パリ焼きとは?

テーマ:
リモージュ焼きは多くの作品が絵付け師の
職人さんのマークやサイン、または工房やメーカー
のマークが入っているのですが、

今回の題名にもあるパリ焼きは
サインがない事が多くあります。

これは"パリ焼き"です。と蚤の市で言われているのを
よく聞きますが、サインもないのに識別出来るなんて
凄いな〜と思っていました。

先日パリで行われていたアンティークフェアで
高級アンティークのポースレン専門の
ディーラーさんに質問をする為に
直撃してみました。

ムッシュに教わった事は
パリ焼きでもちゃんとマークの入っている物もある
という事と、

パリ焼きというのはリモージュ焼きの白い磁器に
パリにある工房やパリで絵付け師をしている
職人さんが絵付けをしていた物を
パリ焼きというと思っていたのですが…

パリ焼きは1815年までは80パーセントが
パリで白い磁器も焼いて、そして絵付けをしていた
そうです。

1815年以降はどんどんリモージュからの
白い磁器がパリに持ってこられて
それを使って絵付けをして"パリ焼き"と
言われる物を作っていたそうです!!

ほほぅ〜興味深いです!

さらに、質問〜

じゃ、
パリで焼かれた白い磁器に絵付けしたパリ焼きと

リモージュからの白い磁器にパリで絵付けした
作品では

どちらが貴方は興味ありますか?と質問したら

パリで磁器も焼いて、絵付けした物の方が
自分自身は断然好きだとの事でした。

オール・パリで作られたの方が
価値があるそうです〜。

でもマークも何もなくて、じゃどうやって
パリで焼かれた物だってわかるの?と聞いたら

それは、長年磨き抜かれ研ぎ澄まされた
審美眼で感覚的に分かるとの事〜

えええええええー!!

まさに "暗黙知...."

暗黙知を簡単にいうと

「経験や勘に基づく知識のことで、
      言葉などで表現が難しいもの」

まだまだ勉強が必要じゃのぅ~!!

私のパリ焼き〜
一体どんな感じかいい線いっているのか?
教えてもらいたいわ~!!
購入の際にパリ焼きですと言われて
買ったんだけど〜
↓↓↓
とりあえず、とってもエレガントでお気に入りです。

エレガントな絵付けです!!

オーラがある作品です~!!

ポチリとお願いします。
明日も頑張ります!!
メルシーボークー
↓↓↓


        にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
AD