2006年03月05日(日) 17時44分13秒

確実なお薬の情報が手に入れられるサイト

テーマ:うつ病患者のためのジェネリック医薬品一覧

 「自分が服用している薬について、確かな情報が欲しいなあ」
 とか
 「よく知られている副作用を検索したり、ジェネリック医薬品について自分でどんなものがあるか確かめたいなあ」
 なんて思ったことはありませんか?


 今日はここなら安心で確実な情報がもらえるに違いない厳選サイトを2つ紹介します。


 1つは、以前うちのおすすめサイトで一度紹介したことがある
 医薬品医療機器情報提供ホームページ
 http://www.info.pmda.go.jp/
 
 もう1つは
 社団法人 熊本県薬剤師会
 http://www.kumayaku.or.jp/
 です。


 前者は国が管理しているHPであり、後者は県の薬剤師会が管理しているHPですから、これらが信用できないと世も末ですね(笑)。


 医薬品医療機器情報提供ホームページでは
 お薬の副作用やお薬に関する注意事項がわかる医療用医薬品の添付情報が検索できます。
 また、各お薬の化学構造式なんかも添付情報にのっていますので、興味がある方は検索してみると楽しいですよ。
 化学オタクの方には必見かも?!
 
 また、熊本県薬剤師会のホームページでは
 ジェネリック医薬品の検索ができます。
 また、熊本県民であればお薬の相談にものってくれるようです。


 この2つのサイトは闘っている病気の種類はなんであれ、自力で少しでも努力して闘病していこうという、意気込みのある患者さん必見のサイトです。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年03月02日(木) 23時07分28秒

ジェネリック医薬品について

テーマ:うつ病患者のためのジェネリック医薬品一覧

 ジェネリック医薬品という言葉。


 最近地味に流行っています。


 町のお医者さんでも最近これを使いたがる方が多いようです。


 でも、ジェネリック医薬品という言葉自体に馴染みのない方も多いでしょう。


 ジェネリック医薬品というのは、いわゆる後発医薬品のこと。


 俗称でゾロとかゾロ薬なんて呼ばれていることもあります。


 これだけでは、なんのことかさっぱりという方もおられるでしょう。


 要するに、一番初めに新薬を開発した製薬メーカーは当然特許をとりますよね。


 その薬の特許が切れるのを待って、同じ成分の医薬品をより安いコストで他のメーカーがつくったものがいわゆるゾロなんです。


 研究費がかからない分だけ、安く薬が作れるわけです。


 ところでこのジェネリック医薬品。


 結構曲者であります。


 それは何故か。


 確かに成分は元々の特許が下りている医薬品と一緒です。


 しかし、効き目が微妙に違うという可能性は否定できません。


 それは、良いほうに働く場合と悪い方に働く場合があります。


 先発の元々良く知られている医薬品の方が優れているか、ジェネリック医薬品の方が優れているかについては一概に言えません。


 メーカーによって、どうしても製造工程に違いが出ますから、効用が微妙に違うのは仕方がありません。


 だから、わかっているのなら敢えてジェネリックを試してみてもいいかもしれません。


 しかし、私がこのブログでジェネリック医薬品を取り上げたのには少し理由があるのです。


 それはジェネリック医薬品は知名度が低く、我々患者が知らない間に二重に処方されてしまう危険性があるからです。


 実際私は、過去に二重に処方されてしまったことがあります。


 先発品であれば絶対薬の名前を知っているのに、ゾロを出されたばっかりに気づかずに二重処方をされてしまった。


 そんな失敗を繰り返さないためにも、ジェネリック医薬品についての新テーマを立ち上げることにしたのです。


 これからこのテーマでは、うつ病患者がもらう可能性の高いジェネリック医薬品について調査し、どのようなものがあるかを調べていきたいと思っています。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。