ザ・コミュニケーション”達人への道”

コミュニケーションについて大切なコト。それはまず相手の方に心から関心を持って共感するコトです。これからご紹介するユニークな人物を、読んで、観て、聞いて、味わって見ては如何でしょうか。彼らの生き様がアナタの人生において素敵なスパイスになりますように。


テーマ:

<<シカゴ・ブルーズの父>>



今日ご紹介するブルーズ・マンは

時代でいうと

1930年代~1950年代でしょうか。


早くからエレキ・ギターを取り入れたりして、

ラグタイム・ブルースを

カントリー・ブルースに、



カントリー・ブルースを

更にシティ・ブルースにと

進化させた御方(おかた)です。


シカゴ・ブルースの父と

呼ばれています。


(シカゴ・ブルースの父と呼ばれています。)



「なかなか革新的な方ですね。

結構イケイケでご活躍されていたのでしょうか?」




いや~っ。そうでもないようですよ。


「えっ?」


なんといっても

彼の人生の大半では、寝台車のポーター、

コック、鋳物工、守衛をして

収入を稼いでいたそうです。


1950年代初期の同時代の他の人のように

華々しいエレクトリックのギタリストでは

決してなかったそうです。




<<彼はブルーズを愛している>>


「そうですか。

でもそれでもブルーズを諦めるコトはなかった

それはナゼでしょうか?」



彼が手記の中で語っていますが

ブルーズを愛しているといっていました。



それも流行に流されない

昔風のスローな本物のブルーズです。




「なんでしょうか?

そのひと言はココロにヒビキますね。」




彼はこうも言っています。

昔風のブルーズが廃れてしまうのがイヤで。


そのときは・・・。

彼自身が死んでしまうトキ!


とまでいっています。



そして・・・。



「そしてナンでしょう?」



彼は昔風のブルーズ

そのスタイルを愛している・・・。


とそういっています。





<<ビッグ・ビル・ブルーンジー登場!>>



今日ご紹介するブルーズ・マンは

ビッグ・ビル・ブルーンジーです。


(今日ご紹介するブルーズ・マンは
ビッグ・ビル・ブルーンジーです。)




時代の要求で商業的な活動を

求められるコト


それはブルーズ・マンだけに

限られた話ではありません。



その中で芸術性を腐敗してしまうこと

それもヨクあることと

いわれています。



彼の本物のブルーズ・マンとして


そしてひとりの人間としての

生き様を感じ取っていただけたら

そう思います。


☆Big Bill Broonzy-Key to the Highway♪

☆Big Bill Broonzy - Backwater Blues  ♪




☆ビッグ・ビル・ブルーンジー

(Big Bill Broonzy ,

1893年または1898年6月26日 ? 1958年8月15日)



アメリカ合衆国ミシシッピ州スコット郡生まれ。

シンガー、ギターリスト、バイオリン、作曲家。

生涯で300曲近くのブルースを作る。



1924年 シカゴにてパパ・チャーリー・ジャクソン

(w:Papa Charlie Jackson)にギターを教わる。


1929年最初にソロのシンガーとして録音し

そのスタイルで録音を続けた。



1936年「ビッグ・ビルと彼のシカゴ・ファイブ

(Big Bill and his Chicago Five)」名義でリリースされた。



1938年「スピリチュアルズからスウィングまで」(ニューヨーク

カーネギーホール)ロバート・ジョンソンの代役として出演。



1939年ヴォカリオン(後のオーケー)に現われる。



1945年以降はコロンビア・レコーズに移籍。

彼の最も知られた曲のひとつ、

「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」はこの頃に書かれた。



1930年代の間はメンフィス・ミニーと共にツアーをした。



1948年~1951年マーキュリー・レコーズのレーベルで

一握りのレコードを作った。



1956年初めまでヨーロッパ中を広範囲にわたってツアーし、

そして録音した。



1942年の初めにはエレクトリック楽器を

導入していたにもかかわらず、


彼の新しい白人の観衆たちは、

彼にアコースティック・ギター一本だけで

初期の曲を演奏するのを聞きたがり、


それらの曲がより「正真正銘」であると考えられた。



1956年にシカゴに戻り、演奏を続けた。


「I Come for to Sing」と呼ばれる

フォーク音楽の批評のツアーをした。



彼はシカゴのオールドタウンスクール・

オブ・フォークミュージックを

設立した教員の一人であった。



1958年咽頭癌で死亡。


             (ウィキペディアより抜粋)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。