1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006年12月13日(水) 17時56分30秒

朝日杯 結果(予想した馬が掲示板を独占。しかし、人気馬ばかりなので当然か・・・)

テーマ:競馬・馬券結果と反省

             1 ドリームジャーニー

             2 ローレルゲレイロ

             3 オースミダイドウ

             4 フライングアップル

             5 マイネルレーニア


 勝ったドリームジャーニーは最後方からのレースだった。スタートで遅れるが、道中は問題なかった。直線手前で仕掛けて外から上がってくると、坂を上がったあたりからいい脚で追い込んでくる。ゴール前でローレルゲレイロが勝ったと思った時に交わしてゴールした。出遅れたが、そのあとあわてずにガマンできたのがよかったと思う。ペースもこの馬には向いたと思う。ただ、厳しいペースになったときなどに、この脚が使えるかが分からないし、今後は評価を一気に上げると痛い目を見ると思うので、しばらくは今回と同じく△ぐらいで行きたいと思う。

 2着のローレルゲレイロは4番手からのレースだった。スタートは問題なかったが、道中は少し掛かってるように見えた。しばらくすると落ち着き、直線手前で外から仕掛け始める。直線では残り200でオースミダイドウを交わし先頭に立つ。そして、そのまま押し切るかと思ったが、ゴール前で勝ち馬に差されてしまった。負けはしたが、今までの安定感のあるレースが生きたと思う。差されたのは、スタート後に少し掛かったのと、早めに先頭に立って勝ちに行ってのものなので仕方ないと思う。このあとも楽しみ。

 3着のオースミダイドウは逃げてのレースだった。スタート・道中とも問題はなかった。4コーナーあたりで仕掛けて、直線逃げ込みを計るも、早めに2着馬に交わされてしまう。しかし、そこからはまた粘るが交わすまでは行かなかった。道中、外々に行ってしまったらしいので、左回りの方がいいのかもしれない。ただ、このあと骨折が判明してしまったのは残念だと思う。

 フライングアップルは4着だった。7番手からのレースだった。スタート・道中とも問題はなかった。4コーナーから仕掛けていき、直線では、やや内目から上がってくる。ジワジワと確実に上がってくるものの、3着までも届かなかった。マイルが初めてだったので、ペースなどが心配だったが問題なく対応できたのはよかったと思う。今の力は出し切っていると思うし、今後は距離伸びても問題ないと思うので、楽しみだと思う。

 マイネルレーニアは5着だった。5番手からのレースだった。スタート・道中とも問題なかった。直線手前で仕掛けていって、直線は内から上がってくる。この馬も、確実に伸びてるもののジワジワとしかこれなかった。距離が少し長いのかもしれない。重賞クラスならごまかせそうだが、G1となると少しつらいのかもしれない。


 感想は、予想通り上位人気が上位を占めたと思う。ただ、先週のJFは、重賞を勝ったのがアストンマーチャンだけだったので、人気がかぶったのは分かるが、今回はオースミ以外にも重賞勝ち馬がいたのにオースミに人気がかぶりすぎたと思った。馬券は取る事が出来たが、まあ、人気馬のほとんどに印をつけてのものだったので、順当かと思った。ただ、対抗にした7番人気のローレルゲレイロが2着に来たのは気分的にはよかったと思う。最後に、「馬連は付いたと思うが3連複は付かなかったな~」と思った。1番人気が3着だった事だと思うが、2頭当てる馬連より3頭当てる3連複の方が付かないのは、少しおかしいと思った。


                          今回の結果 +1750円

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006年11月29日(水) 21時16分25秒

ジャパンカップ 結果(やっぱり、ディープは強かった?)

テーマ:競馬・馬券結果と反省

              1 ディープインパクト

              2   ドリームパスポート

              3 ウィジャボード

              4 コスモバルク 

              6 メイショウサムソン

              8 スウィフトカレント

             10 ハーツクライ


 勝ったディープインパクトは最後方からのレースだった。スターと少し出遅れる。道中は問題なかった。直線に入ってから仕掛けると、大外からいい脚で伸びてくる。残り200ぐらいで先頭に立つと、そのままゴールした。凱旋門賞の影響はまったく無かったと思う。それに、スローの上がり勝負になったので、この馬にはそういう展開も味方したと思う。有馬記念も、現時点では問題ないと思う。

 2着のドリームパスポートは4番手からのレースだった。スタート・道中は問題なかった。直線に入ってから仕掛けると、内で一旦は先頭に立つ。そして、勝ち馬に交わされたあと、3着馬が迫ってきたがそれは阻止した。この馬も、スローペースの展開がよかったと思う。ただ、力は認めるも、周りが言ってるほど強いとはあまり思わない。有馬記念も出てくるようなら評価をあまり上げない方がいいと思う。

 3着のウィジャボードは後方2番手からのレースだった。スタート・道中は問題なかった。直線手前で仕掛けようとするも、前が詰まるシーンがあった。道が開き仕掛けてからはいい脚で伸びてくる。しかし、2着馬を交わすまでは行かなかった。去年5着だったし、今年のメンバーを見ると、これぐらい走ってもいいとおもった。直線、すんなりなら2着はあったと思う。

 コスモバルクは4着だった。先頭でのレースだった。スタート・道中は問題なかった。スタート後、どの馬も行かないと見るとジワ~と先頭に立つ。そのまま直線まで行って、そこから仕掛ける。しかし、早めに2着馬に交わされると、さらに切れのいい1・3着馬にも交わされてしまう。スローで行ったのはよかったと思うが、上がり勝負になると分が悪いと思う。最後まで粘っていただけに、もう少し早めにスパートして粘りこむレースの方が良かったかもしれない。

 メイショウサムソンは6着だった。後方5番手からのレースだった。スタート・道中は問題なかった。直線手前で仕掛けるも、内にもたれて、なかなか仕掛けられない。仕掛けた頃には時すでに遅しだった。道中ドリームパスポートより後ろにいた時点で厳しいと思ってたけど、やはりスローになって厳しかったと思う。ただ、内にもたれたのは少し気になるところだと思う。もしかしたら、疲れがたまってるのかもしれない。

 スウィフトカレントは8着だった。6番手からのレースだった。スタート・道中は問題なかった。直線に入ってから仕掛け一旦は伸びてくるも、前を捕らえる勢いはなく、さらに残り100ぐらいで止まってしまった。距離が少し長いと思ってたけど、鞍上も「距離が2000ぐらいの方がいい」と言っていたので、今回は少し距離が長かったようだ。

 ハーツクライは10着だった。3番手からのレースだった。スタート・道中は問題なかった。直線手前で仕掛け始める。しかし、直線に入るとまったくと言っていいほど伸びてこなかった。やはり、休み明けやノド鳴りの影響があったのかもしれない。それで、「有馬記念では・・・」と書こうと思ったが、どうやら引退を発表したらしい。


 感想は、スローの上がり勝負になったので、着順どおりで仕方ないと思う。正直レベルは高くないと思った。馬券は、道中でメイショウがドリームより後ろだったので、その瞬間に、ほとんどあきらめていた。ディープの復活はよかったと思うが、レース的にはあまり面白くなかったかとも思った。


                            今回の結果 -2500円

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月22日(水) 17時12分59秒

マイルCS 結果(本当に、枠の4-5で決まるとは・・・)

テーマ:競馬・馬券結果と反省

              1 ダイワメジャー

              2 ダンスインザムード

              3   シンボリグラン

              7 コートマスターピース

              8 ハットトリック 

             12 マルカシェンク

             15 アグネスラズベリ


 勝ったダイワメジャーは2番手からのレースだった。スタート・道中とも問題はなかった。直線に入って仕掛けて先頭に立ち、そのまま押し切るかと思ったが、2着馬がいい脚で伸びてくる。しかし、並ばれそうになったら、もう一伸びして、前走や毎日王冠のときのように押し切った。ペースがマイル戦にしては少し遅かったが問題なかったようだ。しかし、今更ながら、並ばれると、もう一伸びする強さは、かなりいいものを持ってると思う。上がり勝負では分が悪い時もあるが、今回みたいな展開が予想される時は、外せない1頭だと思う。

 2着のダンスインザムードは10番手からのレースだった。スタート・道中とも問題なかった。4コーナーで馬なりで上がっていき、直線外目から仕掛けるといい脚で伸びてくる。勝ち馬を交わす勢いがあったが、並びそうになったときに勝ち馬がもう一伸びしたため惜しくも2着だった。少し遅めの展開で、ここまで追い込んでくるのだから、やはり力はあると思う。ただ惜しかったのは、並ばずに交わせる状態だったら、どうだったか見てみたかった。今回は相手が悪かったと思う。

 3着のシンボリグランは8番手からのレースだった。スタート・道中とも問題はなかった。3・4コーナーあたりから仕掛けていって、直線は外から伸びてくる。切れはないものの、一歩一歩確実に伸びてきて、前2頭には少し離されたものの3着は確実に制した。春はスプリントのほうがいいと思っていたが、今ならマイルでも十分に勝負できると思った。後は、スタートが確実に切れるようになれば言う事はないと思う。

 コートマスターピースは7着だった。後方5番手からのレースだった。スタートで少し出遅れる。道中は問題なかった。3・4コーナーで上がっていき、直線は馬場の真ん中から仕掛けてくる。伸びては来ているのだが、先頭集団を脅かすまではいかなかった。まあ、スタートで出遅れた時点で辛かったでしょう。ただ、最後伸びてるだけに残念だったと思う。

 ハットトリックは8着だった。後方2番手からのレースだった。スタートで出遅れる。道中は問題なかった。4コーナーあたりから仕掛けていって、直線は外目から伸びてくる。しかし、去年ほどの切れはなかった。切れ勝負の馬なので、雨が降っていた今回は少し辛かったと思う。しかし、それを引いても去年ほどの勢いはないと思うので、まだ復活しきれていないと思った。ただ、来年の京都の金杯に出るようなら、もう一度狙ってみたいとも思った。

 マルカシェンクは12着だった。後方3番手からのレースだった。スタートで出遅れる。道中は問題なかった。直線手前で仕掛けて、直線は大外から伸びてくる。しかし、思ったほど伸びては来なかった。鞍上のコメントだと「流れに乗れなかった」と言っている。雨で馬場も悪かったのも考えると、しょうがないかもしれない。

 アグネスラズベリは15着だった。後方8番手からのレースだった。スタートは良く、道中も問題はなかった。しかし、スタート後では下がっていってしまった。直線手前で仕掛け、直線では外から伸びてこようとするも、すでに脚色はなかったようだ。スタートせっかく良く出たのに、下げてしまったのは少しもったいなかったような気がした。ただ、それがなくてもちょっと力が足りないとも思った。マイルなら、G3あたりが精一杯かもしれない。


 感想は、逃げたステキシンスケクンが、もう少し早いペースになると思ったが思ったより行かなかったのでダイワにはいいペースになったのかと思った。それと同時に後ろからの馬にはつらい展開になったとも思った。あとは、ダイワ・ダンスとマイルが専門でないのが上位に来てしまったのを考えると、マイルのレベルにも問題あるのかとも思った。馬券は、まさか本当に枠の4-5で決まると思わなかった。これなら、当初の予定通りにしておけばよかったな~と思った。ただ、それが出来ないのよね~。気が小さいから・・・(笑) でも、なんとか当てられたのはよかったと思う。そして、古都Sは、バイロイトが勝ち、トウカイエリートが2着、エリモエクスパイアが3着で、アースクリスハーンが5着で、馬連と3連複を取る事が出来ました。バイロイトは京都得意だったし、距離もこのぐらいのほうがいいと思う。トウカイもコース適正があったし、前走休み明けで勝っていて、なおかつ斤量が今回の方が軽かったので押えられた。エリモは少し構えすぎたと思った。アースクリスハーンはよく粘っていたが、距離が気持ち長かったのかもしれない。2000までなら、この条件でも戦えると思った。


                      今回の結果 2レースで+2350円


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月14日(火) 21時11分35秒

エリザベス女王杯 結果(カワカミプリンセス1着入線も、降着のため12着に・・・)

テーマ:競馬・馬券結果と反省

               1   フサイチパンドラ

               2 スイープトウショウ

               3 ディアデラノビア

               4 アサヒライジング

               7 サンレイジャスパー

              12 カワカミプリンセス (1着降着)


 勝ったフサイチパンドラは8番手からのレースだった。スタート・道中とも問題はなかった。直線では、内を突かず外に持ち出し仕掛けると、力強く伸びてくる。カワカミには置いて行かれたが、スイープの追走を防ぎ2着争いを制した。そして、カワカミが降着になったため結果的に優勝することになる。春は先頭に立って自分のペースに持ち込めれば強く、そうでなければ完敗する様な感じだったが、秋になって気性的に成長したのか、無理にハナに立たなくてもレースが出来るようになったのはいいと思う。今後は、距離よりもスローのレースになったときはどうなるのか?が見ものだと思う。

 2着のスイープトウショウは後方4番手からのレースだった。スタートは問題なく、道中もカワカミをマークするようなレースだった。4コーナーあたりから仕掛け始め、直線は一番外から伸びてくる。いい脚で伸びては来るも、去年の勢いはなくカワカミどころかフサイチも交わせなかった。年齢的に去年より落ちているのかもしれない。大外からというのもあるが、去年も大外からだったのでそれは言い訳にはならないと思うし、ペースも決して向かなかったとはいえないので、やはり年齢的なものかもしれない。

 3着のディアデラノビアは7番手からのレースだった。スタート・道中とも問題はなかった。4コーナーで上がっていき、直線では内から仕掛けて伸びてくる。一旦先頭に立つようなシーンも見られたが、カワカミに交わされると足が鈍ってきて最後はがんばるも、さらに2頭に交わされてしまった。7番手なので、いつもより前でのレースだと思った。しかし、それが最後の粘りが持たなかったのとは違うと思う。この馬の力は出していると思うし、距離もこのぐらいがいいと思う。ただ、一瞬しかいい脚が使えないらしいので、今後もこのようなレースは続くのかな?と思う。

 アサヒライジングは4着だった。3番手からのレースだった。スタート・道中とも問題なかった。前2頭が飛ばしてたので、3番手とはいえ、逃げたようなレースだった。直線まで仕掛けず、直線に入っても、ほかに並ばれてから仕掛け始めた。しかし、止まる事はないが切れで劣ったため、結局4着になってしまった。この馬が、一番仕掛けが難しかったと思う。早めに行くと後ろに差されるし、ジックリ行くと今回みたいになるし・・・とを考えると、この結果はしょうがないかなと思う。ただ、本当に勝ちに行くなら、もう少し早めに先頭に立って粘るみたいなレースをしてほしかったと思う。 

 サンレイジャスパーは7着だった。最後方からのレースだった。スタートで少しで負けする。道中は問題なかった。3・4コーナーあたりから仕掛け、直線外から伸びてくる。しかし、いい脚は見せるも前を捕らえるまではいかなかった。レースを見る限りでは、力の差があったかと思う。

 カワカミプリンセスは1着入線も降着のため12着だった。10番手からのレースだった。スタート・道中とも問題はなかった。4コーナーから仕掛けるも反応がよくないように見えた。そして直線、一旦は外に持ち出そうとするも内が開いたので、そこに飛び込み伸びてくる。すると、いい脚を見せてほかの馬を交わすと、そのままゴールしたが・・・。まあ、降着は残念だが牝馬ナンバー1なのは明らかだと思う。このあとは、牡馬との対戦も楽しみだと思う。ただ、反応がよくないと思うので、スローのレースとかは今の所心配だと思う。なんとなくだが、ヒシミラクルとイメージがかぶると思っている。


 感想は、レース前で言われていたように、古馬より3歳のほうが今年は強かったと思う。あと、降着はグリーンチャンネルを見たが、勝負どころだったし、ヤマニンも大きく立ち上がってたので降着はしょうがないと思う。あれで降着でないのは逆におかしいと思う。カワカミには、このあといいレースを見せてもらって本当に強いことを証明してほしいと思うし、フサイチにも同じ事を言いたいと思う。馬券は、降着関係なしにハズレ。orz しかし、フサイチパンドラは個人的に買いづらい馬になってしまったと思う。いまさら重い印をつけられないし、かといって印をつけないと来そうだしね。今後は、まったく買わないか、毎回△をつけるしかないと思った。


                           今回の結果 -4000円

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年11月01日(水) 14時18分25秒

天皇賞 結果(ダイワメジャーが来なければ完璧だったのに・・・。ダイワメジャーなんかキライだー)

テーマ:競馬・馬券結果と反省

              1   ダイワメジャー

              2 スウィフトカレント

              3 アドマイヤムーン

              4 コスモバルク  

              6 ダンスインザムード

             10 ローエングリン


 水曜日になってしまいましたが、天皇賞の回顧を書きたいと思います。


 勝ったダイワメジャーは2番手からのレースだった。スタート・道中とも問題はなかった。直線手前で騎手が後ろを見る余裕があった。直線に入ると、後方が来るのを待ってから追い出し、そこからは2着馬が迫ってくるも交わされる様子もなく、力強くゴールした。1000M58・8の早いペースだったので、折り合いを欠く事もなくレースできたのがよかったと思う。左回りも、この様子だと克服したようだ。

 2着のスウィフトカレントは9番手からのレースだった。スタート・道中とも問題なかった。直線入って、残り400で仕掛けると、いい脚で勝ち馬と合わせる格好になる。しかし、勝ち馬を交わすまではいかなかった。勝ち馬との差はG1での経験の差が出たと思う。この経験を生かせば今後も楽しみだと思う。

 3着のアドマイヤムーンは、10番手からのレースだった。スタート・道中とも問題なかった。直線に入る手前で仕掛けて、直線に入ると馬場の真ん中で道を探すシーンが見られた。残り200で道が開き、再度仕掛けていい伸びを見せるも、先頭までは届かなかった。直線の不利・3歳馬という事を考えるとがんばっていると思う。あとは今後、成長出来るかがカギになりそう。距離はこのぐらいがいいと思う。

 コスモバルクは4着だった。6番手からのレースだった。スタート・道中とも問題なかった。直線に入ってすぐに追い始めると、外に出しながら上がってくるが、伸び脚が上位の馬と比べるとジリっぽく、最後まで伸びているものの先頭までは差があった。控える競馬は慣れてきたと思うが、今回のような早い馬場のレースとなるとやや分が悪いと思う。もう少し時計が掛かった方が良さそうだと思う。

 ダンスインザムードは6着だった。3番手からのレースだった。スタート・道中は問題なかったが、馬場入りの時に少しうるさいところを見せていた。直線に入ると、勝ち馬と同じタイミングで仕掛けるが、残り200を過ぎたあたりで脚色が鈍ってしまい、最後はなだれ込むようにゴールした。今回のように淀みのないペースになると、この距離は少し長いと思う。もう少しゆっくり流れるレースだったら距離は持ったと思う。ただ、牝馬というのを考えるとよくやっていると思う。

 ローエングリンは10着だった。4番手からのレースだった。スタート・道中とも問題はなかった。直線に入って仕掛けるがジリジリとしか伸びてこなく、残り200ぐらいで止まってしまった。鞍上が「直線モタれていた」と言っていたので、この馬には早いペースだったのだろう。そう考えるとG1では、少し荷が重かったかもしれない。


 感想は、ダイワがいなければ完璧な予想だったのに・・・。orz ただ、いまさら左回りを克服されてもすぐには買えないよね~。そういえば、マチカネフクキタルが来た菊花賞もこんな結果だったような気がする。今年のレースは早いペースだったのでマイラーが上位に来たと思う。このあとは、ダンスとダイワはマイルCSでスイープはエリザベスで狙おうと思う。


 土曜日スワンSは、プリサイスマシーンが勝ち、シンボリグランが2着、アグネスラズベリが3着で、ステキシンスケクンが4着、タマモホットプレイが6着、シンボリエスケープが8着、ネイティヴハートが14着で、こちらもハズレ。本命のタマモは太め残りだったし、対抗のネイティヴはペースが向かなかったりと、ちょっとツイてなかったと思う。


                    今回の結果 2レースで-3500円

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。