クーネルの装備

テーマ:

バセットハウンドのクーネル姐さん。

右横っ腹は腫瘍がはじけて生傷になり、出血しています。

 

クーネルが傷が気になっています。

痒かったりもするのでしょう。

クネが掻いたり齧るのを防がなければ

傷はどんどん広がります。

 

ガーゼで傷を覆う

  ↓

ガーゼをネット包帯でホールド

  ↓

ガーゼを含む腹全体を腹巻で固定

  ↓

服を着せる

  ↓

マナーベルトで圧迫

 

という状態で創部保護をしていました。

 

冬期は着衣が暖かくてちょうどいいのですが、

さすがに夏真っ盛りだとクネも暑いでしょう。

お散歩に行くから、エアコンが効いてる室内だけじゃないもんね。

 

というわけで、クネの負担を減らすべく

装備から服を除いてみたんですが。

 

 

 

マナーベルトの下でネット包帯がずれてしまい

創部が保護しきれない状態になってしまいます。

 

 

 

結局、装備を元に戻しました。

 

 

腫瘍が大きくならず、創部がふさいでくれるのなら、

できれば手術をせずに様子をみたかったんですけども。

 

クネは消毒されるのが嫌でたまりません。

けれどもキャンキャン文句を言いながらも、

暴れずにガマンしてガーゼ交換を受けています。

着衣も好きじゃないけど、いうことを聞いてくれています。

 

クネは、飼い主は犬に対して、常に為になることをしている

と、確信を持っています。

 

若いころにネグレクトされて、不本意な状態で産まされて

クネを苦しめたのは人間だというのに。

彼女は人を好きでたまらないのです。

 

クネを見ていると、彼女の信頼にこたえるように

きちんと生きなきゃいかんなぁと、わが身を省みるのでした。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ

いつもありがとうございます!

 

犬のいる部屋は常にエアコンが稼働していますが

人間だけが存在する部屋は扇風機のみが動いています。

放熱するパソコンの前に座ると、汗がだらだらですぅ。


にほんブログ村

AD