高橋大輔 輝く道と共に。

かっこいい大輔も
かっこ悪い大輔も
丸ごと応援!


テーマ:

追記:進化の過程 高橋大輔 ~中~

http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/skate/130222/20130222043.html


「大輔さんとエトセトラ」、こちらに追記しようとしたら、なぜかエラーになるので、

ブログを更新しました。


全文掲載します。


高い理想限界と勝負


2月9日。フリー演技の終了を待たずに会場がざわめいた。高橋大輔の目には力が無い。会場の観客誰もが「信じられない」と、点数を待つキス&クライに座る高橋を見守った。冒頭から2回の4回転トーループはどちらも両足着氷、トリプルアクセルでは転倒した。その他のジャンプも着氷の乱れが続き、加点が付いたのは一度だけ。得意のステップ表現も精彩を欠き、途中で客席から悲鳴が上がった。


出された点数は140・15点(総合222・77点、総合7位)。「信じられない。6分間練習でも調子が良かったし、普段の練習でもこんなにひどい演技は今までなかった」と演技後の会見で高橋はうなだれた。


もはや苦笑いも出てこないその様子に、あらためて試合の怖さを感じる。「どこかに慢心があったのかもしれない」。そう話しながら、いまだに納得しきれていない様子で、高橋は続ける。「ショートプログラム自体は前回のものよりも演技しやすい。ショートを作り直したことでの時間のロスは感じていない」と、振り付けで時間を消費したのかとの問いに答えた。逃げ道は作らなかった。結果はすべて自分の練習不足、気の緩みからのことだとすべてを引き受ける。


高橋は今年27歳になる。羽生結弦、ハビエル・フェルナンデスら若手の台頭、そしてしのぎを削ってきた世界王者パトリック・チャンなど、国内外とも群雄割拠の男子シングルスの最前線で長年にわたり戦い続けてきた。さらに、新しい何かを求めてその表現に取り組んできた。ヒップホップ番「白鳥の湖」やフィギュアスケートでは珍しいブルース音楽を扱った「Blues For Klook」など、もっと前へ、もっと高みへと絶えず前進し続けてきた。


高橋を見ていると、人の成長とは未知の領域を広げることなのだとあらためて思う。常に前に進むのが成長なのだ、と。昨年のコロラドスプリングスの四大陸フィギュアスケート選手権でのインタビューで、「今までに自分で満足した演技は一度もない」と答えた高橋。驚くほど自己評価が低く、理想が高い。誰に勝つというよりも、自分の最高点を目指そうとする芸術家でもある。


ソチオリンピック開催まで、ちょうど1年。すでに決められている時間との勝負。自分の限界との勝負でもある。「オリンピックまでにできることはすべてしたい」と話す高橋は立ち止まらない。まだまだ進化の途中だ。




小梅のLet’s go soon



今日は猫の日なんですってね!

背中のハート① が可愛い猫ちゃん5


小梅のLet’s go soon



マリアンベスの店長さん、別ブログの方でも更新してますね。

髪師の~、ほうですね。


大輔さんのお写真がひょうきんでかわいい音譜



頑張れ、大輔さん日本の旗w



まるフィギュアスケートの採点システム改善へ向けての行動を嘆願する署名を行なっています。

採点に少しでも透明性を求めたい方はクリックしてみて下さい。

http://www.shomei.tv/project-1922.html


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村


小梅のLet’s go soon
人気ブログランキングへ


FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。