第10期マイナビ女子オープン本戦1回戦開幕局、
和田あきVS室谷由紀戦は、78手で後手の室谷由紀が
勝ち、2回戦に駒を進めました。

関西出身、大学を中退して関東に移籍し、アマ強豪の
姉を持つ室谷に対し、関東出身、大学進学のため
関西に移籍、アマで活躍する妹を持つ和田と、まったく
正反対の環境の二人の対決は、経験値で一歩リード
する室谷の完勝となりました。

先手和田あき、居飛車銀冠に対し、後手室谷由紀、
三間飛車美濃から四間飛車に以降。後手が浮き飛車に
上がったところで先手から角交換、後手はそのまま
銀を上げて2筋の歩の交換を狙い、そこから飛車を
ぶつけて飛車交換を狙いますが、先手は角をいったん
打ち牽制。後手は当初の狙い通りに飛車をにらませ
ますが先手は交換を拒否。後手はいったん飛車を下げて
棒銀気味に攻めを進める態勢に持っていきます。

後手は先手飛車先をにらむ角打ちで優勢に立つと、
銀交換から角が前進。飛車を上げて角に当てると
後手は飛車が前進、角を捨てての飛車成りか、飛車の
交換を迫ります。ここはやむなく先手は角を取る手を
選択。後手は角を犠牲にして飛車成りを決行します。

竜を重要な拠点に置いた後手は離れ駒となっている
金を中央に上げて防御に生かします。かたや先手は
端攻めで後手玉をおびやかそうとします。
先手は奪った角を相手陣に打ち込みますが、これが
なかなか有効には生かせない。その隙に後手は角当ての
桂馬打ちで一気に先手玉に迫る構えを見せます。

先手は攻めに使いたい飛車を自陣に引きつけますが、
後手はここで奪った香車で飛車を攻めます。受けに歩が
ない先手はやむなく角と交換。駒割的には後手は角を
奪っただけに対して先手は香金を取って2枚替えには
なっていますが、守りに引いた飛車を中央に動かして
しまったのが結果的には敗着となってしまいました。

後手室谷由紀は先に打った桂馬を要に銀打ちであっさり
先手陣を崩し、やすやすと竜が先手玉の真下に侵入
しました。
一手隙ができて手番は先手和田あきに回りましたが、
自玉が詰めろ状態では有効な反撃も出来ず、ほとんど
形作りの状態で投了に追い込まれました。

AD
リコー杯女流王座戦挑戦者決定戦、共に奨励会三段リーグを
闘っている最中の、里見香奈VS西山朋佳戦は、
81手で先手の里見香奈が勝ち、加藤桃子女流王座への
挑戦権を得ました。

先手里見香奈、向かい飛車に後手西山朋佳は三間飛車の
会い振り飛車の出だし。 後手が3筋歩の交換で飛車が前に
出、さらに続けて4筋の歩まで伸ばすと、先手は2枚の銀で
3・4筋を守ると、伸ばした歩を守ろうと後手が桂馬を上げた
ところで、飛車をぶつけます。交換しかない後手はやむなく
飛車交換。後手はすぐに飛車を貼ってあくまで3筋突破を
はかります。

先手はこの間玉の移動、後手も玉を移動させて囲いに
入ります。
後手は角を1三に置きましたが、先手が端を伸ばしたので
3一に置き直します。ここで先手が中央の歩を突いて角を
おびき出し、8六の歩を角で奪います。しかしこれが
逆効果になったのか、後手は5筋の歩が消えたので、
先手陣に歩を打ち込みます。金で取れば飛車成りと
なるので取れません。代わって上がった角を支えに
6四と歩を突きますが、後手はこの歩を放置、打ち込んだ
歩を成ってと金を作りますが、結果的にこれが敗着か。

先手は6三に歩が成り込み、後手玉は壁銀のため隙が
出来ます。上がった金を桂馬打ちで狙い、金が玉の守りから
離れた所で飛車の打ち込み。成った竜が後手陣を荒らしに
かかります。後手はせっかく成り込んだと金が生かせずに
防戦一方。

先手里見香奈は飛車切りで得た金で直接王手。後手
西山朋佳の玉は逃げ場が限られ風前の灯火。あと1枚
駒があれば後手玉は即詰み。先手は角が成り込んで
駒取りに出ます。
これはどうにもかわせない。あきらめた後手はここで投了。
一手の隙を見のがさない、今期まだ負け知らずの
里見香奈の圧勝に終わりました。

AD
リコー杯女流王座戦本戦準決勝第2局、里見香奈VS香川愛生の
対局は99手で先手の里見香奈が決勝に駒を進めました。
挑戦者決定戦は9月1日に西山朋佳と行うことが決定、
現奨励会三段どうしの対決となりました。

先手里見香奈、後手香川愛生、相懸かりの出だしに、後手が
角を3三に上げたところでいきなり先手は角交換。前例のない
始まりとなりました。
先手は2筋の歩を伸ばし、後手は四間飛車に移行し、3筋、4筋と
歩を伸ばすのに対し、先手は右銀を5七に上げて迎えます。
両者居玉のまま進行していきます。

先手はさらに角を打って後手の飛車が浮くのを阻止。これが
3三の桂馬をも狙っているので、後手は金銀を上げて2筋・3筋を
補強。両者膠着状態になったところで玉が移動。しかし先手が
6筋の歩を上げたところで後手は対抗して同じく6筋の歩を
上げると、その歩を狙って角が移動。後手はあわてて飛車を
6筋に回して守ります。

飛車が動いたので先手は5筋の歩を突き超して後手の金を上げ、
そこで2筋の歩を突きます。これを取れば十字飛車が決まるので、
後手は放置して攻撃に入ります。
4筋・6筋の歩を突き捨て、先手玉のこびんを開けてからの2筋の
歩を取って遠見の角。先手は銀を重ね、桂馬を飛ばして守りますが、
かまわずに叩きの歩。桂馬で取って頭が開いたので金が進出。
しかしこれは諸刃の剣。先手の桂成りが直接後手の飛車に当たり
ますが、後手は飛車を見捨てて銀取りに。

駒交換は、後手が銀2枚と桂馬を取ったのに対し、先手は飛車金を
取ったのでこの時点では互角かも。しかし先手からの飛車の
打ち込みが銀・角を奪う形に。銀張りで防ぐ後手に先手は角銀交換で
応じます。先手が駒得の形ながら、後手はここで一気に攻めようという
作戦で、攻めが決まれば良い物の、状況としてはどちらが有利か
不明な段階。

後手は桂打ちから先手玉に迫り、角打ちが決まりそうな形に
なりましたが、持ち駒が銀1枚となって攻めきるには若干駒不足。
どうしても攻めが途切れそうな状況で、手が止まれば先手からの
反撃が厳しくなりそう。

駒補充で攻めが途切れた合間に、先手里見香奈は後手玉に
詰めろをかけます。対する後手香川愛生は、自玉を守り抜くのは
無理と見て、一気の攻めを狙いますが、ここは無理筋。確実な
受けの前に攻めが無くなり、無念の投了となりました。

AD
リコー杯女流王座戦本戦準決勝 伊藤沙恵VS西山朋佳戦は、
92手で後手の西山朋佳が勝ち、決勝に駒を進めました。決勝では
里見香奈VS香川愛生の勝者と対戦します。

先手伊藤沙恵、3手目に端歩を突いて様子を見ます。対する
後手西山朋佳石田流三間飛車。先手は角を7七に上げると、
後手は角を1三に上げて中央からの攻めを見せます。
後手が3筋の歩を交換するタイミングで先手は向かい飛車に
移行。すぐさま8筋の歩を伸ばして歩の交換。直後に後手は
飛車を4段目に下げ、それから先手が傷になる3七に歩を
埋めます。両者金無双の構え。

後手はあくまで先手玉頭を目標に攻撃の構え。先手は飛車を
6筋に回して銀を押し出して責める構え。
先手が飛車角銀をそろえて6筋から5筋に攻めようとしますが、
後手は銀を5五に上げて攻防に利かせます。先後手とも
桂馬を上げますが、ここは後手の方が効果が高く、早くもここで
差がついたかも。

先手は銀交換で糸口をつかもうとしますが、後手はただちに
再び銀張りで攻めの態勢は維持したまま。飛車を飛びだたせ、
すぐに横に移動、先手の角をを狙いながら今にも成り込もうと
する勢いに先手は防戦一方。6五の地点にいる後手の桂馬が
効果十分で、先手の銀張りでの受けも、飛車角交換から銀が
先手陣に入り込み、一方的に先手陣形を乱していくと、もはや
風前の灯火。桂馬交換でもお代わりの桂馬を打たれて先手玉は
下がらざるをえず、決め手の角の打ち込みが、1三にある角の
効果でもはや受けきれず、一方的に寄せきられてしまいました。

リコー杯女流王座戦準々決勝は、すでに香川愛生と伊藤沙恵が
勝ち上がっていますが、残り2局が行われ、
里見香奈VS貞升南戦は107手で先手の里見香奈が、
西山朋佳VS室田伊緒戦は105手で先手の西山朋佳が勝ち、
それぞれ準決勝に駒を進めました。

準決勝での組み合わせは、 香川VS見香貞升、伊藤VS西山と、
現奨励会員VS元奨励会員の図式となりました。


里見香奈VS貞升南戦
先手里見香奈、先手番ゴキゲン中飛車。後手貞升南は居飛車の
出だしから囲いを優先。先手が美濃に組むと後手は玉を3二に置き、
金銀3枚を横に並べます。
この状態からようやく後手が8筋を突き、先手は7七に角を上げ
そこを狙って後手は7筋から銀を上げ、角頭を狙う作戦に。
先手は7筋の歩成り捨てから歩の打ち込み。後手は飛車を7筋に
回して突入をはかります。

後手は歩の打ち込みで先手の飛車を8筋に移動させて、角が5五に出、
銀の進出を支える構え。先手は角を回して6六の地点を守ります。
さらに駒を足して6六を破りたい後手。先手は打ち込んだ歩が成って
攻めの拠点としたいところ、後手は手を戻してそうはさせじと守ります。

先手からの攻めが難しいところ、後手からはいろいろな手が見えて
逆に迷うところ。先手が角の利きを止めたけれども後手は6筋の
歩を伸ばして攻め決行。銀が前に出て突破目前。対する先手は
8筋の歩を伸ばしてなんとか眠っている飛車を攻めに使いたいところ。後手の攻めに先手は飛車交換でなんとか間に合わせようと
しました。

3筋の攻防は後手が金得となりましらが、お互いの角が使えない状況で、
成り駒が多い先手が攻めの継続としては有利かもしれず、終盤戦に入り、
どちらが相手の玉に早く到達するかの争いになりました。
後手は先手玉のこびんの位置に角を移動。玉角両当たりの桂打ちが
決まると先手玉は一気に寄るので先手は角を後手玉に狙いを合わせて
移動させます。後手はとりあえず先手の飛車角を危険地帯から
遠ざけますが、下がった先手角が、これもまた後手玉の逃げ道封鎖に
役立つ場所。

ここで後手貞升南は端攻撃を開始。しかしこれはまだ駒不足。
先手里見香奈は目障りな後手角をこびんから追い払いますが、
結果的にはここが勝敗の分かれ目だったのか。
攻めが途切れた後手はここから防戦一方に。対する先手は飛車を
逃がしながら奪った香車を2筋に貼り付け、後手の守りは一気に手薄に。左右挟撃態勢が見事に決まって、中盤優勢だった後手は
知らぬ間に追い詰められることに。終盤力の違いがここに来て
はっきり現れ、後手玉はあっというまに寄せきられてしまいました。


西山朋佳VS室田伊緒戦
先手西山朋佳、後手室田伊緒、相三間飛車で22手まで先後まったく
同じ動きで飛車を4段目に上げ、金無双に構えますが、先手が角を
7七に上げたところでようやく後手は端歩をついて別の流れに。
ここで後手から角交換。後手は金銀を横一列に並べて4筋を狙う
構えに対し、先手は銀を5七に上げて4筋を守ります。
かまわず後手は4筋を突き、銀上がりで飛車の横利きが
止まったのを見て2筋で歩の交換。陣形は乱れた物の、2枚の銀が
2筋を守ります。

いったん飛車を自陣に戻した後手に対し、先手は角打ちで飛車先を
破ろうと狙います。飛車を回して2筋から飛車を攻めようとする先手に
後手はぎりぎりの受け。さらには隙が出来た8八に角を打ち込んで
角成りを狙います。さらには2筋に伸びている歩を使って、先手玉頭
からの攻め。対する先手は最小の受けで防いだ後、いよいよ後手の
飛車側から銀成りでの銀金交換から飛車の成り込み。後手玉に
じわじわと迫ります。

後手室田伊緒はなんとか交わしながら、飛車を攻めの場所に移動
させますが、自陣は火のついた状態。とても攻めを決行する余裕は
ありません。詰みを読み切ったか、先手西山朋佳は一気の攻め。
着実に攻める先手にもはやこれまで。終わってみれば一方的に
寄せられたかっこうになってしまいました。