レーシックを受けてきました

テーマ:

SBC新宿近視クリニック


でレーシックを受けてきました。


うわさだと、手術を受けてすぐは、目が開けられないと知り合いから聞いていたし、次の日は10時半に検査だったので、近くのホテルをとっていきました。


検査時に、「目に触りますよ~」といわれて、ぎょっとしたのですが、実際たいしたことがなかったので、きっとたいしたことないのかもと、あんまり緊張せずに到着。


簡単な検査のあと、手術質のある階につれていかれ、看護婦さんが今度は対応してくれました。

大変丁寧な看護婦さんでした。病院にいる優しい看護婦さんみたい。


目薬の説明も大変丁寧で、

元薬剤師としては、うまいもんだと感心感心っておもってました(年をとると何でも上から目線)


でも、

いつも説明する側だったので、説明される側はこんな感じなんだと。。。

つまり、上の空であんまりきいていないのね。。。


なんだかんだと手術室へ。


手術室は、大きな機械付の緑色の手術台。

おお、テレビドラマで出てくる手術台っぽい。

人生において、健康体のうちに手術室に入れるなんて今後あるのだろうかと、ちょっと感動。



でも、感動していたのは、ここまででした。



私、目薬もうまくさせない人なんで。

力ぬいてくださーーい

と何回も言われましたが、


ぬけるか!!


と突っ込みたいところを、目を閉じないようにと必死で目に力を入れる私。


でも、私の目は私の意志とは関係なく、瞬きしようとがんばってました。

だがしかし、ちゃんと目を開きっぱなしにするようにセットしされていたので、目は閉じなかったようです。

私の感覚ではたくさん瞬きしてたのですが。


トータルとしてはとても怖い思いをしたのですが、その怖い思いがとても短かったので、コンタクトもできない、目薬もまともにさせない私でも、まあ、何とかなるもんだと終わった時に思いました。

5分ぐらいで終了した感じです。

怖さ度としては、親知らずを抜くのと同程度でしょうか?

きっとコンタクトをしている人なら楽勝♪って思うのかもしれないと思いました。私はおっそろしいのから解放されて、ほっとしまくってましたが。



手術直後から、裸眼で相当見えてました。

30分ぐらいはリクライニングソファーで休むことになります。

ちょうど麻酔が切れるぐらいに、帰っていいですよと言われ、帰ったのですが、

びっくり

半端なく目が開きません。たまねぎの液に目をつけている感じ?

鼻も痛いし。



ホテルをとって本当によかったと。

目だけは、ほぼ号泣状態で、コンビにでなんとかご飯を買い、ホテルにチェックイン。

目薬を差しながら、ずっと目を閉じていたんですが、1時間ぐらいは痛くて目薬さすのもやっとでした。



でも小一時間もすると、少しずついたいのは取れてきました。

痛み止めの目薬もクレタのですが、効果は短いし、あんまり指しすぎると目がただれるというので、使うタイミングを考えていたのですが、夕ご飯を食べるときに使いました。目がちゃんとあかないと食べた気がしないので。


2時間も経つと、目の痛さはほぼ取れました。

目薬だけは頻繁につけてましたが。

相変わらず、目薬がなかなか刺さらずいらつくわで、目薬が目に入るまで何回もさしていたら、ヒアルロンサン入りの目薬が数時間でほぼなくなってしまいました。



どんだけへたくそなんだ。。

まぶたとか、まつげとかに落ちるんですよ。

なんで目に一発で入るのかしら。。。

意味わからん。



次の日の検査時に、お医者さんにいったらもう一本くれました。

視力も量目1.5ありました。

なんだかすごい。

裸眼でこんなに見えるなんて、ちょっと感動。



高かったけど、メガネを1年に2回買っていたので、5年もすれば元は取れるし。

とりあえずやって良かったかなと思いました。



ここのクリニックの良さですが、待たないことでしょうか?











AD

レーシックに挑戦

テーマ:

小学校5年生だったでしょうか。メガネをかけたら世の中がこんなにも明るいのかと感動したことを今でも覚えています。


それからずーっとメガネで暮らしてきました。寝るときもメガネしっぱなし、風呂も紙を洗うとき意外は基本メガネ。。。とうとうメガネにおさらばする気になりました。

きっかけは、新卒で就職した会社の同期会があり、古い人だとおよそ7年ぶりの再会。東京で飲んだのですが、最終を逃し、友人の家に泊まりました。そのカップルが二人ともここ2年のうちにレーシックをしていました。そこで彼女たちに言われたのが、


男:「メガネしてると学校の先生みたいだ...」

女:「私もおなじこと思った」



最近アラフォーになってから女子力なる言葉にとりつかれておりまして、今の会社の同僚にも、最近入った保険の兄ちゃんにも”女子力を上げたほうがいい”といわれておりました。



どんだけ女子力ないのかね?


最近はいろいろ反省をして、会社に行くときは化粧もしているし、髪にもお金をかけているのだが、まだだめらしい。



やっぱり、このメガネが良くないのか???



もはや、メガネをしていることすら忘れて、1年に数回はメガネをドアにぶつけたりしているほど、私の顔の一部になっているのだけれと、人から見たら違うらしい。



この間合コンに行ったときも、酔っ払った兄ちゃんが私のメガネをはずそうとがんばっていました。



そんなにはずした方がいいのかね?



うーーーーーん。。。



といっぱい考えまして、とりあえず検査しにいってきました。


丁度新宿に行く用事があったので、電車で移動しながら、携帯で、レーシック、新宿、口コミでぐぐったら、下の眼科さんがヒット。


SBC新宿近視クリニック

http://www.jpal.com/


土曜日だったが、当日予約して当日来院可能だった。


思ったよりすいていて、らっきー。夕方5時からだからだろうか。

待合室の椅子はたくさんあったので、普段はもっといるのだろう。



それよりも何よりも、検査用の顔をのせて計る、あのいわゆる眼科によくあるやつの数が何台もならんでおり、次々に別の機会に顔をのせて、検査するのがびっくり。

まるで流れ作業です。でも検査が早い早い。

検査技師さんの説明も早い早い(笑)

よく口が動くなあと関心してました。おばあちゃんおじいちゃんには微妙ですが、忙しい人には逆に好印象です。



夕方5時から検査して、終了したのが6時半ぐらいでしょうか?

瞳孔を開く目薬をさして、効果が現れるまで30分ぐらいかかるらしく、それに最も時間がかかったかなと。



全体的には大変親切な眼科だと思いました。



だがしかし、今ブログを書くというのでPCでホームページ見に行ったら、なんとびっくり!!がっかり。。

交通費補助

医療従事者への料金の補助等々

いろいろ補助があるらしいのですが、一切その説明がなかった。



HPを見てから行かなかった私も悪いのですが、一言あってもいいですよね?

携帯のHPからではそういったところまでは書かれていない。書かれていたとしてもあまり、携帯でじっくりHPなんて見ないので、気づきませんでした。


免許書コピーしたときに、住所みてきづかなかったのかしら?受付の人。


HPで補助をたくさんしているとアピールしている割には、自分から言わないと補助のお話はしてくれないのね。



まあ、いいのですが。

レーシックさえちゃんとやってくれれば。

医院長と思われる先生は、ゴールドのネックレスが大変よく似合う先生でした。

昔、薬局にいたときに薬局の社長がしていたゴールドのネックレスをしていたのを思い出しました。。。





本番は10月21日です。

目に目薬もまともにさせない私ですが、検査しているときに、網膜?の厚さを調べるために、目に触りますといわれ、恐れおののいたのですが、触れている感じが全くしなかったので、想像していたよりは怖くないかも。




AD

久しぶりの更新です

テーマ:

暇だった仕事も、いつの間にか大忙し。

戦力として少しずつ見てもらっているような気がします。

しょうしょう空回りしているような気もしますが。


職場にはいろいろ問題があるようで、会社も労働組合もいろいろやってくれていますが、就職したてよりはだいぶ仕事がしやすくなったと個人的には感じているのだけど、他の方々はあまり思っていないようです。



あまり物怖じせずに思ったことを発言するタイプなので、重苦しい空気の会議の時は真っ先にどうですか?

と意見をもとめられるので、あんまり不満に思ってもいないのですが、せっかくの機会ですので改善してほしい点を述べたりもしているのです。



でも、問題は社員側にもあると思うようになってきました。

自分たちでなんとかしようとしないというか、上司が変わればすべてがうまくいくと信じているような。


上司をやめさせたいのであれば、代わりの人が必要なわけで。

誰かいい人いるのかね?

とにかく、この上司はいやだから辞めさせろ、代わりの上司も会社の責任でつれてこいというような印象をうけてしまう。

しかも、上司や会社との会談の場を設けても誰も話さない。

上司が怖いからという理由はわかるけど、上司がいない場所でも話さない。



変えようという姿勢がないというか。すべてやってもらおうという印象を受けてしまう。



昨日は、上司のセクハラを私が代表で社長に陳情してくれないかと頼まれた。

なんで私なのさ?

セクハラを受けた当事者を助けに行ったのは私ともう一人だが、あれからもう2ヶ月以上経っているし。

車の中で太ももをさわっていたらしいが、それも私が直接見たわけではないので、上司としても言い訳はいくらでもできるだろう。


あんなことは二度とさせないと、飲み会にはデジカメとヴォイスレコーダーを持参して証拠をつかもうとは思っているのだけど、なんで私がこのタイミングで社長に直訴しなきゃならないのかね?



近々社長面接があるのでそのときにこういうことがあったと言うつもりと頼んだ方(セクハラされた人ではない)に言ったら、それじゃ遅すぎると。



時々、セクハラを受けている人と上司が二人っきりで誰もいない部屋にはいって1時間以上話をしていたところを見かけたという話はきいているが、私が直接みたわけではない。


見たときに見た人が社長に報告すればいいじゃん。



自分がやりたくないからって、私に頼むのやめて。





他の方々は上司の仕事の方針も正確もセクハラも何もかもが気に入らないらしいので、なんとしてでも排除したいらしい。


私はといえば、仕事の方針についてはあまり反対の意見ではない。

セクハラさえ反省して二度としないでくれればいいと思っている。

もちろん自分がその対象になったときはただじゃおかないが、当事者ではないので当事者が言いたくないといっている以上、今私にできることは上司との飲み会には参加しないでもらい個別に飲み会に誘うことぐらいなもんです。





なんだかいらいらする。そんなに文句があるなら直接いえばいいのに。

怖いから言えないって。。。。子供かよ。

何かを変えたいならそれなりに覚悟と強さが必要ってなもんだ。

それ無しに文句ばかりいっても何も変わらないっての。

AD