アシュトン上級代表とエストニア外相 マイダン指導者がキエフでの狙撃手を雇った http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_06/268247910/ ◆エストニア外務省はこの会話録音が本物であると認めている。

【概要】

Breaking

エストニアのウルマス・パエト外務大臣とキャサリン·アシュトンが、電話でウクライナを議論

追放されたビクトル・ヤヌコビッチ大統領に忠実なウクライナのセキュリティサービス(SBU)の役員は、エストニアのウルマス・パエト外務大臣と外務·安全保障政策を担当するキャサリン・アシュトン欧州連合(EU)上級代表の電話をハッキングして、ウェブ上に会話をリークしています。

当局者は、革命後の国で、何が起こっているのかの印象を話し合う。
その要旨は、ウクライナの人々はマイダンの指導者(親欧米の現政権側)のいずれも信頼していない。

すべての最も顕著なことは、騒乱の中での武力行使、機動隊の警官とデモ隊の両方を殺害した狙撃に関係する事実(衝突を煽るため?)がある。ウルマス・パエト外務大臣は、スナイパーがマイダンの指導者らに雇用されたとの噂を確認する驚くべき情報を明らかにしました。(以上)


【私見】


 
ドアを叩く欧米ユダヤの死神

*ウクライナは、欧米ユダヤ人が執念を持っている歴史上の祖地(ハザール汗国)と言われています。失地回復が彼らの夢なのでしょう。

欧米ユダヤの死神が、ウクライナのドアからプーチンの軍靴に蹴り飛ばされる。




AD

コメント(2)