無限なる本当の自分に出逢う道

〜新しい自由な人生の提案〜


テーマ:


この動画は、以前開催したトークイベントで、終了間際、残り4〜5分の時に、「そもそも“普遍意識”とはどういう意味なのか?」という質問があり、その限られた時間で回答した場面です。

『普遍意識』そのものは、言葉で説明できるものでも、理屈で定義づけるものでもありませんが、それを、それぞれの個々が、体験を通して理解するヒントは提供出来ると思い、このご質問が『普遍意識(本当の自分)とは』というテーマでトークイベントを開催するきっかけになりました。

************

+ーーーーーーーーーーー+
Q.「普遍意識」とはどういう意味ですか?
+ーーーーーーーーーーー+


A.「普遍意識」とは、言葉の通り、「普遍」、言い換えれば「遍在」、つまり、どこにでも在る、ここにもあるし、あそこにもあるし、すべてに在る意識、という意味です。

私が何故、「普遍意識」という言葉を使っているかというと、私が参考にしている『黎明』という著書の中で表現されている、お気に入りの言葉だからです。

別の表現では、「全体意識」「宇宙意識」「神意識」等、様々な表現もあります。

我々は、「私」と「あなた」というように意識が分離しているように通常は思っていますが、実は、一番深い所ではみんなひとつの意識であって、そのひとつの意識が普遍意識です。

すべて同じ意識、全てひとつの意識。そして、それは人間だけではなくて、あらゆる動植物も、大地も、空を見上げたときに見える星々も、見えない空気も、ありとあらゆるものが全部、ひとつの意識の、それぞれの顕れである、ということです。

つまり、すべてが『普遍意識』という一なる意識、分かれていない意識です。それが、様々な側面、人間として顕れた普遍意識、サルとして顕れた普遍意識、大地として顕れた普遍意識、月として顕れた普遍意識、虫として顕れた普遍意識… 様々な表現を、この現象世界でしている、そして、普遍意識自らの様々な可能性を味わっているという事です。

花2

普遍意識を語り出したら、どれだけ時間があっても語り尽くせない、いや、言葉で語り尽くせるものではありませんが、あえて表現するなら、全部繋がった、一なるひとつの意識、ということです。

そして、そこには何の問題もない、完全なる調和の意識が在るだけです。しかし、私達は、人間の肉体に閉じ込められた存在なので、通常なかなかこうしたことは受け入れがたい情報でもあるかもしれません。

でも、よくよく注意深く見ていると、その顕れであるようなことが今、たくさん社会でも起きています。

シンクロニシティという現象もありますが、同時に最近こういう傾向の出来事がよく起きるな、とか、そのようなものは、深い所で大いなる繋がった意識の動きが、表面の分離されたように見える現象に顕れて全体的な潮流に反映されてきて、やはりすべてはひとつで繋がっているらしいぞ…と言う事が見えてきたりします。

我々は通常はそう思っていないけど、すべてがひとつだと仮定して、今直面している諸問題、悩みを見たときに、通常の解決策では無い、まさに第三の選択ができる、という深い学び、新たな、ユニークな視点が生まれますよ、ということをご提案しているのが、私がお伝えしている情報です。

普遍意識とは何ですか?と言われれば、それはひとつの意識、遍在している、どこにでも在る、すべてがそれで在る、という意味だとご理解下さい。

ただ、それは、これらの情報を暗記しても、それそのものを理解した訳ではありません。

それを各々が様々な体験を通して、ご自身の内側から「ああ、こういうことなんだな」と学んでいくことが、『普遍意識』の学びのプロセスである、というように捉えています。

田久保・尾白川渓谷

************

実は、スピリチュアル分野で良く使われる、「全体意識」「宇宙意識」「全てはひとつ」といった、『普遍意識』と共通する用語について、意外にも多くの方が、浅い理解や誤った解釈をすることで、むしろ苦しくなってしまう…といった方も多くいらっしゃいます。

『普遍意識』への理解を深めることは、より真理の情報を正しく使って、現実に生かすための重要ポイントであり、スタートラインでもあるのです。

そこで、先述したように、先ほどのご質問をきっかけに『普遍意識(本当の自分)とは』というテーマで、2016年8月21日(日)に東京でトークイベントを開催します。『普遍意識』の理解を深めるヒントをお伝え出来ると思います。ご興味がありましたらお気軽にご参加ください。


+ーーーーーーーーーーーーーー+

『CTPeakトークイベント』のお知らせ

開催日時とトークテーマ:

●東京(練馬駅近くの会場)

【第35回】 2016年 8月21日(日) 13:30~16:00 東京
    テーマ: 『普遍意識(本当の自分)とは』

***名古屋初開催!***
【第37回】 
2016年 9月17日(土)14:00~16:30 
名古屋
テーマ:『本当の自分と使命』
*************


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(場所の詳細はお申込者へ詳細情報をお伝えします)
参加費:[早割]3,000円(税込・事前振込)
    [当日]3,500円(税込・当日会場払い)
講師:田久保剛


●CTPeakトークイベント参加予約はこちらから

+ーーーーーーーーーーーーーー+




「自分探しの地図」を手に入れる、無料メールセミナーの登録はこちらから



↓ 記事を読まれて参考になりましたら、
 4つのバナーをクリックして応援をお願いします。
 あなたの応援が記事を書く励みになります (^o^)/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
精神世界精神世界ランキング
FC2 ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今、地球がアセンション、つまり次なるステージを迎えるにあたって、経済的な問題をクリアしていくということが、「必要課題」なのだと私は捉えています。

つまり我々が、経済というものを通して社会を成り立たせる、というこの全体的な仕組みの中で、いろいろと学んできたけれど、学び終えたら、それを手放して行く。有限なるそのシステムを無限に返して、そして次なるステージを迎える、という最終局面にあると言うことです。

今、地球全体に「お金」というシステムがあるが故に、そして、正しくそれを捉えていないが故に生まれてきてしまっているのが、『恐れ』なのです。

つまり、

「お金が無くなったら、人生も一緒におわってしまうんじゃないか…」
「お金が無くなったら、食べられなくなる…」
「お金が無くなったら、社会的な地位が無くなる…」

等々、お金が無いと様々なものを失ってしまうんじゃ無いか、という一つの幻想に囚われて、そして、多くの方が「恐怖」を抱えている。だからこそ、一生懸命、お金をかせぐための手段を講じている訳です。

だから、一生懸命働いて、また様々な手法を使ってお金をかせぐ… そして貯め込む。お金に価値が無くなったら、今度は金や芸術品に換えるとか、そのように、それが無くなったら大変だという恐怖に基づいていろんな活動が生まれてきているのですが、これらの基になっている仕組み、概念をすべて返していく最終段階に来ているのです。

田久保・ひまわり2

では、どうやって返すのでしょうか。
それは、実は我々一人一人が、担当している所で今直面している事を通して出来るのです。

氷山に喩えたら、その氷の塊が、「お金という仕組み」だとします。

この氷山に喩えた「地球レベルでのお金の問題」という想念形態があって、そして、この「お金というシステム」を利用して、いろんなことを地球の歴史上で学んできたのですが、幼稚園から小学校へ進むように、これから迎える、地球の次のステージは、このシステムそのものが、変化していく、もしくは、それを持っていたら行けないという、ひとつの問題ではないかと捉えています。

この氷山は、太陽の光(自然法則)で、だんだん蒸発して、少しずつ溶けていっているのですが、ただ、これがまだあるからこそ、「恐れ」というものが全体に蔓延しています。この恐れの想念のエネルギーが粗い波動を創り出して、そして、お金というシステムから抜けられなくなってしまっている。氷が溶けにくくなっている訳です。

お金が足りないからお金をかせがなければいけない、というのは、マネーゲームのボードの中にまだいる訳なのです。そのマネーゲームというボードが、この氷山だとしたときに、そもそもそれは、今までその中で楽しんだけど、そしていろいろな経験ができたけれど、学べたけれど、十分に学びきった(楽しんだ)今、そろそろ無限に返していかなければならない。つまり、これを溶かして、また全部、海(全体)に戻るというイメージで捉えて頂ければ良いと思います。

今、その必要が迫られているときに、どうしたらそれを溶かしていくのかというと、実は、我々一人一人がそれを担当していて、それぞれが(お金の問題を)手放していく、赦していく、ということなのです。

それぞれが担当している氷という「問題の種」を私の中で、向き合い、手放し、赦すことによって一つ一つ消していく(溶かしていく)
のです。

氷山の水面から上に出ている部分を、個々の自分と言っていますが、その個々がしていることは、それと一体である全体がしていることなのです。

それを、水面上に表現されている、それぞれの担当が各々にしいる、と言う事なのです。

その個々の自分の担当を一つ一つ溶かしていく、ということが、結果的に、全体の問題を溶かし蒸発させていく、ということに繋がっている訳です。つまり、全員で、せ〜の、で全体の「お金の問題」を溶かしていっている訳です。

田久保・太陽

ですから私達は、実は、お金の問題に直面している、という事は、何をしているかというと、その直面した問題を、「正しいフォーカスで観る(愛で観る)」ことによって、手放して、地球の人類全体のお金の囚われを溶かし、アセンションのお手伝いをしている、みんなでそれぞれを担ってやっているのです。

ですから、今、個々が直面しているお金の問題は、個人的な問題ではないのです。

このお金という大きな氷山は、地球、人類が必要な学びを得るために創りあげた全体の問題なのです。

この氷山は、今までは完全に固められてきました。それは、その必要があったからです。そのことを通して学ぶ必要があったからなのです。だけど、これからはいらなくなってきているのです。ですから、それを溶かしていく、徐々に溶けて来ているのです。

誰がそれを溶かしているのか…それは、みんなが担当して溶かしている訳です。

但し、誰かがあなたのために問題を緩和させてくれるというよりも、自分が、自分のことをやる、ということが、みんなを緩和させることになり、そしてそれが自分にも返ってくる、ということです。

だから、Aさんは、Bさんに代わって、借金の肩代わり、他者の課題に取り組むことはできません。他者の振る舞いをを自分の問題解決の参考にすることはできるし、応援することもできますが、自分自身がそのことに取り組み、一つ一つを手放していく、赦していくのです。

「赦す」というのは、「しょうがないな…」と抑圧することではなく、

「この事は学びの為に、必要性があって起きただけであって、本来の本質的な世界の中では何も起きていなかったのだ」

という事に気付くという事です。

そうなると、自分が赦した分が全体に影響を与えて、氷山が蒸発するように、どんどん全体の問題がクリアされて消えて逝くのです。やがて全て溶けて、あるいは蒸発して全体に返った時に、そのシステムを卒業した、ということになるのです。

お金の本質的な問題を解決するには、もうこれしか無いのです。

この話で直感的に何かを感じて頂ければいいのですが、実は、私達は個人的な問題と思っているけれど、そうではなくて、この地球の中で経済システムというものを溶かしていく為の、それぞれの担当をしているんだ、ということです。

だから、私達ができることは、自分が今直面しているお金の問題、このお金を他の事に置き換えてもいいのですが、そこに対して、一つ一つきちっと真っ正面から向き合って行く、と言う事です。

「ああ、あの借金問題があったから、頑張ろう!と思って新たなサービスを生み出せたんだな…」
「あれがあったから、人の痛みに気づけたぞ…」
「あれがあったから家族の絆が深まったぞ…」


等々、そのことを通して学べた、という愛に気づく事が、その問題を「手放せた」と言う事にもなるのです。

それは、ひいていえば全体のお金のシステムを愛に返していく、ということです。愛で溶かすという感じです。

それをどんどん溶かしていくことを、今、みんなで協力してやっている、ということなのです。

田久保・夕焼け

さて、この動画は、CTPeakトークイベント「経済的な不安を解消する方法」の講話の一部を抜粋編集したものです。より理解を深められたい方は、CTPeakビデオ・ライブラリーとしてリリースしていますので、是非ご利用ください。

●「経済的な不安を解消する方法」

【東京8/28※あと8席(8/10現在)・名古屋9/19初開催】
●「黎明」葦原瑞穂・講演会



+ーーーーーーーーーーーーーー+

『CTPeakトークイベント』のお知らせ

開催日時とトークテーマ:

●東京(練馬駅近くの会場)

【第35回】 2016年 8月21日(日) 13:30~16:00 東京
    テーマ: 『普遍意識(本当の自分)とは』

***名古屋初開催!***
【第37回】 
2016年 9月17日(土)14:00~16:30 
名古屋
テーマ:『本当の自分と使命』
*************


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(場所の詳細はお申込者へ詳細情報をお伝えします)
参加費:[早割]3,000円(税込・事前振込)
    [当日]3,500円(税込・当日会場払い)
講師:田久保剛


●CTPeakトークイベント参加予約はこちらから

+ーーーーーーーーーーーーーー+




「自分探しの地図」を手に入れる、無料メールセミナーの登録はこちらから



↓ 記事を読まれて参考になりましたら、
 4つのバナーをクリックして応援をお願いします。
 あなたの応援が記事を書く励みになります (^o^)/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
精神世界精神世界ランキング
FC2 ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


+ーーーーーーーーーーー+
Q.現在スピリチュアル業界では、相変わらず「引き寄せ」ブームが続いており、「やりたくないことはせずに、欲しい状況を引き寄せよう」という私としては安易に感じる考えが広まっていたり、

一方で、非二元論、「私はいない」など、「個」を超越して目覚めようという、これも私としては「個」を通して普遍意識をいかに地上に顕現させていくかというこの地球に生まれた本来の意味から逸脱したように感じる傾向があるように思います。

真理はぶつからないということですので、こういうことに対して疑問視したり、批判的に捉えてしまうことが既に真理から外れてしまっているのだと思いますが、

田久保さんの考えや「黎明」に書かれてあるような真理がスピリチュアルの常識やメインストリートにならずに、いわゆるクイック&イージーが相変わらず横行している状況に憤りに近いものを感じてしまったりもしています。

何かこの件に関して田久保さんなりの見解をお伺いできれば幸いです。

『TAOメンタルビジネス塾』内での質問)
+ーーーーーーーーーーー+


A.今現在、スピリチュアル分野の情報の中で、「引き寄せの法則」であるとか、いわゆる、「やりたいことだけやればいいんだよ」といった、優しい雰囲気を感じるメッセージであるとか、

“普遍意識がこの現象世界を創造した本来の目的、そして、その中で、普遍意識がそれぞれの魂、「個」を表現して、その中ででしか出来ない、様々な経験”というものを、むしろ見ないようにしたり、避けようとしたりしてしまう風潮、

そのようなものに、憤りを感じると言う事ですが、私自身もそのような傾向には憤りを感じます。

ただこれは、「だからこそ、私自身のひとつの役割というものが、結果的に浮き彫りになるんだな」と捉えているわけです。

「手早く簡単に、今目の前に起きている事をスキップして、あなたが欲しいものをただただイメージしていきましょう…」

「今、いろんな大変な事や苦しいことが起きているかもしれないけれど、そんなものは“この世は幻想”なんだから、“すべて幻”なんだから、“そんなものはただ起きているだけなんです”、“そもそも「私」なんていないんです”」

ということを概念的な情報として受け止めて、今、目の前に起きている事から逃避する、「現実逃避的な道具」として成立しているようなスピリチュアル情報があったとしたら、そこには憤りを感じます。

なぜなら、世の中全体的に染みついているひとつの価値観として、人や、出来事や、物事を通して、様々な大変な事、辛い事、苦しい事に直面するような事を、なるべく「クイック&イージー」、「手早く簡単にスキップしましょう」と言う事に価値をおくという、全体的な傾向がある訳です。

そこに対して付いてくるのが、多くの企業のサービスなわけです。

「手早く簡単に、あなたのその大変なものをスキップしましょう」

「早くその苦しみから逃れたいでしょ?だとしたら、この方法を使いましょう、こういう情報を学びましょう…」

というように、「現実逃避の道具」として使ってしまうということは、

“普遍意識が何の為にこの次元を創造し、何の為に我々がそこに、経験をしに来たのか”

という本質的な理由が見えないからこそやっている事なのです。

大切な事は、様々な問題、大変な事が起きたときに、そこにまず直面して向き合って、そして、自分自身がそれを乗り越えていくような一つ一つの努力をしていく、ということです。

それこそが、魂を磨く。そして、魂を磨いたことによって、身についた自分自身の能力、そのトレーニングによって身についた筋力というものを、自分自身を通して全体に寄与して行く自分の役割、使命として生かされます。

そして、その一つ一つの経験は、我々の本来の意識状態では、相対がないから出来ないわけです。

この相対がある二元の世界でなければ出来ない経験というものがあって、その経験をするための貴重な機会なのに、それを、無かった事にしてしまうなんていうことは、本来の意味をわからずにやってしまっている状態だな…と思うのです。

田久保・夏の空

ただ、この宇宙には自由意志が尊重されていますので、「あなたがそれを選択するのもOKだよ」となるのですが、

しかし、もう一方では、もっと大きな視点で言うと、

「あなたが魂の成長として設定した必要なステップなんだから、今回の人生ではスキップしても、次はもう少し強烈な形で、もっとあなたがその重要性に気付くように、もっと大変な状況で、もっと大変なステージで結局はそこに向き合って頂きますよ」

ということになるわけです。

ですから、本当に正しく仕組みを捉えないと、大変なことに発展してしまいます。

それすらも自分で選択していることと言ってしまえばそれまでなのですが、やはり私と縁のあった方、私の情報に縁があった方の範囲だけでも、この正しい受け止め方の情報というものを実践に生かして頂きたいと思っております。

「こういったことを疑問視したり、批判的に捉えてしまうことは真理から外れちゃうのかな」といういご心配をされているようですが、私は決してそういう事ではないと思います。

ただ、それをきっかけに批判したり、「戦争」に対して「戦争反対!」というような、その対象を相手にして戦いのエネルギーを同じステージでぶつけしまうと、いろいろと自分自身のマイナスの作用があるかもしれません。

そうではなく、

『それをきっかけにして自分自身役割に転じていく』

ということで私はいいと思います。

まさに、憤りを感じる状況が自分の使命を教えてくれる

そして、そこと戦うというよりも、それをきっかけとさせていただいて、自分自身として最も大切だと思っている事は何なのか、ということを表現していく。

確かに、なかなかメインストリートを歩くような情報ではないかもしれません。

なぜなら人はやっぱり楽をしたいし、できたら、手早く簡単に何でも問題をクリアしたい、というのが、どうしても根付いてしまっているので、なかなかこれは難しいと思います。

しかし、『一つ一つのことにきちっと向き合っていく』ということは、本当は究極的には「究極の楽」なのです。本当は究極の「クイック&イージー」なのです。

しかし、その真実がみえる、より大きな視点というものを淡々と提示し続ける。

これは、究極の真理なので、我々の知っている形での「日の目を見る」ということではないかもしれませんが、私は必ずそうなると信じてこれからも自分の役割に邁進していきたいと思っております。


●CTPeakビデオ・ライブラリー


+ーーーーーーーーーーーーーー+

『CTPeakトークイベント』のお知らせ

開催日時とトークテーマ:

●東京(練馬駅近くの会場)

【第35回】 2016年 8月21日(日) 13:30~16:00 東京
    テーマ: 『普遍意識(本当の自分)とは』

***名古屋初開催!***
【第37回】 
2016年 9月17日(土)14:00~16:30 
名古屋
テーマ:『本当の自分と使命』
*************


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(場所の詳細はお申込者へ詳細情報をお伝えします)
参加費:[早割]3,000円(税込・事前振込)
    [当日]3,500円(税込・当日会場払い)
講師:田久保剛


●CTPeakトークイベント参加予約はこちらから

+ーーーーーーーーーーーーーー+

【東京8/28※残席僅か・名古屋9/19初開催】
●「黎明」葦原瑞穂・講演会




「自分探しの地図」を手に入れる、無料メールセミナーの登録はこちらから



↓ 記事を読まれて参考になりましたら、
 4つのバナーをクリックして応援をお願いします。
 あなたの応援が記事を書く励みになります (^o^)/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
精神世界精神世界ランキング
FC2 ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)