わかった!


ぼくの究極の英語指導のまさに究極のところは、


2つのテクニカルなメソッド(東京SIM外語研究所と伊藤和夫)を踏襲しつつそれらを先鋭化した上で、


結局は、


輪唱のような読み聞かせなのだと思います。(^_^*)

AD