5,000人

テーマ:
新リーグが5,000人のスタジアムをという話になっていることで思い出した。

思い出したけど、内容を確認する時間がないので勘違いや間違いがあったらごめんなさい。



Jリーグが開幕する際に、小さな町をホームとする当時2部のチームがJリーグ入りを表明していた。

Jリーグサイドは、どうせできないと思って(って何かに書いてあった気がする)、スタジアムに屋根をつけれるなら、参入を認めるという条件をだした。

でも、チームは行政を動かしてスタジアムに屋根をつけちゃった。
そしてJリーグへ参加。

そのまま初年度の年間王座になった。

その後、スタジアムは座席も増やして、

今では、Jリーグで最も成功しているクラブとなった。



一方、全国区を目指したクラブチーム。

東京を本拠地にできなかったため、某市をホームタウンとした。

行政はかなり好意的に動く意思があった(と思う)のに、全国区のチームを目指していたため、チームは行政とのかかわりを強くしてなかった。

その後、東京へチームは移転したけど、チームは下降線をたどり、今ではJ2から抜け出す気配はない。



5,000人規模の体育館を4か月でどうこうするのなんて無理だけど、
その心意気やビジョンが大事だと思う。

川渕さんがこれはチャンスと言っていたが、
確かにマスコミに取り上げられてる今こそがチャンスだし、
今は規模が小さいチームも、
このチャンスを活かせれば行政を含む地域全体を取り込むことができるだろうし、
出来たチームが残ると思う。

プロチームだから、
できないチームには消えるチームもでてくるかもだけど。




AD