日々、粛々と、就労にまつわる相談や就労支援を行っております。
多種多様な人々に出会う毎日。
最近は障がい者等の相談・支援も行っています。
人生相談を包括した、仕事の方向性や自己分析などを生業としています。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-19 22:45:24

父のおもひで

テーマ:ブログ

 

どうも、みなさん、たれまさです。

 

 

先日、無事に父の四十九日を終えました。

あれから、ずいぶんと、気がそぞろな毎日でしたが、なんとなく日常生活に戻ってきた感じがしてきました。

 

この前、とある出来事で、改めて父のケチ、もとい倹約家だった事が思い出される事がありました。

 

ある日、車のワイパーのゴムが無くなって(取られたのか??)いました。

ホームセンターに新しい替えゴムを買いに行ったけど、H22年以降と以前で、ワイパーの型が変わったようで、5mm違ってました。

 

うむ、うちのはどっちだ?

そもそも、ウチの車の年式って?

 

車検証にH22年2月購入って書いている。

 

なら、H22年以降のを買うのか?

 

いや、待てよ。

念のため、ディーラーに聞くか?

 

いやいや、ディーラーに聞いたら「持ってきてくれればやりますよ!」とか調子のいい事をいって、頼んでないメンテナンスとかやってくれて、余計なサービスにお金を払うことになるから止めよう。

(↑カヱルの子はカヱル。。。やっぱケ、、、以下略)

 

そうだ。ネットでちゃんと調べよう。(ホームセンター内だけど。)

 

「H22年に新車で買ったって事は、うちの車はH22年式だよねぇ?」

でも、なんか、写真が出てきたけど、まるっこい。違うような気がする。

 

そうだ。

 

そうだった!!

 

父の性格を忘れていたよ。

 

モデルチェンジした、ニューモデルの新車、買うわけないよ。

 

型落ちだよ。絶対!!

 

「やっぱり。。。(-_-;)」(←ネットで前の年式の写真を発見)

 

そう、たれまさ家で車を買うときは、いつも型落ち。

安くなるから、とディーラーに言い負かされて買い換えていたよ。

 

そうだった、そうだった。

 

父よ。。。。

もう居ないのに、存在感あるね。(゜m゜*)プッ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-04-17 22:16:18

父を見送りました。

テーマ:ブログ

どうも、みなさん、たれまさです。

 

先日、父が亡くなりました。

奇しくも、ワタクシの誕生日の朝でした。

 

亡くなる3日前くらいは、かろうじて反応があり、

「あと数日で、娘の誕生日だから、頑張って。」と言ったからなのか、父は私の誕生日まで頑張ってくれました。

 

もう、ずううっと覚悟してきたけど、

最後の数年は、施設や病院にいて、毎日会っていた訳でもないけど、

点滴だけの寝たきりの生活から、早く開放してあげたかったけど、

 

でも、やっぱり、その瞬間は、せつないものでした。

 

思い返すと、わたし、人が亡くなる瞬間に立ち会ったのは初めてでした。

病院のモニターの、血圧や血中酸素値が、徐々に低くなって、テレビで良く見るシーンと同じで、心電図の波形がプーーーっと、直線になっていきました。

 

本当に居なくなっちゃうのと、自宅に居ないのとは、違うんだなと、日を追うごとに、じみじみ感じます。

 

 

最期の2日くらいは、意識は混濁していて、反応はほとんど無かったのですが、聴覚は最後まで残ると言われていると、父が良く言っていたので、ちょびちょび話し掛けてました。

 

人は、人生の最期には、どんな言葉を聞きたいと思うんでしょうか。

 

 

亡くなる一週間前の週末から酸素マスクをつけ始め、マズイ、そろそろだ。と思いました。

何日後に亡くなるか、解らなかったのですが、週明けからスッパリを休ませて頂きました。

 

絶対、仕事を休んで、最期に立ち会おうって決めていたんです。

 

そして、言おうと決めていた言葉を言う事が出来て、

臨終に立ち会う事も出来て、

よかった。

本当によかった。

後悔せずに済んだよ。

 

 

父も、私が子供の頃、病気になると仕事休んで(!!??)、病院に連れて行ってくれたタイプだったんですが、

カヱルの子はカヱルだな~と思いました。

家族>仕事

は、たれまさ家の家訓として、みゃくみゃくと伝承されているんですね。(笑)

 

 

何度も書いていますが、お父さんっ子なたれまさにとって、さすがに堪えています。干からびたスポンジのような気分。

亡くなって数週間経つけど、このブログを書くまでに、何度も挫折し。

部屋の隅で、ぽろぽろ泣いて。

「ああ、わたし、父の事が、本当に好きだったんだな。。。」と思います。

 

 

そして、ここ数年は、少し席を外して戻ればチェック、お風呂から上がればチェック、と携帯を度々見るクセのついた日々でしたが、もう心配しなくていいんだという安堵と寂しさの交わる心境。。。。。

 

 

 

いままで、さんざん、生年月日の欄に書いてきた3月○○日は、父の命日になりました。これからは、生年月日書くと、思い出しちゃうんだろうなぁ。。。

 


写真は、父が見れなかったサクラ。

棺に沢山詰めた、好物の和菓子を食べながら、見ていることを祈って。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017-03-07 19:22:55

複雑な心境

テーマ:ブログ

どうも、みなさん、たれまさです。

 

父の余命があと二ヶ月と言われてから、更に2ヶ月更新中です。

 

本当なら少しでも長く、って思うのが、家族の心境ではあるけれど、

複雑な心境です。

 

弱っていく父を見るのは、本当につらいです。

せめて、会話が可能なら。

うなづくことは出来る為、一方的な問いかけで、どうにかコミュニケーションをとりますが

父の言い分は聞けない。。。

なんなんだ。この中途半端な自己満足感は。。。

うぅ。いっその事、もう植物状態なら。。。

 

進行性の難病なので、もう良くなる事はないのですが、

せめて、何か好きな物でも食べさせてあげられれば。(誤嚥するので点滴のみ)

とか

車椅子でもいいから、どこかに連れて行ってあげられれば。

とか、

ムダに自動思考がとめどなく溢れてきて、色々な感情に翻弄されます。

 

自分の心身の調子にもよりますが、見舞いに行く前は、いつも本当に気が進まない。

ホンネは行きたくないけど、行かないと父も寂しいだろうし。。

もうムリ、自分が壊れるから行かない、と決めると、やっぱり翌日行くし。。

そして、フト、出勤途中に色々思い出して、目がにじんだりする。

相反する気持ち。分裂していますね~。

 

兄も寝たきりの頃、まだ元気だった父や母と私で見舞いに行った時

寝たきりの兄を見て、父は

「自分もこうなるのか。。。。」と小さくつぶやいたのを聞いた事があります。

つらいよね。身体の真ん中辺りが、ぐぅ~っと縮こまる感じ。

遺伝性の難病なので、もしかしたら私も発症するのだろうか。。。

 

 

ふう。

 

父の病院へは、車で行くのですが、道すがら教会があり、今週の説法が看板に書かれています。この前は、

「終わりに向かって」でした。

ヒィーー。(-_-;)(-_-;)(-_-;)

車の中で、一人「な、なんで、今のウチの事知ってんの?」とか呟いてしまいます。

 

その教会を過ぎると、民家にやけにリッパな桜の木があります。

入院した初冬の当時、この桜を見る事はなかろう。。。と思っていましたが、もしや、見る事になるのかしら。

 

 

あとは、正直、医療費も重くのしかかる。。。

個室にした選択に迷いを持ったとき、人生の先輩が

「どうにかなるなら、後悔するから、踏ん張れ!」と助言してくださいました。

そう、そうだよね。

 

と、まあ、暗い話ばかりなんですが、父との掛け合いで、笑えるネタもあるんです。

それは、また次回に。。。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-15 01:25:34

保険のおはなし

テーマ:ブログ

どうも、みなさん、たれまさです。

 

ちょこっとだけ、仕事のお話を先にします。

去年、仕事で支援してきた会社へ、定着状況をうかがったら「問題なしです!」と自信をもって言われました。

「ちょっと見に行ったりする必要ありそうですか?」と聞いたら、「大丈夫!何かあったら電話します。」と言われました。

 

うるる~と来ますねぇ。

最初、あんなに色々心配して、コマメに呼ばれていたのに、障がい者ご本人も、受け入れる事業主側も、大成長を遂げているのねぇ。

 

と、仕事の小話でした。

 

さて、本題。

 

生命保険の話。

保険って難しそうで、面倒くさそう、ではないですかね?

私は健康診断で、要精密検査といわれ、大慌てで20代後半に入りました。

(まあ、検査は何もなかったんですが。)

 

保険って、やっぱり、何かがないと、掛け捨てだから、ムダでは?とか思っていましたが、やっぱり入ってて良かったなーと思う事が、ここ数年で何回もありました。

 

高度障害と入院特約。

 

「生命保険って、死んだら(お金)出るんだよね。」位の、浅い知識で、いまいち仕組みやメリットを良く解ってないまま契約したワタクシ。

 

でも、死亡じゃなくて、高度の障害者になった時も、死亡と同じ金額が、死んでなくても貰えるんですよ。知ってました?私は知らなかったですねぇ。。。

まさか、身内が障害者になると思わなかったので、その仕組みはノーマークで、お金に困った時に、周りの人にその仕組みを教えてもらったんですよねー。

 

保険の外交員は、加入時は熱心ですけど、申請時は熱心じゃない。苦笑。

まあ、普通そうですよね。「保険入って貰いましたが、使う機会、今年はありませんでしたか?」とか、毎年聞かれたら嫌味だもんね。(笑)

だから、掛けた方が、保険料取り戻すことを気にしてないとなー、、、と思います。

 

うちは、兄が難病で高度障害になり、死亡する前に、生命保険金を払って頂きました。

 

ちなみに、高度障害で生命保険もらったら、死亡と同じだから、それ以降、入院特約とか(入っていたとしたら)使えないと思います。(契約によると思いますが。)

 

次は父。

老人ホーム代も高額なので、高度障害の申請しようか、一時悩みました。

今は老人ホーム(終身)だけど、進行性の難病だから、本当に最期は医療が充実している病院にいないと、ケアしきれないだろうなぁと思い、入院特約(最大120日)があるので、それを使い切ってから、高度障害の申請をするか。。。という事に決めました。

 

なんか、こういう話って、そうそうしないですよね。

身内がしょっちゅう、死亡したり、高度障害になったり、フツーはしないよなー。

 

でも、お金の話って、重要だと思う訳です。

イザって時って、ホントにあるんだね。(別に保険会社の回し者じゃないけど)

 

保険って、ある時期に見直しとかしますよね。

まあ、普通、自分が、すぐ死んじゃったり、障害者になると思わない(ですよね?)から、見直し時に、死亡保険金を下げたり、やめたりする事もあると思います。

でも、正直、「父よ、、、見直ししないで欲しかったよ。。。」とか、黒い気持ちもあります。

 

あと、申請書類の話ですが。高度障害の申請をする時、「もう、これ以上良くなる事はありません。死亡と同等です。」という主治医の意見書を書いてもらいます。

 

切ない。

 

なんて非情な家族なんだ。。。。と思われたらヤダなーとか、多少オモイマス。

でも、お金も大事。

保険金の申請はするのだ。

 

こういうのは、遭遇して、初めて、保険の仕組みが解るもんだな。。と思いました。

 

そうそう、あと、落とし穴があって、保険加入(払っている人)が父なんですけど、受取人の変更などの、契約内容の変更があると、本人の署名・捺印が必要だったりするんですけど、麻痺して署名出来なくって、面倒くさい事にもなりました。

保険を申請するときは、有事の時なので、面倒くさい作業が、本当にストレスでしたね。。。

署名・捺印が出来るうちに、終活しないといけませんね。。。

 

しかし、こういう決断をするのも、本当にストレスです。

私の場合は、母も心を病んで、全部一人で決めましたが、毎回げんなりします。

(身近な人に大変助けられましたが、決断するって体力使うと思う)

 

そして、今、父は、ターミナル時期なので、病院に入院しておりますが、入院特約を見込んで、贅沢に個室にしました。(私が勝手に決めた。)

ずっと、もくもくと働いてきて、老後楽しもうとしていたのに、息子は難病になり、自分も難病になった父へ最期の贅沢です。

 

本人が望んでいるか、意思疎通は難しいですが、残される方の自己満足かな?苦笑。

 

(やっぱ、似てる。。。。)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-03 22:07:33

あけましておめでとうございます。

テーマ:ブログ

どうも、みなさま、たれまさです。

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 

昨年も家族が病気になり、仕事、家事とも省エネでやり過ごしました。

ブログ書いたり、人と会ったりは、余力がないと出来ない、というよりは

疲れて出来なかったなぁと思います。

 

余力を残せてないのか、残そうとせず削ぎ落としたか、後者だとカッコいいけど、前者だな。苦笑。

 

仕事で障害者の方々へ、「ストレスや疲労のサインを自覚し、早めに休み、8割程度の力で細く長く仕事を続けましょう。」と言っているので、自分もやってないとねー。ははは。

 

メンタル強靭なので、仕事で接する障がい者の方のツラさへ、いまいち共感してあげられていない、という自覚はありましたが、父の余命を決定したり、同時に母が鬱病でべったり依存してきたりして、さすがの私もストレスを抱えながら仕事をする大変さを思い知る昨年でした。

おかげさまで、ここから先は臨界です、というのを感じ、家事や仕事の手を抜くという塩梅を体感出来ました。

ストレスコントロール、意外に大事だけど、上手に出来ると言うのは難しいですね。

 

なんか、年初めから暗い話題になってしまった。。。(-_-;)

 

年末年始は、最近の恒例行事の近所の神社、伊東の温泉、美味しい干物屋コースでした。

 

(近所の神社。毎年同じ構図の写真。(笑))

 

各種富士山。

(箱根の山から)

(ウチのお墓から)

(相模川の橋の上から)

 

伊東のふじいち。今年もイカ旨い。

なんか、数年前は同じ量を食べたら、もう動けなかったんだけど、

最近そうでもないのは、何故だろう。。。(怖)

 

 

北川温泉。波打ち際の温泉。

 

↑北川温泉は洗い場がないので、伊東の銭湯へ。

銭湯と言っても、カランからも温泉。ダバダバ出てくるんです。

ここは家族風呂。600円/50分。

伊東には銭湯が沢山あって、家族風呂付きも数箇所あって、こじんまり入りたい時は

オススメです。

 

 

だらだらした記事でしたが、今年も宜しくお願い致します。

 

恒例の抱負は、どうするかなー。

「ムリはしない」

 

出来ない事は出来ない。

変えられないものは変えられない。

あらがわない。

 

キレがないねー。今年は。も?苦笑。

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。