こんにちは^^

中学受験卒業母、えなかちゃんです。

 

埼玉受験、お疲れさまでした。

毎回首都圏では、埼玉栄などがテレビで中継され、その混み込み具合がフォーカスされるわけですね。

来年、再来年を控えた小4小5に皆さんも、きっとちょっとドン引きしながら、見たんじゃないでしょうか。

 

さて。

埼玉受験で終えた皆さん、お疲れさまでした。

きっと内心、「前受けでわざわざ倍率上げてんじゃないわよ。うちの子が自信失っちゃったらどうしてくれるのよ。どうせ受かっても入学しないんなら、受けないでよ。」とか思っちゃったんじゃないでしょうか。

ええ。千葉受験もそうですね。

そして、東京神奈川受験にしても、何校も受かってる子を見ると、そう思っちゃうんです。

「その分をこっちに回せ!!!!」って。

 

それもこれも含めて、中学受験、なんですよねえ...。

 

結果がどうだったにせよ、次は千葉受験です。

うちはここからのスタートだったので、えなかブログをお読みの皆さんは、こっからの情報ばっかになりますね。

 

もうすでに場所の確認はお済みでしょうから、周りにコンビニが一軒しかないとか、わかってますね?

津田沼とか市川とか柏とか松戸とか、同じ駅で降りて違うバスに乗る、とかもあるので、列に自然にツイてっちゃわないように。

 

埼玉受験でもそうだったと思いますが、前受けなんだ、熱望校のための練習なんだと思っていても、すっごく緊張します。

親が。

特に、千葉の場合、人によっては東京受験のほんとのすべり止めとして、いざとなったらそこに通うっておうちも結構いらっしゃるでしょうから、親のほうが緊張とせっぱ詰まり感でやられちゃわないようにね。

いざとなったら、スマホでえなかブログのやらかしたところでも見て、落ち着いてちょうだい。


おとうとくんの1月18日は

「埼玉受験はしなかったけれど」で。

 

私、

読んでて思ったんだけど、なんていうの、こういうのも含めて、子育てよね。

ホント。

著者さんは学者さんだけど、男の子の母でもあって、息子さんに15歳で脳は大人の脳に完成するのだから、ここで子育て終了宣言!みたいのをしてみたってところがあるのよ。

その時に、母がやったことでしてもらってよかったことってなあに?って聞いたら、「絵本の読み聞かせ」って答えたので、

じゃあ、今、読んであげよっか?って、ちょっとウルウルして言ったら

「いや、イラン」って、即答されたってあ~あ

 

中学受験、うちの子ら、何はともあれ、よく頑張ってここまで来たよね。

N研行ってなかったら、って考えたことあるでしょ?

どうなってたと思う?

もっと幸せだったよって、言うかな?

それとも?

 

母はね、伴走するしかもうできない。

アレやれこれやれって、もう時間的にも精神的にもできないってわかってる。

不安に飲まれてる子なら、「不安がる時間に、問題解け。音読しろ。やったところしか出ない。」って言ってあげて。

投げやりになってゲームやろうとしてる子なら、「自分でもそんなことしてもダメだってわかってんでしょ。それくらいなら、メモチェのまだやってないところ書き込みな。」

なぜかのんびりしてる子なら、「それほどの余裕があるなら、理社の過去問タイムアタックね。20分20分しか時間取らないもんね。」

 

そうして、子供がいないところでスケジュールと持ち物、もう一回確認してみて。

母が不安で心配性なのはいいことだよ。

ただ、同じように子供に心配させない。

私達は母なのだから。

 

子供が不安で投げやりでヨユーかましてる時の、一本の木、一つの指針、安心のきっかけになってあげてね。

 

そんなヨユーないんですよ~~~~、

 

ほらこういう時のための「女優魂」でしょ?

AD

私の2018年の目標は・・・

テーマ:
 

目指せ!2018年グッドスタートブロガー

 

年が明けると、中学受験本番!

埼玉から始まる本番の日は、子供たちも親たちも、両方をご縁がある学校へと運んでいくのですわ。

 

今年一番最初に頑張ること。

それは、応援を辞めないこと。

パート仕事が始まって、やっぱり更新回数が減っちゃったけど、待ちや出先でNバック担いだ子供たちを見かけるたびに。

「がんばれ!!」って、こぶしを胸にグッとしちゃうんだよね。

「お外ではやめなさいむー」って、隣におねえちゃんがいる場合は、言われちゃうけど。

 

そうして、もうちょっと仕事と家庭のWワークをうまくやれるように考えること。

今年はもうおねえちゃん、高3だしね。

あ~、大学受験?

なのですよ。

 

皆さんに応援してもらった、あのおねえちゃんも、もう高3ですよ。

大学受験ですよ。

正直、公立校の子と、狙えるところ大差ないじゃんとか、旦那には言われちゃっていますが、私としては、中学受験の時も別に早慶上智のために受験さしたわけじゃないし!!!

 

しかもいろいろと学校生活においても、おねえちゃんらしく問題やら壁やらあったわけだしね~。

 

というわけで、もうちょっと動ける範囲を広くしようと思います。

 

そして具体的には?

 

う~ん、今考え中なんだけど、例えば、ライフのお庭って、みんなお手伝いに来れるってことは、そこでお話とかもできる?

そしたら、ソコ開放しとけば、私がいなかったとしても、不安を解消できる場になったりするのかな。

解放しとくだけじゃ、かえって危険な場になったりもするのかしら。

とか、考えてます。

ちゃんちゃん。

AD

こんにちは^^

中学受験卒業母、えなかちゃんです。

 

あっという間の1月10日になっちゃいますね。

さあ、今年の目標も、まずは、おんなじ空の下頑張ってる、中学受験母たちを応援することから、かな。

 

ええ、まあ、そんなもんですよ。

もうどうとでもなれですよ。

いや、投げやりともいえる言葉ですが、ここでどうしても、あの時もっと無理やりにでもやらしてればとか、夏休みに実家帰るんじゃなかったとか、冬期講習でもっとやれることあったはずだとか、そもそも4年生からもっと計画的にやってればとか、いろいろ考えがよぎると思うんで。

 

 

んなこと考えてる時間は、2月6日以降に取っておくことにしましょう。

明日からは、ハードワーカーに変身です。

 

明日埼玉受験の方。

今日の始業式、休ませた方もいるかな。

ええ、思いのほか、手についていませんね。

仕方ないです。

ここにきて、やれることは時間的に多くないです。

今日は、子供がやりたい分野でいいんですよ。

不得意分野が心配な子ならそっちをやらせればいいし、得意分野を確認したいんならそれでもいい。

いきなりここにきて漢字ばっかやり始めるんなら、それもまたよし。

今ワキワキしてるのは、なんでかって母もわかってますね?

 

「不安」が極大だからです。

緊張、とかの前にまず「不安」です。

不安解消にはとにもかくにも手を動かし、目で見て確認、声に出して「やった」感を出すことです。

今から試験開始直前まで、子供のやれる限りのことをしたいだけさせましょう。

最後の一分まで、やったことに無駄はないです。

 

あ、母もですか。

ですよね~。

特に初めて受験の場合は、母の失敗が子供に響いちゃったらどうしよう!って、緊張が硬直に変わっちゃったりもするかもね。

大丈夫、とはうかつに言えませんが、緊張しいの不安いっぱいママは事前準備も念を入れるでしょうから、当日になっちゃえば、それほどおろおろしないものです。

それよりも下手にド~ンと構えて「私はうろたえてませんのことよ、おっほっほ」みたいな演技中の母のほうが、当日、移動中に鼻血出したとか、下痢P になっちゃって駅のトイレに駆け込んだら紙がなかったとか、咳が止まんなくて涙目で教室行かせちゃったとか、子供の上履き自分が抱えてて渡すの忘れちゃったとか、まあ、いろいろとやらかすもんです。

 

ま、やらかしてもね。

何とかするし何とかなるのが、だいご味だしドラマかもしれませんがあ~あ

こんな何もかも上滑りの日には、子供はいっそのこと日能研Nマークに行かせてN研マジックにかけてもらったり、親は日能研ブログの守護神、akiraさんのところの


とか読んでメモりましょう。

 

埼玉千葉入試での天敵は、とにもかくにも「寒さ」と「乾燥」です。

母も含め、必要なかったら使わなければいいだけの事なので、防寒グッズは持たせましょう。

子供のほうは受験教室の暖房がムラがあって、席によっては暖房直撃!!みたいな場合もあるので、子供に、「朝の段階でこりゃ暑くなりそうだと思ったら、服脱いで、パーカーとか羽織っとくんだよ。それでも暑かったらパーカーぬぐんだよ」くらい公園男子とかなら言い聞かせとくと、「なんだか暖房が暑くて、頭ボーっとした」とか終わってから聞かされて、だったら自分で脱げばいいだろおお!!とか思わなくて済むかもしれません。

特に今回は寒波だしね~フラフラ・・・

行きはあったかくするよね~。

 

あと本日の夕飯も含め明日の朝ごはん。

食べられなかったらそれでよし、無理に食べさしても胃が受け付けない子もいるし。

朝は腹持ちの良いおにぎりとかあったかい雑炊とかで十分。

移動に時間がかかるおうちがほとんどでしょうから、もう一つ二つ、小さめのを持参して、移動中のどこかで食べるもよし、ソイジョイSOYJOY(カカオオレンジ)とか、カロリーメイトカロリーメイトみたいなものなら、乗り継ぎ待ち時間とかに口にすることもできるし。

 

うちの子がこんなに食欲なくなるなんて!!!

新しい一面を発見するかもしれません。いや、今じゃなくてもオイ。

 

うちは炊き込みご飯をおにぎりにして持っていきました。

なんとなく、それなら野菜もタンパク質もちょっとは入ってるしって、自分が思えたし子供も口にできたし。

 

で、夜。

緊張とか時間に起きられるかとか、もう受験の当日になっちゃったとか今までの後悔とか、親も子もグルグル回って寝られんかもしれないけど。

まあ、それも仕方ないよ。

 

一応、布団には入って、体だけでも休めて。

 

子供に寝ろって言ったって、言われて寝れるんじゃもう寝てるっての!みたいな感じなわけだし、親だって、かける言葉がだんだん「だから言ったでしょお!!!」みたいな今言ってもどうにもならないことになりそうなのは、もう分かってるし。

だからね。

 

親だって忘れ物が心配になってきたらもう一度起きだしてカバン確認すればいいし、電車の時間が、いまいち自分の記憶信じられなくなったらもう一回手帳取り出して、メモを確認してそれでもそのメモが心配だったらナビタ~イムもう一回起動して確認したっていい。

 

そんなうろうろしている姿を、私は子供に見せたっていいと思うんだよ。

 

自分のために最後まで、こんなに心配して、いろいろ準備していてくれる

 

寝れなかった子供は、押し殺した音や揺れ動く明かりや場合によって小さい声で復唱点検している母の声に、いろいろと思いを馳せるかもしれない。

あ~しとけばよかったこ~しとけばよかった、そんな思いの中に、一緒に伴走してくれる人がいるのを、再確認しているかもしれない。

 

そして、当日親が「持ってきてたはずなのに~涙目」ってなってるとき、「昨日ここに入れてたじゃん」とか言って、思いがけない感じになったりして、中学受験っていろいろな人とのチーム戦だってつくづく思ったりするかもしれない。

 

私達中学受験卒業母たち、みんな終わると、あとに続く中学受験母たちを応援したくなる。

 

受験直前の母たち、ここから先、あなた方は、今までランチしてたり井戸端ってたりしてたママ友たちと、しばらく離れることになります。

でも。

おんなじ空の下応援してる母たちが、見えないけれど、いっぱいいるんだよ!!!!

最後まで、子供たちが明るい未来を進めるようになるまで、どうか一番の応援団でいてね!!!

AD

こんにちは^^

 

中学受験卒業母、えなかちゃんです。

 

ドキドキした年末を抜け、いよいよせっぱ詰まった年明けとなりました。

6年生、塾に行けるうちは毎日でも言ったほうが、かえって親子、安定すると私は思います。

風邪やインフルなど心配もありましょうが、おうちにいても、はかどらない感じがするんですよねえ。

う~ん、でも熱出ても大変か。

今シーズンはインフルの予防接種で苦労した方も、多いはずですしねえ。

 

埼玉受験からの方はもう1週間を切りますね。

 

持ち物チェックは、不安をごまかす最良の方法です。

いまさらレッグウォーマーなんて使わね~よ!と思っても一応持って行ったり、ポケットティッシュ、100均で一パック全部用意しようと思ったり、食べられないかもしれないけど、「満々満足、一本満足」種類別に用意してみたり、受験票のコピーと願書出した時のコピー、念のためクリアファイルに入れて用意したり、ええ、あらかたのものは、

に書いてあるけどね。

 

おなかの薬とか頭痛薬、そう、お母さんが偏頭痛持ちだったら、そっちの薬も忘れずにいれとくのよ。

東京受験や神奈川受験と違って、埼玉受験や千葉受験の一番手は、母は終わるのをただそこで待つばかり、ってことになりがちだから、温かくしてね。

学校によっては、待合室が特別あるわけじゃなくて、体育館にパイプ椅子が並べてあって大型ヒーターをいくつか稼働、みたいなところもあるから、その周りしかあったかくないよ!!

 

子供はね、持ち物、頭回ってない感じだったら、受験票と筆記用具、お守り的なものを忘れずに入れとくのよって言っといて、100枚プリントの中から、覚えといてほしい分野のもの10枚えりすぐってホチキスで留めたやつ、カバンに入れとく。

行きの電車の中、きっと周りの雰囲気に気おされるだろうから、そういう時、プリントなら目を通しやすいから。

もちろん、メモチェとかメモチェ社会お気に入りの問題集は持っていくとしてよ。

まあ、また直前で同じようなこと書く気がする。

 

さて、お母さま方、いろいろいっぱいいっぱいなところ、諦めや開き直りや八つ当たりや励ましや、もう、なんだかごちゃまぜで、とにかく早く終わってくれ!!!という気持ちでいっぱいかもしれません。

大丈夫。

 

後ひと月もすれば、終わりますなまはげ

 

でもそれまでは。

 

最後まで、最後まで、一番の応援団でい続けましょうね。

 

P.S

後ろでおとうとくんが、書け書けって言ってるので一応、要らないとは思うけど書いときます。

眠気覚ましと思って、クールミント系のガムを持って行って、行きの電車の中噛んでたら、なぜだかミラクルが起こって激しくむせこみ、息を吐くしかできなくなって死ぬかと思いました。

ええ、衆人環視の状況でしたので、更に気が焦ってしまったのが長引いた原因の一つと思われます。

私は死ぬ思いだったのに、おとうとくんは周りと一緒に白い目で見ていて、私は「冷たい…」と思ったのですが、実はその日が熱望校初日、彼こそミラクルを起こしたその日なのです。

 

どんなハプニングも、きっと何とかなります。

 

でもミント系ガムじゃないほうがいいのかもXYLITOL

 

 

 

こんにちは^^

中学受験卒業母、えなかちゃんです。

 

さて、ご質問から。

<こんにちは。埼玉からなので1ヶ月きってます。最近、少しだけましになってます。

2ヶ月いやいやモードで時間の無駄づかいしてたと認めてました。いやいやの理由はわからない、だそうです。
おしりにわずかですが火がついたのかも。(間に合うと信じたいです)
ところで100枚プリントはいつ頃貰うんですか?

弱点補強のこのプリントをやりつつ過去問解いて冬期講習のテキストやるんですよね。

何を優先すればよいのやら。

またわたわたしそうです。>

 

100枚プリント、そろそろですかねえ。

100枚プリントの正式名称は「合格力トレーニングプリント」ですかね。

でも、この時期、「合格力ファイナル」から始まって、「合格力育成テスト」だの、「合格力完成テストファイナル」だの、「合格力」のオンパレード

なので、まあ、100枚プリントってことで。

おうちによっては100枚以上の事もあるこのプリント、アンダー50の子にとっては、まあ、取り組みやすい形なんじゃないでしょうかね。

社会なんかは結構、やりでのある(うちの子にとっては)一枚でした。

何より、裏に解答が載ってるので、5枚とか7枚とかホッチキスで留めて外部模試の行き帰りにチェックするのにぴったりな上、過去問に時間を食って本日一教科しかできなかった…みたいな日に、「あ、社会のプリント、2枚だけやろ2枚だけ!」とか持っていきやすいことが、母と子の不安を薄めるのに役立ちます。

 

あ、冬期講習のテキストは、冬期講習中にやるんで精一杯と思われます。

というか、このテキストに載ってることが全範囲じゃないんで。

ここだけは最低抑えとけよ!!できるようになっとけよ!!みたいな範囲ですから。

なので、ここは塾にお任せして、個別対応を私たちはおうちでやりましょうや。

家庭学習の主体はやっぱ、熱望校の過去問でしょうな。

特にまだまだこの時期、合格最低ラインを突破できてない我が家のような子がほとんど(だと思いたい)だと思うので、家庭では、こっちを繰り返して、傾向対策をすることになるんじゃないかしらねえ。

 

埼玉受験からの方の場合は、もうか~な~り~、母が切羽詰まっていると思われるので、家で過去問、塾で冬期講習テスト、塾の行き帰りに100枚プリント7枚分目を通す、もしくは

か、子供の興味薄そうな

 

みたいなちょっと受験生だぜ!風なあんちょこを持たせて目を通させるといいと思います。

 

これらは当日、

や、

 

とともに、持ち歩くことになると思うので、今から使い込んでおくと本番当日、母と別れた後の精神安定剤となってくれると思われ。

 

うん、大事よ。

当日も使うものを今から目になじんでおくの。

 

もはや時間がないのは自明の理、できることをできる分やっていくことしかないのだから、

「今までにやっとけばこんなことにはならなかったのに!!!!!!!」

と言いたい気持ちはここで発散するとして、

当日の朝、テストが始まる一瞬前まで、あきらめずにやり続けること、あきらめさせないこと。

子供がくじけそうになるのは当然。

私達は、例え胸中嵐が荒れ狂っていようとも、子供の前だけは、

「大丈夫。ママ、最後までちゃんとついてるからね。」って言ってあげられるように。

ギリギリすぎて顔が鬼のようになっちゃうくらいなら、

「ママ、明日のために今日は寝るわ。朝、起こしたげるから、キリがいいところで寝るんだよ」

でもいいと思うの。

 

母、倒れるな!!!