くるま屋 輸入車道場 ~黒帯への道~

船井総合研究所 立原(たてはら)のブログです


テーマ:
おはようございます。
船井総研立原です。

今回のテーマは、差別化の変化です。

差別化とは、他社(他人)との違いを作り独自固有の長所を見出すこと。

我々の業界でいうと、取り扱い車種で変化すると思われます。


【普通中古車の場合】
①人 ②商品 ③価格 ④店

 どちらかでいうと、人にお客様がついていて「あの人なら安心だから・・・」と差別化している
 一方で、お店は差別化にならない

【軽未使用車 初期】
①商品 ②価格 ③店 ④人

 初期は、商品の流通量がなく、品揃えしているだけで差別化になり販売台数が売れた
 一方で、誰から買っても同じ扱いに変化した

【軽未使用車 現在】
①店 ②人 ③商品 ④価格
 
 現在は、流通量や取り扱い店舗が増えたため「商品」「価格」で差別化しにくい時代へ。
 改めて、「このお店でかいたい」「この人から買いたい」のゾーンに以降してきたと感じている



・アプローチブックの内容
・店長あいさつの徹底
・お出迎え、お見送りの体制
・納車式
・お礼コール
・点検の案内
・待たせないオイル交換の体制


これらが本質的に問われる時代となった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもお世話になっております。
船井総研立原です。

今年、
ご支援していてよく耳にすることは「目玉車が売れない」

皆さまの会社ではいかがでしょうか?


我々が展開する軽自動車販売店のモデルでも
好調企業と不調企業の違いが出てきました。


好調企業は


●より広域かつ複数人に販促できる媒体を使っている(TVCM、ラジオなど)



●狭くても一等立地に出店している



この2パターンである。




本日の日経新聞の記事でも
家具チェーン最大手のニトリホールディングスは4月にも東京の銀座に進出が決定。
百貨店のプランタン銀座(東京・中央)内に1000平方メートル規模の店舗を開く。
郊外店を中心に成長してきたが、今後は都心の市場も開拓する方針。
銀座の新店を、これまで十分に取り込めていない若い女性や訪日外国人を開拓するための戦略拠点とする。


より多くの客層を取り込める立地、販促媒体を使うことがこれからの伸びる企業の特徴である。





購買期間が伸び、身銭が少ない現代。
商品力で差別化→お店のコンセプトで差別化していく
ライフサイクルが進んだように思える。


業界no1企業が販売参入して実績が好調と聞く。

・軽自動車の選び方提案

・返金無料

・わかりやすさの徹底

・居心地よさの配慮 など 脱中古車店の申し子のようだ。


商品で差別化しにくい今、時流の読み直しをする時期に来ていると感じている。


ある意味、会社/店舗の個性が際立つであろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりの投稿になります。
お会いする度、ブログの更新を期待してくださる「S社H様」、ありがとうございます。
お待たせしました。

凄いスピードで時代の変化を実感しています。
特に、人材育成面です。


先日、アパレル&レディース靴メーカー卸の上場企業様の幹部社員向けに
若手の育成方法についてお話させて頂きました。

改めて、人材育成について資料をまとめてみると、変化の源泉を見つけました。


「仕事→人材」<「人材→仕事」になっていること。

つまり、人材に合わせた仕事を作る時代になりました。


具体的にお伝えすると・・・・・

一昔は、
「事務が足りない!事務を雇おう!」 = 「仕事→人材」

今は、
「彼女は、事務に向いているな」   = 「人材→仕事」


ここ1年~2年で
「グリーター専門」
「書類のプロ」
「納車段取りのスペシャリスト」など


小テーマで役割を与えるようになったのも最近の出来事です。
この変化が、「来る人材に合わせて仕事をつくる」ことです。



人材不足は、死活問題。あと3年もすれば、実感されるでしょう。
人がいるだけ業績が上がる時代は、近いです。

たとえば、タクシー業界や物流業界は、既にそうなっています。


さらに、自動車業界のような不人気業界だと尚更です。


・育成するスタンスに切り替える。
・文化を変える決断をする。


1番手っ取り早いのは、「新卒採用」です。
文化を変えるには、最も染まっていない優秀な社員を入れることです。
これなら古参社員も、受け入れやすいです。


新卒採用にご興味がある方は、弊社が主催する
「自動車店のための、新卒採用セミナー」をご確認ください。


http://kuruma-biz.com/seminar/3555/



~おまけ~

ここ数年意識していることは、”学習力”です。

いま、学習力が問われている原点は、情報が手軽に入る時代になったから。

一昔は、暗記力や正確に把握することが賢い時代。
なので、東大生など高学歴が注目された。


その正確性は、ネットに取って代わられました。検索すれば答えが瞬時にでる。


変わりに、注目されたのは
起きた問題を自らの頭で考えて答えを出すことが賢い時代に変わったのです。


つまり、イン・フォメーション→エクス・フォメーションへの変化。
より個性的で多様な人材が増えるのも必然的な流れということです。


もし不変の法則を1つ上げるとすれば、”必ず、変わること”
セブン&アイ HDの鈴木敏文会長の言葉が突き刺さります。



私も日々勉強です。では、次回号をお楽しみに。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。