Takashi Tanuma

バナーを作成
2017-05-20 00:17:27

「ディズニーランドで全て教わった」講演!

テーマ:手作り奮闘記

「ディズニーランドで全て教わった」講演!



久しぶりに青年会議所の例会に参加し、加賀屋感動ストアマネージメントの、加賀屋克美さんの講演でした。



「夢への挑戦 人生を切り開くのは明確なビジョンと自分自身の情熱」の演題です。


「働くことの喜びはみんなディズニーストアで教わった」を出された、ザ・ディズニーランドという人です。


以前のJC例会で加賀屋さんを紹介していた、香取貴信さんのお話が面白かったので、今回も楽しみに参加してきました。


{0F71B4C8-0148-4329-95A1-0089732C58F5}



ーーー


12歳の、1983年4月15日、ディズニーランドオープンの初日から、ディズニーランドに行った。親戚にチケットをもらって。

しかしどこで何をすればいいかわからない…子供達だけで行ったので。



そのとき、お兄さん達が、とにかくやさしかった。

他の遊園地では、子供扱いされたり、ふてくされて、つまらなかった。

一番驚いたのは、お掃除のお兄さんが、すごく楽しそうに仕事をしていること。

そこで、小学生の夢は「ディズニーランドで働くこと」



専門学校に入った。

オープン当初は京葉線がなかったため、浦安駅から移動した。

当時杉並に住んでいて、学生キャストの募集条件を満たせなかった。

凹んだ。

しかし、じゃあ学生時代に、接客業で訓練しよう、とおもい、マクドナルドでアルバイトをしようと申込んだ。



採用面接で店長に言われた。

「やりたいことは、すぐかなうことではない」

マクドナルドでも、まずはポテト揚げることから。1年以上勤め、レベルが上がってから、やっと接客できるようになった。

それでわかった。

接客は難しい。

ディズニーランドのキャストたちがやっていることは、簡単だと思っていた。誤解だと気付いた。


{231E4E86-806E-4ECB-B6A1-C35EFF041071}


マクドナルドでの勤務は、歌舞伎町。スタッフは男ばかり。

酔っ払いが多かったf^_^;

スマイル0円を、提供する。提供させられた。

そこで気付いた。

マニュアルだと、自分の気持ちが入らない。

情緒的サービスが必要。…自分の気持ち。

やりたいことをかなえるには、ステップアップが必要。



ディズニーランドに入社したとき、働く目的=使命を、教えてくれた。

ジャングルクルーズをしていたときも、先輩に聞かれた。

「仕事はなに?」

「ジャングルクルーズです」

「?それは仕事の内容だよね。仕事は『ゲストにハピネスを』でしょ」



ディズニーランドのキャストは、600種類の職種がある。

しかしみんな、同じ仕事をしている。

仕事の内容はどちらでもいい。

ハピネスを与える、のが仕事。



この仕事に、覚悟できているか?本気か?

自分で選んだよね?自分で決めたよね?

じゃあ、Yes、ハイ、喜んで!しかない。

決めるのは自分。決めたならやるだけ。



両親や友達がディズニーランドに来たら、どうする?

いろいろ勧める。

それをゲストにもやるべきでは?



先輩や、教育担当は、自分に関心を持ってくれて、情熱を注いでくれた。

かっこいい先輩に憧れて、それを見本にした。



満足と幸せの違いってわかる?と聞かれた。

満足というのは…色々な物を利用できたとき。

面白かった、楽しかった!という感情を持てたときが幸せ。物を通じて、関わった人の想いが伝わること。



1日遊ぶと、60人に声をかけられる。

かつ、マニュアル通りではなく、自分で情緒的サービスを考えた。












ディズニーランドで働く夢はかなえた。

次はスプラッシュマウンテンで働きたかった。

スプラッシュマウンテンは総工費270億。最高額。今でも。タワー・オブ・テラーは160億。

まだオープンする前から、スプラッシュマウンテンで働く!と訴えた。

でも皆に否定された。

そこで、スプラッシュマウンテンで働きたい、ということを、実現するため…考えた。

アメリカの本家ディズニーランドには、既にスプラッシュマウンテンがあった。人生初の海外旅行は1人でアメリカ。

乗ってきた。

感動した。

工事の進捗を毎日ビデオで撮った。

そうしているうちに、工事現場の方と仲良くなった。



60人のスタッフ募集だが、120人が応募。

なんと、残り80人のとき、抽選となった。心折れそうになった。

すると…79人が、皆で協議して、当選のクジをひかせてくれた。



スプラッシュマウンテンの仕事をやっていた。待ち時間4時間半。

そのとき、謝る…のではなく、効率的な残り時間の使い方を提案した。



アメリカに行ったとき「人は見た目で勝手に判断する」と言われ、

反例として…

生のじゃがいもに、ストローを貫くことをやってみせられた。

成長、を目指すなら、諦めない、想いを突き通す!

{BEA1F625-DE5F-42DB-8257-E48934F107B5}





ハッピーグラスとバッドグラス。

美点、共通点を凝視する。

バッドグラスだと、無理、ダメ、ばかり。マイナスの言葉は力が抜ける。

{DB13463D-5335-45C1-AF27-97AC6C80069F}



これからオタクの時代!

好きなことに探究すれば、博士になれる!


いいね!した人  |  リブログ(0)

tanumaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。