書家 森大衛の“目指せ!達筆王”

ブログの説明を入力します。


テーマ:

 

<2017年「第65回記念独立書展」森大衛社中出品者展示場所>

 

※3階から ※展示場所に若干の変更があった場合はご了承ください。

 

 

3階 1 ・長崎眞紀<秀作>「臨・杜家立成雑書要略」 

 

3階 3 ・温井昭典<佳作>「智慧深妙光明威相」

 

3階 4 ・長谷秀汀<秀作>「具一切功徳慈眼視衆生福聚海無量是故應頂禮」
     ・馬場恭子<入選>「回」

 

3階 5 ・平下弘信<入選>「燃」
     ・平文あけ美<秀作>「臨・杜家立成雑書要略」
     ・坂野美子<秀作>「臨・伊都内親王願文」 

 

3階 7 ・前田洋子<秀作>「臨・玉泉帖」

 

3階 8 ・松本望<佳作>「臨・楽毅論」 

 

3階 9 ・見角竹城<入選>「剛健」
     ・三尾尚水<秀作>「鶴篆徧書苔満徑犬聲遙在明月村」
 

3階10 ・森千穂<佳作>「採菊東離下悠然見南山」 

 

3階11 ・山崎祥鳳<入選>「春」 

 

3階13 ・渡邊美幸<佳作>「画龍点睛」 

 

3階14 ・間麻紀<入選>「臨・尺牘」
     ・青木まゆみ<入選>「臨・白氏紙巻」
     ・池田博江<入選>「春色悩人眠不得月移花影上欄干」
     ・井上美幸<佳作>「臨・木簡」
     ・井上陽介<入選>「臨・書譜」

 

3階15 ・折田成子<入選>「遠」 

 

3階16 ・岸信子<入選>「津軽じょんがら節」
     ・木村利雄<秀作>「臨・枯樹賦」
     ・香山ひとみ<入選>「臨・蘭亭序」

 

3階17 ・歳桃知佳子<佳作>「月華澄心」
     ・清水香<入選>「臨・白氏詩巻」
     ・下平身ち子<秀作>「一燈照隅萬燈照國」
     ・杉本尚美<入選>「臨・李嶠雑詠残巻」

 

3階18 ・竹田るみ<秀作>「臨・左繍序」
     ・茶谷公之<佳作>「創意不滅創造不朽」
     ・中川智美<入選>「臨・和漢朗詠集」

 

3階19 ・早瀬川由美<佳作>「臨・祭姪文稿」
     ・原田幸治<秀作>「西風斷雁聲落葉廻風舞人坐夕日亭空翠下如雨」
 

3階20 ・平塚展子<佳作>「臨・蜀素帖」
     ・深津佳智<秀作>「臨・楽毅論」

 

3階22 ・山崎潤子<佳作>「臨・李嶠雑詠残巻」
     ・尹萬有<入選>「打」 

 

3階26 ・堀のどか<小さな華>「綺羅星」

 

3階27 ・山岸光義<小さな華>「朝辞白帝彩雲間千里江陵一日還」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2階 4 ・岡文隆<優秀>「臨・綾地切」 

 

2階 5 ・河野奈穂子<優秀>「星河不動天如水風露無聲月満樓」 

 

2階 6 ・佐伯純枝<優秀>「臨・私擬治河議」

 

2階 7 ・滝山直美<優秀>「朋」 

 

2階 8 ・得田睦月<優秀>「無礙」

 

2階 9 ・中村ひとみ<優秀>「安養」
     ・永吉仁<優秀>「浮雲無帰陽心」

 

2階10 ・福田友一<優秀>「掬水月在手弄花香満衣」

 

2階21 ・齋藤尋美「心機一轉」 

 

2階22 ・佐藤有紀「有教無類」 

 

2階28 ・西里衣子「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり」 

 

2階29 ・原口昌子「芳樹無人花自落春山一路鳥空啼」 
     ・福井春美「春眠不覚暁処処聞啼鳥夜来風雨声花落知多少」

 

2階30 ・寳田美智「白鳥の歌」 

 

2階39 ・関飛星<特選>「臨・樂毅論」 

 

2階40 ・秋山光麗<秀作>「臨・忽披帖」
     ・飯島和子<秀作>「臨・書譜」
     ・小澤恵<準特選>「臨・玉泉帖」
 

2階41 ・石崎成美<秀作>「臨・白氏詩巻」 

 

2階43 ・太田祐子<佳作>「臨・楽毅論」
     ・大野帆洋<入選>「臨・元挺妻穆玉容墓誌」

 

2階44 ・尾崎加名子<入選>「萬國陽和淑気中」 

 

2階45 ・蔭山由紀子<入選>「臨・屏風土代」
     ・加藤久子<秀作>「臨・私擬治河議」

 

2階47 ・工藤優泉<秀作>「臨・枯樹賦」
     ・久保田依里<準特選>「臨・杜家立成雑書要略」

 

2階49 ・麻生未央<準特選>「臨・木簡」
     ・郡司美穂<入選>「雪篷落月半窓」

 

2階50 ・酒井一義<入選>「九皐」
     ・笹川未希<佳作>「臨・多宝塔碑」
     ・沢田実知子<佳作>「臨・祭姪文稿」

 

2階52 ・杉浦洋子<秀作>「臨・木簡」
     ・鈴木玲子<準特選>「臨・書譜」
 

2階54 ・谷川礼<入選>「臨・本阿弥切」 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1階12 ・森大衛「鍛冶研磨幾百回霜鋒三尺玉無埃」 

 

 

以上73名
   
 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

<会員>

森  大衛 日本刀「鍛冶研磨幾百回霜鋒三尺玉無埃」(大鳥圭介)

1名

 

 

<準会員>

岡  文隆 「臨・綾地切」

河野奈穂子 「星河不動天如水風露無聲月満樓」

佐伯 純枝 「臨・私擬治河議」

滝山 直美 「朋」

得田 睦月 「無礙」

中村ひとみ 「安養」

永吉  仁 「浮雲無帰陽心」

福田 友一 「掬水月在手弄花香満衣」

(以上選抜優秀作品同等)

齋藤 尋美 「心機一転」

佐藤 有紀 「有教無類」

西 里衣子 「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり」

原口 昌子 「芳樹無人花自落春山一路鳥空啼」

福井 春美 「春眠不覚暁処処聞啼鳥夜来風雨声花落知多少」

寳田 美智 「白鳥の歌」

14名

 

 

 

<会友・一般>

 

『特選』

関  飛星 「臨・樂毅論」

 

 

『準特選』

麻生 未央 「臨・木簡」

小澤  恵 「臨・玉泉帖」

久保田依里 「臨・杜家立成雑書要略」

鈴木 玲子 「臨・書譜」

 

 

『秀作』

秋山 光麗 「臨・忽披帖」

飯島 和子 「臨・書譜」

石崎 成美 「臨・白氏詩巻」

加藤 久子 「臨・私擬治河議」

工藤 優泉 「臨・枯樹賦」

杉浦 洋子 「臨・木簡」

長崎 眞紀 「臨・杜家立成雑書要略」

長谷 秀汀 「菊慈童」

坂野 美子 「臨・伊都内親王願文」

平文あけ美 「臨・杜家立成雑書要略」

前田 洋子 「臨・玉泉帖」秀作

三尾 尚水 「和沈石田落花詩三十首」

木村 利雄 「臨・枯樹賦」

下平身ち子 「一燈照隅萬燈照國」

竹田 るみ 「臨・左繍序」

原田 幸治 「庚山草堂題壁」

深津 佳智 「臨・楽毅論」

17名

 

 

『佳作』

太田 祐子 「臨・楽毅論」

笹川 未希 「臨・多宝塔碑」

沢田実知子 「臨・祭姪文稿」

温井 昭典 「智慧深妙光明威相」

松本  望 「臨・楽毅論」

森  千穂 「採菊東離下 悠然見南山」

渡邊 美幸 「画龍点睛」

井上 美幸 「臨・木簡」

歳桃知佳子 「月華澄心」

茶谷 公之 「創意不滅創造不朽」

早瀬川由美 「臨・祭姪文稿」

平塚 展子 「臨・蜀素帖」

山崎 潤子 「臨・李嶠雑詠残巻」

13名

 

 

『入選』

大野 帆洋 「臨・元挺妻穆玉容墓誌」

尾崎加名子 「萬國陽和淑気中」

蔭山由紀子 「臨・屏風土代」

郡司 美穂 「雪篷落月半窓」

酒井 一義 「九皐」

谷川  礼 「臨・本阿弥切」

馬場 恭子 「回」

平下 弘信 「燃」

見角 竹城 「剛健」

山崎 祥鳳 「春」

間  麻紀 「臨・尺牘」

青木まゆみ 「臨・白氏紙巻」

池田 博江 「春色悩人眠不得月移花影上欄干」

井上 陽介 「臨・書譜」

折田 成子 「遠」

岸  信子 「津軽じょんがら節」

香山ひとみ 「臨・蘭亭序」

清水  香 「臨・白氏詩巻」

杉本 尚美 「臨・李嶠雑詠残巻」

中川 智美 「臨・和漢朗詠集」

尹  萬有 「打」

21名

 

 

<小さな華>

堀 のどか 「綺羅星」

山岸 光義 「朝辞白帝彩雲間千里江陵一日還」

2名

 

計73名

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年12月23日〜26日に厳正な審査が行なわれ、

1月11日(水)から国立新美術館で開催される

「第65回記念 独立書展」に当社中から73名が出品します。

 

 

どうぞご高覧くださいますようご案内申し上げます。

 

出品者リストは会期が近づきましたらあらためてUPします。

 

 

 

ちなみに今回の森大衛の作品は…

 

数年前にTBSの「ひみつの嵐ちゃん」に出演した際、

大野君が「美肌」と書いた3000円の筆で書いていますウインク

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

富山市展出品「天壌」

(会場が撮影禁止だったので仕上げた時に撮った写真)

 

 

 

富山書道会「第一回新鋭展」に題字提供乙女のトキメキ

森大衛は指導をするようになって30年なので

とっくにオジサンで新鋭ではありませんが

今後この展覧会開催の際にはこの題字が

展示されるのでずっと新鋭ですウインクチョキ

 

 

 

 

校名や校訓等を揮毫させていただいた
特別支援学校「東京都立鹿本学園」にて

生徒児童たちに講演&指導をさせていただきました。

 

午前の小学生の部では、
みんなが新しいことにチャレンジして欲しいという願いを込めて、
「やってみよう」と書きました。
そして代表の児童が書いた自分の好きな字を講評して
質問コーナーも盛り上がって楽しい一時でした爆  笑

 

午後の中学部・高等部では、
何事にもチャレンジして前進してほしいという願いを込めて、
「前進」と書ました。
そして代表の生徒が書いた自分の好きな字を講評してて
質問コーナーでは生徒とのやり取りも弾みましたウインク

(※鹿本学園Facebookより抜粋)

 

肢体不自由な子供達そして知的障害の子供達

どちらの子供達とのふれあいもほとんど初めての経験でしたが、

鹿本学園の先生方や富山の支援学校の教員をしている

うちの生徒さんにいろいろ話を聞いて、

ゆっくりと会話し、オーバーリアクションでわかりやすく

交流しました。

 

お昼の時間に教室の前を通ると、肢体が不自由な生徒に

先生が一生懸命給食を食べさせている光景が見えたり、

質問コーナーでは、言語が不自由な生徒の言葉を

ちゃんと聞き取って説明されたり、

生徒達も先生方も一生懸命その命や心を輝やかせている

生きている姿に感動しました照れ

 

自分にこのような機会や深い想いを与えてくださった

ご縁に感謝したいと思います。ありがとうございました。

みんな元気でねウインク

 

 

 

立川志の輔師匠の創作落語「歓喜の歌」を鑑賞

映画にもなった心温まるストーリーに感動照れ

いつもお招きいただきありがとうございます。

実は志の輔師匠と、うちの弟の嫁さんのお父さんは従兄弟。

 

 

 

 

9月に指導させていただいた

新潟大学書道学科の展覧会に

行く予定はなかったのに急遽訪問新幹線

ちょいと前のツイッターで「行けないあせる」とつぶやいたのに

当日突然やってきたので皆とても喜んでくれましたてへぺろチョキ

 

 

そして、合宿の際も今回の訪問でもいろいろお世話をしてくれた

慎太郎の作品「臨・盂蘭盆御書(日蓮)」

狂気的な日蓮の漢字かな混じり文を

あらゆる筆法を駆使して表現しています。流石ビックリマーク

そしていろいろありがとうビックリマーク

他の学生の作品も素晴しい作品ばかりで感動でしたドキドキ

 

 

今30数年前の自分のことを思い出すと

高校卒業後は就職しなければならず

決して入れなかった新潟大学書道科。

雑草のように負けん気だけで書に取り組んで来た自分が

特別講師として招かれるとは夢にも思いませんでした。

そして学生達が懸命に自分の筆遣いに注目し、

自分の言葉に真摯に耳を傾けてくれた

眼差しは決して忘れられないし

さらなるエネルギーになりました。

 

スポーツ界では20代がピークという分野があります。

もしかしたら書道もその世代でなければできない

表現があるんじゃないかと思います。

実際自分の過去の作品の中には

もうあの頃には戻れない空気感があったりします。

 

でも、オジサンは負けませんよてへぺろ

同じ時代、同じ時間に生きているということは

年齢に関係なくこれからもライバルですニヤリ

 

これからも沢山の実力あるライバルは大歓迎です爆  笑

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月の独立書展の出品に向けて怒涛の指導目

8月後半にはすでにスタートしており

見てアドバイスするだけなのに

手本を書きまくるよりも腹が減りましたキョロキョロ

 

 

そして、食べ過ぎ解消ですビックリマーク

普段からパーソナルトレーニングに通ってますがダンベル

少し前からヨガもスタート筋肉

 

 

 

 

そしてボジョレーパーティーにて赤ワイン

この日もチャイナ服ビックリマーク(笑)

 

 

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

富山第一ホテル レストラン

ルミエールにて美文字講座開催乙女のトキメキ

実は6月にも行なわれたのですが

写真を撮るのを忘れてしまいました汗

 

 

こんな素敵なコースランチがついてるんでございますわよ乙女のトキメキ

 

 

今年以降も年に数回行なう予定なので要チェックですてへぺろ

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新潟大学教育学部芸術環境創造課程書表現コースの

合宿の講師として招かれ指導させていただきました筋肉ウインク

 

 

 

富山書道会実技講習会の

講師として指導させていただきました筋肉てへぺろ

 

 

 

7月の福井の高校書道部合同合宿

9月の新潟大学そして富山書道会と

本物の書芸術を目指す人達に指導するということは

自分の中にあるものをフルスロットルで活用し

さらに自分が得られるものも沢山あって

本当に書家冥利に尽きますニコニコ

ありがとうございました。

 

 

 

 

中学高校の後輩(といっても10コくらい下)の

俳優 内浦純一君(真ん中)主演の舞台「月の海」を鑑賞

↑東京下北沢公演

↓富山公演

 

母親の介護の話だったりしたので、

うちの母ちゃんのことが少しダブったりして、

(芝居の内容はもっと複雑だったけど)

笑いと感動に溢れたお芝居でしたニコニコ

http://ameblo.jp/uchiurajunichi/entry-12212093346.html

うっちい、いつもありがとうウインク

これからも頑張ってくださいビックリマーク応援してますグッド!てへぺろ

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年恒例の合宿をこのメンバーで行なう

 

といっても去年までは岡君と二人だけだったので

一気にメンバー増加グラサン

 

 

4月に救急搬送された母ちゃんは7月に退院することができ

デイサービスやショートステイを利用してのんびり過ごしています。

この写真はショートステイ先に訪問した若いメンズにかこまれて

ご満悦のお母ちゃんカメラ照れ

 

 

富山の幸を堪能てへぺろ(大衆割烹「あら川」にて)

 

 

もちろんしっかり作品も書きました筋肉ウインク

 

 

 

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第68回毎日書道展にて部門最高の<毎日賞>

 

 

 

 

富山独立書展出品「爽心」

※ここまで大胆な柄のマットと違和感なく

表現できるのは森大衛だからこそウインク

よい子は真似しないでね、失敗するからむっ

 

 

 

福井県下の高校書道部員の合同合宿

「ヤングアートキャンプ」の講師として

臨書と書道パフォーマンスの指導を行ないましたウインク

 

みんなこれからも頑張ってアップグッド!ニコ

 

 

 

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

県展出品作「萬有」

 

 

 

 

TBS「情報7DAYS ニュースキャスター」にて

チャイナ服での書道は書きやすいかの検証を行なう

結果的には書きやすいとは言いがたい汗

 

翌日の「あさチャン!」「白熱ライブ ビビッド」

「ひるおび!」「ゴゴスマ」でも放映されましたテレビ

 

 

 

 

独立選抜書展出品「全」

※全は「人かしら」ではなく「入かしら」です

 

放送翌日の祝賀会でもチャイナ服カナヘイきらきら

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。