高橋大輔 輝く道と共に。

かっこいい大輔も
かっこ悪い大輔も
丸ごと応援!


テーマ:

男子FS/最終グループ。


1番滑走は大輔さんなのですが、ちょっと取っておきます♥akn♥


その大輔さんの次、2番滑走は中村健人くん。


ケントくんが氷上に出て行く時(だったかな?)、大輔さんが「ガンバレ」と声を

かけたそうですね。もうけっこう前になりますが、大輔さんとケントくんのツイがファンの

間で話題になったことがあります。


ケントくんが、腕を脱臼したとかで痛い~~ってツイだったかな?

でも、それって身体や間接が柔軟な証拠だそうで、大輔さんが羨ましい、オレも脱臼

経験してみたい的なレスを返していて、


オイオイ汗1 と思わずつっこみを入れたこと覚えています。



今はバレェレッスンも取り入れてだいぶ柔らかくなってきたと思う大輔さんだけど、

未だ肩が超固くて、ジャンプを跳ぶ時その肩の固さが影響しているって語ってましたね。


柔軟性は大切なんですね。ただ・・・


身体の柔らかい選手の演技って女子も男子も一歩間違えると、そこを強調するあまり

”これみよがし”に感じてしまうんですよ、自分はね。


ロシアのリプニツカヤちゃんのように、極限までいっちゃうと逆にどんどん披露して見せ付

けてくれちゃってけっこうなんですが(お腹いっぱいになるけどさあせる)。


さりげな~く柔軟性をアピールする狙いのつもりが、そのさりげなさが返って目立って

しまって、流れと合わないプログラムをたまに目にするような気がしているんです。



その点ケントくんは、柔軟な身体を持っているにも拘らず、その柔軟性がこれみよがしに

なっていない選手。プログラムの流れを自然に見せることの出来る選手だなと思ってい

るんです。


これはケントくんが、そこを見せよう、そこを強調しようと企てていないからで、いい意味で

その欲のなさ?が自然な流れを生んでいるのだと思う。


演技が終わって、キスクラで泣いてましたね泣


ケントくんもジャンプで苦労した選手。気持ちが伝わってきました。

豊先生がそっと渡したティッシュで涙を吹く姿が印象的でした。


織田くん。


織田くんに関しては、彼に厳しくも暖かいフモフモコラムを読んだ。

http://blog.livedoor.jp/vitaminw/archives/52927033.html


この方は、いっけん、織田くんを貶めているようで実は違う。

選手に愛情を持っているのかいないのかは読めばわかりますよね。


我が方の総大将、という呼び方は嫌味じゃなくてフモコラムのツンデレぶりが伺えます。


会場で観た感想は、4T決まった時はいけるかも・・・と思ったのですがねぇ。


無良くん。


友人がぐっと身を前に乗り出して、がんばれー、と声援。

ワタシも送りましたよ!


FSは和プロの無良くん。

友人は彼は和との相性がいいからいける気がして仕方がない、と試合前語っていたので

すが、その通りになしましたビックリマーク


プログラムの前半、4Tはお手付きしましたが、3A、きれいやった~~~~アップアップアップ

友人とワタシ、そして周囲も、おおおおおっとどよめいた瞬間でした。


全体的に落ち着いていて失速する気配などない演技、と思っていたら次の3Aが

シングルになってしまった!


友人:「うぉおおおおおおお叫び ガンバ!!!」


でも、今日の無良くんのステップ、柔らかくてとてもいい。


終わってみれば2度目の3Aがパンクしただけ。会場もいけるいけるの雰囲気。


友人:「次はコヅだからワタシの無良くんは4位だな。いや~良くやったよ!」


と満足気だった。まさか、そのコズくんがあのような展開になるとは夢にも思って

いなかった友人はこの時点で4位でもありがたい、と決め付けていた。


その小塚くんは・・・・・


足の怪我だったのですね。


正直、最後のジャンプでパンクしたのを観て、友人とふたり、怪我しているのではないか?

という話をしておりました。何故なら、全日本前までの小塚くんは今季安定しているように

見えていたので、目の前で起きていることが不可思議でならなかったから。


それでも四大陸には選ばれるだろうと思っていたので、びっくりです。


最後は羽生くん。


6分間練習から元気がないなあ、と思ってました。

それでも「ゆず~~~」という声援を受けて、ジャンプを跳んではみるものの、ステップアウト

を繰り返していましたので、友人は本番大丈夫なのかね?と懸念していました。


いざ始まってみると、ジャンプの着氷はいろいろ残念な向きはあったものの、頑張って

最後まで滑り切りましたね。友人も、良く持ちこたえたよね、転倒しなかったのは偉いわ!

と感心しておりました。


ですが、採点を見た時は互いに凍りついたのは本音です。


結局、羽生くんはSPの10点差で逃げ切りというかたちになりました。


会場もしばらく何が起こったのかというように、重い空気でしたが、結果は結果と受け止めた

観客からは「ゆず、おめでとう」「羽生くん、おめでとう」の声が徐々にあちこちから聞こえて

きました。


ワタシは呆然としていて、しばらく席から立ち上がることが出来なかったのですが、

表彰式が始まるまで、あちこちから高橋の「道化師」は凄かった、という声声声。


もうね、泣きそうになりました。


それと同時に日本スケート連盟に対する怒りが沸々と湧いて出て、ジャッジ席を睨み

つけてやろうかと思って見たら、既にジャッジは逃走済み。引き上げておりました。とほほあせる


表彰式で感無量だったのは、無良くん。

友人は小塚くんには悪いけど、3位は正直嬉しくて涙が出るよ、と訴えていました。


その無良くん、翌日のWeb版のニュースで、大輔さんと一緒に表彰台に乗りたかったので

嬉しいと語ってましたね。そういえば、前に乗った時は、その大輔さんは怪我で1年間を棒に

振った時でしたから、どこか納得いかないものがあったのでしょう。


この日は終わってみれば、時計を見ると10時30分頃だったかな?

あまり覚えていないテヘw なんだかモヤモヤしていたので、友人のアパートに一泊。


ふたりでお酒飲んで録画していた「道化師」見て、寝たのが明け方。


睡眠3時間弱で着替えもせずに仕事に直行。


この日は女子FSでしたが自分はそのため観にいけず。大輔さんのスピスケを生で観戦

出来なかったのが無念泣く


おわり。



小梅のLet’s go soon



まるフィギュアスケートの採点システム改善へ向けての行動を嘆願する署名を行なっています。

採点に少しでも透明性を求めたい方はクリックしてみて下さい。

http://www.shomei.tv/project-1922.html


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村


小梅のLet’s go soon
人気ブログランキングへ


FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。