きんぱこ(^^)v  

  きんぱこ教室、事件簿、小説、評論そして備忘録
      砂坂を這う蟻  たそがれきんのすけ


1



    【VEMA Trace of an Ancient Civilization】
謎の遺跡発見か 古代文明の夢を見たい

 私が見つけたGOOGLE EARTHの古代遺跡 らしいもの私は何度見ても不思議な所です。

 発見場所 10°30'20.29"N 40°55'29.41"W 発見日  2009/02/22 11:45

 皆さんも、何か情報や意見があれば是非教えてください。(^^)

砂坂を這う蟻-1 (更新) 砂坂を這う蟻-1

大きな地図 (EARTH) で見る

スタッフ・ベンダ・ビリリ 日本で見たコンゴの心  

$きんぱこ(^^)v  -2

レイプ・略奪・殺戮の悪夢 (コンゴ民主共和国)
大惨殺千の丘ラジオの事は覚えていますか?
ルワンダ惨殺とホテル・ルワンダ
「イノキ・ボンバイエ」と「キンシャサの奇跡」


いつも読んでいただいてありがとうございます。

検索エンジンで キーワードの後に空白を空けて きんぱこ または たそがれきんのすけ と入力して検索ボタンを押すと、私のブログを見つけやすいです。 よろしくお願いします。


【震災・地震データ・原発】は【震災関連メニュー で探してください。



テーマ:


 

お家のこととはいえ、若いころからリンカーンに乗ってバカ遊びをして宮司を降ろされ、それでも豪遊して金が無くなったら、後を継いでも女性宮司を認めない風潮の世界で苦労する姉を襲うなんて、ほんとうにばかばかしい話。

 

● この弟は、我々の賽銭で豪遊していたようなものでしょ?

 

●これだけのことをして自分も死ぬという事は、金づるとして弟の周りに付きまとっていた輩から、相当な借金があるはずだよ。

どうするんだろうね。

 

●ブログからわかるけど、神職って相当な男尊女卑の世界なのでしょうね。

 

 これはしかし、昔からのもので、宮司は男。女性はいまでこそ巫女さんというのでしょうが、大昔は白拍子という人や、いわゆる遊女と変わらないような女性だったともいわれているわけだから、男尊女卑は大昔から出来上がっていた部分でしょうね。

作家の峯隆太さんが良く書いていますが、日本には「仏徒」と「神徒」に分かれて政権が争われてきて神徒はもちろん神社系のことで、この神社を守るのが祭りごとの「役」を守る人で、それがいまの「やくざ」なのだということらしいです。

だから、やくさは神徒。

そう思ってこの事件を見ていると、弟は役座(やくざ)にかかわる連中の食い物にされて、姉の長子さんは、男尊女卑からセクハラもひどく、宮司にもなれない。

 

全ての元凶は、バカ弟なのでしょうかね。

 

さらに、おそらく相当な借金を背負わされていたはずであろう弟の借金はだれが処分することになるのでしょうね。

跡目継ぐ人は大変でしょうね。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小原さんは「サディスティックミカバンド」のベースやっていた人。

西さんは「スペクトラム」というバンドにいた人。

屋敷さんは「シンプリーレッド」のドラムをやっていた人。

 

たぶん今まで通り、小原さんが話をして屋敷さんが突っ込みを入れつつ、西さんが笑わせるパターン・・・・・じゃないかな(^^)

 

場所は京都市の北のほう。

植物園の近くで私が生まれ小学生までいた北山通り沿い。

京都ノーザンチャーチの隣というか、この教会。

 

みなさん、いかがですか(^^)

 

 

小原 礼&屋敷 豪太
feat.西 慎嗣
※ドラマーの屋敷豪太さんとベーシストの小原礼さんによるスーパーユニット
【The Renaissance】に
ギタリストの西慎嗣さんをゲストに迎え
この日だけしか見る事のできない皆様を魅了するSpecial LIVEを開催‼️

・日時 12月21日(木)
受付:17時30開始
ディナー開始:18時
LIVE開始:19時30分

・場所
THE TRINITY HOUSE
京都市左京区松ヶ崎六ノ坪町5-7
地下鉄松ヶ崎駅1番出口より
西へ50m

・参加費 お一人様18,000円

・ご予約&お問合せ先
インフォメーションサロン

TEL:075-706-8115
mail:kws@takami-bridal.com

少し早めのSpecialなChristmas🎄を楽しみに
是非お越しくださいませ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前原さんのやり方には大賛成!

民進党(旧民主党)は、(私も以前からブログで何度も吠えてきたけれど)、中身が無茶苦茶、思想や考え方がバラバラの集団で、かつ日本の経済をだめにした政党といっても過言ではありません。

だから、一度解党して、党員は減るけれども、思想や考えの似た政治家同士が再結集して立て直さない限り、国民は何も理解はしてくれないと言い続けていました。

何はともあれ、前原さんは以前からこのことを考えていた節もあり、今回の決断は正しい決断だったと思います。

まだ、参院の民進党員がいるので、党首としてどうするかということがありますが、党首が続けられるならば、おそらく1000億円の党費を分配して、立憲や希望に党員と党費を割り振り、民進党を終わらせるでしょうね。

党費の分配が出来なければ国に返せばいいだけのこと。
前原さんはきっとこんなふうに私と同じようなことを考えているはずです。
 
産経新聞に載っていましたが榛葉賀津也さんが「特別国会前にわれわれの家族は誰か、親戚は誰かを明確にしないと始まらない」と言っていましたがその通りです。

参院民進の小西洋之は「党がなくなって解党した。前原氏の説明と違う展開になり、どれだけの人間が泣いたのか」などと怒っていましたが
泣けばいいのですよ!
選挙前には前原さんの方針に全員一致だったではないですか。
こうなることは想定外なんて許せません、私でも「全員一致」とニュースで流れて、「あれっ?」と思いましたよ。後になって、気づかないと吠えること自体が政治家としては問題だしそんな後付けで文句を言うやつは議員的な感覚のない人だと思います。
 
フラフラしたり中途半端に議員をやってきている連中なんて、いなくなってください!!!!!
議員をやっているふりをして、自分の事しか考えていない連中!
 
・大した思想も何もなくあっちフラフラこっちフラフラ議員
・不倫をするなとは私は言いませんが税金使って互いの下半身ばかり気にしているサル議員
・政党助成金が無いので今財政が苦しいなかで頑張っている立憲の枝野さんですが、今入ると党からのお金がもらえないからと様子を見ているケチ議員
 
無所属の大物は除いて、こういった連中はぜ~~~~んぶ議員をやめてしまえ!
いらんいらん!
 
今回の選挙で政治思想的にははっきりと別れてきた。
 
自民・公明
希望・維新
立憲
共産
(社民他小さい党は割愛)
 
・ニッポン経済をどうしてゆくのか
・護憲・違憲などの憲法論議
・社会福祉
 
この党の別れ方で、国民はどの党を応援してゆけばいいのかがはっきりとしてきたではないですか。
 
あとは国民がどの党に賛同するかです。(もちろん今回は自民・公明の、特に経済政策と結果でしょうね)
 
前原さんがやったことは今後の政治にはプラスになることだと思いますね。
 
そんな中で、辻本清美が当選した。
私ははっきり言って、この女性を
大の
大の
大の
大の
大っ嫌い
なのですが、今回立憲に入って選挙を行ったことは少しだけ見直して評価しています。
 
なんで嫌いかというと、
・投票者のベースが反政府、団塊の世代の左翼思想が強いこと。
・なれなれしく大阪弁で大阪の代表みたいにしゃべるおかげで、大阪人がみんな辻本みたいに思われてしまうこと。
・無理やりしょーもないアイデアや反対意見をしゃべろうとすること
 
ですかね。
 
それでも、一生懸命やっているし、考え方もはっきり言うところは政治家として認めています。
 
参院の含めて、早く民進を解党して、くだらない自分だけ議員を排除して整理しなおしてください。
 
希望の小池都知事は誤算だったでしょうね。
組織というのはしっかりとした「参謀」がいるかいないかで全然変わってきます。
小池さんは参謀には恵まれないでしょうね。
ビジョンが出来ていても、実務を任せられる参謀がいない組織は伸びません。
小池さんの器が垣間見えた選挙でもありました

立憲の枝野さんはまじめで立憲民主の党首にはふさわしいと思います。

ただ、政治家としてはまだまだこれからの伸びはわかりませんが今の時点では大物ではありません。
今後「腹の太さ」を見せられるでしょうか。
 
そういう意味で考えた場合、今後の構図は「自民・公明」対 「立憲民主」で落ち着きそうな感じです。
 
こんな意味で、今回の選挙は、
 
「再編」
「不要排除」
そして
「党と政治思想の分類がはっきりしたこと」
 
という意味で、結果はやってよかったと思います。
 
追伸:
こんなことを書いている内に「無所属の党」が出来た。
元民進の岡田代表ですか・・・。
 
まぁ、野党の風見鶏というか補助要員的な感じ?
・・・どうでもいい・・かな。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
DUBFORS(ダブフォース)
 
ライブを見に行って来ました。
いいですね、このバンド。
私はプロの評論家ではないから、専門用語つかえませんが、
なんと言いますか、深くは考えずに、椅子などに座りながら、物想いに耽りながら、ボーッと、ずーっと聞いていたいです。
なんとなくわかるでしょ?(^_^)
本気で売り込むとソコソコ売れると思うけどね。


 

話によると

 

このバンドは、ミュージシャンもエンジニアも全てひっくるめてメンバーという事らしく、兎に角多彩で柔軟な演奏ができるのがいい。
 
まあ、音楽に限らず歳を取ってくると、新しいことが嫌になったり、面倒臭くなったり、何よりも柔軟性が無くなってくる。
歳を食っても、なんでも吸収できる頭の柔軟さを維持してゆきたいものです。
 
詳しいわけではありませんが、DUB(ダブ)というのはもともとレゲエから来ているのだそうで、レゲエベースの曲をミキシングしたりエコーやリバーブをかけまくって間延びした音を交錯させたりして演奏する曲みたいですけれど、だからと言ってドラム・パーカッションなどは切れのいいリズミックな演奏をするので、曲が引き締まって丁度いい感じ。
さらにトランペット、トロンボーン、サックスあり。
そしてさらに、いとうせいこうさんなどが歌い喚く(という表現が正しいかはわかりませんし日本独特かもしれません)。
要するに、人間の声も叫び声も生バンドもシンセもミキサーもぜーんぶ楽器。
 
歴史は・・意外や日本やイギリスみたいですね。
 
1980年初頭だから約36年ほど前。
私は知らなかったけれど日本にはミュートビートというダブバンドがあったそうで、当時のメンバーのうち屋敷豪太さんと増井朗人さんが現在のダブフォースのメンバーにいますね。
 
1980年代の屋敷豪太といえば、アイルトン・セナが生きていたころのF1全盛期で当時の昭和シェル石油のコマーシャルソングを作って毎日テレビで流れていた記憶がありますが、1985年前後にキャノン販売(現:キャノンマーケティングジャパン)がアップルのMACについて東洋の販売代理店契約を獲得してゼロワンショップという店で全国展開し始め、MACPlusやMACSEなどを売り始めたころに、彼はすでにMACを駆使してDTM(デスクトップミュージック)を自在に使いこなしていたし、イギリスでシンプリーレッドのドラムをやっていた前後にも、よくは憶えていないけれど、かなり色んなレゲエバンドのドラムを敲いていたような記憶があります。
そしてイギリスにも長く住んでいたのでUKダブバンド(アスワドなんかそうじゃないのかな・・・)の影響などもあったんじゃないだろうか。
そう考えると、このダブフォースのようなダブバンドは彼にとってはレゲエからDTMまで経験しているから「お手の物」の部類になるんだろうなぁ。
と、おもっています。
(このCDの中身が無くなったんやぁ・・・だれに貸したっけなぁ・・)
 
しかし、このバンドは色んな音を抵抗なく取り入れて一つの曲を作っている所が面白いと思うけどね。
 
もちろん、同じ曲を二度と演奏できないようなところがダブフォースのいいところなのでしょうが、そんな中で時々、「この曲は忘れたくないな」と思う曲が出てくるわけでして。
この曲なんか、メロディーラインがとてもお気に入りなのでアレンジしながらでもいいからダブの定番曲の一つとして、例えばさらに曲に起承転結を付けたりおかずを補完させたりとかして曲を固めてほしいなぁ・・・。と、おもうのですが(^^)

えっ・・・もうしていますって・・・

もっとして(笑)
 
偉そうに書いているけど、要するに少し気に入っていて、メンバーの日程が合わないなんて言わないで、集まって頑張ってLIVEしてよ(^_^)
 
要するに、もっと聴きたい気がしたの(^_^)v
 
語り  いとうせいこう
屋敷豪太
増井朗人
會田茂一
龍山一平
コバヤシケン
SAKI
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。