たらたらのブログ

聖子ちゃん大好き50おやじのブログです。


テーマ:
皆さま、こんにちはパー
たらたらでございます。
いつもおこしいただきありがとうございますビックリマーク

気づけばお彼岸も過ぎて、3月も後半になりました。
朝夕はまだ寒いですが、日中は晴れるとポカポカと気持ちよい陽気になってきましたねニコニコ
暖かい春も、もうすぐですね。
さて「もうすぐ」と言えば聖子ちゃんのジャズアルバム『SEIKO JAZZ』の発売も近づいてきました(*^^*)

 

先日の月いちラジオでは、アルバムの中から『追憶』をオンエアされてました。
私の聴いた感想としては、力が入りすぎてなくて、すんなりと耳に入ってくる感じでとても聴きやすかったですニコニコ
早く全曲聴きたいと思いました。

そしてそして、
今月末30日の木曜日にNHK「SONGS」が、その特集を組んでくれます\(^^)/


 

『SEIKO MATSUDA
SEIKOのJAZZワンダーランド

松田聖子が歌う「大人な」JAZZの世界。
『スマイル』『追憶』など憧れのスタンダードナンバーをたっぷり披露。
ナビゲーターは、「大人な」男代表の吉田鋼太郎!

デビュー37年、松田聖子が新たに挑戦するのは「ジャズ」。
これまでの人生で出会い、いつかは歌ってみたかった名曲を、上質なジャズサウンドでお届けする。収録曲は、誕生して80年以上も世界中を励まし続ける『スマイル』や、ボサノバの名曲『静かな夜(コルコバード)』。さらに、松田聖子が憧れる歌手、バーバラ・ストライザンドが歌った『追憶』にも挑戦した。また、本人の代表曲「SWEET MEMORIES」も今回限りのジャズアレンジで披露する。
タッグを組んだのは、グラミー賞多数の世界的ジャズアレンジャーのデビッド・マシューズ。今回の収録にも自らバンドを率いて参加。実は30年前に出会っていた二人がジャズを熱く語る。
ナビゲートするのは松田聖子と同世代の吉田鋼太郎。大人な雰囲気にぴったりなシブい声で、ジャズの世界へと誘う。

いや~ビックリマーク
アルバムリリースの翌日にこの企画。
NHKさん、ナイスです~音符
『スマイル』『追憶』はもちろん『SWEET MEMORIES』のジャズアレンジバージョンも楽しみですよね~ニコニコ

3月30日(木)夜10時50分になったら、みんなでNHK『SONGS』ルンルン

楽しみですね~(*≧∀≦*)


 


さあ、そして今年の夏コンの日程も先日発表されましたねビックリマーク

Seiko Matsuda Concert Tour 2017

6月10日(土)さいたまスーパーアリーナ
                             開場15:00開演16:00

6月 24日(土)大阪城ホール
                             開場16:00開演17:00

6月 25日(日)大阪城ホール
                             開場14:00開演15:00

7月 8日(土)日本武道館
                             開場16:00開演17:00

7月9日(日)日本武道館
                             開場14:00開演15:00

8月5日(土)マリンメッセ福岡
                             開場16:00開演17:00

8月19日(土)日本ガイシホール
                             開場16:00開演17:00

8月20日(日)日本ガイシホール
                             開場14:00開演15:00

はい(^^)
例年のように5会場7公演でのコンサートを予定されています。
また今年も追加公演があるのかな?
もしかしたら9月にあるかもしれませんねビックリマーク
私は今年も一応大阪と名古屋に参戦させてもらおうと思っています。
大げさな表現だと思いますが、私の場合本当にこの夏コンで1年分の元気をもらっている気がします。
たとえ他の363日悲しいことやつらいことがあっても、その2日があるおかげで乗りこえられるという感じですねニヤリ
今年も聖子ちゃんに1年分の元気をもらってこようと思います。
また、コンサート参戦される皆さま、いっしょに聖子ちゃんにエールを送りましょうね(^^)/
よろしくお願いいたしますビックリマーク

 

えー、前置きが長かったですが、それでは今回の特集です。
今日は、『秘密の花園』でキュートな聖子ちゃんに釘付けです(〃∇〃)

               


          『秘密の花園』
                     作詞・松本隆
                     作曲・呉田軽穂
                     編曲・松任谷正隆



オープニングからいきなりのスマイル全開ですウインク



なにか慈愛に満ちた微笑みですねビックリマーク

 

イントロでのダンス、法ちゃんノリノリです(古っ)
アハッ爆笑 かわゆい~(〃∇〃)
茶目っ気たっぷりの表情もいいもんでありますアップ




軽く聖子キックして~・・・

 

屈伸から~・・・


 

「♪ああ~ あ~せ~るっわ!」

萌え技炸裂にたらたらあせってしまいます(笑)


 

ほら来た~ビックリマーク
『天使の微笑み』ですな(#^.^#)
めちゃしあわせオーラを感じます。

 

左腕をブンブン振り回しての(笑)感情病院は、「嬉しさ」「焦り」「彼への熱い気持ち」・・・
いろんな気持ちが感じられますねウインク

 




もう~、腕から脚から全身で感情をあらわにしてますねビックリマーク
心なしか暴走気味ぐらいに・・・


 

最後伏し目がちにしているたたずまいもステキですねおねがい



はい、今度は『秘密の花園』の王道ホワイトミニスカスーツ聖子ちゃんです(〃∇〃)

 

背景がピンクで、よけいに白い衣装がまぶしいですねビックリマーク


 

もっとまぶしいのは、このあどけない笑顔ですねラブ


 

「♪だれも~ 知らない~
               秘密の~  は~な~ぞの!

うむ~ビックリマーク
なんというか・・・
たぶんこの当時「萌え」って言葉はあまり使われてなかったと思うんですが、もし今の世界にタイムスリップしてきたら、まちがいなく「萌えプリンセス」と呼ばれるでしょうね爆笑

楽しい歌を楽しげに歌ったリ、悲しい歌を悲しく歌う。
歌を聴かせる仕事である歌手ならば、それは当たり前のことでしょう。
しかし、聖子ちゃんのように全身でその世界を表現して、観ている人をこれほど引きずり込む歌手はほんとに希少な存在ではないでしょうか?
そういうパフォーマンスが見方によっては「ぶりっ子」という言われ方をされる所以になったんだろうと思います。
あの頃聖子ちゃんに対して「ぶりっ子」と呼んでいた人は、やっぱり悪口として言っていたんだろうと思います。
実際私の周りにもそう言って批判する人がいました。
私自身その人の尻馬に乗って、同じようなことを言っていた記憶があります。
でも今になって考えますと、この「ぶりっ子」という言葉はすごい称賛の言葉だとも思えます。
先述しましたように歌手の人たちは、歌の世界を精一杯表現しようと並々ならぬ努力をされているわけですが、聖子ちゃんの場合はその表現力が桁違いに素晴らしいんですねビックリマーク
その結果、そのパフォーマンスが目立って「ぶりっ子」という言葉になってしまったんではないでしょうか?
聖子ちゃんのライバルとして、しばしば名前があがるのが中森明菜さんです。
明菜さんは歌もうまいですし、いわゆる「ツッパリ路線」で『少女A』や『1/2の神話』などヒット曲を連発しました。
歌っている時の明菜さんは、笑顔を見せずにクールなイメージで歌ってましたね。
その「ツッパリ」のイメージを表現したパフォーマンスは、本当に素晴らしかったです。

ただ、トークとかそういう時の明菜さんは笑顔も可愛らしく、普通の女の子でした。
そういう意味では「ツッパリぶりっ子」だったと言えるかもしれません。
明菜さんを例えにあげたのは、そういう点では聖子ちゃんに似ているな、と思ったからです。
聖子ちゃんも歌ではたぐいまれなパフォーマンスで可愛い女性や切ない情景を描きますが、ラジオなどのトークではさばさばした一面を覗かせて、本人いわく「男っぽい性格」というぐらいですから、歌のパフォーマンスだけを切り取って揶揄されるべきではないと思うわけです。

ああビックリマーク
ぐだぐだとオッサンのつまらない話しを長引かせてしまいました(^_^;)
どうもすみませんm(__)m

お口直しに可愛い聖子ちゃんをもっと観ていきましょうニコニコ



こちらは・・・「夜のヒットスタジオ」ですねビックリマーク


 

冒頭からいきなりスマイルのアップできましよ~\(^o^)/
カメラさん、グッジョブおいで


 

 

見てくださいビックリマークこの躍動感あふれる振り付け!!


 

両手マイクの聖子ちゃんは、いつ見ても「萌え~ドキドキ」ですね(〃∇〃)


 

このカメラマンさん、聖子ちゃんのお顔アップで映してくれていいです~爆笑
それに応えて視線を流す聖子ちゃんステキですよねラブ






はい、これまた「夜ヒット」からの映像です。
さっきの肩だし衣装と一転、今度は長袖ですね照れ

 

「破顔一笑」と言いましょうか、この笑顔なんですよね~(#^.^#)
この癒しの笑顔を見るだけでしあわせな気持ちになれちゃうんですよねビックリマーク


 

           「♪ホーミータァ~イ」

このポーズ~♪
小首をかしげて、この表情で、腕を抱いておねだりなんかされた日には、もう~イチコロですわ(*≧∀≦*)
ホント、罪作りな萌え技です(笑)


 

「♪流れる星を見上げ~
             ああ~、さ~す~らっうっ!

はい~(〃∇〃)
腿上げ悩殺ポーズビックリマーク
いただきました~ラブ
いや~、それにしてもキュートですビックリマーク
ミニスカートから美しいおみ足もキレイハート
露出度が高いのに、いやらしさをほとんど感じません。
むしろ健康的なイメージの方が強いですおねがい

私見かもしれませんが、この時は聖子ちゃん、声も調子よかったんじゃないでしょうか。
「♪だれも~」の所の高音の張りがとても素晴らしい音譜
ラストはこの笑顔です爆笑

 

「うまく歌いきったぁ~!」
という満足感に満ちあふれた笑顔かな?

さて、今度は「ザ・ベストテン」でのパフォーマンスを(^^)/



はい、トシちゃんと揃っての登場ですねビックリマーク


 

当時は二人が並んでテレビに出ているだけでクレームがきたそうですね。
聖子ちゃんのところにも「トシちゃんと並ばないでドンッ」と、封筒にカミソリの刃を入れて送りつけてきたりした(><)って言ってましたもんね。


 

まあ、この二人の仲良さげな顔を見ていたら、ファンなら心中穏やかではないかも(笑)



トシちゃんとの絡みはさておいて、お歌のほうですね。
う~ん、この時の聖子ちゃん、ちょっとおとなしめのパフォーマンスです。
冒頭の黒柳さんの「もう大人・・・」の話しが頭に残っていたのかもしれませんね~(笑)


 

なんにしても笑顔がかわいいです(〃∇〃)

 

結局この演出が気になったのかもしれませんね(^o^;)
やや控えぎみのパフォーマンスも微妙な乙女心の表れなんでしょうか(#^.^#)

この『秘密の花園』という歌は、聖子ちゃんの歌の中でも特にメルヘン色の強い歌ですよね。
もともと曲については財津和夫さんに依頼されていたのが、どうしても松本隆さんのイメージに合わなくて、急遽呉田軽穂(松任谷由実)さんに依頼されて、この『秘密の花園』になった、ということなんですね。

   松田聖子『秘密の花園』 非公開フル

このお蔵入りバージョンの『秘密の花園』
よくぞ音源が残っていたな~ビックリマークと思います。
この財津さんバージョン、私これも好きです。
このバージョンで『秘密の花園』がリリースされていても、まちがいなくヒットしていたでしょう。
具体的に言うと、イントロのテンポがポップな感じで可愛らしくていいです照れ
聴いてますと1番の「♪まじめに~」、2番の「♪小舟の~」のメロディーがユーミンバージョンとかなり似ているように思います。
もしかしたらユーミンは、財津さんバージョンを聴いて、ここのメロディーを気に入ってそのまま使ったのかな?と思いました。
ともあれ松本さんの中で、どこかそぐわない部分があったのでしょうね。
そして、ユーミンに急遽作曲を依頼された・・・
普通ならそこまではなかなか、というよりまずできないですよね。
松本さんにしてみれば、まず当初作曲を依頼した財津さんに対して失礼なことをしたと感じるだろうし、また急遽作曲を依頼するユーミンにも「悪いことをしたな!」と思ったことでしょう。
もちろん作曲者のお二人だけでなく、歌い手である聖子ちゃん、そして当初の曲で動き始めていた関係者。
そういったことを考えたとき、さすがに松本さんも決断を迷ったんじゃないかな~?と推測します。
それでも曲の差し替えを英断した、その源になっていたのは、音楽に対して妥協をしない聖子プロジェクトの精神だったんでしょうね。
プロジェクトの中では音楽づくりでのぶつかり合い、意見の衝突もあったと聞きます。
そんな真剣な妥協のない作家、スタッフ、歌手の仕事が成果として「名曲」として歌い継がれていくものなんだと思いましたおねがい









今回もおつきあいいただきありがとうございましたm(__)m

それでは、またパー




















 










AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。