タイトルのまんまです。

ドラクエ感想はちょっと後回し。

 

やっぱり映画にしろなんにしろ、直後に感想書かないとどんどん億劫になって書かなかったり書いても途中で更新止まったりしちゃうんでね。

 

すげー楽しかった

ここのところ忙しくて事前にインタビューとかに目も通せないまま舞台挨拶つき上映に突撃。

 

まず、テンポが良い。

そんでもってテーマも演出もすっごくいい意味で軽いところから始まる。

軽いから身構えずに観れるし、そうして観てるうちに世界に引き込まれて、ちゃんと映画の世界にも浸れる、すごく絶妙なバランスだった。

 

絶妙なバランスと言えばなんといってもギャグ。

ギャグパートとシリアスパートの占める割合のバランス、ではなくどんなシーンでもいい感じにギャグが入ってる。

つってもギャグに徹してるわけでもなくいちか達とシエル、シエルとジャン、の絆や成長も描いていて、映画として成立してた。

劇場版の存在位置的に、感動要素を強めにして、そのために日常&ギャグ・シリアスは多少混ぜることはあってもシーンごとに分けてメリハリつけるのが一般的というか、分かりやすいんだけど、ギャグもシリアスもレッツ・ラ・まぜまぜしたことでプリアラの秋映画はコレ!ってのを見せつけてきた。

そのテーマ扱っちゃいます!?ってくらい深いテーマで心がえぐられそうになるほど重い劇ドキとかとはずいぶん変わってきた。

世相とか世間のニーズが知らず知らずのうちに反映されているのかもしれない。

(こういうこと書いてからインタビュー読んだりすると、あ、それ言われてましたか、ってなったりする)

 

そんなんだから、映画仕様OPでまほプリメンバーが映った時に感じた

「いや、まほプリ好きだけど、つーか好きだからこそそういう感じで出されても、あの、どうしよう…」

っていう戸惑いは吹っ飛び、

「ああそう、そういう感じね!いいよ!」

みたいになった。

 

はい、じゃあここからネタバレ含みます

 

考察とかは全然なし!

 

好きなシーンベスト3!!

 

第3位:ペンギンカスタード

みんな違うアニマルの属性つけられちゃうシーン自体この映画の山場と言ってもいいくらいずっと面白いんだけど、ペンギンにされても特性活かしてカッコよく戦えるんだ!ってのをカスタードが見せてくれて、じゃあナマケモノの力強さとかパンダの凶暴さ、ザリガニのハサミ攻撃か!?

って期待したらあとのみんなはそこまででもなかったのが良かった。

 

第2位:いちかがシエルの指示で生地こねてるシーン

すっごい和むし、シエルの指示に頷くいちかの声が妙に低いのがツボだった。

俺、たぶん美山加恋がめちゃめちゃ好きなんだと思う…。

 

第1位:タクシー呼んだ方がいいよ!

言い回し微妙に違うかもだけど、なんといってもここでしょう!

プリキュアが!自力で移動するより!タクシー呼んだ方がいいって言っちゃうの!!それをショコラが言う!!

コレだけでテンション上がるし笑ってたらホントに乗ってる!!!

プリキュアが!変身したまんま!タクシー乗ってる!!!

タクシー止めて乗り込んで行き先告げるところも具体的に描いて欲しかった!!

ブルーレイの映像特典でいいから!

 

ショコラ、真面目なキャラですっごくいい声だから(森なな子さんの地声もすっごくよく通る声で魅了される)、変なこと言ったときのおかしさがひとしおなんだよね。

キャラショー、特に中期(ビブリー)ショーでの

「しりた~い」とか、微笑ましくて笑っちゃう。

(あ、ビブリーどこいってた…?)

 

まあそんなわけで面白いシーン他にも色々あるけどぱっと勢いで出てきたのを挙げてみた。

 

その他

みんなでパリを散策?するシーンで出てきた喫茶店?みたいなところ(先週のOPにも映ってた、インテリアが青っぽいお店)、すごく雰囲気良くて、たぶん実在する店がモデルなんだろうけど、行きたい。行きた~い。

 

舞台挨拶の話

 

想い出のスイーツは?って質問で水瀬いのりさんが挙げた中に「どらやき」があって、それがなぜか脳内でたい焼きに変換されて中期ショーネタだ~ってなってたんだけど今思うとどうちゃったんだよ俺。

 

バルト9の舞台挨拶、最後は大砲みたいなやつからボン!!っつって銀テープが舞うんだけど、毎年あるの分かってるのにすっげービックリしちゃってたのが今年は遂にボン!!っつってもビビらなかった、毎週ボンボンセシボンしてたおかげだ。

ボンするとき声優がデカいクラッカー持たされてて、皆でふざけて構えるおちゃらけシーンが見れてよかったです。

今年は舞い散る銀テープの量が尋常じゃなかった。

 

あと司会が麿さんじゃなかった、スケジュールの都合か、バトンタッチか、分からないけど、世代交代かと思って新しい人頑張れ~って応援する気持ちも湧いた反面ちょっと寂しかったな。

 

おわり

AD

前回のあらすじ:間が空いた

 

大樹が落ちたあの日に戻り、ホメロスが後ろにいないか何回も振り向いたりしながら大樹に登って、無事ベロニカの命を(誰にも気づかれずに)守れた。

 

正体がバレたウルノーガもあっさりデルカダール王から出てきてくれて、あっさり殺せた。

多くのものが失われずに済んだ…なんだか何もかもがあっさりしている。そりゃ大事にならないうちになんとかしようってことで過去に戻ったから大成功なんだけど。

 

グレイグなんかは義務感で合流、ホメロスがあんななっちゃった理由も良く分からないままただ悲しいだけ…。

とかなんとか言う間もなく勇者の星が落ち始める。

過去に戻ってまで悲劇を防いだのにそのせいでもっと大きな悲劇が迫ってきたのだ。

映画『バタフライ・エフェクト』みたい…!

(ざっくりいうと"頑張れば頑張るほど酷い目に遭うバック・トゥ・ザ・フューチャー")

この展開は盛り上がるぞ~!

しかも、デルカダール城を出たらフィールドの音楽がドラクエ史上トップクラスのカッコよさの3のフィールドBGMに変わった!!

 

こんなんズルいだろ~!けどしばらく聞き惚れちゃうだろ~~!

 

大樹が落ちたときは「スライム・強」とかになってたのが「スライム・邪」とかもっと凶悪になってるのも面白い…!

 

こうして新たな旅が始まる…ワクワクもんだぁ!!

 

…しかし。

 

前述のグレイグ合流の味気なさといい、既に一旦見てるからってシルビアとジエーゴの再会の劣化コピー感、色々な経緯を経て身につけたロウのグランドクロスやマルティナのデビルモードが神の民の長老がちょっとなんかしたからって身についたりと、それまで過程と結果の結びつきで話にもゲームバランスにも感動していたのが、ずいぶん薄まってしまったのも事実だった。

 

ニズゼルファ、倒さなきゃヤバいのは重々承知だけど、何の恨みもないし。

(まあ、私怨ないのに倒しに行くのは逆にドラクエっぽいけど)

 

ウルノーガを倒す旅を経て深まっていた仲間への愛は変わらないけど、今目の前にいるみんなは、同じ人なのに、違う人…。

これが、時を戻すことの重さであり、違う時を生きることの辛さなのか…。

 

『トップをねらえ!』で、主人公のノリコが宇宙で亜光速移動を繰り返すうちに、自分は17歳のままなのに、同級生が大人になり、子供を生み、育て、老いていく姿を見て悲しむのが、実は(トップをねらえ!大好きな割には)あんまり分かってなかったんだけど、もしかしてこういうことなのか…?って初めてわかった気がした。

 

まどマギのほむらが時間遡行を何度も繰り返すうちに好きな人にさえ普通に接することもできなくなってしまうのも、ちょっと分かってきた。

 

ニズゼルファを倒すための旅でも色々な出来事があり、一緒にいるのに、自分はここにはいないような気持ちで、「大樹が落ちた世界」に置いてきた仲間が気になってしまう。

 

ある日フィールドを歩いていて、「このフィールドの曲は確かにもすごくカッコいいし大好きだ。けど、これはドラクエ11の曲じゃない…」と悲しくなって立ち尽くしてしまった。

 

ロトシリーズに続くとも天空シリーズに続くとも、どちらでもないとも受け取れた世界観は徐々にロトシリーズっぽさを増していき、終いにはケトスのパワーアップがまんまラーミア復活だったり…。

ラーミア、8でも使ったでしょ…!

 

ロトとか天空とかじゃなくて、ドラクエシリーズはみんな繋がってるといいたいのか…?

なんにせよロトシリーズっぽさがどんどん濃くなるにつれ、俺が好きだった「ドラクエ11」っぽさはどんどん薄くなっていく。

 

このジレンマはニズゼルファを倒せば解決するんだろうか。

 

今、共にいる仲間たちに、自分が時を遡って来たことを伝える日は来るんだろうか。

 

気づいて…!

 

結局仲間に真実を伝えないまま、ニズゼルファを倒してしまった。

これでよかったんだろうか…。

 

と思いきや、勇者が仲間に何か説明するジェスチャーをしだした。

おお、ここで真実を打ち明けるのか…!

 

「そう、あの人を助けたいのね」

 

え、あの人…?あ、セニカ?そりゃまあ悲劇だったし、お世話になった恩もあるしねぇ、でもねぇ、悪いけど今の時代で新たな幸せを見つけるのも…。

 

とか口を挟む間もなく勇者の剣を渡してしまうわ、セニカはあっという間に時を戻すわ…。

って、時を戻した本人が消えるだけで残った世界は残った世界でパラレル化するんじゃん、じゃあやっぱ俺が置いてきた仲間はあのあとどうやって生きていくのか、気になるじゃないかーーー!

もうエンディングだけどその辺語ってくれるのか…?

そんな期待も虚しくニズゼルファを倒したリアクションすらろくに見れないままみんな地元へ帰っていき、勇者も地元でのんびり暮らし始めてしまった。

 

でもベロニカとセーニャがなんか迎えに来てくれた!やった!

エマと話してるところをベロニカに見られて勘違いされてもイヤないのでペルラとだけ話して村を出た。

決してエマが嫌いなんじゃないんだけど…。

 

大樹に勇者の剣をしまいにいくのだ。

そうだね、それがいい、なんでもいいから俺はまたみんなと旅に出たい。

気になることいっぱいあるしね。

 

…他の仲間と会うこともなく大樹についてしまった。

 

大樹が実は竜だったこと、将来竜王になる気がしてることなんかも聞けて、そこからまた何か話が進むのかも…?

 

まだ終わらない気がしたけど、ローシュとセニカが再会して、

そこから時が進んだのか戻ったのか分からないけどアリアハン人っぽいやつの16歳の誕生日の朝、お母さんが起こしにきて…そして…ドラクエ11が終わった。

 

カミュは、シルビアは、ロウは、マルティナは、グレイグは、それからどうしたんだ。

俺とベロニカはこれからどうなっていくんだ。

 

ドラクエ11の世界のことは分からないまま、ドラクエ3の冒頭につながってましたってことだけ描かれて、終わってしまった…。

なんでここまで語ってしまったのか…。

 

反面、ドラクエ11の世界はあれだけ好きにさせておいて、最後は突き放してくるなんて…。

 

中盤までの、今までのシリーズっぽさを匂わすテクニックはすごく美しくて、間違いなく「語らない美学」があったと思う。

それが、時を戻してからディレクターが変わったんじゃないかってくらい、知りたいことは語らず、ぼんやりさせといて欲しかったところがやけに語られてしまった。

 

ドラクエ11の世界を描ききった上での

TO BE CONTINUED TO DRAGON QUEST III

ならまだしも…。

 

ドラクエ11がめちゃくちゃ楽しかったこと、今も好きなことには変わりなく、その後もやり残したクエストやヨッチ村、ネルセンの試練をやりこんだりして浸ってはいたけど、それももうほとんど終わってしまった。

やりこみ要素をほとんどやってから「二刀流でブーメランも持てる」ことに気づいたりするくらい、本当にいろんなことがある。

 

けど、繰り返しになるけど、中盤までが良すぎたせいか、

「3に寄せすぎ」

ってことをとにかく声を大にして言いたいものの、ツイッターでネタバレしたくないので久々にブログを書いたのでした。

(3、大好きだけど)

 

そういや、最後はセーニャにセニカの服を着せてたんだけど、ちょっとデザイン違うんだなって思ってたら、単にセニカのおっぱいがでかすぎて服のデザインが違うように見えてただけだったのには驚いた。

 

あともう1回書いて終わりにします。

 

つづく

AD

前回のあらすじ:昨日は5時間残業したのでブログが書けなかった。ちょっと前まで半年も無職やってた人間には考えられない世界。過ぎ去りし時<無職時代>を求めて…。

 

イベント「セーニャの決意」についてはまだ語り足りないけど、そもそもクリアしてる人向けに書いてるブログでいくら書いても「そうだよね」以上の感情がわかないと思うのでそろそろ前に進もう。

 

「必殺ウルノーガ」の御旗を掲げ空飛ぶクジラで世界を巡る俺たち。

神の民の里の生き残りの坊やからぼんやりヒントを貰い、苗木を触ってローシュ達の軌跡を目る。どうやら勇者の剣を作れるようだ。

ここで初めてローシュ達のビジュアルがモノクロながらも判明、ずいぶんドラクエ3に寄せてきてる。

11はこれまでもロトシリーズっぽさも天空シリーズっぽさも匂わせていて、そもそも予告映像で流れた序曲のイントロがロトシリーズっぽいしロトの剣っぽいものも映ってたものの、どっちの世界ともとれるしどっちでもないとも解釈できる感じだった。

このあたりを想像するのもドラクエ11の楽しさの1つだったと思う。

「ベロニカ」「セーニャ」って名前が「カルベローナ」っぽい響きだしその1で書いた通りシルビアはパノンぽさがある。

まだどっちとも言えない感じだ。

 

そんなわけでオリハルコンを拾いに行く。

ぱふぱふの神、険しいダンジョンのかなり深いところでいきなり突っ立ってて最初すげー怖かった。全員殺される罠かと思ったけど見事ぱふぱふをやり遂げることができた

 

それにしてもカミュはいくら盗賊だからって初めて見た鉱物がオリハルコンだって即断定しちゃうのはちょっと浮かれすぎた人の思い込みみたいだった。

 

こうしてガイアのつるぎを火山に…ではなくガイアのハンマーを持って火山へ。この鍛冶場、音楽は3のほこらだし足元にロトの紋章あるし自分でオリハルコン拾って勇者の剣作るしで(3は委託してたけど)、一気にロトシリーズ臭が濃厚に。やっぱりそうなっていくのか…?

「勇者の剣が魔王に奪われたから自分たちで作ろう!」

って展開はめちゃくちゃ熱かった。

皆がひとりひとりハンマー降ってくれるとき、セーニャが

「私たちのチカラもお使い下さい」と、一人称が”私たち”ってので泣いたよね…。

 

そんなわけであとは無事に魔王を倒してエンディングだ。

この時点でプレイ時間40時間弱だったと思う。

先に進んでる人から「まだまだ先がある」とだけ聞いてたけど、

ベロニカにまた会えるかもみたいな話が出て来るじゃないか。

こんな話が出て『やっぱダメだったわ』ってことはまずない。

 

魔王倒してよかった…。

 

本当に嬉しかった。

 

ゲームの中でこんなに一喜一憂できるなんて…幸せじゃん…!

 

このときは本当にそう思っていた。

 

ゼルダに出てきそうな雰囲気の塔で、白長いヨッチみたいなのの話を聞くまでは…。

時を戻すって、そういうこと…?自分だけ記憶を持って戻る…?

ここにベロニカを蘇らせてくれるだけでいいんですけど…?

 

確かにベロニカには会いたいけど、ここまで一緒に来たみんなを置き去りにすることなんてできないよ…。

 

立ち塞がる仲間たち。そう、それでいいんだ。俺はそこから先に進むつもりはない

 

とりあえず塔を出て、ロトゼタシアを巡った。

お使いクエストも一杯やった。

何故か受注できそうなはずのラムダで、クエストの依頼人がどこにもいないのが気がかりだったけど目的のない旅をして、もうこのままこの世界で余生を過ごしてもいいかと思った。

 

みんなを置き去りにしてベロニカに会いに過去へ戻ったとして、それを知ったベロニカはなんて思うだろう。

今、セーニャとともにあるベロニカの魂は何を思うだろう。

 

辛い時いつもそばにいたカミュは、紆余曲折を経て絆を深めたグレイグは、愛と友情と思い出がたっぷりのこの仲間を置いて戻る過去に、価値があるのか…?

 

置き去りにされたみんなはこの先どんな思いで生きていくのか。

 

数日後、過去に戻る以外ゲームを進める方法がないと分かり、この先のストーリーが気になるから、魂は現代に置いていくけど過去に戻る決断をした。

 

こんな辛い決断をさせてくるのもまたドラクエ11の凄いところ。

メタルギアソリッド3で、最愛の師匠である「ザ・ボス」を倒したあと、「私に止めをさして」ってなるんだけど、ムービーシーンからシームレスにプレイ画面に戻って、スネークが銃持って突っ立ったままになるシーンがある。

数秒画面を眺めて、自分で発砲ボタンを押してザ・ボスを撃ち殺さなければならないことに気づく。

そういう、「どう考えてもプレイヤーはそうしたくないけどせざるを得ない」行動を、コントローラーを通してプレイヤーに科すの、ゲームならではだし、非常に憎い。

 

サブタイトルの「過ぎ去りし時を求めて」が色々ミスリードを重ねてここに持ってこられたのにもやられた。

 

そんな訳で俺はみんなにお別れを告げ、時のオーブとやらを壊すのだった。

 

それもいいけど俺はもっと君を見つめていたい

 

本当に「ちょっとの間」なのか…?

 

こんなこと言われたらさー!ここで過去に戻るのをやめて求婚しませんか…?

 

じぃじ…じぃじ…!さっきまで余裕こいてたロウがここで取り乱すの、すげー泣いたし今も泣きながら書いてる

 

その「オレたち」、その「お前」、一体同一の存在なのか、どうなるのか、分からないけど…約束するよ…

 

…もうこれからは、他の誰とも違う時間を生きるのだ。

 

時を遡りながら見えてくるこれは走馬灯…?

 

目が覚めると今度は魚にもなってない、静寂の森だった。

そこら辺が燃えてたりもしない、美しいままだ…。

 

ベロニカだあああああああああああああ!!!!!!

 

泣きそうっていうか泣いてる

 

おお…本当に会えたぞ…!大樹に向かう日の朝に…戻ったんだ…!

仲間も「いきなり消えたと思ったら禍々しい大剣背負って戻ってきた」くらいにしか思ってない、これでウルノーガの野望を阻止すればすべて元通りだ…!

 

ベロニカとの再会にひとしきり興奮した俺は、仲間に怪しまれないうちに大樹に向かった。

 

ところで、俺はベロニカが実はこのあたりで自分が勇者を守るために命を落とすことをなんとなく予見していたんじゃないかと思っていた。大樹が落ちる前夜のキャンプシーンでのセーニャとのやりとりからも、自分が先に死ぬと分かっていたんじゃないかと…。

けれど祈りのシーンを見るに、予見してやったんじゃなく本当に勇者を守るために命を賭す覚悟でここまで来ていたんだと分かり、ますます尊敬…男として愛してるからとかってわけでもないのだ。

 

ずいぶんどころの騒ぎではないが、違和感は感じるものの特に気にしていない様子。

 

つづく。

AD