たらたらのブログ

聖子ちゃん大好き50おやじのブログです。


テーマ:
『さよなら ロンリー・ラブ』
1982年のエア・サプライのヒット曲。
原題『EVEN THE NIGHTS ARE BETTER』
アルバム『NOW AND FOREVER』からの先行シングルで、ビルボードシングルランクでは5位を記録しています。

       

『Even The Nights Are Better』



エア・サプライは1976年にオーストラリアでデビューしたバンドです。
80年代前半に『ロスト・イン・ラブ』、
『シーサイド・ラブ』と立て続けに大ヒットを飛ばして有名アーティストの仲間入りを果たします。




形態としてはツインボーカルでグラハム・ラッセル(ジャケット写真・左)とラッセル・ヒッチコック(ジャケット写真・右)の二人がメインになっています。
1988年までは他のバンドメンバーもいたのですが、一旦活動休止。
1991年から二人だけで活動再開しています。
爽やかな夏の海を感じさせる曲調とメインボーカルのグラハム・ヒッチコックの突き抜けるようなハイトーンボイスが印象的で、当時日本でもかなり人気があったと記憶しています。

その人気絶頂の中でリリースされたのが、『EVEN THE NIGHTS ARE BETTER』です。
内容は、というと失恋の痛みで絶望し、孤独の淵にいた男性が新しい出会いによってまた希望をとりもどす、というものです。
邦題が『さよならロンリーラブ』というのは、歌の内容をうまく表してますね。

今回この曲をご紹介したいな、と思ったのは最近ラジオでこの曲を聴いて「あー、懐かしいな~ビックリマーク」ということはもちろん感じたんですが、それと同時に何とも言えない気持ちになったんですね。
それは、その歌が流行っていた18歳の頃の私自身の気持ちを思い出させるような感じでした。

若すぎて、未熟で(いまだに未熟ですが)、何一つ自信がないくせに変に虚栄心だけ強くて。
ただ、感受性は今の自分よりもあったかな。
あの頃はモテないくせにすぐ人を好きになって、フラれて傷ついて・・・
たくさん失敗もしたし、心ない言葉で人を傷つけたりもしただろうな。
最近会っていない友達、今どうしてるだろう・・・

そんなことが次々と心に浮かんできて、ただ懐かしいという思いだけではなく、気持ちだけ18歳の頃に戻ったような気分になりました。
といっても現実には52歳のオッサンなんですが(笑)

ただ、聖子ちゃんがよくおっしゃっている「音楽の持つ力」って、こういうことなんだろうなビックリマークと思いました。
そして、こうした「心に残る音楽、メロディー」を作っておられるアーティストに感謝の気持ちをますます強く感じました。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。