きんぱこ(^^)v  

  きんぱこ教室、事件簿、小説、評論そして備忘録
      砂坂を這う蟻  たそがれきんのすけ


1



    【VEMA Trace of an Ancient Civilization】
謎の遺跡発見か 古代文明の夢を見たい

 私が見つけたGOOGLE EARTHの古代遺跡 らしいもの私は何度見ても不思議な所です。

 発見場所 10°30'20.29"N 40°55'29.41"W 発見日  2009/02/22 11:45

 皆さんも、何か情報や意見があれば是非教えてください。(^^)

砂坂を這う蟻-1 (更新) 砂坂を這う蟻-1

大きな地図 (EARTH) で見る

スタッフ・ベンダ・ビリリ 日本で見たコンゴの心  

$きんぱこ(^^)v  -2

レイプ・略奪・殺戮の悪夢 (コンゴ民主共和国)
大惨殺千の丘ラジオの事は覚えていますか?
ルワンダ惨殺とホテル・ルワンダ
「イノキ・ボンバイエ」と「キンシャサの奇跡」


いつも読んでいただいてありがとうございます。

検索エンジンで キーワードの後に空白を空けて きんぱこ または たそがれきんのすけ と入力して検索ボタンを押すと、私のブログを見つけやすいです。 よろしくお願いします。


【震災・地震データ・原発】は【震災関連メニュー で探してください。



テーマ:

【酒呑童子の首塚】



(首塚はこの記事の真ん中くらいにあります。見たくない人は読まなくてよいです)


平安時代の初期から中期にかけて、京都府の北部にある大江山に棲みつき、たびたび京の都を襲ったとされる伝説の鬼だった酒呑童子(しゅてんどうじ)

平安時代中期の西暦995年、安部清明が京の都の北部に鬼が棲むと占い、一条天皇の命で討伐隊が結成されました。


摂津源氏の源頼光と嵯峨源氏の渡辺綱(わたなべのつな)。


そして坂田公時、碓井貞光、卜部季武


坂田公時(きんとき)はご存知の「まさかり担いだ金太郎」です。(箱根の足柄山からスカウトされたらしい、まずまず本当の話みたいですよ)


渡辺綱は今でも大阪の大川(おおかわ:天満橋近辺)に渡辺という地名が残っています。

この一行が大江山に向かい、酒呑童子に毒酒を飲ませ、退治したという伝説のお話です。


伝説と言っても酒呑童子やその他の鬼以外は実在の人物。いや、鬼すら実在していたかもしれません。


酒呑童子首塚

(歌川芳艶 江戸時代)


ほとんどの話や残存する絵画は、江戸時代のものが多くて、当時の有名な物語だったのでしょうね。

実際は平安時代に都を荒らした盗賊の棟梁だったのだろうと思います。

鬼ではなく相当強い盗賊の棟梁として実際にいた人物なのだろうと思うのです。


この酒呑童子の首塚があるのはご存知でしょうか。


源頼光らは酒呑童子の首を京の都に持って帰ろうとしたのですが、京都市に入る手前にある「老ノ坂峠(おいのさかとうげ)」の山中に埋葬して都には災いを恐れて持ち込まなかったらしいです。


一説には、酒呑童子がこれからは首から上の病気を治す善行を行いたいのでここに埋めろと言ったとか。


またはこの場で首が急に重くて持てなくなり、力自慢の坂田公時をしても持ち上がらなかったのでここに埋めたとか。

その場所に行ってみました。


この物語がいつ出来たかは知りませんが、当時は疱瘡が流行っていたらしい。それでこのような伝説が出来たとも。

場所は京都市の中心を東西に走る五条通り(つまり国道9号線)を山陰地方に向かって行きます。すると京都市の外れに老ノ坂峠という小さな峠があり、それを車で登ってゆきます。


首塚はその峠道からさらに少しだけ山奥に入ったところにひっそりと佇んでいます。


酒呑童子首塚2  

現在は、「京都縦貫道」が走っており、その側の山中にあるのですが、国道9号線から脇道に逸れて、最近出来たばかりの京都縦貫道をくぐり、しばらく走った山中にあります。


途中、車が対向したらどうしようもないほどの狭い道路を進んでゆくと、こんなところにも人が住むのかと驚くほど辺鄙な場所に僅かな民家があり、そこを通り過ぎた所にある杉林の中にひっそりと佇んでいました。


2
(京都縦貫道をくぐって山中に入ってゆく)

----------------------------------------

----------------------------------------
酒呑童子首塚2  

杉林の中に小さな鳥居が現れた。


首塚大明神と刻まれた石柱が建っている。

酒呑童子首塚5  

山中とはいえ、この場所だけは小さな古墳のようになっているのだろうか、杉の根っこがむき出しになり、それを階段代わりにして上ってゆく。

酒呑童子首塚8  

すぐに首塚に到着。


なにやら引き裂かれたような杉の木が伸びている。


酒呑童子首塚10  

首塚大明神と書かれた小さな鳥居をくぐってお参りをする。


周りは杉木立で、鶯の声が木霊する。


さすがの私でも夜中はここまでくる勇気はない。

酒呑童子首塚3  

古びたワンカップが置いてあった。


そうだった。ここは酒飲みの酒呑童子の首塚だった。


お酒の一つでも持ってくればよかったと少し後悔する。

首から上の病気を治すとか・・・どうか脳卒中になりませんように。


【酒呑童子の首塚】


1



3

(蝉が登ってくるくらいだから大丈夫だろう 撮影は8月でした)

さて、小さな社の裏側に上のように首塚があります。

今でも四方を柵で囲み、魔よけの祈祷を行い、災いが外に出ないように結界が張られています。

この盛り土の中に、本当に酒呑童子の首があるのでしょうか。

もう1000年以上昔の事なので、あったとしても当然何も残っていないでしょうね。


けれども、わかりませんよ。

エジプトのミイラだってあるのですから。

まあ、鬼の首というわけではないでしょうけれども、悪党と言われた盗賊の首が埋まっているのではないかと感じます。


ここにいると、異様に蚊が寄ってきたり、木の根元にスズメバチの巣があったり、雷で中だけ黒焦げになりながら生きている不思議な杉の木があったり・・・。


何かあることは間違いない気がします。


1

ここに来る人は気付いていない人が多いですが、この木の穴の中にスズメバチの巣がありました。



酒呑童子首塚4  

もう一度、切り裂かれたような杉の木を見直してみた。


これは、きっと雷が落ちてこうなったのだろうと思った。周りにこれだけ杉の木がそびえているのにどうして首塚に落雷があったのかも不思議といえば不思議だ。


いつから生えているのかはわからないが、これでよく生きているなぁ。

首塚の杉  

お参りした後、戻る途中で見上げた杉木立。


首塚の杉は、周りの杉と明らかに違う。


普通は杉というのは真っ直ぐに伸びる。周りの杉はそうなのに・・・原生の杉なのだろうか。


こんなにひねくれた杉は初めて見た気がする。

首塚の小山だけ明らかに違う杉。


見ていると、その異様さに少し怖くなってきた。


上の写真も不気味に撮れた。


杉の木の右ははっきりしているが、後ろに移る杉林はなんだか動いているような・・・。

酒呑童子首塚  

首塚大明神の近くにある石柱。


従是東山城國


とある。


ここから先は、丹波国ということになるのかもしれません。


これと同じ石柱が、10キロほど先の京都と大阪の境、つまり大山崎にも建っていた。


昔は長岡京市、向日市そして京都の西山あたりは「東山城国」と呼ばれていたのだろうか。


実は、この道は古くからある老ノ坂の旧道にあたるところ。



3

今はほとんどだれも歩きませんが、旧道にはこんな道しるべが立っています。

こんな山の中のこんな道を歩いて、明知光秀は織田信長を本能寺で討とうと京の都に向かったのでしょうね。

このあたりで「敵は本能寺にあり」と言ったのでしょうか。

光秀はこの首塚大明神の傍を通り過ぎて行ったのでしょう。



首塚大明神にお参りして思った。



やはり、鬼は実在する・・・・・と。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

------------------2016/9/21------------------

【都庁はやっぱり伏魔殿】


石原元知事が謝罪をしていましたが、なんかおかしくないですか?
石原知事は確かに都庁の最高責任者だけれど、専門家ではないわけですよ。


論点のズレを知事に指摘できない都の幹部に問題。
(もちろんおかしいといった人もいるでしょうが、その人が決定権者ではなかったということ)


工事を請け負う業者もわかっていたはず。
工事業者や設計者のモラルの低さがこの結果を招いたとも言えませんか。


「都の幹部に検討したらどうだ」と石原知事が言った言葉は素人意見で「建物の下はコンクリート箱にするという考え方はどうだろうか」と膨れる工事予算を考えながら一つの意見として言ったわけでしょ。

それを「石原知事がそう言ったんだから、そうしても問題ないだろ」
と、何も考えずに責任転嫁ばかりを考えるバカ職員が勝手な解釈をして、それを業者に言ったんだと思います

業者は工事費が安くて済むから、「まあ、弊社としてはそれでもいいですけど」という感じで受けてゆく。


ここで
「いや、やはり建物の地下も盛り土をしなければ当初の目的がぼやけてしまいます」という意見を言う人がいなかったのでしょうかね。


いなかったとしたら、工事業者も腐ってるというかボケてるというか、自分のことしか考えていないわけです。


最近、こんな連中ばかりでうんざりですね。

団塊の世代の人はあまり好きではないけれど、仕事はしっかりやる人が多かった。

今の30、40代の人を見ていると自分中心を露骨に出すし、自分が生きてゆく上での「視野」も狭い人がとても多い。
(勘違いしないで、素晴らしい人もいますがそんな人が少ないですね)


都庁を知る人は「職員はやる気ない」と言っているし、石原元知事は「都庁は伏魔殿だね」と言っているし。


WIKIによると

「伏魔殿(ふくまでん)は、中国の伝奇小説『水滸伝』に登場する建物、または英国の叙情詩『失楽園』に登場する都市の名前。悪魔がひそむ殿堂の意。また転じて陰謀や悪事などが絶えずたくらまれる場所を指す。」


1

(水滸伝の伏魔殿 WIKIより)


ビルだけ高々とそびえて立派ですが、中には白アリがたくさん住み着いているのでしょうか。


余談ですが

先日、自宅の物置にスズメバチが巣を作りかけていたので、ゴキジェットとキンチョールを両手に持って二刀流で戦って全滅させました。
(なぜかゴキジェットはスズメバチにもよく効く)

体中にゴキジェットを巻きつけて両手にも持って新宿都庁に攻め込もうか・・・なんて思ったりして・・・。(もちろん冗談)


なんか、一時期中国のモラルのことなどを批判していましたけれど、日本も中国の悪口なんて言えなくなってきていますね。



-------------------2016/9/18------------------

都の幹部が言ったそうですが、”建物下の空洞は土壌汚染が再び見つかった場合に備え、パワーショベルが作業できる場所とする目的でつくられた”ということだったそうです。


しかしこれも本当かどうか、生鮮品を扱う建物の地下に再調査できる空洞を造るなんて、頭おかしいのではないかとかとさえ感じます。


建物の地下にたまっていた水は、臭素と塩素が混じっており、真水ではなく海水の可能性が高くなってきました。


つまり、海水が埋立地に浸み込んでいるわけですよね。


共産党が調べた強アルカリについては、コンクリートが溶けたものだそうです。


(バンキシャより)


私が一番心配しているのは


地震の場合の液状化対策が本当にされているのか


ということです。


液状化対策をやれていなければ、5m程度の盛り土だと、何年か経過すると地震によって液状化され、下の汚染土が表に出て来るのではないかということです。



1


素人ながら、地下に海水が浮き出ているということは瓦礫や砂など海水を通しやすい土壌であること。実際に地表に水が浮き出ていること。

この状態で震度5以上の地震が起きると、液状化現象が起こるのではないでしょうかね。


これについては、誰も言っていませんが、この部分をしっかりと調べておかなければ、何を対策しても無意味ですけど!



小池知事さん、そのことも言及してほしいです。


盛り土がないとばかり言っていますが、木を見て森を見ず!


液状化対策からちゃんと見直さないと解決しませんよ!

-------------------2016/9/13------------------

今回の土壌汚染問題で、小池知事は頑張っていますね。


〇都庁のホームページで誤った図解を掲載し続けたことに対する「正確な情報公開」の必要性

〇早急に改めて専門家会議を開く
 2008年、和歌山大にいた平田教授が対策の座長を務めていたことから、再度ヒアリングを行う事

〇盛り土が空洞になったことによって予算に変化があったかどうか


を詰めてゆくということなので、この結果を待ちたいと思います。


個人的には、こんな汚いところに生鮮品の市場を作るなよ! というのが本音。


アホというか間抜けというか、詰めが甘いというか・・・・・情けない!ほんまに


情けない!




-------------------2016/9/10------------------



1


新聞を賑わわせている豊洲市場の移転について追記です。

豊洲市場建設の前に昭和31年から63年(1988年)まで東京ガスが行っていた(石炭を燃やして都市ガスを生成する)工場跡地でベンゼン、シアン化合物、ヒ素、鉛、水銀、六価クロム、カドミウムが大量に検出された問題で、東京都は2011~2014年に約850億円もかけて敷地全体を2メートル掘り下げてきれいな土に入れ替えた後に、2.5メートルの盛り土をする大規模な土地のかさ上げ工事行ったわけですが、どうも水産物を扱う売り場棟については床下に配管を通すため表土を除去した跡に盛り土をしないでコンクリート壁を造っただけでその上に建物を建てたらしいですね。


ここがポイントですが、2008年に発がん性物質のベンゼンが発見されて測定された値は、なんと環境基準の最大4万3千倍

ただの環境基準汚染ではないことに注目ですよ。


2
(盛り土されずにコンクリートで固めただけの地下空間:共産党提供)


その後に都が実施した地下水や構内の空気中のベンゼン濃度は環境基準を下回っているらしいですが、どうも計画通りに汚染対策ができていないということで、小池知事は再調査に入ったみたいです。

いよいよ11月7日開業ということでしたが、延期になり、いろいろと賛否が出ています。


私が一番心配しているのは地下水


この場所は、かつての東北大震災(3.11)で、地震による液状化現象が起こり、地表に汚染度が噴出した経緯があります。


東京都は汚染土について、一切公開しないそうなのですが、2mやそこらの土壌を入れ替えてみたところで、また地震が起こって液状化現象が発生した場合(事実3.11で発生したのだから今度も確実に起こるはず)、地中の土壌が地表に噴出したり、地中の水道配管を壊したり(ヒビがいって浸み込んだり)した場合、どうなるのだろうかととても不安に感じます。


液状化の対策はやっているそうです。

密度の少ない砂地の部分や、地下水が多く含まれる土壌の部分で起きる現象なのだそうで、そこに砂杭を打ち込んだり、密度の少ない部分を改善させたり、地表から十数十メートル下にある不透水層より上の部分を改善させたそうですが、これが本当にやったかどうかがよくわからない。


再び起こったら、再度移転の話が出て豊洲移転は何だったのだということになってしまいそうな気がするのです。


「大丈夫だよ、専門家や学者が証明しているのだから・・・」


という人もいるかもしれませんが、最近の学者先生や専門家は問題が起こるとコソコソと逃げてしまう。
福島原発事故でも、名前は忘れたけれど(本当は知っていますが)東京電力が雇っていたお偉い学者さんは震災から2か月ほどかけてコソコソと東京電力をやめて行ったということもありました。


もうそれ以来私は、偉そうに言う学者先生はいざとなるとコソコソ逃げてゆくと思い込んでいます。
高い金をもらって、偉そうに言っておきながら、実際に問題が起きると逃げる・・・・よろしいお仕事ですねと言いたくなる。


それは横に置いておいて、土壌汚染問題。


下にも書いていますが、要するにこの三つが心配


①築地市場で現在使用している「濾過海水」について、都は「使わない」言っていたのに「護岸から取る」ことになったこと。

(しかも濾過海水の使用責任は市場側にあるとのこと)

②315号線の道路の下には東京ガスが埋めた化学物質入りのドラム缶が100本以上残存

(それが腐食して有害物質が地下水に流れ込んでいるので、この海域には魚がいない)

③汚染の状況調査書はベンゼン305区画を不適合区画から外し、虚偽記載を行っていること


鮮魚を扱う豊洲周辺の海には魚がいないって   


本当なら


変でしょ・・・・


そもそもどうしてこんな汚らしい場所に生鮮品を扱う市場を考えたのか、最初の一歩が間抜けな気がして、今更考えてみても、膨大な金もかかっているしどうやったらいいのか途方に暮れる気持です。


豊洲で使われる運搬機などは、内部で使われている電線やビス一つにしても厳しい含有化学物質調査が行われて合格したものばかり。
(私が会社で豊洲への納入物件の部品の一部について含有化学物質調査をやったんだから間違いない)


だけど、土壌からまた汚染物が染み出て来たら何のためにやったのかと思ってしまいそうになります。


さて、これからどうなるのやら。


最初の調査でストップがかけれらないのは、やはり利権の問題が先走ってしまうからなのでしょうか・・・。


---------------2016/2/28-----------------



「このままでいいの? 豊洲新市場(東京都中央卸売市場)」


①どうなる豊洲新市場
②遠く離れた私のところでも関係が。


----------------------------------------


①どうなる豊洲新市場

東京の築地市場が移転問題で長年揉めていましたが、とうとう今年(2016年)の11月に豊洲新市場がオープンみたいですね。



1

提供:東京都中央卸売市場



2
(現在の豊洲 GOOGLE EARTH)



しかし、よくよく記事を読み漁ると・・・・、まだまだなんだかエエ加減な感じが・・・。


築地は老朽化や手狭などの問題で、近くの豊洲(東京ガスの跡地)に移転することになったのはご存知だと思います。


今年の秋にオープンとあれば、今までの問題も解決してみんな楽しみにしているのかと思いきや、築地の人々は怒っていた。


2004年7月に「豊洲新市場基本計画」ができて、移転事業がスタートしたわけですが、もともと東京ガスの跡地だった豊洲の土地には国の環境基準を大きく超える鉛・ヒ素・六価クロム・シアン・水銀・ベンゼンが大量に含まれていたのですよね。

ベンゼンは発がん性物質だし、水銀は奇形の原因になります。

それが生鮮品を扱う土地に含まれているとあれば、水を扱う市場には以ての外の汚染物質です。

その後ほかにも問題が出ていました。

2011年の福島原発事故後に調査した放射線測定でも、この豊洲は高い数値が示されたのですが、専門家は豊洲の高濃度放射線は福島原発が原因ではないと言っていましたよね。


もっとも放射線については、今の築地にも「原爆マグロ」と言われて、昔被爆した「第五福竜丸」に乗せてあった被爆マグロが埋められているということは聞いたことがありますが・・・。


ほかにも震災の時に液状化現象が起きたことも問題でした。

とにかく豊洲の土地は想像を超える有害物質が含まれているみたいです。

さらに豊洲につながる道路の下には、有害物質がドラム缶に入って埋められていて、腐食して海水に浸潤しているのだとか。


そこで東京都は2012年から、豊洲新市場土壌汚染対策工事を行ってこの問題を解決することになった。



1




3


(リンクでサイトへ「豊洲新市場土壌汚染対策」)


 ところが、築地の人は

・帯水層のところの対策が不十分なこと

・築地市場で現在使用している「濾過海水」について、都は「使わない」言っていたのに「護岸から取る」ことになったこと。

(しかも濾過海水の使用責任は市場側にあるとのこと)

・315号線の道路の下には東京ガスが埋めた化学物質入りのドラム缶が100本以上残存

(それが腐食して有害物質が地下水に流れ込んでいるので、この海域には魚がいない)

・汚染の状況調査書はベンゼン305区画を不適合区画から外し、虚偽記載を行っていること

を理由に、改善工事が不十分だと怒っているわけです。


あと半年でオープンなのに、これで本当に大丈夫なの?


食材の拠点だけに純粋に不安ですね。



②遠く離れた私のところでも関係が。

実は私がやっている仕事でも、この豊洲の環境と関係がありました。


豊洲で使う運搬装置の部品を作っているので、部品に含まれている化学物質を調査しなければいけないのです。


電線の先端についている小さな端子に至っても、不純な化学物質が含まれていないかどうかをきっちりと調べてゆけなければいけません。


しかも、希少金属などはその仕入れ先がまっとうかどうかも調べています。


昔ありましたよね、映画で「ブラッドダイアモンド(血のダイアモンド)」という映画。


アフリカのシエラレオネでコンフリクトダイアモンドを採る話。


実話でその後ダイアモンドが正しいルートで取引されているかどうかということを証明する「キムバリープロセス証明書」が発行されるようになったというものですが、現在ではダイアモンドだけではなくタンタルなどの希少金属も正しい取引で行われたものかどうかを調査しなければいけないようになっています。


自動車や重機などの部品はそこまで調査されているわけです。


それはそれでよいことだと思います。

(あまり調査が多くなると、もうからない仕事ばかり増えて会社が倒産しちゃいますが・・・)


ただ、そこまできっちりと調査した運搬機を豊洲新市場に導入するわけですが・・・・土壌汚染対策が不十分だったり、取水の水質汚染が解決出来ていないなら、なんだか無駄な努力している気がして、寂しいですね。


せめて道路の下のドラム缶や水の問題だけはきっちりとやってほしいなと思うわけです。


大丈夫かな。。。







いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

【APPLE CarPlay がドンドン標準装備に・・・IoT化が進む 産業革命真っ只中】


ボルボに続いてメルセデスベンツもアップルのCarPlayというかスマホを丸ごとインパネに標準装備し始めました。

(ボルボのインパネ。スマホ apple CarPlayが標準装備)


これによってどうなるのか

皆さんも想像してみてください。
IPHONEが車に標準装備されるということは

①グーグルマップでカーナビ
⇒ つまりカーナビがなくなる
②テレビや映画、音楽はオンデマンドまたはダウンロードで見れる
⇒ カーオーディオもなくなる
③siriを使って声で命令できる
⇒ ボタン類がなくなる
④カーオートメーション
⇒ siriを使ってエアコンなどの操作を命令できるようになってくる
⑤メールやFACEBOOK、インスタグラム
⇒ そのうち走行しながらsiriで使えるようになる

ほかにもあるでしょう。

 

(メルセデスベンツも CarPlay を搭載)

 

現在、日本はアベノミクスの一環として、IoT(Internet of Thing : 物のインターネット)ビッグデータ(クラウド上に蓄積された膨大なデータ)を使った第4次産業革命の真っ只中。
「ものづくり」について積極的な開発促進や、それに対する政府の補助金など産業革命に大きな予算を投入して促進に力を入れ始めました。

 

この産業革命は日本だけではなくアメリカやヨーロッパでも活発化していますよね。

 

上のようにアップルのCarPlayはIoTそのものの典型的な例ですが、自動車にスマホを標準装備してインターネットやクラウドのビッグデータを取り込んで、アプリを使って車のインパネに展開させようという考えです。

 

グーグルの地図情報もビッグデータの一つです。

現在スマホでみんなが使っている機能だけでも自動車に標準装備すると、「オッケーシリ、大阪城までの道案内をして」などと運転しながらsiriに声をかけるだけでカーナビが使えて音楽も聞けて、電話も掛けられるわけです。

 

大きな製造開発コストを掛けずに、車の中で、しかもスマホだけで何でもできるようになるというのは、想像できる範囲ではありますが、ある意味画期的なことでしょう。

 

まだ日本のメーカーは発表していません。

 

しかし、そんなアップルも恐れているのがGOOGLEですよね。

 

NHKの9/17にやっていました通り、
GOOGLEは自動車の完全無人運転を目指していて、無人化のノウハウを提供する胴元になろうとしています。
もし主導権を握ったら、自動車業界はGOOGLEに牛耳られることも想像できるし、アップルが現在やっていることはGOOGLEに取って代わられる可能性が高そうですね。

 

さて、もう一つ注意をしなければいけないのが「産業革命」という言葉

 

わー、これからもっと便利で良くなってゆくのだー・・・と思うのは構いませんが、ちょっと待てよ!

 

実は産業革命が進むと、今まで当たり前のようにあった産業や商品などが「無くなる」ということにもなるわけです。

 

上のアップルのCarPlayを見ても、恐ろしいのは

①グーグルマップでカーナビ
⇒ つまりカーナビ屋さんが大打撃か?
②テレビや映画、音楽はオンデマンドまたはダウンロードで見れる
⇒ カーオーディオも無くなる
③siriを使って声で命令できる
⇒ ボタン類がなくなる
④カーオートメーション
⇒ siriを使ってエアコンなどの操作を命令できるようになってくる
⑤メールやFACEBOOK、インスタグラム
⇒ そのうち走行しながらsiriで使えるようになる

 

まぁ、エアコンは仕方がないにしても、①から⑤を見ると要するに

ハードウエアが無くなって行き(というかスマホ一つに集約されて行き)、ほとんどがソフトウエアに変わってしまう。

ということになります。

 

想像するに、
カーナビ屋さんが潰れ、カーステ屋さんも潰れ、オートバックスなどのカー部品屋さんもやばくなって来て、アップルやグーグルなどの大手コンピューター関連メーカーだけが巨大になってゆく


じゃあ、アプリを造るソフトウエア屋さんが儲かるかというと・・・この道30年の私に言わせてみれば、アプリはほんの一部しか成功しないはずです。

 

つまり産業革命は経済の活性化や発展とは反比例する可能性が高いわけです。

 

私が思うに、これからの時代は今までの資本主義や社会主義共産主義といった概念、労働と雇用、需要と供給といったバランスを考えた経済社会は崩れてしまう気がしています。

私は世界を最終的に牛耳るのは自動車メーカーでもなく軍産複合体でもなくアップルでもなくマイクロソフトでもなく・・・・・GOOGLE だと思っています。

 

社会は 労働の対価として報酬を受け取って生きてゆく今の考え方は完全に崩れてしまうのは間違いない。

いずれはロボットやアンドロイドが実用化されて人間は働かずに生きてゆく社会になってゆくと思っていますが、その過渡期となる今から数十年の間は、結構悲惨な社会になるのではないでしょうか。

 

その間に大戦争が起きて経済がゼロに戻ることも考えられるし、温暖化が進んで紫外線や何らかの自然現象で人類は生きるのが難しくなるかもしれません。

 

いずれにしても、人間が働かずにほとんどが自動化された時代になるには厳しい壁がいくつかありそうです。


みなさんは、人間の未来についてどう考えているのでしょうね。

 

私が生きている時代の話ではありませんが、子供を持つ身で考えた場合、自身ではどうしようも出来ない未来を想像しながら心配しているきんのすけでございました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)