powered by Buzzurl

2013年07月24日(水) 23時55分00秒

天気:声に出して呼びたいサッカークラブ。その1

テーマ:サッカークラブ名

来年、J3ができるらしいですね。


というわけで、J2の下のJFL(プロアマ混合)、さらに下の地域リーグ勢は、「憧れのJリーグ入り」がグッと現実味を帯びてきたので、かなり盛り上がっております。



ところで。

日本のサッカークラブ、おもしろい名前が多いと思いませんか?


クラブ名の由来もいろいろ凝ったのが多く、

コンサドーレ(札幌)は、「どさんこ(の逆)」+「オーレ」だし、

サンフレッチェ(広島)は、「3」+「フレッチェ(矢)」だし、

ジェフユナイテッド(千葉)は、「JE(JR東日本)」+「F(古河電工)」だし。


Jリーグクラブの名前の由来について(外部リンク)


これはね、もう“文化”と呼んでも良いと思うのです。

日本人の感性によって紡ぎ出された、言葉遊びの妙が詰まっている文化だと。


そして、JFL以下のリーグには、もっともっとおもしろい名前のクラブがたくさんあるのです。


そこで、タロー!プロジェクトでは、

全国津々浦々の個性的なクラブ名を紹介していきたいと思います。


今回は、その第一弾。

気になっている4つのクラブの名前について紹介させていただきたいと思います。


あ、先に言っておきますが、主なソースはWikipediaです。



1.十勝フェアスカイジェネシス


北海道リーグ所属、北海道帯広市のクラブ。

「フェアスカイジェネシス!」ってカッコイイですね。

中学生が考えた必殺技みたいな名前です。

一度は叫んでおきたい言葉ですね。


「フェアスカイ」というのが元々のクラブ名だったのですが、「ジェネシス」というパチンコ屋さんがチームスポンサーについたため、改名したそうです。



2.ガンジュ岩手


東北1部リーグ所属、岩手県盛岡市のクラブ。

岩手のクラブで「ガンジュ」って…マジすか?

「サイレントヒル静岡」みたいなもんですか?「ミルフィーユ千葉」みたいなもんですか?

と思っていたのですが、調べてみたら違ったみたい。


岩手県にある「岩手山」の別名が“岩鷲山(がんじゅさん)”というらしく、そこから取ったのだとか。

なるほど。



3.デッツォーラ島根


中国サッカーリーグ所属、島根県浜田市のクラブ。

島根の方言かな?

と思っていたら、「Deus(神)」と、「Ola(オラ!挨拶の言葉)」を組み合わせた言葉らしいです。

デウスオラ…

デウスォーラ…

デッツォーラ!



4.松江シティFC


中国サッカーリーグ所属、島根県松江市のクラブ。

松江RMクラブ→ヴォラドール松江→松江シティFCと、ここ数年で名前が何度か変わった経緯があったらしく、県民からの認知度も薄いのだとか。

だがしかし、一部のコアな地域リーグファンをして「俺らにとって、“シティ”と言えば、(マンチェスター・シティではなく、)『松江シティ』。」と言わしめているように、徐々にマニアックな人気が出てきている模様。


「松江シティ」の由来はわからなかったけれど、たぶん、マンチェスター・シティを意識してつけたんだろうなぁ…サガン鳥栖(≒ユベントス)みたいに。


マンチェスター・シティ…

マンツェター・シティ…

マンツェ・シティ…

松江シティ!


将来的に、松江シティが他のクラブと合併するようなことがあれば、

「松江ユナイテッド(略して「マツU」)」とか言い出すのかな…




なお、この企画は不定期に続く予定です。


次回以降に紹介したいクラブは

ジュブリーレ鹿児島、アスルクラロ沼津、レノファ山口、などです。


全体的に薄っぺらい話しかしないと思いますので、そのつもりで読んでくださいな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。