たらたらのブログ

聖子ちゃん大好き50おやじのブログです。


テーマ:
皆さま、こんにちは(^^)/
たらたらです。
今回もおこしいただきありがとうございますビックリマーク
よろしくお願いいたしますm(__)m

先週聖子ちゃんがケガをされたという衝撃的なニュースがありました。
そのなかでの武道館コンサート。
正直言って
               「ムリしないでほしい」
という気持ちだったんですが・・・
聖子ちゃん、がんばって2日間椅子に座ってのコンサートを決行されました。

コンサートを楽しみにしているファンのこと。
コンサートを中止にすれば、悲しむファンがいるだろう。

そう考えて決行されたんだと思います。

かなりつらかったんじゃないかと想像します。
「とても立っていられないほどの痛み」ですから、たとえ座ってでも歌を歌うこと自体相当キツいことでしょう。
それを10曲以上歌うのですからね。
よくやりとおしたもんだと思います。
なによりファンのみんなに本来のパフォーマンスを見せることができない。
ファンのことを大事に思ってくれる聖子ちゃんですから、きっとその点もつらかったんだろうと思います。
公演中何度も謝っておられたそうですからね。
それでもそんなケガを感じさせないほど歌声は素晴らしかったと聞きます。

聖子ちゃん、怪我で椅子に座ってのLIVEだったけど、アンコールまで力強い歌声!盛り上がって楽しかった!」

「聖子ちゃん本人が一番悔しくて辛いだろうに、最後までいつもと変わらぬ笑顔とトークと歌・・・」

やっぱり聖子ちゃんですね~(^.^)
そしてやっぱり聖子ファンですウインク
きっと聖子ちゃんもファンの皆さんにも心に残るコンサートになったんじゃないでしょうか。
聖子ちゃん、最後は涙、涙だったそうですね。

さて、聖子ちゃんは武道館公演を終えて、シンガポールに渡航されたそうですね。
ご主人が同行されて車椅子を押したり、飛行機の乗り降りを手伝ったりと、美しい夫婦愛を見せておられますね。
一部のマスコミがまたくだらない報道を流していましたね。
聖子ちゃんのケガの原因は旦那さんのDVだとか。
こんな本当にしょうもないゴシップ記事を作っても、誰も信じないし、なにより旦那さんのサポートされている姿からは、そんなことはまったく考えられないですよねビックリマーク
ある一部のマスコミさん、もう「あることないことの聖子叩き」は誰も相手にしなくなりましたよ~(笑)

シンガポールへはお仕事?で行かれたという情報も聞いてます。
仕事だから聖子ちゃん、また一生懸命やりそうですが、仕事はそこそこやってもらって、できるだけ空気のきれいなところで静養してもらって福岡ではリフレッシュして元気な姿を見せてほしいですね(^.^)

はい、それでは今回は以前に特集した「魅惑のコラボ」シリーズ第2弾をお送りしましょうおねがい
ということで、今回もスタートはこの仲良しコンビからです~ルンルン



はい(^.^)
よくインタビューなどで聖子ちゃんは「若い頃に仲良しだった歌手仲間は?」と聞かれると岩崎良美さんと浜田朱里さん、そしてこの河合奈保子さんの名前をあげてますね。
特にこの河合奈保子さんとは今でも交流されているって言ってましたねウインク
それだけ本当に親しい間柄なんですね。

 

白の半袖スーツにカラフルなストライプのシャツ。
清楚な中にも聖子姫らしい出で立ちですね(*^^*)


 
続いて奈保子さんニコニコ
奈保子さんはピンクの衣装で、偶然かストライプのシャツを着ています。
こちらもステキですね(*≧∀≦*)

 
二人並ぶと・・・あらビックリマーク可愛いドキドキ
スカート丈がほぼ同じですね(^.^)

 ん
ご覧くださいビックリマーク
姉妹のようにぴったり息の合ったこのコンビネーション。

 
向かい合ってのアイコンタクト。
気心の知れた二人だから、歌い慣れてない歌でも見事なハーモニーを奏でますルンルン

『ウェディング・ドレス』のオリジナルの歌手は九重佑三子さん。
女優で田辺靖雄さんの奥様ですね。
私よりも若い世代の方には「コメットさん」と言えば大場久美子さんだと思うんですが、私にとってコメットさん=九重佑三子さんです。




この『ウェディング・ドレス』は、作詞・永六輔さん、作曲・中村八大さんです。
愛する人を想い、その人のもとへ嫁ぐ日を夢みるステキな歌ですねおねがい
可愛い聖子・奈保子コンビにもぴったり合ってますねビックリマーク

さて、続きましてはこちらの異色コラボから~ニコニコ



はい(^.^)
私実はこのコラボ自体をまったく知らなかったです(^.^)
こちらは2004年の7月ということですから、13年前のコラボですね。


とんねるず・石橋貴明さんと言えば、こちらを思い出しますニヤリ

はい(^^)
こちらは私も覚えています。
発売当時けっこうヒットしたと記憶しています。
この矢島美容室とのコラボでは「プリンセス・セイコ」と名乗ってコミカルに可愛く歌い踊ってますが、SEIKO &Crazy.Tの聖子ちゃんは、前面に「女」が強調されていて、色っぽくてセクシーでカッコいいですねおねがい


男性目線で言えば、こんなセクシー路線はたまんないです~(〃∇〃)
それにしてもカッコいい、いえ「エロカッコいい」ですねラブ
「エロカッコいい」というと倖田來未さんが浮かびますが、このPVでの聖子ちゃんも相当にエロカッコいいです(^.^)

この官能的な瞳に吸い込まれてしまいそうです(*^^*)


はい(^^)
続きましても「大人聖子ちゃん」、いえ「大人聖子さん」の色気あふれる動画です~(*^^*)


この『ウイスキーが、お好きでしょ』は、1990年に石川さゆりさんが発表された曲で、サントリーウイスキーのCMソングとして、とても耳馴染みのある曲ですよねビックリマーク
そして「サントリー」と言えば、あの『Sweet memories』は「サントリービール」のCMソングでしたし、作曲の杉真理さんは、あの『ピーチシャーベット』の作曲者であり、あの『真冬の恋人たち』では聖子ちゃんに「♪可愛いね、キミ~」と、ナンパしてきた(笑)という間柄ですね。
こうして考えますと、聖子ちゃんは本当にたくさんの人と仕事をされてきて、たくさんの縁があるんだということを、つくづくと感じますねウインク



この『ウイスキーが、お好きでしょ』ってホントにしっとりとしたムードの「大人の歌」というイメージです(*^^*)
もちろんオリジナルの石川さゆりさんの歌は、素晴らしいものですが、聖子ちゃんだって負けていませんね。


はい、思わず聞き惚れてしまいましたおねがい
「♪ウイスキーが」「キイィ~が」のところが色っぽくていいですねラブ


石川さゆりさん登場ですビックリマーク


いや~、さすがにこのお二人のデュエットは、ちょっとレベルが高すぎですね!!
聴いていて本当に心地よくなってきますね。
まるで極上の寝心地のゆりかごに揺られながら聴いているような、そんな気分になってきますニコニコ


さゆりママと聖子チーママが働くカラオケスナックで、聖子チーママに「ウイスキーが、お好きでしょ?」とか言われて、水割りを作ってもらって、二人のステキな歌声を聴きながら気持ちよく酔っ払ったら、さぞかし楽しい気分でしょうねおねがい
聖子チーママとカラオケでデュエットしたりして(〃∇〃)

              「聖子ちゃん、可愛いよ」

「あら、たらたらさんだってステキよ!」(お世辞)

なんて盛り上がったりしちゃったりして・・・
  
う~ん、また妄想が独り歩きしてしまいました(^_^;)
どうもお見苦しいところをお見せしまして、すみませんm(__)m
なんにせよ、このウイスキーは心地よく酔えそうですおねがい



はい、気を取り直して(笑)次の曲にいきましょう(^.^)
こちらはさっきの『ウイスキーが、お好きでしょ 』のまさに引き続きですね。
高橋真梨子さんを入れて3人での『五番街のマリーへ』です~(*^^*)
この歌は私も子供の頃から慣れ親しんだ歌というイメージです。
オリジナルは1973年に高橋真梨子(当時高橋まり)さんがボーカルをつとめるペドロ&カプリシャスというグループがリリースされています。
当時小学生だった私は、この歌を聴いて「大人っぽい歌だなぁ」とか「外国の歌かな」とか思っていました。
「五番街」、「マリー」という単語がなんとも異国的な響きがあって、ガキの私は「めちゃくちゃ大人の歌」と思ってました。
今こうして聴いても、改めて「大人の歌」と感じますねニヤリ


石川さゆりさんの歌は・・・
やっぱり演歌の大御所ですねビックリマーク
引っ張り気味の歌いかたは演歌調ですが、やっぱり上手いです(*^^*)



高橋真梨子さんの歌は・・・
さすが、長年この歌を歌ってきただけあって、安定感はもちろんですし、この歌の世界の表現はみごとですねビックリマーク



松田聖子さんの歌は・・・
3人の中で一番高音が出てますね音符
やっぱり上手いなぁ~(^.^)



こんなすごい3人のステージは、もう二度と実現しないかもしれないですね。
本当に貴重な映像です(*^^*)


さあ、今回ラストは、まだ記憶に新しいこちらのコラボでございますニコニコ



この歌もリリースされてから、もうすぐ4年になるんですね~ビックリマーク
いや~、時の流れは早いですね(^o^;)


今、あらためて聴いてもいい歌ですね~!!
恋愛って最初のうちは楽しくて、相手の人もとてもステキに思えます。
でも時が経ってゆくにつれてだんだんとその気持ちも薄れていって、いつしか相手の粗が見えて、言い争いになったり心にすれ違いが起こったり・・・
そんな感じではないでしょうか?


クリス・ハートさんは、アメリカ・サンフランシスコ出身です。
アメリカ在住の時から日本の音楽に親しんでおられたそうで、聖子ちゃんの歌は特に好んで聴いておられたそうですね。
ですから日本で歌手デビューして、聖子ちゃんとデュエットが決まった時は、とても嬉しかった、ということですニコニコ


クリス・ハートさんは良い声を持っていますし、歌いかたも上手ですねビックリマーク
そこに聖子ちゃんとのデュエットですから、本当に素晴らしいパフォーマンスになっています。
デュエットのパートナーの良さを最大限に引き出しながら、自身のパフォーマンスも高めていく・・・
まさに相乗効果と言えるでしょうね(*^^*)
今回も最後までお付き合いくださいましてありがとうございましたおねがい




















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。