探偵 浜松 総合探偵社ガルエージェンシー浜松のブログ

静岡県浜松市の探偵社、事務所は浜松アクトタワー12Fです。
信頼度・実績・調査力、ナンバーワン!静岡県浜松市はもちろん全国対応いたします!
浮気調査・人探し・盗聴器発見・信用調査・企業調査など、あらゆる悩みを解決します。


テーマ:

単身赴任先で浮気がわかった理由


夫・妻が単身赴任中、浮気がわかった――
次のような理由で気がついたという方があります。

「スカイプで会話中、後ろを浮気相手が横切った」
無意識なのか意図的なのかわかりませんが、言い訳の通らない状態です。

「スマホで会話中、後ろで異性が名前を呼び捨てにする声」
尋ねたら、「テレビだから!」と言われたそうですが、ちょうど同じ名前の出てくる確率はどれぐらいでしょうか。

「部屋に行ったら浮気相手のものがあった」
化粧品や歯ブラシ、小物などは片付け忘れが多いようです。

「掃除していたら風呂場に長い髪があった」
夫婦両方がショートヘアなのでおかしいと思って問いつめたところ、浮気相手が来ていたそうです。

「驚かそうと突然行ったら部屋に入れない、浮気相手と同棲中だった」
言い逃れできない状態ですが、「会社で頼んでいるハウスキーパー」などと偽ろうとしたケースもあります。

「単身赴任先の電話から、浮気相手が早く離婚しろ連絡してきた」
これは浮気相手側が、離婚してほしい、付き合っていることを伝えてくるということがほとんどです。
配偶者が「なかなか妻(夫)が離婚してくれない」「子供をたてに離婚を拒否されている」などと浮気相手に言っていることもあります。

おかしいと思えることがあっても、遠距離での単身赴任の場合は、ご自身で確認するのは難しいこともあります。
お悩みになられたら、どうぞご相談ください。

探偵社ガルエージェンシー浜松

フリーダイヤル:0120-98-1771
(365日24時間受付)

AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夫がおしゃれを気にするようになった


ご依頼者様は結婚10年以上、夫婦喧嘩もなく、仲がいいご家族とのこと。
しかし、ここ1年ほど、夫に気になることが。

・夫が今まで無頓着だったのに、おしゃれを気にするようになった
頻繁に床屋にも行くようになった

・帰宅が遅くなった。
 残業はない職場であり、「気分転換に出てきた」としか言わない

・用途不明金が増えた
「飲み会があった」というが、どこでの飲み会かが言えない。
「ほしいものがあった」というが、なにも買ってきていない。
お金の行く先を聞いてもごまかす。くり返し聞いたら逆ギレされる。

・周囲に浮気を指摘された
「若い女性と車に乗っていた」「女性と腕を組んで食事に来ていた」など、近場で浮気相手と思える女性と一緒だったことから、悪い噂になってしまった。
子供に悪影響なので、離婚を考えて浮気調査をご依頼頂きました。

浮気調査の結果、噂になっていた女性との浮気が判明。
夫側は浮気相手との再婚を考えていた状態ですが、女性側は本気ではなく、「お店によくきてくれるお客さん。おごってくれる人、既婚者かどうかは知らなかった」という主張。

その後、協議離婚されたものの、夫側から現在も復縁の話がきているとのことでした。


探偵社ガルエージェンシー浜松

フリーダイヤル:0120-98-1771
(365日24時間受付)

AD
いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本当の浮気相手は別の人だった


「浮気相手はあの人だろう」と予測していたところ、浮気調査で、別の人だったといったことがあります。


こういったケースもあります。


「浮気らしいメールで使っていた愛称から、以前から夫と親しいAという女性との浮気だと思った。浮気の証拠をとるために浮気調査をしたところ、浮気相手はAではなく、仕事関係の人だった」


「妻に浮気の疑いがあったので問いつめたら、ナンパしてきた男で、メールアドレスしか知らない。そのときだけの関係だったと言われた。それでも隠れて付き合っているようなので、離婚のために浮気調査を行ったら、浮気相手が自分の親戚だった」


メールや電話の愛称からの予測や以前の浮気相手を疑っていたが、勘違いだったということもあります。

また、配偶者が浮気相手をかばうために、まったく違う人を浮気相手に仕立てることもあるのです。


浮気相手と思われる人に連絡した、怒鳴り込んだなどの行動を起こしたところ、まったく違ったということも。

こうなると相手側からは苦情がきますし、内容によっては責任追及を受けることもあります。


配偶者が浮気相手と主張する人が、必ずしも本当とは限りません。

確認は慎重にする方がいいでしょう。



探偵社ガルエージェンシー浜松

フリーダイヤル:0120-98-1771
(365日24時間受付)

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

実際の浮気調査~スマホが2台あった


ご依頼者様は結婚して1年未満という女性の方。

婚約中に夫に浮気疑惑があったものの、「昔からの仕事仲間。絶対に浮気ではない。心配ならいつでもスマホは見ていいし、メールもオープンにする」と言われ、それを信じていたとのこと。

しかし、夫が酔って帰ってきたときに、テーブルの上にスマホがあるのに、鞄の中からLINEの着信音が聞こえる…
確認したところ、浮気相手からの連絡だったそうです。

浮気の証拠をとりたいことと、離婚も視野に入れてのご依頼でした。

浮気調査の結果、やはり浮気。
しかし、夫側は何度か別れ話をしており、浮気相手側が、「別れるなら仕事場や奥さんに浮気のことを言う」と脅して会っている状態でした。

夫、浮気相手と弁護士をまじえての話し合い後、浮気相手側から慰謝料をとり、今後お互いに連絡しないという取り決めをなさったそうです。

現在は再構築できるか、離婚かを夫婦でお考えになっているとのことでした。

浮気相手側が積極的な場合や、関係を継続させたいからと脅しているケースもあります。
浮気の事実確認は慎重に行いましょう。

探偵社ガルエージェンシー浜松

フリーダイヤル:0120-98-1771
(365日24時間受付)

いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ストーカーについて警察で相談するとき

ストーカー行為を受けており、困っている。警察に相談を考えている―

このときには、可能な限り、書面と証拠を持って相談しましょう。


具体的には下記になります。


・今までのストーカーと思われる行為についての時系列順の書面

いつ、どこでつきまといや待ち伏せを受けたか、電話やメールがあったかなどです。

感情的なことは書かず、事実をまとめていきましょう。


・ストーカーの身元

名前や住所がわかっていればそれも伝えます。

それまでの交際があればそれも説明しましょう。

交際があったのに「付き合ってはいなかった」などと言ってしまうと、後々でトラブルになることもあります。

事実のみを話しましょう。


・メールのプリントアウト、手紙の持参

メールはプリントアウトした後も元データを消さないでください。


・電話の録音

問題があると思われる部分のみでかまいません、

ただし、こちらも元データは消さないでください。


自分で冷静に話すのが難しいと思える、軽く考えられてしまったことがあるというときには、弁護士や年齢が上の方に一緒に行ってもらうという方法もあります。


また、警察への相談の行き帰りにストーカーに遭遇したということもあります。

移動にも気をつけた方がいいでしょう。


探偵社ガルエージェンシー浜松

フリーダイヤル:0120-98-1771
(365日24時間受付)


いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。