リコー杯女流王座戦二次予選第11局、清水市代VS香川愛生の対局は、
128手で後手の香川愛生が勝ち本戦に駒を進めました。

先手清水市代いつもの居飛車に対し、後手香川愛生ゴキゲン中飛車に
出ます。
先手が超速銀で迎えると後手も銀を繰り出します。先手は矢倉、後手は
穴熊に囲い、先手は9七に角を上げて中央からの攻撃を狙います。
対する後手は角を当てて交換。このタイミングで先手から2筋の歩の交換、
飛車が前進します。

後手は3筋を攻めて先手の桂馬を釣り上げ、飛車の後退を阻止し、
さらに先手銀も押し下げ、後手銀が前進することで先手の飛車を
捕獲します。
飛車が危うしとなった先手は端攻撃から、あえて飛車を香車の真ん前に
移動。穴熊玉頭からチャンスがあれば一気に攻める構えを見せます。

これにはうかつに飛車を取ることも出来ず、後手は銀を推し進め、
銀金交換から飛車が前進、先手玉頭を狙います。
無事に先手飛車は逃げきり、そのまま端攻撃。駒の交換から
後手玉を引っ張り出し、玉のこびんの飛車当たりの角打ち。
ここは飛車を犠牲にして9筋にと金を作り、先手玉に迫る後手です。

後手はと金と先手の守り駒の銀を交換、角成りも果たして先手玉に
迫り、さらに金打ちで先手の飛車に当てます。飛車が手に入れば
先手玉に詰めろがかかる形。
ここで先手は飛車の打ち込みで横から王手。これを金打ちで受け、
2枚の飛車がどちらも金当たりで1枚は確実に取られることに。
もっとも金を使ったので、飛車を手にしても詰めろにはならない模様。

両当たりの先手は飛車が銀取りで移動。もっとも両当たりはまだ
継続中。後手は竜の方を取って逃げ道を広げます。
歩成りで桂馬があがり、その頭に飛車が回り込んでとりあえず
飛車は無事に。しかし手番が後手に回り、桂馬張りの挟撃態勢
作りから飛車の打ち込みで攻撃開始。

後手香川愛生が詰めろをかけるのに対し、先手清水市代も
詰めろ逃れの詰めろをかけかえします。
即詰みを見いだせない後手は受けに回りますが、一手違いと
読んだ先手は詰めろの継続。相手の打ちたいところに打つ原則で
守ろうとする後手。もし駒が手に入って手番が回れば後手の勝ちは
間違いないところ。

先手は玉に迫れど打ち歩詰めに。やむなく飛車切りで打ち歩詰め
回避。しかし継続手があるのか。
すべての持ち駒を使い切っても後手玉を捕まえきれない先手は
ここでやむなしの投了。きわどい戦いを制した香川愛生が本戦進出を
はたしました。



AD
リコー杯女流王座戦二次予選第10局、北村桂香VS室田伊緒戦は、
118手で後手の室田伊緒が勝ち本戦に駒を進めました。

先手北村桂香、後手室田伊緒相3間飛車の出だしに、両者とも
飛車を4段目に上げ、先手が7筋の歩の交換の後角交換。
先手は玉を7八に、後手は玉を6二にとどめます。
後手がただちに角を6四に貼って先手飛車を牽制しながら
玉に狙いをつけると、先手は歩を上げながら飛車が左右に
動きます。

後手が飛車交換を要求しますが、先手はなけなしの歩を貼って
拒否。先手が金を上げながら角を貼って8筋突破を狙うと、
後手は銀を上げて先手玉頭を狙います。
先手は7五の地点を突破口に駒を集めます。後手も駒を集めて
7五を守ります。

先手は飛車が押さえ込まれて動きが取れず、右に角銀金を
移動させて打開を図りますが、後手が牽制するように中央に
駒を回し、銀交換から押さえ込みをはかります。さらに
玉のこびんに歩を打ち込んでくさびとし、攻め込む態勢十分。
先手は上げた桂馬が浮き駒になってしまい、後手からの一斉攻撃を
防ぎきれません、

ならば逃げ道を確保しようという先手北村桂香に、後手室田伊緒は
逃げ道遮断に駒を伸ばし、勝負ははやついたも同然になって
しまいました。
あとは並べ詰め。後手玉に迫る手もなく、詰めろを掛けられて
しまった先手は受けようもなく投了に追い込まれました。


AD
リコー杯女流王座戦二次予選第9局、中澤沙耶VSカロリーナ・ステチェンスカ戦は
81手で先手の中澤沙耶が勝ち、本戦に駒を進めました。

先手中澤沙耶居飛車に後手カロリーナ・ステチェンスカ三間飛車の出だし。
先手は玉を7八において、金1枚の守り。後手は美濃に囲います。
4筋5筋の歩のつき合いから、先手は2筋を突き捨てて、いつでも
飛車が飛び出る構え。後手の角先にある銀を先手が歩で誘い、
がら空きになったところで角交換から先手が飛車を伸ばします。
先手は楽々と飛車が成り込み、後手は守りで金銀が浮き駒に。
この段階で勝負あったと言ってもいいかも。

先手は桂馬打ち、角の打ち込みで優位を築きます。守ってばかりでは、
と後手も銀を伸ばしますが、銀交換は先手の持ち駒が増える結果に。
取った銀も直ちに攻めに打ち込み、先手陣は一気に崩壊。銀取りに
飛ばした桂馬も交換で得た桂馬がそのまま攻めに使われて
一方的な展開からいいところなく後手玉は寄せきられてしまいました。


AD
リコー杯女流王座戦二次予選、第6~8局は
今井絢VS山根ことみ戦は82手の短手数で後手の山根ことみが勝ち、
斉田晴子VS長谷川優貴戦は114手で後手の長谷川優貴が勝ち、
熊倉紫野VS中村真梨花戦は102手で後手の中村真梨花が勝ち、
それぞれ本戦に駒を進めました。

今井絢VS山根ことみ戦
奨励会6級に入会したばかりの先手今井絢居飛車で8筋の
歩を伸ばし、後手山根ことみは角を7三に上げた後4間飛車に。
両者美濃囲いから、先手は角を引いて7七に回します。

先手が銀冠に組み替えたところで駒の連携が取れていないと
見た後手が左から銀を押し上げて攻めを開始。先手は6筋の
歩をついたあと飛車を6筋に回します。しかし結果的には
これが中途半端な形となり、後手は3筋を歩で押さえ込み、
さらには桂馬交換から角切りで先手玉を上げた後、玉銀
両当たりの桂馬打ち。せっかく回った飛車が何の役にもたたず、
飛車先から攻め込まれます。

事実上、ここで勝負は決し、後手山根ことみにいいように攻められ、
先手今井絢は対処するので精一杯。上部を完全に押さえ込まれて
飛車交換からただちに飛車を打ち込まれていいところなく
寄せきられてしまいました。


斉田晴子VS長谷川優貴戦
先手斉田晴子、後手長谷川優貴、共に相三間飛車美濃。両者とも
角を端に移動してにらみ合います。
先に先手が7筋の歩の交換。後手が銀を上げたのに対し、先手は
桂馬を飛ばします。
再び7筋をついて桂馬交換を誘う先手に対し、後手は先手の金を
釣り上げ、銀を推し進めます。

後手が桂金交換を図ったのに対し、先手は交換して得た桂馬をすぐに使って後手の飛車を押さえながら中央突破を目指します。
斜めに利いている角を支えに、桂馬成り・歩成りを果たす先手。
対する後手は取られそうな桂馬を活用して先手陣を見出してから
飛車を回して飛車角交換。さらには先手玉の守り駒を攻めて、
斜めに睨んでいる角の撮り道を作りながら、持ち駒の角の
打ち込み場所を作ります。

後手陣は守りが堅く、まだまだ攻め込まれるのには時間が
かかりそう。対する先手陣は飛車金のみの守りで、いつでも後手の
角が成り込める状態。ここに来て形勢は逆転した模様です。
長考の後自陣飛車で守り切ろうとする先手斉田晴子。後手
長谷川優希は角成りを決行。これを先手は飛車と交換。さらには
交換したばかりの角打ちでもう一枚の馬も消そうとしますが、
守り一方。攻め込むチャンスは得られそうにもありません。

先手のぎりぎりの受けに後手は迷いながらも駒を増やして
攻めかかります。上部に味方駒が多いとは言え、玉の逃げ道が
ふさがれている間が勝負とみての一気の攻めの前に先手玉は
とうとう追い詰められてしまいました。


熊倉紫野VS中村真梨花戦
先手熊倉紫野居飛車に対し、後手中村真梨花四間飛車。後手は
ただちに一手損角替わり。先手矢倉、後手美濃に囲いが完成した
後に先後手とも角を貼って攻撃目標を定めます。狙いがはっきり
しているだけに、両者とも角を追い払います。

先手は2枚の銀を上げて攻撃の構え。しかしこれが玉の守りを
薄くする結果に。先手玉の玉頭ががらがらになってしまいました。
この機を逃さず後手は飛車が前進、角が先手玉正面の好位置を
捕らえます。

桂銀交換からさらに先手の銀が遠ざかり、好位置に歩を貼って
攻めの拠点が完成。飛車も成り込んで万事休す。
勝ちが見えてきた後手中村真梨花は安全を期して先手熊倉紫野の
端攻めを受け、余裕を持って勝ちきりを目指します。

先手は何とかして守り切ろうとしますが、すでに勝負は決しています。
落ち着いて対処する後手の前には何をやっても焼け石に水。
中村真梨花は抜けがないかどうかしっかり確認した後飛車切り。
じわじわと寄せてくる後手の攻撃に先手は数が足りないまま無念の
投了に追い込まれました。

本日リコー杯女流王座戦二次予選が3局同時に行われ、
高浜愛子VS貞升南戦は106手で後手の貞升南が勝ち、
上田初美VS鈴木環那戦は151手で先手の上田初美が勝ち、
渡部愛VS中井広恵戦は116手で後手の中井広恵が勝ち、
それぞれ本戦に駒を進めました。


高浜愛子VS貞升南戦
先手高浜愛子3間飛車に後手貞升南は飛車を向かい合わせます。
先手が美濃にしたのに対し、後手は3二に玉を置いての変則。
さらにはその玉頭の歩を押し出して、後手は玉頭ががら空きの
状態で攻撃を仕掛けます。

後手は伸ばした銀に角を護衛に出しながら攻めようとする構え。
どう見ても後手の玉頭が弱点に見えるのに、そこを攻めきる
手が見つからないまま受け一方の先手。後手は角も切って
先手玉を裸にしてしまいます。

有効な攻め駒に乏しい後手ですが、それでも桂馬を使って金と
交換、さらには裸玉を上部に引っ張り出していきます。単独では
逃げ切れない先手玉。後手は着実に先手玉を取り囲んでいきます。
有効な逃げる手が見つからない先手高浜愛子は、長考の後、
攻撃が最大の防御とばかりに最後のお願いをかけます。
冷静に対処する後手貞升南。先手からの詰めろがないだけに
確実に詰めろを続けていけばいいので、気楽に進められ、
この段階でもはや勝負は決しました。


上田初美VS鈴木環那戦
先手上田初美ゴキゲン中飛車に後手鈴木環那超速銀。
先手から5筋歩の交換から銀交換。後手は飛車銀が前進、
囲いは先手美濃に後手は穴熊に行こうとする構え。
積極的な先手は相手陣に銀を打ち込んで後手陣を崩しに
かかります。

玉から駒が離れて、なおも先手は歩の連打で浮き駒を作って
再度の銀打ちから銀成りで拠点を作ります。
対する後手は飛車の成り込みと斜めからの角のにらみで
先手の飛車角を釘付けにしますが、先手は地味にと金を
増やして小駒だけで攻めきろうとする作戦に出ます。

後手は成り込んでいる竜を要にしてと金を作って攻めようと
しますが、ここで先手は焦点となっている4筋に飛車を回します。
銀を貼って守ろうとする後手ですが、先手の攻撃開始。後手は
やむを得ず、先手陣ににらみを利かせていた角を捨てることに。
脅威の無くなった先手はもう一つの後手の攻め駒である竜も
追っ払いました。

先手は角の打ち込みでさらに優位をはかろうとし、金交換から
攻め駒を着実に増やしていきます。後手は先手の飛車を取ろうと
しますが、働きの悪い飛車をあきらめて駒を増やしにかかる先手。
さらには飛車を打ち込んだ後手に対し、金取りのかわりに角をも
渡して攻めを優先する先手。大駒を2枚得てもなお攻めのうまい
手が見つからない後手は、相手陣に打った飛車も竜にして
自陣に戻します。

カナ駒を大量に手に入れた先手上田初美はただ駒を貼って
攻めて行くのみ。2枚の竜が守りに利いているとは言え、離れた
位置では有効に使えない後手鈴木環那はすべての大駒を使って
必死に受けていきますがもはや限界。最後は守り駒の2枚の竜を
取り切られた段階で力尽きて投了となりました。


渡部愛VS中井広恵戦
中井塾出身の渡部愛ということで、公式戦では1回対局が
あるだけとはいえ、手の内をよく知り尽くしている両者の対決。
先手渡部愛、後手中井広恵両者とも居飛車の出だし、
2筋5筋で歩のぶつかり合いはあったものの、互いに歩を
1枚ずつ手持ちにして、金銀を前面に押し出し合う持久戦模様の
出だし。

後手は銀を伸ばして攻めかかろうとする構えですが、先手の守りは
固く、簡単には踏み込めません。こびんを狙うように角が出てきて、
受けに銀を引いたところで後手は飛車が前進。しかしここは先手も
踏み込める展開。歩の叩きから桂馬交換の後、角がなりこめました。

優位に立っているのはまだまだ後手ですが、先手は最善の守りで
後手の飛車角をうまくは使わせません。うまい攻めが見つから
なかった後手は飛車を引きますが、先手は金銀交換から銀打ちで
生かし切れなかった馬の活用をはかります。

飛車を逃がしながら攻めにも使えるようになった後手中井広恵
ですが、先手渡部愛も馬が使えるようになり、後手玉を追い回す
ことに。もっとも後手玉にはまだまだ逃げ道が広く、攻めている
間にも自玉が危なくなる状況。盤面全体を見渡しての神経戦と
なりました。
持ち駒の少ない先手はここで決め手を得られず、逆に成り込みを
かけられた後手は豊富な持ち駒で挟撃態勢に。ぎりぎりの攻防戦は
詰めを誤った先手の手から勝運がぽろりとこぼれ落ち、後手中井が
からくも勝利を手に入れました。