WILLブログ

ミッションは「一人でも多くの人に一つでも多くの笑顔を」。

国内屈指の巨大金融機関を舞台に生きる、イチ社員のブログです。


テーマ:

昨日、会社の送別会でした。


2月後半から、色んなことがありすぎて、あまり送別っぽくない雰囲気の中。


僕の好きないい話、昨日は2つありました


メモ代わりに綴ります。




○来年、支社長に出られる大好きな課長の挨拶


 経営を評すこととして、こんなことが言われます。


 「金を残すのは三流

 

  仕事を残すのは二流

 

  人を残すのが一流


 こう思って仕事をしてきた。


 三流の部分も、二流の部分も残してしまうけど、

 

 人、も少しは残せたかな、と自負しています。


 とのこと。



 僕は、課長から本当に多くのことを学ばせてもらいました。


 底抜けの明るさ。


 威張らない態度。


 どこへ行っても皆に愛されるその人間性に、とことん惚れています。 


 入社して、これまででその人間性に最も惚れたと思える人。


 まだしばらくは、近い場所で働けます。


 学ばせてください。




○再来年?定年の大先輩からの締めの挨拶



 袖触れ合うも「たしょうの縁」といいますが。


 この「たしょう」


 私は60に近いですが、つい先日まで、「多少」と思っていました。


 でも先日、辞書で学びました。


 「他生」と書くのが正しい。


 他生、、、生まれる前の、一生。という意味だそうです。


 生まれる前から縁があって、そして今の人生でこのタイミングで出会った。


 わずか一年であったり、数ヶ月だったり、一緒の部屋で働いていても


 関わることは少なかったり。


 色々だけど、その縁は、前世からのもの。


 そう思うと、なかなか感慨深い。


 そんな貴重な「ふれあい」を、大事に今後も。




 こんな話。ありふれてるのかも知れないけど、こういう話に弱い。


 無宗教だけど、仏教とか、いろんな宗教にもこういう考えってあって。


 昔から言われてる言葉ってすごいな、と思う。学びたいなぁ。


 と同時に。



 今回送別でない人。変わらずに毎日関わる人。


 そういう身近で当たり前の存在との「毎日」を。


 もっともっと大事にしたいなと思いました。



 やりたいことはある、行きたい場所はある。


 でも、人生は今、大事に出来るのは今このとき。


 自分が触れ合う全ての袖を、どこまでも大事にする気持ちを持っていたい。




こういう言葉との出会い。


本に載ってたらきっと響かない。


出会いに感謝。




 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

kopiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。