小梅のLet’s go soon

感じたこと 思ったこと


NEW !
テーマ:
宇野昌磨2010/ミヤネ屋
お借りします。

ミヤネ屋でこんな特集をしていたなんてぜんぜん知りませんでした。ショウマくん、まだ幼くて
可愛い。この頃から大輔さんを尊敬して毎日演技を見て勉強していたんですよね。

大輔さんからのメッセージ

学生みたいだw ってか学生だったんだけどww いや、見方によってはサラリーマン1年生ww
髪が踊ってます でもやっぱイケメンじゃ!
魅せるスケートを大事に、ショウマくんのメーテレ杯の演技を観る限りその言葉はしっかり
活かされていると感じました。ジョニーも言ってましたね、フィギュアは魅せるスポーツって。

頑張れ、ショウマ!


Daisuke Takahashi 詰め合せ64


お借りします。

またも、どらどらさまの動画です。今回のフレンズが中心です。
いつもステキな動画をアップして下さりありがとうございます。

Daisuke Takahashi - Steps(2)

お借りします。

大輔さんのステップ集。もうもうもう涎もんっすきらきら 主さまありがとうございますです。

こちらはケンジ先生の記事です。ケンジ先生の紹介文に注目。
やっと事実がちゃんと伝わりましたね。

相手を輝かせる熱意は
自らの仕事も輝かせる

http://www.asakyu.com/anohito/?id=1482
フィギュアスケート振付師
宮本 賢二さん

みやもと・けんじ ●1978年兵庫県生まれ。龍谷大学経済学部卒業。10歳からフィギュアスケートを始め、アイスダンスに転向。日本代表として世界選手権などに出場し、2006年に現役を退き振付師に。髙橋大輔、安藤美姫、鈴木明子、織田信成を始め国際的に活躍する選手やプロ、ジュニア選手まで多くの振り付けを手がける。また髙橋大輔選手と共に立ち上げた支援活動「東日本大震災チャリティー演技会」を毎年春に神戸で開催している。


選手をより魅力的に見せる独創的なプログラムで国際的に注目されているフィギュアスケートの振付師、宮本さん。国内外の名選手から若手まで約50人のスケーターを担当し、多忙で年に350日以上はホテル暮らしだ。

 
自身も、カップル競技のアイスダンスで日本代表だった。しかし、選手生活の終幕は望むものではなかった。「パートナーがけがで引退し、五輪を目指す僕は必死で次の相手を探しました。でも競技人口の少ない日本では難航して。つらかったですね。一人で悩んでいた時に通った、実家近くの姫路城公園で見た満開の桜の美しさは、やりきれない思いと共に今も覚えています」

 
結局、パートナーが見つからず28歳で引退し振付師に。父からの「今までは自分が1番を目指していただろうが、裏方の立場になるなら常に2番手3番手でいる生き方をしなさい」との言葉が気持ちの切り替えになった。

 
宮本さんの強みはフランスで磨いた美しい滑り。そして美術館などで美を学び、水族館では軟体動物の動きにヒントを見いだす独自の感性だ。

 
「選手の動きをじっくり見て、美点はさらに美しく、弱点は特徴に変え、より得点が取れるよう、より輝けるようにと心掛けています。選手の状況に合わせ個々のスキルやメンタルが向上するプログラムを、頭がすっからかんになるまで考え抜きますね」

 
何より宮本さんには、選手が出来るようになるまで何日でも練習に付き合う情熱と、相手への深い愛情がある。教え子たちが競い合うような場合、試合後に宮本さんが向かうのは敗者のもとだ。

 
「試合の独特の緊張感とスポットライトを見つめていると、自分も以前はあそこにいたのにと寂しくなることは今でも正直ある。だからこそ選手には現役は特別な時間であり、今しか出来ないから頑張れ、と伝えるようにしています」

 
体験から生まれる愛情のこもった言葉は心に響く。


(9月15日掲載、文:田中亜紀子・写真:南條良明)


ケンジ先生が現役を辞めてから8年弱、相手がいなくて結局辞めざるを得なかった。
今もアイスダンスを取り巻く環境は変わってないように映ります。大・真央達名だたる選手が
綺羅星のごとくいて稼いだお金を連盟はスケートリンクを増やすでもなく、アイスダンスの普及
に費やすでもなく、いったい何に使ったのでしょうか。


ケンジ先生のお父様、ステキな方ですね。裏方として常に2番手3番手として・・・今の
ケンジ先生を見ていると、その言葉通りの活躍を感じます。


今期、大輔ファンにとっての何よりのプレゼントはあの「キャラバン」です。
先生、ありがとう、ありがとう、ありがとうございますおじぎ




 
にほんブログ村  


 
人気ブログランキングへ  

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

http://www.asahi.com/articles/ASG9F72SBG9FUTQP04Z.html


朝日の電子版にやっときましたね。ただ読者登録しなければ全文は読めません。
既にご存知だと思いますが、登録には無料と有料があるので気をつけて下さいね。


ところで、メーテレ杯です。この大会にインドの青年が出ていて話題を集めてます。
映像はこちら↓


ISU 2014 Jr Grand Prix Aichi Men Short Program Nikhil PINGLE IND
http://youtu.be/U9_-lZfQJ84


あまり情報を拾ってないので詳細は判りませんが、スケートを始めたのが2013年だって
いうのですから、だった1年ではありませんか!
それでここまで滑られるのって凄くありません?スタイルもいいし、良い指導者に巡り合えれば
大化けするかも。ちょっと気になる青年です。


で、男子のFSと結果です。その前に明日のテレビ放送を楽しみにしたい方はここから先は
スルーして下さいね。


う-む、次世代男子は中国?ボーヤン(Boyang JIN )くん、まだ16歳ですよね。
もともと4回転ジャンプは得意と聞いていましたが、この年齢で、4S、4T+2T、4Tのクワドがちゃん
と3つ入ったって凄いですよ。うんで、200点越え。中国男子はジャンプ得意な選手が多いです
よね。これはハンヤンあたりはうかうか出来ません。


でもでも・・・・・


しょうま~~~~~~~~~~4T、4T+2T、2本入った~~~~~!!!!!!!
うごごごごごご感動したぞ~~~~~演技素晴らしかったきらきらほろり 


そして価値ある第2位。しかも超僅差でこちらも200点越え。演技を終えてガッツポーズも飛び
出して、あっこさんと織田くんも大喜び。その様子は動画でも見られますよ。

プロトコル
http://www.isuresults.com/results/jgpjpn2014/jgpjpn2014_JuniorMen_FS_Scores.pdf


おおおお!! ステップ、スピン、全てレベル4
2回めの4回転は回転不足かあ。だけどほぼノーミスです。FSの演技はこちら。

2014 JGP Nagoya FS Shoma UNO(キスクラ付)

お借りします。


最終順位
http://www.isuresults.com/results/jgpjpn2014/CAT001RS.HTM
※10位まで抜粋します。


山隈太一朗選手は13位でした。


さて、こちらは大輔さんのジュニア世界選手権のFS、美しいっすよ~~。
この頃からスケーティングが滑らかで品があります。(旧採点時代じゃ!)


Daisuke Takahashi - 2002 Junior Worlds LP, with K&C


お借りします。

それにしても、ジュニアもシニアもジャンプに関しては大差のない構成ですね。
本番でどこまで決められるかが勝負の鍵でしょうか?しかもトップに立つにはFSでクワド3本が
常識になりつつあります。スポーツなのでそれはそれで良い事なのかも知れませんが、次の
五輪まで怪我をしなかった者の勝ちっていう寂しい結果にならないよう祈ります。




 
にほんブログ村  


 
人気ブログランキングへ  

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:
動物が好きなワタシは帰宅して志村動物園を見ていた。

でも、アレ?そうだ!今日は『炎の体育会TV』って番組でPさんが出るんだ、ちょっと見たい、
と思ってリモコンボタンを体育会TVに合わせました。

う~ん・・・・あ、そう、・・・・TBSは本田望結すっきやなあ・・・まだPさん出ないんだ、あ、先に
ジョニーかあ、きっとあの子絡めてくるんだろなあ・・・あ、やっぱり・・・

なんて思いながら見ておりましたが、Pさんには悪いのだけど途中見る気が失せてしまって、
テレビを消してPCで遊んでました。

すると、ふたりの女が興奮してワタシのもとへ!

ちょっと、あのジョニーって人きれい~~~~~~~興奮

「いや~~、びっくりした。きっれいだねぇ~、あんな人いるんだねぇ」
わざわざそれを言いに2階まで上がって来た母。(ワタシの部屋が2階。母は下で見てた)
「テレビ見てた?ジョニーって人きれいきれいきれい~~~~すっご~~~!!!」
わざわざそれだけ言いに電話をしてきた非スケオタの友。(彼女は別の目的で番組を見てた)

母も友も、ジョニーがきれい、きれいきれいきれい、すっご~いしか言わない
あのー、体育会TVだったんですけど・・・
さすがスケオタの友はメールでPさんの望結ちゃんに対する指導が素晴らしい、スケートは
ジャンプだけじゃないなどの発言と、Pさんがエナジーを滑って見せたスケーテシングはやっぱ
り素晴らしいなど、スケートに関しておおいに触れておったわけですが、我が家の母と非スケ
オタの友は、

ジョニーきれい で大興奮。

でも昔からジョニーを知るワタシはやっぱそのぅ・・・老けたなあ、という目で見てしまったのすが、
それでもジョニーを初めて見る人は充分に美しいのだと知った。
ジョニーの競技時代の映像もあったからそれを観たふたりはさらにテンションが上がったみたい。
でもね、ワタシはふたりに言いましたよ、「ジョニーは今もプロとして滑っているからデザイナー
じゃないの。スケーターなの。ましてや羽生くん専属テデザイナーじゃないし」って言ったら、

ふたりとも、ぜんぜんそんなの意に介してない。それどころか我が友の無情な言葉が炸裂。

「この人もう滑ってないの?」
「今はアイスショーだけ」
「じゃあ、アイスショー観に行けばいいんだね~」
「試合には興味ないの?」
だってジョニー出ないんでしょ、だったら試合は興味ない」

おいTBSよ、なんか・・・なんか間違ったみたいだぞ

母も大輔とジョニーとPさんの3人揃うスケートなら見たいそうだ。でも、母と友はまだ知らない。
きれい、の3文字を代表するもうひとりのスケーターがいることを、そう・・・

ステファン・ランビエールさまを ふふふ、もったいないからふたりには秘密にしとくわにっしっし

しか~~し、我がブログのコメンテーターさまからのお怒りの言葉をここに載せとく。
その怒りはしっかと受け止めたぜよ!

ジョニーはオネエ口調で喋ってない
「ゆづるちゃん」なんて呼んでない


日本のテレビは(韓国支部だけど)ゲイだと判ると何でもかんでもオネエ吹き替えにするのは
やめぃ Pさんもね、だいすけについて語ったと思うのよ、でもきっとあれは”大人の事情”ね。

TBSにはさあ、もうひとつ言っておくけど、これツイでもつぶやいた言葉だけどさ、

わざわざ経費をかけて外国へ行かなくても世界一のステップを持つ高橋・猫脚着氷の織田・ツルスケで有名な小塚・と充分日本で足りるとい
う現実を・・・

まさか、知らねぇとは言わせないよ
ふきだし<怒>


てことで、今日読んで欲しいのはこれ↓

ウラを取らない日本のメディア体質
田中 良紹 | ジャーナリスト 2014年9月12日 19時11分

http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakayoshitsugu/20140912-00039060/

スケートの話ではなく主に朝日新聞の話題なのだけど、興味深いので是非。
全文はサイトをクリックしてみて下さい。

(略)


しかし司法記者クラブを皮切りに、警察庁、警視庁、労働省、官邸、自民党、外務省、郵政省などで取材した私の経験で言えば、ウラを取らずに記事を書く新聞社は朝日だけではない。ほとんど全社がウラも取らずに記事を書いている。それは日本のメディアに特有の体質だと言って良い。


日本のメディアは「足で歩いて」取材し問題を追及するよりも、権威ある組織の発表を先を争って報道する傾向がある。私は記者クラブで取材をする前にドキュメンタリー・ディレクターとして、自分で一から取材する経験をしていた。そのため記者クラブで発表された内容をそのまま記事にする事に抵抗があった。発表した本人に質問しただけではそれが正しいかどうかを確認する事は出来ない。


しかし記者は自分の考えを書くのではなく、「誰々が発表した」と書くのだから、その限りで嘘とは言えない。ただしそこに国民を誘導する意図があれば書いた記者にも加担した責任はある。ところが記者クラブではそんなことを考える暇もなく、情報が次々に発表され、記者たちは原稿を書き続ける。


目を付けられた記者には権力の側から情報がリークされ、それがスクープ記事となる。私の経験で言えば、スクープは記者が足で歩いて追求した結果と言うより、誰かにリークされる方が圧倒的に多い。リークにはリークの意図が隠されている。従って私はスクープ記事を見ると必ずこの情報を誰が流したか、何のために流したかを考える事にしている。
(略)


アメリカの新聞と日本の新聞を比べると、アメリカでは発表ものは通信社の配信記事を使う事が多く、新聞記者は一つのテーマを追いかけ、それを書名入りの記事にする事が多い。そのため読者は記者の名前に魅かれて新聞を買う。新聞社は有能な記者を集めなければ経営に影響が出る。


日本のように記者クラブで発表ものを書き、権力の側に目を付けられ、スクープをするか、あるいは出世していく仕組みとはまるで異なる。そして読者は気が付いていないのだが、日本の新聞はしばしば「誤報」を繰り返す。それが全社横並びで「誤報」するので誰も謝罪しないし訂正もしない。赤信号みんなで渡れば怖くないという訳だ。(略


橋本聖子の辞任を要求するための著名を行っているそうですが、なぜリークした人が悪いという
のか、女帝の権利なんてもうないのに何を恐れてるのか、と仰っているようです。しかし、この
記事にも書かれているように、リークにはリークの意図が隠されています。それが本質です。
そこを問題にしせず橋本聖子だけを追い詰めても、森を見て木を見ないのと同じではないでしょ
うか。
※あら、ほんとだ!あ、汗~~~~ご指摘ありがとうございます。しかも、この間違いに気づいた
人がひとりだけ?もちろん、「木を見て森を見ず」です。ちゃんと校正してたつもりが反省。


日本がダメなのは新聞媒体だけじゃない。せめて何かひとつ”まし”な媒体があればいいの
だけどね。




 
にほんブログ村  


 
人気ブログランキングへ  

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

AD
いいね!した人  |  コメント(39)

[PR]気になるキーワード