龍飛岬観光案内所 龍飛館

龍飛岬観光案内所から
旬の情報をお届けします。


テーマ:

H24年 6月24日(日)

みなさんこんにちは、本日の龍飛岬は晴天です。
開館から沢山のお客様で賑わっています。

天気が良いし、風も微風なので散策日和・・・。海岸線では本を読む人や・・・釣りを楽しむ人で、穏やかな時間が流れています・・・


 





 


すっかり初夏の装いの龍飛岬です。新緑が濃くなり、生命の息吹きを感じます。
四季折々にみせる野草が色とりどりです・・・岬を彩ります。



龍飛岬ではニッコウキスゲ(ユリ科)が見られるようになりました。
ちなみに龍飛館の横にも咲いていました。



龍飛岬は津軽国定公園なので植物の採取が禁じられておりますので、写真にを撮ったりして楽しみましょう。ご協力ありがとうございます。





先週 吉田松陰が通ったと云われる算用師(さんようし)峠の入り口の散策をしました。





三厩(みんまや)地区算用師橋です。

この木柱を川沿いに進んでいくと・・・





この石碑があります。
みちのく松蔭道の入り口です。 この石碑は平成九年六月に建立されました。





少しだけ進んでみる事に・・・道中は豊かな自然が満喫できますがトイレや自販機などはなく、携帯電話は圏外になります。

峠の方は、草が結構、生えているそうで・・・重装備をしていかないといけません。
長靴や長袖が必要です。天気も変わりやすいので・・・
散策には十分気をつけないといけませんね。



 

私は軽装で車でしたので川沿いを少し散策してみる事に・・・
林の中はひんやりして森の香りがします。



 

小川のせせらぎが耳に心地よいですね・・・。



 

野鳥が飛び交ったり・・・鳴声も聞こえます。



 







きれいですね・・・。


 


山に・・・船が!これは今懐かしい、木製の手漕ぎ船ですね。

採石所があり、ダンプカーが通り過ぎ去りました・・・。ふと現実に引き戻されたような感じがしました。

川沿いがきれいなのでお勧めです。みちのく松蔭道の石碑から1kmか2kmくらいの道でしたでしょうか・・・。

1852年吉田松陰が津軽海峡の警坊状況を検分するために歩いた険しい、けものみちを青森県が1998年松蔭道として整備したのです。

自然を満喫できますが、道幅は狭いですダンプカーが出てきたり危ないのです・・・
お勧めは算用師橋から川沿いがきれいな数キロです。

安全で安心な旅行のために・・・。

ちなみに、津軽半島を一望できる龍飛岬に吉田松蔭詩碑がありますので、こちらはお勧めです。





以前、龍飛埼灯台の吉田松陰詩碑を取材しました・・・。詳しくは下記から。

http://ameblo.jp/tappikankou/entry-11239377382.html

龍飛館でした。 




 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
H.24.5月.2日(水)
皆さんこんにちは、行楽客で賑わう龍飛岬です。

天気にも恵まれ、沢山の方々にご来館頂いております。  

ありがとうございます。

龍飛岬では、だんだん山々が、緑が映えるようになりました・・・・。  

御覧下さい・・・。

うっすらと地面が、緑になって来ています・・・。

だんだん山々が、緑が映えるようになりました・・・・。  

御覧下さい・・・。

うっすらと地面が、緑になって来ています・・・。



 


龍飛埼灯台のふもとでも新緑ですね・・・。   


 

名もわからないですが、白いきれいな花をみかけました。
 




生命の息吹ですね。
ちなみに龍飛岬は津軽国定公園に指定されているので植物の採取は禁じられております。写真を撮ったりして楽しみましょう。



 


夕暮れ時でも、行楽客の皆様で賑わう龍飛岬の観光のスポット 「津軽海峡冬景色 歌謡碑」 前です。








ここも龍飛岬の観光スポット「階段国道」の降り口です。
ここからの眺めもいいですよ。

大型バスが停められる駐車場もございます。

 


「吉田松蔭 詩碑 」です。龍飛埼灯台が遠くに見えます。

この辺りの、近辺は砲台の跡地ですよ・・・歴史を感じますね。

灯台の麓の駐車場には、お土産屋さんが三軒ありますが、見上げると「レストハウス」という休憩所がございます。気軽に休憩できますし、辺りを一望できる休憩所です。コーヒーなども頂けますし、あっさり味のラーメンなども好評です!ちなみに、ここでも頂ける「まぐろ丼」や「いくら&まぐろ丼」ございます。

 
 

吉田松陰詩碑と朝日が似合いますが・・・。

仕事を終えて龍飛埼灯台に向かいました。
照りつける夕日が眩しいです。

砲台の跡地だったこの場所・・・。



 

子供の頃から・・・この碑の形が独特な炎の形をしているのを、ただ単純にすごい!かっこいい!と思っていましたね。





吉田松蔭(1830~1859)

明治維新において長州の志士たちの 精神的支柱、精神的指導者でありました。
「至誠」(誠を尽くすこと)に貫かれ、自分を超えて国を愛し、守るという一事のためにすべてが捧げられ尽くされたものでした。

その後、吉田松陰が主催する松下村塾からは、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山形有朋・・・等々、多くの志士たちが輩出することになりました。


「火」とは燃焼でもあります。多くの辞書が、「燃焼」を比喩的に

「力の限り尽くすこと」
「情熱や活力、肉体などのすべてを傾けて事にあたること」
と説明するのも、そのようなイメージがあるからでしょうか・・・・。

たとえ、どのような逆境にあっても「今、ここ」という一回生起の時と場を、これ以上はないという熱を持って、目的のために、大切な一事のために、自ら限り尽くす・・・。



その炎をイメージさせるモチーフの吉田松蔭詩碑です。

龍飛館でした。   


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。