タテシンオートペイントスクール(仮) ボディコーティング.自動車板金. 防錆処理. com

ボディーコーティング、自動車鈑金、防錆処理など
適切な幅広いボディーケアサービスをアドバイスします
自動車他の話題でも皆さんとよい情報交流の場となれば嬉しく思います


テーマ:

今回で調色に関して3回目の掲載になりますが

あくまで私見ですので参考程度にして下さい


よく鈑金屋さんで調色が時間がかかると言われる3コートパールですが

以前、3コートパールの調色というものが解らない修行時代に


「実車のカラーベースに色合わせして調色した方が良いよ」


と聞いて研磨したカラーベースやパールが塗装されていない

部分に色合わせしたこともありますが


実際に調色してパールを重ねて塗装すると全然合わないと感じたことがあり

よくよく考えるとメーカーラインには様々な塗料メーカーが納品しており

パール自体も雲母に二酸化チタンなどをコーティングしているため

塗装メーカーでコーティングの状態でパールに違いが生じるので

実車のカラーベースに合わせることの無意味さを感じてやめましたしょぼん


それからは補修パールをカラーベースに塗装した時にどういう色味が

出るか考えて調色していました


 まずは塗料メーカーの配合どうりにカラーベースを調色します

  パールベースは配合よりも2倍の濃さで調色していました

  個人的にはパールペースの塗装回数2回に低減するためと

  パール感を多くするためです

  

  あまり多くしても塗装時のパール感の調整が出来なくなります

  ので多くしても配合全体の10%位にとどめます


2 メーカー側の配合だとカラーベースは白めで合っていませんが

  あくまでもパールベースを塗装した時の色味の方向性を確認します

  黄味、赤味が出るかどのような色合いなのか判断します



3 3コートパールはスカシがカラーベース、正面はパールベースの

  色合いが多く出るイメージでしたのでカラーベースはスカシを

  重点的に調色します 



  パールベース塗装後の色味、方向性を無視してとにかく

  カラーベースのみで調色します



  大分 スカシを重点的に調色するため正面は濃くなります



  カラーベースのみで大体、合ったら色の方向性は合っているはずです


4 そのままの状態ではパールペースを塗装するとかなり濃い状態だと

  思いますのでパールベース塗装後のことを考えながら

  ホワイトを徐々に入れて明度調整し

  パールベースを塗装して丁度いい状態に

  調整してテストピースに塗装して色合わせをします

 

  これでかなり正面はパール感があり色味が合って補修塗料では

  限界まで調色が出来ると思いますニコニコ


  あと新車パールの量と補修パールの量が多いかどうか判断する時は

  日陰で斜め45°から塗装を目を凝らして見てみると

  パールである雲母のライトグレーの粒粒感が解りますので

  それを見比べて新車、補修のパール塗装の厚さ、パールの量を判断していました

  一度、目を凝らして見て下さいビックリマーク



  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



これまで一般向けにブログを更新していましたが

板金塗装を仕事にしているプロの皆さん向けに少し更新しますので

業界用語や専門的な内容になると思いますのでご了承ください
良い情報を共有し、発展して頂けたら嬉しく思います




こんばんは 今回は私の調色方法(メタリック編)ですビックリマーク


それぞれの職人さんの考え方がありますので参考程度にとどめて下さい


まずは各社メーカーで販売されている日本塗料工業会のオートカラーカード

あります


そこに掲載されているデーターとカラーカードの色見本が調色しても

まったく合わないということがありますがカラーカードの色見本自体が

メーカーの持ち回りでカラー見本を作っているためです


今年はイサム塗料、来年は関西ペイント、再来年は日本ペイント、ロックペイント、大日本塗料等

とデーターはイサム塗料のアクロベースだとしても色見本はその年の持ち回りで

関西ペイントのハイブリットだったりもしくは日本ペイントのレアルだったりするわけです


日本塗料工業会のオートカラーカードはあくまで目安程度に考えた方が良いと思います


メタリックの調色方法ですが私の場合はスカシ70%、正面30%の感覚で調色していました

なぜスカシ70%を重点的にしていたかというと人間の視覚から

車のボディー全体的にパッと見た場合スカシの色味が合っていないと

違いが分かってしまうからだと考えていました


各社メーカーでも実際、色により違いはありますが調色すると 色の方向性は別として

色の濃さが大体正面が良いがスカシが濃いという感じが多いように思います


スカシ調整剤に頼りすぎると正反射45°が黒くなりすぎる、変に正面が濃くなるため

そのためスカシを合わせるため メタリックを多く入れたり、ホワイトパールでメタリックの

代用したりしてスカシを合わせていました


スカシ調色で難しいのはスカシ調整剤、ホワイト原色、オパールホワイト、ブラック

使い方だと思っています


この3種類は入れすぎると元の再現性が失われることが多いのでなるべく追加で

入れないようにして最後の調整で少しだけで抑えていました



・スカシ調整剤を入れすぎると正反射45°が黒くなり過ぎてしまうこと

 変に正面が濃くなり過ぎる



・ホワイト原色はスカシを白くすることが出来るのですがメタリック感が無くなってしまうこと

 正面が白くなり過ぎることです




・オパールホワイトを使用している塗装色は全体のバランスを

 考えて追加で入れないと崩れて収拾が付かなくなります



・ブラック原色は配合表に20%以上入っている淡色は比重の関係で

 多いほど乾燥後の色上がりが黒くなる


それでもどうしても正面、スカシ共に合わない色がありますが

割り切って正面50%、スカシ50%という感じで合わせてボカシ塗装で塗装していました


文書で伝えるのは難しいのですが調色を考える機会にして下さいニコニコ

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村


ブログランキングに参加しております
よろしかったら1クリックしてくださいニコニコ


お車のこと気軽にご相談下さい!!ニコニコ


自動車板金、コーティング、防錆処理など

適確に良い店の選び方などアドバイスさせて頂いたり

近くのお店を紹介します


メールでの無料相談はお気楽に!!


携帯e-meil: tateshin1211@softbank.ne.jp

PC e-mail: tateshin1211@yahoo.co.jp







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


これまで一般向けにブログを更新していましたが

板金塗装を仕事にしているプロの皆さん向けに少し更新しますので

業界用語や専門的な内容になると思いますのでご了承ください
良い情報を共有し、発展して頂けたら嬉しく思います



今日は調色について掲載したいと思います

人それぞれのやり方がありますので参考して頂けたら幸いです


よく職人さん達の中ではホワイトの調色が難しいと聞きますが

それは如何してもブロック塗装のレベル完璧な色合わせを求めるからだと思います

私は実際、自動車塗装という分野にかかわり感じたことは100%

無理ということでした


新車の塗装のメラミン焼き付け塗料と補修塗料とは別物だからですビックリマーク

あくまでボカシレベル、70%~80%合ったら合格と思っていました


色によってもいろいろありますが今回はソリッドホワイトの調色方法と見極めです


まずメーカーで指定している配合どうりにホワイト、ブラック、オーカー、レッド、ブルー等

入れます この時点でテストピースに塗装するとかなり白めの精度だと思います


私の場合は面倒なこともありソリッドホワイトの場合はテストピースに塗装せず

マスキングテープにヘラで色を塗り付けしてそれを乾燥させた状態で判断していました


そして色合わせするボディーや交換パーツに調色塗りマスキングテープを貼り付け、

色合わせする対象物を唾液などで濡らした状態でスカシを判断していました


何故そうしていたかというと

ソリッドホワイトの場合、スカシを重点的に調色してしまうと顔料分の比重の関係で

乾燥すると軽い比重の顔料が浮いて正面が濃くなり過ぎてしまうからです

特に職人さん達は分かると思いますが黒味が強く出ます


参考として顔料の比重表を載せましたがカーボンブラック(黒)の比重が軽いため

乾燥すると色上がりするのが理解できると思います


この方法だと人によってはまだスカシが白く感じるかも知れませんが

色の方向性さえ間違えなければこの方法より若干、スカシを濃いめしたら

いい感じにボカシレベルの調色は大丈夫だと思います


写真等で分かりやすく説明したいところですが塗装環境から離れてしまい

掲載することが出来ません スミマセンあせる



顔料の比重表

カーボンブラック    黒    1.8~1.9
ルチル型酸化チタン  白    3.8~4.1
酸化第二鉄      赤錆    5.24
鉄黄(複合酸化鉄)   黄    4.1~4.3



にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村


ブログランキングに参加しております
よろしかったら1クリックしてくださいニコニコ


お車のこと気軽にご相談下さい!!ニコニコ


自動車板金、コーティング、防錆処理など

適確に良い店の選び方などアドバイスさせて頂いたり

近くのお店を紹介します


メールでの無料相談はお気楽に!!


携帯e-meil: tateshin1211@softbank.ne.jp

PC e-mail: tateshin1211@yahoo.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。