土屋太鳳オフィシャルブログ「たおのSparkling day」Powered by Ameba

土屋太鳳オフィシャルブログ「たおのSparkling day」Powered by Ameba


テーマ:
土屋太鳳オフィシャルブログ「たおのSparkling day」Powered by Ameba-110929_2002~010001.jpg

土屋太鳳オフィシャルブログ「たおのSparkling day」Powered by Ameba-c2.jpg

土屋太鳳オフィシャルブログ「たおのSparkling day」Powered by Ameba-c1.jpg

土屋太鳳オフィシャルブログ「たおのSparkling day」Powered by Ameba-NEC_0157.jpg

こんばんは!太鳳です♪
今日も東京は、秋らしい空でした!
うちはマンションなので、夜は新宿や六本木の灯りが見えるんですけど、
夏より秋や冬のほうが、高層ビルの赤いライトがハッキリ見えるんですよ。
前も書いたけど、高層ビルの赤いライトは綺麗だけど、時々、
“風の谷のナウシカ”で怒ってる時の王蟲の目みたいに見えてドキッとします。
でも旅行から戻ってこの光を見ると、「帰ってきたなあ!」とホッとするので、
私にとっては、故郷の風景なんだなあと思います(^-^)
東日本の方々は、故郷の風景を取り戻すために闘っていらっしゃると思います。
これからも出来ることで応援していきます!

さて今日は!ダウンタウンDXの収録の時のことを書きたいと思います!
今日の放送を観て下さった方は、もうご存知だと思いますが、
実はダウンタウンの浜田さんは、私の幼稚園からの友達の、お父さんなんです。
ダウンタウンの浜田雅功さんというと、前にテレビ番組で、
私も出演させて頂いたウルトラマンゼロの映画でべリアルの声を担当された
雨上がり決死隊の宮迫さんが、
「浜田さんにパイ投げのパイを投げられるかどうか」というコーナーで
本当に怖そうに怯えていらっしゃったのを観たことがあったんですけど、
「浜田さんて少し怖そう」という印象を持ってる人は、多いと思うんですよ。
でも私の記憶の中では、とにかくとても優しくてかっこいいお父さんでした。

私がテレビの中の「浜ちゃん」と、友達のお父さんとが、
同一人物だったんだということを、ちゃんと理解したのは小4だったんです。
私は、今はテレビ観ますけど、小さい時は寝るのが7時半とか8時だったし、
その頃は家のテレビがすごく小さくて、しかもほとんどついてなかったので、
今以上にテレビを観ることが少なかったんですよ。
しかも、だいたい歌番組もバラエティも、夜8時以降じゃないですか?
だから、友達のお父さんが「浜田さん」という名前なのは知ってたけど、
どんなお仕事をしているのかとか、あまり理解していなかったんですよね。
でも、小4の授業公開の前日に、歌番組で活躍してる「浜ちゃん」を観て、
あっ!!!この人、友達のお父さんだ!って突然理解したみたいで、
次の日、授業公開を観にいらっしゃってた浜田さんを見つけてダッシュして、
「浜ちゃんーーー!!!ねえ、浜ちゃんなんでしょ?!!」と、
すごい勢いで寄っていってしまったんです。
たぶん、いろいろ頭で繋がったのと、友達のお父さんの活躍を見たのとで、
嬉しくなって、私は小さい頃(今もだけど)テンション高めな子だったのに、
テンション全開で浜田さんに突進していったみたいなんです。
それを見た母がビックリして「参観中なのに、ごめんなさい!」と言ったら、
浜田さんが「そんなん、全然ええですよ!」と、
気にしなくて大丈夫だよ、という感じでおっしゃったんです。
今思うと、自分でも何て失礼なことをしたんだろう、
申し訳ありませんという気持ちでいっぱいになります…
でもその時から、私は友達のお父さんが「浜ちゃん」だと理解したけど、
「普段の友達のお父さん」と「テレビの中のダウンタウンの浜ちゃん」は、
違う存在なんだということも、理解することが出来ました。
いま私が、学校や普段の生活での自分と、お仕事での自分は、
一緒なんだけど違う、っていう気持ちを持っているのは、
浜田さんや、友達のお母さんである小川菜摘さんなど、
周りにいた大人の人たちの影響が、すっごく強いと思います。
お母さんの小川菜摘さんも有名なかただと知ったのは、
小学校を卒業する前くらいだったんですけど、知った時、すごく驚きました。
しょっちゅう学校にいらっしゃってたし、クラスのことや友達のことなど、
いつも気にかけて、私にも「たお!」と優しく声をかけてくださってたので、
忙しい芸能界で活躍をされているかたとは、全然思ってなかったんです。
小6の時は、もうミス・フェニックスに合格してブログも書き始めてたので、
自分も大人になって芸能界で働けるようになったら、仕事が忙しくても、
自分の時間や家のことはちゃんとしよう、と思ったんですよ。
だから、すごく感謝してます。

今回、ダウンタウンDXに出演できることになったと知った時は、
本当に驚いたし、私だけじゃなく家族もすごく驚きました。
私がバラエティに出演させて頂けるのは、もっとずっと先だと思ってました。
バラエティは有名な人が出るから、私は当分ないな…と思ってたからです。
しかも家族は、私が話すのがあんまり得意じゃないことも知っているので、
(人と話すのは好きなんですけど、人前だと緊張するし下手なんです^0^;)
「ダウンタウンDXって、ゲストの話が面白いのに、太鳳の話って…ねえ?」
と、かなり微妙に心配してて(;-;)
私もすごく心配で、収録当日は、緊張というよりも、不安でいっぱいでした。
でも、その不安は、収録で吹き飛びました!!!
不安がってるよりもっと、「すごいなー…」って思うことが多かったんです。
まず驚いたのは、バラエティのお仕事には、
ドラマや映画のお仕事とは違う段取りや礼儀が、たくさんありました。
演技のお仕事では、顔合わせや本読みはありますが、
同じ作品でも一緒の場面が無いと、全然会えないかたもいらっしゃるので、
ご一緒させて頂くキャストの方々に、楽屋まで行ってご挨拶することって、
なかなかないんですよ。
でもバラエティ番組では、
まず、皆さんの楽屋へ行って御挨拶させていただくことから始まるんです。
私が習っている日本舞踊でも、大事な舞台で踊る時は、
役者さんや後見さんの楽屋まで行って、
一人一人ご挨拶させていただくことから始めるという経験をしていたので、
あまり戸惑わないで御挨拶することは出来たんですが、
とにかくたくさんのゲストのかたがいらっしゃって、私は一番後輩なので、
ご迷惑にならないタイミングで御挨拶をすることが難しかったです。
でもタイミングを見てると、自然に周りの状況も見えるので勉強になるし、
御挨拶をすることで「これから本番なんだ」と心がキュッ!と引き締まるし、
人としての礼儀ってやっぱり大事なんだな、と改めて実感しました。
私が御挨拶をさせて頂くと、ゲストの方々は、
「挨拶ありがとう!今日はよろしくね。」と声をかけて下さったり、
笑顔で「こちらこそ、よろしくお願いします!」とおっしゃって下さったり、
収録前で忙しいのに優しく接して下さって、感動しました(*^-^*)

その後、打ち合わせをして、ついに本番前に…!!!
ちゃんと話すことが出来るかな、頭の中が真っ白になったらどうしよう…と、
いろんな不安で頭がゴチャゴチャしていて、かなり緊張していたんです。
そしたら本番直前に、直接浜田さんが近くに来て下さって、
「おいっ!たお!頑張ろう!!!」と笑顔でおっしゃって下さったんですよ。
その瞬間、不安の緊張がパッ!とほどけて、いい緊張感だけが残って、
本番にのぞむことができました。
それでも最初は、今までテレビで観ていた世界の中に自分がいて、
そういう方々と一緒にお仕事をさせていただいているんだな、と思うと、
信じられないような緊張するような、フワフワハラハラする感じだったし、
やっぱ収録なんだから、しっかりしないと…って思っていたんです。
でも、ゲストの方々とダウンタウンさんとの面白い掛け合いや、
いろいろなお話を聞いたりしてるうちに、すっごく楽しくなっちゃって(笑)
途中から、「私も楽しんで、たくさんお話を聞いて、話す時があれば、
いつも通り話せばいいんだな。」とリラックスすることが出来ました。
途中に休憩があるんですが、隣に座っていらっしゃった磯野貴理子さんが、
「太鳳って本名?珍しくて素敵な名前だね!」と話しかけて下さったんです。
本当に嬉しかったです!(*^-^*)
私は名前をきっかけに話しかけて下さるかたが多いんですが、
この日もこうやって磯野貴理子さんに話しかけて頂いたので、
名前をつけてくれた母に、心の中で改めて感謝しました。

収録では、出演者のかた一人一人がキラキラしていました。
たとえば磯野貴理子さんは、人のお話を聞いていらっしゃる時の表情が素敵で、
磯野さんの表情を見ながら聞くと、話がもっと面白くなるんです。
ダウンタウンの松本さんは、現れると周りの空気が変わる不思議なかたでした。
すごく穏やかな、思慮深い顔をされてるのに、なぜかすごく面白いんですよ。
目の前で観るダウンタウンさんのボケと突っ込みは、本当に凄かったです。
ボケと突っ込みって、スポーツでいうと反射神経なんだなと思いました。
面白いだけじゃなくて、話をわかりやすくするアクセントになってて、
何を言えば面白いかを一瞬で判断できるって、天才なんだなと思いました。

特に感じたのは、現場の雰囲気が最初から最後まで、凄く温かいんです。
全部終わったあと、「今日は本当に、ありがとうございましたー!!!」と
浜田さんがすごく明るくおっしゃったんですけど、その声を聴いた瞬間、
今日の収録に参加出来てよかった!っていう充実感が、湧いてきたんですよ。
ダウンタウンさんはさりげないけど、番組全体に魔法をかけてるようでした。
その魔法がテレビを通して、観てる人にちゃんと伝わってるから、
人気者なんだと思います。

私にとって初のバラエティは、見ている人に楽しさを伝えるためには、
現場の空気そのものを楽しく、大切にすることが必要なんだということと、
それにはやっぱり礼儀が大事だということを教えてくれました。
本当に、素敵な時間を過ごすことが出来ました!!!
私を番組に呼んでくださったスタッフの方々
(ドラマ「鈴木先生」を観て、私を知って下さったんだそうです!)
収録のスタッフのみなさんや、ダウンタウンさん、ゲストのみなさんに、
いつか再会して感謝を伝えられるよう、お仕事を続けていこうと思います。
観て下さったかたは、いかがでしたか?
やっぱり話は下手だったと思うけど、自分なりに楽しく収録出来たので、
よかったらコメントで、感想を教えてください(^-^)

今日の写真は、ダウンタウンDXの収録の時の写真と、
昨日に引き続き、カレンダー撮影の時と、写真集撮影の時の写真です!
ダウンタウンDXの打ち合わせでは、進行が分かりやすいように、
いろいろ資料をいただきました。
映画やドラマの台本と違って写真などもあって、すごく面白かったです(^-^)
写真集撮影の時の写真は、前に衣装を隠して載せた写真なんですけど、
あの時ハートで隠してた衣装は…表紙のセーラー服でした!!!
真下に人がいたら、ちょっと恥ずかしい感じですね(^0^;)
カレンダーの写真は、ちょうど5月くらいの写真を撮ってるところで、
とりあえず「元気」といえばジャンプだ!と思って、超飛びました(笑)
カレンダーではこのポーズがアップになってるらしいです♪
一つ前のブログに、カレンダー発売のイベントのことも書いたので、
よかったら是非読んでみて下さい(*^o^*)

ではでは、また長くなりましたが、明日は少し忙しいので、
次にブログを書くのは土曜の夜か、日曜の朝になると思います。
夜中、また寒くなるかもしれないので、冷えないようにして下さい(^-^)
それでは、おやすみなさい…(^0^)/”


たお
いいね!した人  |  コメント(54)  |  リブログ(0)
土屋太鳳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み