおにブチュッ。「キスの感触?……」。怖いものなしの亀田が、あっさり秒殺された。

 リング上では179秒で元世界王者を沈めた。前傾姿勢でガードを固め、様子をうかがったのも30秒だけ。「最初のパンチ、ガードの上やったけど全然パンチなかった。あれで勝てると思ったわ」。元王者の衰えた攻撃力を見切り、一気に攻めに転じた。

 1発目の右ボディーでサマンは明らかなダメージを示す。その後は容赦なく腹を打ち抜いた。右ボディーで2度のダウン。立ち上がった相手に、とどめは左フックだ。サマンはロープの間から飛び出しそうになるほど吹っ飛んだ。「レベルが違うよ。昨日のメンチから勝ってるやん!」。コーナーに駆け上がり、両手を突き上げて絶叫。「早すぎる~」の歓声を気持ちよく浴びた。

 「金平会長、助けてくれたみんなに感謝してる。『もう試合できへんのかな』って、オレも考えたことあったしね」。前代未聞の移籍トラブルの末、協栄の選手となった。移籍問題が長引けば、海外での試合も覚悟していた。それだけに「救われた」感謝の気持ちは強い。最初の恩返し。「やっぱりうれしいよ。今までよりプレッシャーもあったし」と真顔でつぶやいた。

 「破天荒」。だが、内面に潜む神経は繊細だ。試合2週間前に亀田は言った。「体に熱もってんねん。熱いねん。夜、寝られへんし、朝も早く目が覚める。気持ち悪いから(着ているものを)全部、脱ぐんや」。それを「重圧」と亀田は認めなかった。しかし、協栄の看板を背負い、ヘタな試合はできない思いが間違いなく、体内からわき上がっていた。「どの試合も人生かかってるから」と亀田は言った。

 「今日のデキはよすぎる。4回ぐらいまで行くんが理想やけどな」と父史郎氏(40)はぜいたくな不満を口にした。金平会長も「非常に満足している」とエビス顔。協栄の亀田は、最高の形で第1歩を踏み出した。

<日刊スポーツより>

強いなぁ、亀田。

なんか昔の辰吉を思い出すなぁ。

あんまり○○二世とかは言いたくはないけど。。。。

ほんと、辰吉っぽいし、あのガンの飛ばし方がまた笑わしてくれる。

でも、あれくらいないと世界は獲れないだろう。

頑張れ!!亀田!!

必ず世界チャンピオンになってくれ!!

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。