高橋大輔が歩む道を応援するブログ

かっこいい大輔もかっこ悪い大輔も、じれったい大輔もそうじゃない大輔も丸ごと受け入れて見守ります!


NEW !
テーマ:

いや~~~残念でしたね、ってカザフスタン涙
2020年の五輪開催は大気汚染世界一の北京だそうです。さっそく放映権に喰らいついた電2さま。

電通、アジア22カ国・地域における、2018年・2020年・2022年・2024年のオリンピック競技大会の放送権を取得
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0729-004107.html

2024年・・・・果たしてその時までこの巨大広告代理店は天下でいられるって保障はあるのでしょうか?


あ、お久しぶりです。一週間のご無沙汰です。
大輔さんが、コビさんたちとのインスタをとんとアップされなくなった辺りから何やら元気の素が失われてしまったようで、大輔不足を通り越して干上がっておりました。追い討ちをかけるように連日の猛暑。北の大地もさすがに暑く、仕事を終えると毎日のようにビアガーデンに直行。連日の「酔っぱ」も祟ってか正直申しまして、書く、という意欲が湧いてこない日々を送っておりました。仕事もに迷いが生じて少々ネガってたのですが・・・きました、きましたね~~うへ

d1sk_t Ready to work!!!!


アタシは単純に「さあ、学校へくぞ!」とか「今日も頑張るぞ」って意味に解釈したんだけど、これから何か始めるの?NYで仕事するの?とか幅広い解釈をした人もいたようですね。どっちにしても、すご~くいい目をしているじゃありませんか!迷いのある目じゃないよね。こんな大輔さんを見たらネガってなんかいられない!俄然、やる気が出たわ!!と意気揚々とアスファルトの路面を歩いていたら、スリングバックのヒールがその縁に当って思いっきりズサってしまった。素足だったので膝の皮がずる剥け汗 慌てて消毒して自宅にあったオロナインを毎日つけまくっていたら、それなりに良くなってきました。あ~あしかし、なんてドジなんだあああざっくぅ


そんなアタシのドジ話はどーでもいいか汗この写真にはたくさんのスケーターさんたちから「いいね!」がついたよね。それを見たり聞いたり(輔友さんのメールでPさんから来た、の連絡とか照)していると、大輔よ、はよ銀盤に戻って来いって急かされているようで、言葉にしなくても大輔さんに対する暖かさが伝わってくるようです。多弁に語らずとも誠意が伝わる、これって、大事だなあと思います。

この写真を機にツイでは大輔さんの横顔祭りで盛り上がったのをご存知の方もいるでしょうけど、なんとこの方までこの祭りに参加しておりましたね。フィギュアスケートコーチのダグ・マティスさん。過去にもメガネ輔やミヤソラ輔などの写真をあげてくていたけど、大輔さんへの変わらぬ気持ちをこの目を瞑る写真1枚に感じ取ってしまいました。


sk8rmattis#Thatawkwardmoment when you realize you're going to open your eyes and those 22,000 are still staring at you, smiling.


あなたが実現したとき、あなたが目を開こうとしていると、それらの22,000の瞳はあなたを見つめています。

ううう、英語やっぱ勉強しようかなあ。むずいよ~泣く
この22,000というのは会場のお客さんの数だよね。この大勢の観客が大輔さんが目を開け、演技をするのを固唾を呑んで待っていると。これって、今の大輔さんに呼びかけているの?って思っちゃったよ。涙出そうになるじゃないか、マティスさん。

#Thatawkwardmoment このタグって、とあるブロガーさまからの情報に寄ると「気まずい瞬間」という意味だそうですね。使っている人のツイを見てみたのだけどいまいち理解できませんでした。ごめんちゃい。

このマティスさんはインスタでの発言を通してみると、大輔さんも含めて多くのスケーターを尊重しているのがよくわかる人です。でも、フィギュア界の、肝心の”番町”にはスケーターに対する愛もリスペクトもないようです。


Lausanne 2020 Winter Youth Olympic Games Candidate City Presentation | 128th IOC Session

お借りします。

24.20あたりから国際スケート連盟会長のチンクワンタが出て参ります。質問をするよう促されマイクを握ります。そして彼はステファン・ランビエールにとんでもない言葉を浴びせます。

「スイスは、スポーツ界への貢献がNot Enough (不十分)では?」

会場が明らかにざわついているのがわかります。一瞬映るステファンの横顔も複雑な感じに見えます。すると司会者が、再度”ちゃんとした”質問をするようチンクワンタに促します。しかし彼が投げかけた質問はスイスを更に侮辱する言葉でした。

「ではこちらから質問します。なぜスイスはスポーツに貢献しないのですか?」


チクワの云う貢献ってのはずばり金のことでしょ?
なんでスイスは金出さねぇ~んだよ!って、さすがイタリアンマフィアなお方です。貢献ってのは金さえ出せばいいってもんじゃないし、むしろその金が膨らみ過ぎてスポーツとは名ばかりの巨大ビジネスと化しているのが今の五輪でありフィギュアスケートじゃないの?

しかもステファンは男子フィギュア界の礎を築いてくれたレジェンドのひとり。その彼に対して、何の誠意も示せないとはなんとも情けない男です。こんなのがフィギャア界の”番町”なんですから。先が見えた感じがします。

それでもユース五輪はローザンヌに決定。ステファンが大喜びで関係者とハグしている写真を見て、ざま~みろチクワ!と思ったのはアタシだけではないと思います。

カザフが落選したのは本当に残念です。
東京新聞のツイ情報に寄るとアルマトイと北京の差がたったの4票だったそうです。そのツイでデニスの写真が流れてきましたが、とても気丈にやり切ったという顔つきでした。関係者の呟きも将来の勝利を信じていると前向きでした。

ステファンもデニスも頑張ったし、北京に決まった時の申雪の喜びと涙にも胸に迫るものがありました。それだけに肝心のフィギュア界の番町の発言が痛くて、あまりに痛くて惨めで仕方がありません。

それにしても、平昌、東京、北京ときたら札幌は?立候補しているけれど、市長も知事もどう判断を下すのか少々気になります。

おっと、とうとう8月になってしまったびっくりまーく
大輔さんの帰日がもうすぐそこか?



 
にほんブログ村  


 
人気ブログランキングへ  


 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
International Figure Skatingさんの写真アルバム

Misha Ge So Young
Florentina Ţone Daaaai :))

だって


さて、この子は体操の選手?
高校選抜のサッカー選手?
いやいや、陸上の学生選手?

※グーグルで意訳
あなたはこの若い男の子に見覚えがある?2000年にMariposa Galaで撮影さんれたこの写真を発見? Doug Leigh は当時から彼のスター性を見抜いていた(訳のほうは釘づけにした、とあり)

そのダグ・リーさん(カナダの有名コーチで武史も教わっていた。オーサー、ストイコ、バトルなどなどを手掛けジャンプを教えることに定評あり。)の目を釘付けにした子の今↓






もうこちゃ~~~~~んミニピン

うんなわけないだろっ手 そう、もうひとりのワンコピンクだワン♪ デー輔さんだよね笑 この頃は普通の男の子って感じだあ~。
NYに渡って三ヶ月。やっぱりそろそろ愛しのもうこちゃんに会いたくなったかな。

d1sk_tI miss you...だもんね。

ミニチュア・ピンシャー、略してミニピンのもうこちゃん。
ダイスがかわいいってコメした時の大輔さんの返しがもう参った!



やろんっ♡


デー語辞典:でしょ、でしょう、だよね、という言葉を表す最新のデー語

だとおも!あはは笑


ところでさっそくニコライが「いいね!」をしているようで笑顔
村主さんも!あ、そのふみえさんはつい昨日までNYに行ってたようですね。もしかするとそっちで大輔さんに会っていたかも。小林さんが日本にいた頃は同じ事務所で今でも交流があるみたいだしね。


大輔さん、もしかして久々に”スケート”仲間に会ったのだったらちょっと嬉しい。もちろんこれは小梅の妄想ね。

今、気になっていること。

①果たしてデースケはニコライとNYでごたいめ~~ん、するのか?だって、コールミーレッツゴーアウトってコニちゃんが!デースケは、デースケは電話するのか~~~~?
シテアゲテ、プリーズ祈


②シャルウイのスケート教室に大輔さんが来る!もうそれだけでそわそわ。そしてFOIにチラ顔出しはあるのか、XOIは?

③フロアーで踊ってるデースケが見たい!アメリカのダンス番組に極秘で出てくれないかしら?ぜったい見るのに!!(極秘なのにどーやって?ase*

まだまだあるけどとにかくこれかな。

おっとこっちも気になる。

フレンズオンアイス あなたが選ぶベストプログラム

http://www.nitteleplus.com/program/sport/friendsonice_10times.html

放送予定は10月だからまだ先の話だけど、気になるよね。10周年記念の特別企画のようです。その選ぶプログラムはサイトにあげられているものの中からで、すべてグループナンバーです。そうか、考えたわねいひひ

投票7月25日(土)~8月25日(火)の一ヶ月間です。


上位に選ばれたプログラムはノーカットで紹介ですって。上位ってどこからかしら?ベスト3ってことかな?あと、選ぶのはひとりひとつの作品までなん?25日になったらわかるのかもね。改めて見るとたくさんあるね。そりゃそうか10年分だもんなあ。


う~ん、う~~~ん悩むわっsei




 
にほんブログ村  


 
人気ブログランキングへ  


 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
太田由希奈さんがこの度のPIW東京公演でプリンスのショーを引退されました。聞けば公の場では滑ることはないといいます。
1986年生まれだから大輔さんと同い年になる。去年、彼女の演技を生で観たけど、まだまだ充分やれるように見えたました。このまま全く滑らないのかと思うと寂しいと同時に、我らが大輔さんは由希奈さんのプロ引退を知っているのだろうか、知っていたらどう思うのだろうかをついつい考えてしまった。

由希奈さんは海外のアイスショーでも活躍していて、彼女の活躍のお蔭で海外では日本にはないファンタステッィクなショーが数々あるということも知りました。コラムでもその点に触れていて、特に印象的な文章がこれ。

華やかな芸術 アイスショーも奥深い  プロスケーター 
太田由希奈

(1/3ページ)2015/1/28 7:00
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82382120W5A120C1000000/

このコラムは前に2度ほどブログで取り上げているので、読んだ人もいると思いますがしばしお付き合いを。

彼女は今年のはじめ、ミュンヘンで行われた「Rock the Ice!」というアイスショーに出演しています。
ブログの最後にこのショーのダイジェスト動画をアップしてますので興味のある方は見て下さい。

欧米では規模の大小を含めてこうしたショーが各地で頻繁に開かれていて、演劇やバレエのように文化としてしっかりと根付いている。ショースケーターも憧れの的で、「このショーに出演している」と話すと、称賛されたり尊敬されたりする。

この一文が欧州におけるプロスケーターの位置を物語っています。

それでも、海外を含め多くのプロスケーターが30歳前後で引退していくのも現状です。この由希奈さんとて例外ではないばかりか、織田信成氏も自身の語ったところによると、プロとして滑るのはあと3年と述べたそうです。海外を見渡しても最近ではジョアニー・ロシェット(彼女も1986年生まれ)、少し前ではサラ・マイヤーが2011年に競技から引退しプロスケーターとしてAOIなどで活躍していたけど、大輔さんが初参加を果たした去年のAOIでプロの世界からも引退しました。しかもまだ30歳という若さでした。

こうしてみると、プロのスケーターになっても30歳前後で引退していくのは日本に限ったことではないというのがわかります。つまり、日本にはアイスリンクが少なくプロになっても練習場がないから、という意見は外れではないにしても引退の理由を占める割合として多くはないように思われます。

織田氏も
希奈さんも安藤美姫さんも、ゆくゆくはコーチとして活躍したいというのが、それがスケーターとしての最後の目標のように語っている印象を持つけど、たとえば、フィギュアスケーターも野球やサッカーのように毎日は無理としても週1回か2回公的にショーを開催することの出来るものであれば「じゃあ40歳までカートのように頑張る」という気持ちになれるものなのでしょうか。

野球、サッカーは素人でもプロでもそこでやっていることは全く一緒。素人だからプロとはルールが違うなんてことはないし、むしろ素人からプロへとそこを頂点に目指す競技だといってもいい。

プルシェンコがアイスショーで滑ることと試合で滑ることの違いをとても明確に語っていたのをどこかで読んだのだけど、それによると試合では4回転を当然跳ぶけれどもアイスショーとなれば違う、それは観客が試合とショーに求めているものが違うから。アイスショーではプログラムをひとつの作品として失敗のない滑りをし、完璧なものを見せなければならない(ことばのニュアスは違っているかも知れません)。だから4回転を跳んで失敗するよりも3回転(2回転だったかも)にしてよりリスクの少ない滑りをしなければいけない、だったかな。

正直いって、プルってどんな時でも男は黙って4回転の人だと思っていたので意外でした。でもこの文章を読んだ時やっぱり彼はさすがだなあと感じました。試合ははっきりいえば審判に、ショーは観客に見せるもの。点数で仕分けられる試合ではよりリスクの高いもので勝負するのが使命だけれど、アイスショーは自身のプログラムを表現してそれをお客さんに届ける場所と云う認識なのでしょう。

本当はプルみたいな人が試合に拘らずにアイショーでその表現を見せる道を模索していれば、今の日本のアイスショーの有り方も少しは違ったかたちになっていたのかも知れないけれど、プルはショーで滑ることより試合が好きなんでしょう。その思考は芸術大好きなステファンとは対極にあるように感じます。プルは芸術も好きだけれどそれ以上に試合が好き。なぜなら、フィギュアにおける達成感は試合を通してでしか味わえないから。

サッカーや野球のようにプロになっても味わえる達成感がプロスケーターには難しい、真央さんもこの達成感を結局は試合でしか味わえないから復帰したのであって、野球やサッカーのプロ選手と等しく味わえるのなら100%復帰はなかったと思う。

そこで大輔さんだけど、引退する前は「引退した後は自分が滑ることに拘りはない」と語ってました。アイスショーに興味のある発言もしておりませんでした。だから引退した後、即効でプロの世界に行った荒川・鈴木の両氏とは真逆の道を選んだのかも知れません。真央さも大輔さんも休養していた時「アイスショーもいいね!」と感想を述べておきながらもあっさりとその世界へ飛び込まなかったのを見ていても、ふたり(真央さんは復帰の道を選んだけど)ともまだ挑戦出来る=達成感を味わえる世界を模索しているように映ります。(真央さんも引退後を明白にしていないので)。

プロスケーターとしてやっていくのは30歳ぐらいで、もう体力が続かないから、そう理由を語るスケーターもいるようだけど、本当にそれだけなのか?もっとも、ダンサーの小春さんもテレビの『情熱大陸』で「あと5年したら止める」とその自信に満ちた表情からは想像できない意外なことばを口にしています。5年後、彼女はまだ28歳だけどプロを引退していくスケーターの年齢とそう変わりません。だから30歳前後でばたばたとプロから引退していくのはフィギャアスケートだけに限ったことじゃないのでしょう。特に女子にその傾向が強いのを考えると男子よりも女子のほうが体力によるピークが早いと感じるのでしょうか。

スケート靴を持たずに渡米した大輔さんの年齢は、もう既に多くのスケーターが引退を考える年齢だけれども、ステファンやジョニー(彼は来年ハリウッドを目指すと言ってるそうだけど俳優にでもなるのだろうか?)、ベルネル、ジェフなどまだまだ頑張っているスケーターもいます。その多くは現役の頃の演技より今のほうが素敵だという声をよく耳にします。それはルールから解放され表現がより自由になったからとか、年齢を重ね人間としての幅が出てきたからとか、そういう単純なものだけではなく、彼らには「プロとしてお客さんに見せたい自分」が明確にあるからではないのかと思います。大輔さんや真央さんもその気持ちが彼ら同様明確であれば今頃はプロの舞台に彼らと一緒に立っていたのかも知れません。尤もその前に、日本のフィギュア界を取り巻く現状がしがらみだらけで決してフットワークが軽くなれる状況に見えないってのが問題に映りますが。

また海外のスケーターも、解説や振り付け、コーチなどをやりながらは日本と同じ。そんな忙しさのなかにあっても彼らのクオリティが落ちないのはやはりプロとしての自覚があるからでしょう。

大輔さんがどんな道を選択するかはわからないけど、できれば男子スケーターはカートやロロの年齢まで氷に乗り続けて欲しい。そしてステファンのように、新しいショーの有り方にひとりでも多く取り組んでくれたら、プロとしての寿命にも少しずつ変化があるかも知れない。

Rock the Ice Canada 2015 (公式サイト)
http://eisshow.com/rock-the-ice-v-2015/

Rock the Ice! Promo Video

お借りします。


次回はもっとくだけて、「こんなアイスショーが理想」というテーマにいってみたいと思います。


うん?アサヒが苦戦してるの?


アサヒを支える「スーパードライ」に異変発生

http://toyokeizai.net/articles/-/77303

なになに、低迷していたキリンが今年3月に社長を交代、その新社長が
マーケティング投資や広告費などを増大、ふむふむ。むむ、しかも
「アサヒは上期の途中に大手回転寿司チェーンとの取引をキリンに奪われたこともあり、下期はスタートから厳しい状況」。こりゃまた。

下期はスーパードライの期間限定品などで巻き返しを図るが、上期の派生品が不発だっただけに回復の決め手となるかは不透明だ


今年は終身名誉店長もNYだからなあう~ん


そうだそうだ! そっこうNYに飛んで新製品を大輔&真央のコラボでCMを作り、日本にいる福山さ~ん、とふたりに呼びかけられた福山雅治に「これは新しい!」といってもうらう。もしくは「NYにいる高橋さん、真央ちゃ~ん」と福山に呼んでもらい、NYにいるふたりがにっこり笑って「これはアサヒの革命ですね」と声を揃えていってもらうってのはどうだ?


あ、真央さんにNYへ飛んで貰わなきゃならないけろ汗^^;



 
にほんブログ村  


 
人気ブログランキングへ  


 

AD
いいね!した人  |  コメント(11)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇