毎年台風は日本に上陸します。

今回の雨台風は、降雨量が半端でない統計史上七月最高級台風です。

福島原発に目がけているような軌跡を辿っている。



降雨になれば、地下水も それに比例して溢れ出します。

高濃度放射性汚染水が漏れると環境への悪影響は甚大。



東電、政府の計画立案者の能力に疑問を感じる人たちは多い。

先を見越した計画が出来ないようです。


杜撰なプランの犠牲者は、懸命な現場作業員です。

苦労が思いやられます。



再び、

原発建屋の監視が必要になりました。





短稿でした。



関連記事

気象庁 台風情報

「統計史上7月最強級」の台風6号が北上、西日本上陸も


福島第1原発で台風対策 2人が計画線量超え被ばく





AD