自由であるという責任

テーマ:

 

ここ数年「ノマド」とか「自由なライフスタイル」
って言葉が流行っています。

 

 

それだけ自由を求める
需要が多いということですが、

4年ほどフリーランスとして
満員電車にも残業にも悩まされない
自由なライフスタイルを送っている
自分が思うことがあります。

 

 

それは

『自由であり続けるということには
大きな責任が伴う』

ということ。

 

 

例えば独立起業。

 

 

独立するということは
今まで会社やバイト先が
やってくれていたことを
全部自分でやらないと
いけなくなります。

 

 

商品は何を売る?
 

集客はどうする?
 

誰に売る?
 

どこに店を構える?
 

人件費はどう出す?
 

お客様のサポートはどうする?
 

税金はどうする?
 

保険はどうする?
 

家賃はどう稼ぐ?
 

仕入れは?
 

在庫管理は?
 

資金はどこから出す?
 

確定申告はどうする?
 

個人事業主?それとも会社作る?

 

・・・結構めんどくさいです(笑)

 

 

自由であり続けるってつまり、
『自分で取れる責任の幅を広げないといけない』
ことでもあるんですね。

 

 

10年くらい前の映画『スパイダーマン』に、
主人公が亡くなった祖父の

「大いなる力には大いなる責任が伴う」

という言葉に苦悩し続けるシーンが
ありますが、まさしくあれです。

 

 

「自由なライフスタイルを送りたい!」

って言っている人は多いですが、
自由であることの見えないリスクのことは
意外と気づいていない。

 

 

だからちょっと辛いことがあったり
周りからの反対にあったり
予想外の問題が起きてしまったり
壁にぶつかると責任が取れなくなって
自由でいることを諦めてしまう。

 

 

起業や独立をする夢を諦めてしまうのには
そこに原因があるんじゃないかなぁ
と思ったりしてます。

 

 

じゃあどうするか?

 

 

もしどうしても責任が取れず
心が折れてしまいそうになったら
仲間を作ってください。

 

 

自分が必要としていて、かつ
自分の力を必要としてくれている
仲間をです。

 

 

人間一人の力はたかが知れているので、
スキルと知識を思いっきり磨いて
それを必要とする自分よりちょっとできる人と
一緒に仕事をしてください。

 

 

そうしたらそんな仲間が
自分がダメになりそうな時に
どうしたらいいか教えてくれます。

 

 

こんな偉そうなことを言ってますが、
私自身も未だに責任が取れないことばかりです(笑)

 

 

仲間からのサポートがあるから
なんとか回ってる状態です。

 

 

ただ前には確実に進んでいます。

 

 

できることは増えているし
それを楽しいと思えていますし
だんだんと自分についてきてくれる人も
増えてきています。

 

 

そうしたらもっとやれることが増えて
もっと自由になって、仲間たちと
もっと楽しいこと大きなことが
できるようになる。

 

 

そんな最高の循環ができる
本当に自由な人がどんどん
増えると嬉しいですね。

 

 

AD