・初渡米の目的は、世界の不動産投資の成功者たちとのコネクションを作ること

 

今月11/3~11/10のアメリカ(フロリダ州、オーランド)行きの目的は、たまたま時期が重なった大統領選の取材ではなくて!!、世界中の不動産投資の成功者とコネクションを作ること、でした。

 

その目的については、特に全米不動産協会(National Association of Realtors®)のカンファレンス2日目夜のパーティーで、途中から営業モード全開で全然知らない方々に1人で話しかけまくって、名刺交換しまくったし、さらに他の国際的な団体についても知れたので、十分ではなくても少なくとも今後に向けての足掛かりは何らかの形で作れてある程度達成したかと思います。

 

話した内容は、主に

 

1.私の本職は英語講師だけど、その受講者など日本の富裕層にアメリカの不動産への投資を案内しようと思っているので、積極的に情報交換して取引しましょうということ、

 

2.日本の不動産をある方法で普通より的確に評価して、利益を出せる確率の高い物件を紹介できるので、日本への投資を案内しますよということ、

 

3.日本とアメリカの不動産評価の性質、税制の相違などで、節税になるスキームがあるのでそれもあって、日本の富裕層はアメリカなど海外への投資の意欲が高いのでぜひ取引しましょうということ。もっともこのスキームは近未来に日本の課税当局に塞がれる可能性が高いように感じるけどということも含めて説明しました。

 

挨拶して、ラポール形成の導入を経た後、1と2を順不同で営業モードで英語でたくさん話しかけまくり、3はたまに話しました。

 

個人的にはあのようにチャンスに満ちた場で日本人だけで固まっているのは本当にもったいないと思いました。

 

来年11月のシカゴもたぶん行くし、別団体の3月のフランスも行っておきたいところです。

世界の成功した富裕層の中に入って、富裕層が当たり前に行っている正しいことを学びやり通したものが成功する、と思って引き続き取り組んでいきたいと思います。

 

・英語について

今回は私にとっては初のアメリカということで、日本国内だけで身に着けた英語を試す時ではありましたが、ほとんど1人で行動して、やりたいことは時には交渉もしたりして大体問題なく全部できたし、上記のように、営業もしたし、最終日は、投票所に連れて行ってもらって選挙管理の人にいろいろ質問したり、タクシーのドライバーと政治談議をしているうちに唯一トランプ支持だった白人ドライバーに開票の時の共和党のパーティーについて教えてもらって参加して、そこにいる人たちと議論したりもしたので、

 

「TOEICの点が高くても話せない」なんてクレームは、私と私の英語学習法で英語を勉強した人には該当しない!ということでもう良いのだろうと思います。

 

今後はそういう物言いは、私たちには関係ないので気にしない、というかむしろそれこそ以前からやっている差別化で、

 

「私の英語学習法で勉強した人は短期間で英語力全面、4技能において向上するので、TOEICの点数も短期間で上がるし、短期間で英語で話すことも書くことも聴くことも読むこともできるようになる」

 

「ネイティブスピーカーが無意識に行っている言語処理を、意識的にやる方法を演繹的に学ぶので、留学してネイティブに英語を習うより私のやり方で英語を勉強する方が速い」

 

という主張をやはり続けていくことにします。

NAR CONFERENCE & EXPO 2016FIABCI-USAColin PowellNAR BOOK STORESHIFT by GARY KELLEROUTSTANDING PRESIDENT'S LIAISONan Orlando ladyJapanese PeopleFlorida LadiesUniversal Studio in OrlandoREALTOR ProjectionTRANSFORMERSHarry Potterwith David and Le

AD