【プロフィール】
僕自身のプロフィールをまとめています。
初めてブログを訪れた方は、最初に是非ご一読ください。
僕という人間をご理解頂けると思います。

最近更新の記事以外に関しては、
ページ右にある『カテゴリ』より、気になるテーマの
記事をチェックして頂けたらと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-17 20:52:16

男も読んだ方がいいよ。結婚・婚活指南本「となりの婚活女子は今日も迷走中」

テーマ:読書

 

 

 

自分は今年で30歳になりますが、

少し上の年代の人と関わる機会が多く、最近は、

結婚しましたという報告、絶賛婚活中ですと

冗談交じりの近況報告も受ける機会が多くなりました。

 

今回紹介する本は、結婚や婚活に対して

緊急性を感じなかったり、今はそこまで悩んでいない人でも

読むと非常に気付きが多い本です。

 

特に、このテーマで輪郭の無い不安をぼんやり抱えている人、

このままいくと自分、老後は独り身のまま死んじゃうのかなと

将来をネガティブに考えている人には、刺さる内容です。

 

 

読んで思ったことは大きく3つあります。

 

 

1. 結婚・婚活には、

「デリケートな部分故に周りの人と気軽に話ができない、

でも皆うっすらと感じているエグい事実」が大量にある

 

本の内容から抜粋すると

 

・結婚の背景に「子供が欲しい」男性が多い為、

 40歳を超えた女性は多くの男性から対象外にされる

 もしくはその親から猛烈な反対を受ける

・男性は「年収◯◯万円ならOK、◯◯万円だとNG」

 のように、将来の生活も踏まえシビアに判定される

・お見合い辞退の理由第2位は

 「男性が割り勘をして、奢ろうとしない様」

・自由恋愛の結婚までの所要期間は平均4年、

 お見合い結婚は平均1年

 

など、結構シビアなことも踏みこんで書かれています。

 

 

自分はこれまでの30年間、ざっくり分けると

 

・学生時代の同級生、部活やサークルの友人

・会社の同僚先輩部下

・囲碁界隈の20代~70代の方々

 

と主に関わってきましたが、上記のような話題について

具体的に踏み込んだ会話をしたことは、ほとんどありません。

 

 

これは、そこにお互いが踏み込める

人間関係を作る努力を怠ってきたことも原因ですが、

一般的に触れ辛い話題なのは、よくよく考えたら、当たり前。

 

何故かというと、デリケートな部分の会話は、

相手を不快な気持ちにさせる可能性も多分に含まれる為、

家族や親友などの、強固な信頼関係を前提にしない限り、

話題に挙げたり、議論をするリスクが非常に高いからです。

 

 

「お前の仕事の年収いくら?」

「先輩は、将来子供何人作るつもりなんですか?」

「お前最近髪薄くなってきたな!薬飲んだ方がいいぞ」

 

なんて堂々と言い合える相手が、

あなたの周りには、どれだけいるでしょうか?

 

 

特に男はメンツやプライドを重んじる人が多いので

「結婚を焦っている」こと自体、周りの友人知人にも

絶対に知られたくない場合が多いと思います。

 

なので、あなたがもし

「そのうち結婚したいなー」

「将来は、家族とか子供とか、できるといいなー」

と思っている場合、

 

まずはこういった事実や環境に自分がいると自覚すること、

そして、そういったテーマについて気軽に話せる、

信頼できる相手との人間関係を作ることは、

とても大事だと、改めて思います。

 

 

2.男は金を稼ぐことで解決できる部分が非常に大きい

 

この本の著者は個人で結婚相談所を行っており、

女性とのマッチングを考える上で、

男性の年収によって募集条件が大きく変わります。

 

・年収が高い男性ほど、年齢が高くても希望される

・多少の性格や人間性の問題、清潔感、遠距離などの問題も

 相手の女性のスタンス次第で大目に見てもらえる

 

などの、マッチングをする側や女性視点の色々な考えが

色々と具体的に紹介されています。

 

逆に、年収目当てで言い寄られすぎて女性不信になり、

実際の年収は2000万の男性であるにも関わらず、

「年収400万として募集をかけてください」

という依頼をされてマッチングがうまくいった、

という事例などもありました。

 

 

出会いが無いという男性は自分の周りにも多いですが、

特に今すぐ何か具体的な行動を起こすつもりが無いなら、

とにかく仕事を頑張って、金を稼ぎましょう。

 

学生時代や20代の苦労話・貧乏生活は美談になりますが、

30代で同じことをしていると、家族を養う父親としては

アウトなので、洒落になりません。

 

 

3. 10代20代のうちに、思いっきり恋愛をしよう

 

作中の事例は、将来のことや家族のことも関わってくる

生々しい話が多い為、若い頃に恋愛していた時と比べると

僕ら以上の年代においては、

 

「楽しい/楽しくない、

 好き/好きじゃない という判断軸だけの恋愛を

 しなくなる人が、相対的に増えていく」

 

というのは、間違いないと思います。

 

 

でも、たとえ何歳になってどんな恋愛をしてきた人にも

人と関わる上でひとつだけ絶対に変わらない大切なこと。

 

それは、

 

「相手の気持ちを推し量る」

 

ということです。

 

 

例えば、この本には著者の結婚相談所を通じて

マッチングがうまくいった事例と

考え方も色々と紹介されています。

 

・男性が話すことが一番多いテーマは仕事なので、

 マッチングが決まった時点で相手の仕事に関する本を

 数冊買い、会う前に読んで知識をつけておく

 

・男性の奢る行為に対して、自分にお金をかけた行為に対し

 「投資して良かった」という確信と自信を持ってもらう為、

 お礼に渡す手土産を最初から用意しておく

 

・最初から信頼できる男を探すのではなく、

 約束や時間を守るなどの小さな信頼関係を

 積み重ねていける相手かという視点で見る

 

こういう視点で動ける人は、

結婚や婚活うんぬんではなく、仕事や人間関係など

色々含めてうまくやっていけるんだろうなと、

すごく感心して読んでいました。

 

 

また、本書で挙げられたような

 

・過去の経験から男性不信になり、頻繁に連絡しないと

 相手と関係を続ける意志をすぐに無くす女性

・初対面で、いきなり結婚を前提にした具体的な質問を

 延々と平然と相手にし続けて、相手を不快にさせる女性

・過去の失敗経験が尾を引いて、学歴に異常にこだわる女性

 

というのも、初対面だったら不信に思うと思う反面、

相手の気持ちや背景を察したり推し量る器があれば、

 

「ああ、その気持ち分かる。そういう人もいるよね。」

 

と、うまく付き合える可能性も大きくなると思うんです

 

 

若いうちは打算無しに恋愛ができますから、

そういった相手の許せること、許せないことに

真正面から堂々とぶつかることができます。

 

しかし、ここに結婚・家族・将来設計が入ってくると、

恋愛はルールが追加されたゲームとなり、

ルールを破ると数百万単位の慰謝料が発生したり、

その後の人生に与える影響が日増しに大きくなります。

 

 

なので、まだルールの制約が何もない若いうちは、

とにかく恋愛を楽しんでほしい。

 

最近は長いこと誰とも付き合ってないので

あまり説得力は無いけれど、

恋愛ってね、楽しいはずなんだよ。

 

それに、いい恋愛をしている人は結果的に、

それまでよりも人の心を推し量ることができ、

しばらく見ない内に、どんどん素敵な人になっていきます。

 

 

ぶっちゃけ、この本は

20代前半以下の人は読まない方がいいのかもしれない。

将来の不安を煽る形からの恋愛なんて、してほしくない。

 

 

でもあえて読む場合は、

 

「人の心を推し量る物差しを増やす」

「結婚・婚活を前提にしている人達の抱える

 今の日本(とは言ってもほぼ都市部)のルールを知る」

 

ための読み物、という視点で見ると面白いです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-02 17:30:28

ねこまど将棋カフェ

テーマ:囲碁全般
先日、ねこまど将棋カフェという集いに参加してきました。


背景として、囲碁に関しては教える立場でいることが多く、
ゼロから何かを教わる気持ちを忘れかけていると思ったので、
少しでも参加者の視点に寄り、原点に戻りたいという目的で、
最近は、色々な分野のワークショップに参加しています。

結論としては、奇抜なことをやるよりも、
まず当たり前のことをしっかり継続してやる、
自分たちで交流会を運営する場合に重要だと思った点が
3つあるので、要点を挙げておきます。



1.若くて可愛い女の子を入れる

まず一つ、女性スタッフを入れる。
もしくは、女性の参加者を集める。

これは別に、その人が自分と付き合って男女の関係になるとか、
何かムフフな展開を求めている、という主旨じゃないんですよ。

それ以前に、女性がいるだけで、
無条件でその場の体験価値が上がる、
有無を言わさないエネルギーのようなものがあるんです。

誰でも彼でもという訳ではありませんが、
そういう意味では、女性は人数が多い方が、
会全体の活気が生まれると思います。



2.交流会が終わる際に、その後の選択肢を提示する

交流会が終わる時は、楽しかったという思いと同時に、
これで終わりなのかという、何か寂しい気持ちにもなります。

なので、
・次回の開催日はいつになるのか?
・他にこういった交流会は無いのか?
・どうやって普段勉強すればいいのか?
・アプリで何か対戦できるものはないか?

こういった案内をしてもらえると、
その場でスマホや手帳を手に取ったり、
次の具体的なアクションを促せたりと、
参加者としては次のステップに進みやすくなります。

意外とこのタイミングって、
今後、囲碁や将棋を続けようかの瀬戸際なので、
その人に合った情報や環境を提案してあげると
参加者側としては嬉しいと思うんですよね



3.毎回、何かしらの成長や変化を実感してもらう

毎回、何かしら自分が前回来た時よりも
新しいことを学んだり、人間関係が増えるなどの
変化や前進を実感してもらうのは大事です。

というのも、今回まだ二回目の参加なので、
正直、上手の人と打つと、半分以上の駒を取られて
ズタボロに負けることになります。

そこで何が悪かったのか、教えてもらったり、
相手の人と仲良くなったりできなければ、
ただただ完敗して惨めな気持ちになるだけであり、
正直、とても楽しい思いだけで終われるとは思えません。


そして、これから初心者を卒業していくためには、
・実戦をとにかく繰り返す
・美濃囲い、矢倉囲いなど、石の囲い方を勉強する
など、今よりも一段階上の勉強をする必要があります。


僕は負ける耐性や、将棋を学びたいという気持ちが
それなりにあったので、まだマシな方だと思いますが、

逆に興味本位で、勝負よりも趣味としての興味や
友達を増やしたいという気持ちで囲碁将棋を始めた人は
あまりに負け続けると、さすがに萎えると思うんですよね。

だから、懇親会の時間を設けて別途交流を促したり、
講義形式の時間を作る、相談有りのペア対局をやるなど、
「成長を実感してもらう」「友達や知り合いを増やす」
ためには、何をすればいいのか?

ということを常に考える必要があります。


堀江さんが最近動画で囲碁将棋のサロン運営の質問に
回答していましたが、話題に挙げている通り、
今は簡単に始められる遊びや趣味がかなり増えているので、
若年層への普及の難易度は今後も上がっていくでしょう。
http://u-note.me/note/47505585

碁会所や将棋会館・サロンの運営みたいな話になると
若年層コミュニティとは主な客層が異なってくるので、
やることも一見同じようで多分全然違うと思われます。
機会があればこちらも、当事者の方に聞いてみたいです。


ねこまど将棋カフェ運営の北尾まどかさん、
参加者の皆さん、色々とありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-12 17:22:10

何で囲碁をやっているのか

テーマ:囲碁全般
僕が今、囲碁をやっている理由は、
自分自身のことを今よりも好きになる為です。



僕は今年30歳になりますが、
人は社会に出て年齢が上がるほど、
人生を合理的に考えるようになると感じています。


例えば、囲碁を1日2時間勉強する選択肢があっても、
その時間を仕事に充てれば、◯◯円稼げる、
すると月あたり◯◯円稼げる、年収◯◯◯万円になる、
などの比較をしたり、遊びをセーブするようになります。

恋愛に関しても、◯◯歳になるまでに結婚しないと
婚期を逃す、地元の世間体的になんかヤバいという理由から
休日に碁を打つよりも、婚活にお金と時間を費やした方が
コスパが高い、などの判断を下すようになります。


こういう合理的な判断にひたすら徹していると、
自分のやりたいことをやらなくなってしまい、
趣味に時間やお金を使う頻度が減っていきます。


しかし、本当は囲碁を楽しみたい、強くなりたいと
思えば思うほど、それを抑制しながら生きることは
人のパフォーマンスを著しく低下させます。




僕は、人が生きる上で大事なことの一つに、
何かを一生懸命やることで、自分に自信をつけたり、
自分を今よりも好きになること、があると思います。



例えば囲碁を例に挙げると、
ルールを覚えるのは簡単ですが、
強くなることは簡単ではありません。

個人差はあるものの、上達を続けていく中で
必ずどこかで一度以上、壁にぶつかる場面があります。

「楽しい」動機だけでは続けられなくなるのです。


加えて、世の中には囲碁以外にも、
手っ取り早く楽しめる趣味や余暇が腐るほどあります。
「これをしなければいけない」という
社会からの要請も加齢と共に増えていきます。

だから、離れていく人の気持ちもよく分かります。


しかし、楽しいだけのものから
短期的に手っ取り早く得られる楽しみや喜びは、
その一瞬や短い時間で無くなってしまうものです。


逆に、大きな壁に向かって長期的に努力をしたり、
それを乗り越えた経験から得られる喜びと自信は、
時間をかければかけた分だけ、大きなものになります。


そこから得られる自信を持っているからこそ、
新しい別の目標にも果敢に向かっていけるし、
女性にモテたり、人から信頼されたり仕事が来たりと、
周りの人間関係が良い方向に向かっていくのです。




当然、それだけの高い壁を
長期間かけて越えていくためには、
自分の好きなことや得意なこと、
情熱を持てることに取り組む必要があります。


仕事でも恋愛でも部活でも趣味でも、
がっつり向き合ってきた人の言葉は重いですが、
すべての根幹にあるのは、同じです。


あなたにとっては、たまたまその選択肢として
囲碁が目の前に用意されているというだけ。




囲碁を続けるか続けないかはあなた次第です。


ですが、何をやるにしても、
あなたが人生を幸せに生きられるかどうかは、
あなたが毎日何をやって、
そこから何を感じたかにかかっています。

というか、それが全てだと思うのです。




プロになれなかった院生上位クラスの方も、
囲碁界に徹底的に関わり続ける人と、
別の分野に移って頑張る人の、
二つのパターンにはっきりと分かれます。

情熱が続かないなら、さっさと撤退した方がいい。
未練ややり残している事があるなら、
とことん納得がいくまでやった方がいい。

良い事例です。




僕は囲碁に関しては、やり残している事があるので、
もう少しの間、続けていきたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-11 11:04:30

週末は碁会所へ

テーマ:囲碁全般
大岡山の林囲碁クラブに行ってきました。

平日にしてはかなり盛況で、ほぼ満員。
自分も三局打たせてもらったけど、楽しかったです。


絵画の転売の仕事をしている三段の方からは
一か月にどれくらいの月商なのか、
利益率や扱う商材はどれくらいなのかと聞かれ
助言も色々頂きました。

「とにかく売上を上げろ」
「競合のいない商品を探せ」
「買ってるお客さんの属性を徹底的に調べろ」
「売れない在庫は即損切りして二度と買わない」
「仕事なんてのはただの暇つぶしだ」


碁会所にいた棋士の先生からは

「大木君は序盤は問題ない。
だが石が競る中盤のねじり合いやヨセで
途端に弱くなる。明らかに実戦不足なので、
詰碁と実戦をひらすら繰り返しなさい。
そうすれば五段までは絶対にすぐ行ける」

「難しい詰碁はやらなくていい。
初段クラスの詰碁本を10冊買って
ひたすら回し読みしなさい」


というアドバイスを頂きました。


先生は非常に厳しい方らしく、
アドバイスしたことをしなかったり忘れると
激詰めされたり見限られてしまうらしいので、
当面は言われたことをしっかりやりたいと思います。


碁会所って天国だ。
これで席料500円とか1000円ってのは
明らかに安い。有難いけれど^^

価値提供する側とされる側のいい関係を
長く続けていこうと思ったら、
手土産や土産話持って行くとか、
お客さん連れてくるとか、席料の数倍くらいは
何かお金以外の形で持参していきたいものです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-09 21:46:34

日本棋院の労働組合でストライキ

テーマ:囲碁全般
日本棋院の労働組合でストライキが起こっているようですね。

YahooニュースとかGoogleにはほとんど何もソース無いですが、
Twitterで検索すると今日の棋院前の様子とか、色々載ってます。



以前、とある棋士の先生から聞いた話ですが、日本棋院では、理事自体は投票で選ぶ一方、理事本人が直接実務に常時関われない影響で、その理事が外部から側近を数名誰でも承認を得ずに自由に呼べる仕組みになっており、ここで外部から呼ばれる(理事の所属元の会社等から呼ばれる)社内政治のプロや招聘制度自体が棋院の施策やモラルを内部から腐らせている元凶とのことです。

働く人がいなくなったり、棋院が機能しなくなると困る人は本当に多いと思います。機関紙・免状発行・棋戦運営など勝手にやる組織が俺だ俺だと乱立してた倒幕後の時代の二の舞になるかもしれない。だけど不当な扱いを受けていることが分かっている状態で働かされるのは、職員の人達が可哀想です。

日本棋院に就業して働く人って、僕の偏見ですが、率先して主体的に何かをするようなリーダータイプの人の集まりでは元々無いと思うので、こうやってストに踏み切るのは相当な負のパワーが溜まっていると思うんですよ。

真の一次情報は棋院で働くとか囲碁界上流の情報に深く携わることでしか見えてこないと思うけど、そこまで深入りしたくはないんだよな。棋院内部でクーデター考えてる方がいたら、頑張ってほしいとしか言えないし、自分は自分のやるべきことをやろうと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。