判決言い渡し後、菅家利和さんに対し、佐藤正信裁判長が謝罪した内容は以下の通り。

 「菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり自由を奪う結果となりましたことを、この事件の公判審理を担当した裁判官として、誠に申し訳なく思います。このような取り返しのつかない事態を思うにつけ、二度とこのようなことを起こしてはならないという思いを強くしています。菅家さんの今後の人生に幸多きことを心よりお祈りし、この裁判に込められた菅家さんの思いを深く胸に刻んで、本件再審公判を終えることといたします」

【関連記事 足利事件再審】
菅家さんに無罪判決
裁判長が菅家さんに謝罪
傍聴券配布に1513人が列
元県警幹部「人生無為、申し訳ない」 
裁判所の証拠検討より慎重に
あれから、15年 地下鉄サリン事件

長谷川等伯展 29万人訪れる 4月10日から京都で(毎日新聞)
長島圭一郎選手 故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福(毎日新聞)
社会医療法人、83法人に(医療介護CBニュース)
追加経済対策の進言に理解=「しっかり手を打つことは大事」-首相(時事通信)
【民主党でどうなる?】改正貸金業法 6月までに実施 (産経新聞)
AD