きんぱこ(^^)v  

  きんぱこ教室、事件簿、小説、評論そして備忘録
      砂坂を這う蟻  たそがれきんのすけ


1



    【VEMA Trace of an Ancient Civilization】
謎の遺跡発見か 古代文明の夢を見たい

 私が見つけたGOOGLE EARTHの古代遺跡 らしいもの私は何度見ても不思議な所です。

 発見場所 10°30'20.29"N 40°55'29.41"W 発見日  2009/02/22 11:45

 皆さんも、何か情報や意見があれば是非教えてください。(^^)

砂坂を這う蟻-1 (更新) 砂坂を這う蟻-1

大きな地図 (EARTH) で見る

スタッフ・ベンダ・ビリリ 日本で見たコンゴの心  

$きんぱこ(^^)v  -2

レイプ・略奪・殺戮の悪夢 (コンゴ民主共和国)
大惨殺千の丘ラジオの事は覚えていますか?
ルワンダ惨殺とホテル・ルワンダ
「イノキ・ボンバイエ」と「キンシャサの奇跡」


いつも読んでいただいてありがとうございます。

検索エンジンで キーワードの後に空白を空けて きんぱこ または たそがれきんのすけ と入力して検索ボタンを押すと、私のブログを見つけやすいです。 よろしくお願いします。


【震災・地震データ・原発】は【震災関連メニュー で探してください。



テーマ:

一昨日から日本でも配信されたポケモンGO(ゴー)


もちろん初めてなので、とりあえず使ってみました。


子供が何だかんだと言い出した時に、原理や特徴くらいは知っておかないといけない(と、思って)


どいつもこいつも・・と、うんざりでしょうが、今までとは違ったゲームなので把握しておく必要があると思います。


IPHONEにダウンロードして、最初にアカウントと自分自身のキャラクターを作るのは、ネットのソフトだし、キャラクターもゲーム的には作りますよね。

そして出来上がった画面が以下の通り。



1


ここまでやってみて思ったのは、GOOGLEマップスという地図がありますよね。


あれで現在位置のボタンを押すと、自分がいる位置に合わせてくれます。

GOOGLEマップスでは現在位置に青い○が表示されますが、これが先ほど作成したキャラクターに代わる感じです。



2


要するに


GOOGLEマップスに自分のキャラクターを表示させて、時々あちこちにポケモンのアイテムが表示されて、そのアイテムめがけて画面下にある赤と白の丸いボールを指で触ってアイテムめがけて指で動かすと、そのアイテムをもらえる。


ということですね。


もちろんほかの機能もありますが、GOOGLEマップスを見ているとどんなふうに作ったかは大体の想像ができます。


一番大きな特徴は、

自分から動かないとダメなゲーム
ってことですよね。


今までのオタクはいわゆる

ゲームお宅

だったわけですが、このゲームが出ると、その後もどんどん類似のゲームが出て来るはずなので、これからは

ゲームお外(おそと)

と呼ばれるようになるのでしょうか。


京都も桂川の堤防を自転車で走っていたら・・・いるわいるわ。

こんなに暑いのに、堤防をテクテクとスマホを見ながら歩いている奴。


子供はいなくてみ~~~んな大人ばかり。(よくやるよ・・・ほんま・・・)


このゲームはとにかく自分から動かなきゃ何にも面白くないゲームだから、これからもっとうろうろする人が増えるのでしょうね


たぶん、そのうち事故が相次いで、子供までやりだすと規制がかかって、ゲーム自体は一時的に衰退する気がしました。


ただ、私が感じたのは


現実とバーチャルの世界が少しづつ「融合」し始めているな


ということです。


今までは自宅や屋内で動かずにスマホやパソコンを使って仮想(バーチャル)の世界を楽しんでいました。

たとえば、このアメブロでは「アメーバピグ」がそうですよね。


それが、これからは自分から動かないといけないようになってきたわけです。


私が想像している未来は、現実とバーチャルが完全に融合する世界。そして人間とアンドロイドが混在する世界。


数年前から、なんでもインターネットからダウンロードして何かをするようになり、現在はさらにそれを進めるために


IoT(アイ・オー・ティー:物のインターネット)などと呼び出してインターネットで取り込める膨大なデータ(ビッグデータ)を使ったアイデアの創出を掻き立てるように政府が法律で謳いだした(例えば「中小企業経営強化法」)


さらにIoE(アイオーイー:すべてのインターネット)ともいわれるようになってきて、今後の通信手段はインターネットを主流にして現実やバーチャルの融合に推移してゆくということでしょう。


ちょっと難しく書きすぎたかもしれませんね。


それがどんな世界になるのかは、私自身ではまだ想像しきれていません。


結局人間は動かなくなって、アンドロイドを歩かせて現実の世界と仮想の世界を切り替えながら生活をするのかもしれませんし、危ないので人間は必ず何らかの「乗り物」に乗りながら移動し、ものを作ったりネットマネーを作るのはアンドロイドで人間はなにもしなくなり、アホになってアンドロイドに滅ぼされる・・・とか。


未来の想像については、別の機会にいろいろと書いてみたいなと思っています。



 

グーグルが持つ地図情報というビッグデータとGPS機能をゲームに結びつけた最初のゲーム。

つまりInternetOfThings(物のインターネット)の典型的事例でしょう。


今後はシューティングゲームもGOOGLEやGPSを使ったものがどんどん出るでしょうし、

例えば戦国無双やNHKの真田丸の物語を応用して、刀の代わりに、スマホを持って現実に真田信繁が戦った天王寺の戦地に行って戦ってみたり・・・。


グーグルの地図情報とストリートビュー、GPSと今後出てくるであろう仮想の被写体表示装置を駆使したゲームやトレジャーハンターものなどが開発されて、どんどんバーチャルリアリティーの世界が出来上がってゆくことでしょうね。


こういった節目のゲームやソフトコンテンツだけは把握しておくべきだと思いますよ。



オタクが外に出るようになった。


現実とバーチャルの融合が一歩進んだ


というのが私の印象です。


しかし、このゲームは危ない! 怪我するので私はほどほどにしておきます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【酒呑童子の首塚】

平安時代の初期から中期にかけて、京都府の北部にある大江山に棲みつき、たびたび京の都を襲ったとされる伝説の鬼だった酒呑童子(しゅてんどうじ)

平安時代中期の西暦995年、安部清明が京の都の北部に鬼が棲むと占い、一条天皇の命で討伐隊が結成されました。


摂津源氏の源頼光と嵯峨源氏の渡辺綱(わたなべのつな)。


そして坂田公時、碓井貞光、卜部季武


坂田公時(きんとき)はご存知の「まさかり担いだ金太郎」です。(箱根の足柄山からスカウトされたらしい、まずまず本当の話みたいですよ)


渡辺綱は今でも大阪の大川(天満橋近辺)に渡辺という地名が残っています。

この一行が大江山に向かい、酒呑童子に毒酒を飲ませ、退治したという伝説のお話です。


伝説と言っても酒呑童子やその他の鬼以外は実在の人物。いや、鬼すら実在していたかもしれません。


酒呑童子首塚

(歌川芳艶 江戸時代)



この酒呑童子の首塚があるのはご存知でしょうか。


源頼光らは酒呑童子の首を京の都に持って帰ろうとしたのですが、京都市に入る手前にある「老ノ坂峠(おいのさかとうげ)」の山中に埋葬して都には災いを恐れて持ち込まなかったらしいです。


一説には、酒呑童子がこれからは首から上の病気を治す善行を行いたいのでここに埋めろと言ったとか。


またはこの場で首が急に重くて持てなくなり、力自慢の坂田公時をしても持ち上がらなかったのでここに埋めたとか。

その場所に行ってみました。


この日の京都は祇園祭の宵宮。


1
(2016年祇園祭 朝日新聞より)


無病息災を願って行われる祭りの日でしたが、この首塚も無病息災らしいと思いながら山中に入りました。


この物語がいつ出来たかは知りませんが、当時は疱瘡が流行っていたらしい。それでこのような伝説が出来たとも。

場所は京都市の中心を東西に走る五条通り(つまり国道9号線)を山陰地方に向かって行きます。すると京都市の外れに老ノ坂峠という小さな峠があり、それを車で登ってゆきます。


首塚はその峠道からさらに少しだけ山奥に入ったところにひっそりと佇んでいます。


酒呑童子首塚2  

現在は、「京都縦貫道」が走っており、その側の山中にあるのですが、国道9号線から脇道に逸れて、最近出来たばかりの京都縦貫道をくぐり、しばらく走った山中にあります。


途中、車が対向したらどうしようもないほどの狭い道路を進んでゆくと、こんなところにも人が住むのかと驚くほど辺鄙な場所に僅かな民家があり、そこを通り過ぎた所にある杉林の中にひっそりと佇んでいました。


2
(京都縦貫道をくぐって山中に入ってゆく)

----------------------------------------

----------------------------------------
酒呑童子首塚2  

杉林の中に小さな鳥居が現れた。


首塚大明神と刻まれた石柱が建っている。

酒呑童子首塚5  

山中とはいえ、この場所だけは小さな古墳のようになっているのだろうか、杉の根っこがむき出しになり、それを階段代わりにして上ってゆく。

酒呑童子首塚8  

すぐに首塚に到着。


なにやら引き裂かれたような杉の木が伸びている。


酒呑童子首塚10  

首塚大明神と書かれた小さな鳥居をくぐってお参りをする。


周りは杉木立で、鶯の声が木霊する。


さすがの私でも夜中はここまでくる勇気はない。

酒呑童子首塚3  

古びたワンカップが置いてあった。


そうだった。ここは酒飲みの酒呑童子の首塚だった。


お酒の一つでも持ってくればよかったと少し後悔する。

首から上の病気を治すとか・・・どうか脳卒中になりませんように。

酒呑童子首塚4  

もう一度、切り裂かれたような杉の木を見直してみた。


これは、きっと雷が落ちてこうなったのだろうと思った。周りにこれだけ杉の木がそびえているのにどうして首塚に落雷があったのかも不思議といえば不思議だ。


いつから生えているのかはわからないが、これでよく生きているなぁ。

首塚の杉  

お参りした後、戻る途中で見上げた杉木立。


首塚の杉は、周りの杉と明らかに違う。


普通は杉というのは真っ直ぐに伸びる。周りの杉はそうなのに・・・原生の杉なのだろうか。


こんなにひねくれた杉は初めて見た気がする。

首塚の小山だけ明らかに違う杉。


見ていると、その異様さに少し怖くなってきた。


上の写真も不気味に撮れた。


杉の木の右ははっきりしているが、後ろに移る杉林はなんだか動いているような・・・。

酒呑童子首塚  

首塚大明神の近くにある石柱。


従是東山城國


とある。


ここから先は、丹波国ということになるのかもしれません。


これと同じ石柱が、10キロほど先の京都と大阪の境、つまり大山崎にも建っていた。


昔は長岡京市、向日市そして京都の西山あたりは「東山城国」と呼ばれていたのだろうか。


実は、この道は古くからある老ノ坂の旧道にあたるところ。



3

今はほとんどだれも歩きませんが、旧道にはこんな道しるべが立っています。

こんな山の中のこんな道を歩いて、明知光秀は織田信長を本能寺で討とうと京の都に向かったのでしょうね。

このあたりで「敵は本能寺にあり」と言ったのでしょうか。

光秀はこの首塚大明神の傍を通り過ぎて行ったのでしょう。

首塚大明神にお参りして思った。



やはり、鬼は実在する・・・・・と。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
WINDOWS10は、良いのか悪いのか色々と意見が出ています。

私は好きですけどね。

このまましばらく変更しないでほしいです。


一番好きなのはなにかといいますと

待ち受けのロック画像というものです。

パソコンをしばらく何もせずに放っておくと、風景の画像になります。

これがロック画像。

WIN10のHOMEは標準装備ですが、会社で使われるPROは標準装備ではないはずです。

「設定」の「パーソナル設定」の「ロック画面」の背景のところを「WINDOWSスポットライト」にすると、待ち受け画面がきれいな風景画像になりますよ。

すぐに確かめてみたい人は、設定後に ウィンドウズキー + L で確認できるはずです。

見てください、この画像

3


2

仕事で離席して、しばらくしてから戻ってくると、画面いっぱいにこの風景などが表示されています。
画面は日々どんどん変わるみたいです。

昼休みなどに席に戻って来た時にこの画像を見ると、なんだかほっとして癒される気持ちになります。

そこで、この画像を保存したいと思いました。

しかし、普通の方法では出来ないのです。

きっと、著作権とかがあるのではないでしょうか。
だから簡単には保存できないようになっていました。

私は個人で使う分には怒られないかなと思って、上のような画像を頂いて壁紙に使っています。

画像を悪用しないことを約束していただけるなら、以下を読んでください。
ただし、あくまで自己責任で行ってください。

・隠しフォルダーが見えるようにしておく
・ファイル名を指定して実行(WINキー + R)で、
 「%LOCALAPPDATA%\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\LocalState\Assets」
 をコピペして実行
・拡張子の付いていない暗号のようなファイルで400KB以上のもの(すべてがそうではない)をコピペして、どこかのフォルダーにコピー
・コピーしたファイルは、GIFアニメーションファイルかJPEGで読めるファイルになっていますので、とりあえず拡張子を「.JPG」にして、ファイルを右クリックして「開く」を選んで確認してみてください。

JPGやGIFなど画像ファイルの見分け方はありますが教えません。

うまく見れればラッキーくらいに思ってください。

くれぐれも転売や商用には利用しないでほしいですね。
私は、記憶だけでは憶えられないのでここに2枚だけ載せさせていただいて、後は一人で楽しんでいます。


  
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)