伊藤和夫先生語録

テーマ:
伊藤和夫 bot(@Ito_Kazuo_bot)より

基礎が大切だという人は多くても、何が基礎かということを明快に教えてくれる人は少ない。中学の英語を復習しろのような、曖昧極まるアドバイスでなく、経験に裏打ちされた自信をもって、基礎とは何かを明らかにしてくれる指導者か参考書を、見つけて下さい。

英語を読むというのは最初の大文字から始めて、左から右へ、上から下へ、この英文を辿るに連れて、それが頭の中でこれからやるように分析されていることだと、私は思うわけです。

英文を左から右へ、上から下へ、一度目を走らせるだけで、全てが終わっている。

英語を読むことと訳すことは、別の次元のことだ。我々は、まず英語が読めているから訳せるのであって、何故かわからないけども訳すことができたから、つまり、英文の中を行きつ戻りつしているうちに、意味のある日本語が書けたから、多分、元の英語が読めたのだろうと考えるのは、考え方が逆だと言える。

英語でも日本語でも、「読む」という行為は、すでに与えられた部分に基づいて、形式と内容の両面から叙述がどうなってゆくかを予想し、文の進行に従って予想の正しさを確認したりそれを修正したりする作業だと私は思います。

与えられた英文は「こういう意味らしい、たぶんこういう意味だろう」ではなく、英語である以上「これ以外の解釈はあり得ない」とする自信を持った読み方ができるようになること、それが英語の仕組みが「見える」と言うとき、私が考えていることなのです。

英語には、決して踏みにじることのできない約束がある。行き詰った場合にはその約束の範囲内で、別旨の解釈をいかに早く用意できるか、思い込みを捨てて、いかに早く頭を切り替えられるか、それが学力(英語力)だと、私は思うのです。

英文の理解をまえから訳すとか後ろから訳すとかいった訳の方法と機械的に結びつけて教えるため訳が硬直化し、英文自体の理解も困難になる。

中学高校の先生は読んで訳すだけであとはなにもしてくれない。

筋道の通った学習をして下さい。何でもいい、特に、難しくてよく分からない問題にしがみ付いていれば、いつかは、きっとできるようになるだろうという、私に言わせれば神頼みの学習では、一年という期間は短すぎるのです。
AD
予定通り山口俊治『山口英文法講義の実況中継』の最後の圧巻のテーマ、比較まで、小6生、高2生相手に修了しました。

あとは比較・否定のヤマを残すのみ。

今日は小6生が、教えている時に何かを確認するように前後参照していて、

あれはちゃんと内容が脳内に蓄積していっている時の雰囲気。

とても良い感触。

このままいけばあと2回で高校レベルの文法の一通りは修了することになり、

予定通り、伊藤和夫『英文解釈教室 改訂版』に進めることになる。

小6生相手に!


ただ、その前に少し単語を補強しておく必要がありそうなので、

次回までにその方策を考える。


ここまで小6生に対しての授業時間は約40時間、自習時間が同じくらいだったとしたら80時間、

中学・高校レベル修了まで、あと2回6時間程度、自習を同じだけやったとして12時間程度

中学・高校レベル修了まで合計96時間程度。

『英文解釈教室 改訂版』は今のところ60時間程度で教える予定、
自習を同じくらいやったとして120時間程度。

96+120=216時間程度

やはりTOEIC900まで300時間~400時間あったら十分に届く見通し。
(↑これは普通世の中でよく言われている数字の約10分の1)

小6生に今年中にTOEIC900を取ってもらう見通し。
AD
第2章は「目的補語」、つまり第5文型 S V O C の C

この中に第3文型、第4文型、第5文型の区別の仕方も出てくるので、

『英文解釈教室 改訂版』の中で、5文型の再構成をしている章ということになります。

5文型の知識は、それを静的に知っているだけでは、なかなかその使い道がわからないと思うのですが、この章は、その知識の動的な使い方を教えてくれていると思います。


TOEIC900以上のためにも、難関大学合格のためにも、

まともな英会話のためにも、とても大切な、

英語を英語のまま理解することができるようになるための大事なステップです。


ここをジャストインタイムリーディング®︎のやり方で通過するのも、

短期間の英語力向上のために不可欠なことなのです!

AD
今回扱ったTOEICの素材の範囲の中に、

仮定法と倒置が少しでてきたので、

それぞれ、体系的に(TOEICに対しては部分的にはオーバースペックになるのを厭わず)徹底的に、ジャストインタイムリーディング®︎的に解説しました。

やはり、短期間でスコアアップするためには、

小手先の問題対策をするのではなく、本格的に英語を勉強することが有効です。


いまのところ、前回分の復習も正確にできていることを確認したので、


やはりこれもこの先の展開がとても楽しみです!
今日から、これまで伊藤和夫『英文解釈教室 改訂版』をやっていた高2生に対して、

1,2,3,4,5,6,7,8,9,14章を既に修了したので、

残りの章はひとまず保留として、

TOEICスペシャルの筋をもう一つ立ち上げました。


『英文解釈教室 改訂版』は最高の本だけど、

それだけでは英語の習得に必要な「理解半分、慣れ半分」のうちの、

「慣れ」の面が弱いので、

これまで社会人にやってきたTOEICスペシャルの内容をやって、

TOEICの形で英語に「慣れ」てもらうことにします。



TOEIC900を目指すことで、

リスニング力とリーディングの速度を上げるのが狙いです。



英検1級や大学入試の英語はTOEIC900以上のレベルだと思うので、

次に英検1級、大学入試の英語に取り組む前の高速化訓練として、

ここでTOEICを900を目指してやってみる、ということです!


結果が楽しみです!


中学・高校の英語の教科書選定の時期らしくその話を見ていると、「教科書」には私がやらない内容がたくさん含まれていて、やはり私のやり方は最初は演繹法で私の観点で必要なシンタックス以外の学習をほとんど削ぎ落としているから、速いのだと思います。

中学・高校・大学の3年+3年+6年の10年以上の内容を半年から1年で。

英語力がほとんどゼロのところから、半年から一年でTOEIC900を!

実際の受講者の例を増やして、その有効性を証明していきます。
特に語彙が81、文法が92というのが我が意を得たり感があって嬉しいです!
 
ご本人に聴くと、これでも15個ほど、ブランクのままで出したとのこと、
15問は、時間がなくなってマークシートを適当に塗るいわゆる「塗り絵」もしなかったということです。
 
その分の処理速度さえ上げればやはり900は近い。
受講期間は終わりましたが、もちろんその為の私の考える方策を伝えました。
 
ずばり、ジャストインタイムリーディング®︎の読み方で、『速読速聴英単語GLOBAL900』を毎日よく音読し、また付属音声を加速したりしながらよく聴くこと。
 
これで900は超えると思います。

今日は、また1つジャストインタイムリーディング®︎講座のTOEICスペシャル!が新規で始まりました。

今回の受講者は、某商社S勤務で現在スコアが500台?希望スコアは会社が求める730という方。

先週の説明会の時とその後の感じ、今回の講座のやる気、切迫度を鑑みて、それから私の英語習得ロードマップとこちらの指導経験の蓄積による熟練度から、7月公開テストで900(あるいは990!)を狙うことにしました!(^_^*)

例えば、サチン・チョードリーさんに教わった「自分の囚われている枠を超えた発想をし、一見不可能に思えることを可能にする」というようなインド哲学のジュガールの発想で適切に注力すれば十分可能ではないかなと思います!


これもかなりやる気がでますね!

こちらも、がんばる!


ところで1点、注意喚起しなければならないことが。

私は英語習得ロードマップを掲げて英語指導をしているわけですが、私がそのロードマップの素材をやるだけで良いというから、それら素材を揃えて独学でやろうとしている方がもしいらしたら、それら素材は無駄のない最高の素材ばかりではありますが、普通のやり方でそれらをこなすだけでは、私が言っているような英語力の向上は望めないのでは?ということです。

某TOEIC学習プロジェクトに参加した時、その主宰者が、参加者だけに伝える特別情報があると勿体ぶったことをいうから、気になってプロジェクトを最後まで続けて、その情報というのを聴いてみたら、全然大したことのない情報で、逆にスコアダウンしてしまった、という経験があるので、

自分はその人を反面教師として、できるだけ勿体ぶったことは言わないようにしようと心がけていた結果、

私の英語習得ロードマップは、私のジャストインタイムリーディング®︎の方法で取り組むからこそ、劇的に短期間で効果が上がるということの強調が足りていなかったように思います。

特に私からロードマップを受け取るだけで満足して、それらの独学に飛び込んでいった方々に、それでは十分うまくいかないかもしれないですよ、と訂正して謝りたいところです。

心当たりのある方々、その点ご注意くださいね!



前回、今回で、小6生、高2生に対して、

山口俊治先生によれば、


英語がわかるようになるかどうかの重大な岐路である第5文型のネクサスと、

分詞構文のネクサスを


修了することができました。



私の英語習得法で、このペースで進めばやはり6月中に、

その後の英文解釈(=英文法の再構成)に進むための前提である、

中学・高校レベルの基本知識は修了することになります。



このまま順調に、

「小6生、高2生に今年中にTOEIC900を取ってもらう作戦」に成功すると、

「英語の知識がほとんどゼロからでも、

 半年から1年でTOEIC900取得に持っていくことができる」

という証明になると思っています。



まだあまり現実感を持って受け止められていないような気もしますが、

着実に予定通り進んでいるので、この先の進展にどうぞご期待ください♪
大学生の時、家庭教師でお教えした方たちが、

2人のうち1人は大学卒業後、出版社に入って編集者になり、もう1人はお教えした時は日本の病院で医療写真のカメラマンをやっていたけど、今はニューヨークの病院で同じく医療写真のカメラマンをやっている、

というのも、なかなか良い感じだなーとふと思い出しました。

あの時の2人ともTOEICは関係なかったですけれど。


教えた内容のメインはやはりこれ!