2006年07月20日(木) 00時58分00秒

to U

テーマ:勇気や元気をもらう歌

 Bank Bandの「to U」がやっとシングル化された。


 この曲はTBS系のニュース番組である「筑紫哲也 NEWS 23」のテーマ音楽として、もう1年以上も使われている音楽である。


 私は、このCDの発売を随分前から心待ちにしていたのだが、期待していただけにちょっとがっかりな面も。


 以前、この番組で今回のBank Bandバージョンではなく、各人のソロバージョンを流したことが確か一回だけあった。


 その時の歌の印象が今でも忘れられないのだ。


 今回のシングルは決して悪くはないのだが、それにしても以前聴いたことのあるソロバージョンの「to U」がとても良かったので、なんとなくもの足りない。


 Bank Band が以前開いたフェスのDVDに入っている「to U」と比べても、ちょっと・・・・、という感じ。


 でもこの曲自体は、しんみりと静かに心にパワーを与えてくれるし、聴いていると少しずつ気分も落ち着いてくるようなそんな曲。


だからちょっと今回のシングルのパワーは控えめだけれども、お奨めではある。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月21日(火) 23時52分22秒

I DON'T WANT TO MISS A THING

テーマ:勇気や元気をもらう歌

 少しだけ元気になりました。


 ここのところ気分が沈んで何もできなかったのですが、同じ音楽を何度もききまくって、少しだけテンションがあがりました。


 今日ずっと聴いていたのはエアロスミスの「ミス・ア・シング」です。


 原曲のタイトルは「I DON'T WANT TO MISS A THING」

まあ、敢えて日本語に訳せば「どんな些細なことも逃したくないよ」というところでしょうか。


 全てを日本語に訳してしまうと、みもふたもない純粋なラブソングです。
 


 この曲は映画「アルマゲドン」の主題歌です。


 映画のシーンを思い出しながら、スティーブン・タイラーの絶叫を何度も繰り返し聴いているうちに、なんだか気分が盛り上がってきました。


 きっと、この歌は英語の歌詞だからいいんだな(日本語に直すと素直すぎて少し恥ずかしい感じ・・・)。


 そうそう、音楽はフィーリング。


 鬱々した気分がとりあえず明るくなれば、それでよし。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年01月14日(土) 00時15分16秒

待夢磨心-タイムマシン-

テーマ:勇気や元気をもらう歌

 今回はコブクロ「待夢磨心-タイムマシン-」を紹介する。


 この曲はアルバム”NAMELESS WORLD”の中の収録曲。


 このアルバムの中には「ここにしか咲かない花」や「桜」などの聴きごたえのある大ヒット曲も収められているが、敢えて私は「待夢磨心」を選んでみた。


 アルバムの解説によれば、歌の題名は「夢」が叶う日を「待」って「心」を「磨」くということを意味しているらしい。


 肝心の歌の内容は、若い頃の過去の自分、年をとった未来の自分、そして今の自分の3人が、互いに意見を言いあうというもの。


 しかし今の自分には、過去の自分や未来の自分は何も言ってくれない。


 それでも現在の自分は時代の風をうけて、その風に流されながらも夢に向かって生き続ける。


 歌詞はちょっとした皮肉の中にも自分自身を笑い飛ばすユーモアにあふれている。


 軽快なリズムに、少し遊び心を織り込んだコブクロの歌。


 曲調は、一曲丸ごと底抜けに明るい。


 「ここにしか咲かない花」や「桜」のようにしっとり歌い上げる系の歌とは、また一味違ったコブクロを楽しめる一曲だと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月09日(月) 01時50分24秒

over

テーマ:勇気や元気をもらう歌

 今回はV6の「over」という曲を紹介します。


 この曲は1998年11月11日にシングルで発売されています。


 また、アルバムでは「“LUCKY”20th Century,Coming Century to be continued...」(1999年8月18日発売)と「Very best」(2001年1月1日発売)に収録されています。


 作詞は20th Century、作曲は菊池一仁、編曲は明石昌夫でTBSドラマ「PU-PU-PU-」の主題歌として使用されていたようです。


 私は実はこのドラマは知らないので、ドラマについてはコメントはできません。


 「over」という題名の曲は他のアーティストにもいろいろ作品があります。


 例えばミスターチルドレンにも同名の曲がありますが、これはV6の歌とは全くの別物です。


 しかし、どちらも基本的には失恋歌という点では共通性があります。


 ただしV6の「over」は恋をきっかけに、孤独ではない自分を発見し、過去に縛られずこれからの未来を力強く夢を持って生きていこうとする覇気があります。


 この歌を聴いていると私も、自分が現在抱えているうつ病から逃げ出さないで、病気に立ち向かっていけるような気がしてきます。


 そして、うつ病の完治は不可能なことではないかもしれないから、自分を信じて頑張ってみようかなという希望を与えてくれます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月12日(水) 00時40分00秒

自由

テーマ:勇気や元気をもらう歌

 今回は布施明さんの「自由」という歌を紹介します。


 えーっ、今回はなんか渋めな選曲だと思われている皆様。


 そうです。今回はちょっと大人な感じです。でも曲の内容は若々しいです。


 実は先日、NHKの歌謡コンサートで布施明さんがこの曲を歌っているのを聴いて、「いいな」と思ったのです。


 作詞、作曲は松山千春さん


 松山千春さん本人が歌っても、きっと味わいがあると思うのですが、私がCDショップでみた限りでは本人の録音バージョンはありませんでした。


 布施明さんが歌う希望の歌。


 いまどき流行の歌とはちょっと違うけどなかなかいい歌です。


 機会があったら是非聴いてみてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月07日(金) 01時27分10秒

Fine, Peace!

テーマ:勇気や元気をもらう歌

 スマップの最新アルバムの中に「Fine, Peace!」という曲がある。


 これはなかなか元気が出る曲だ。


 著作権侵害にならなければ、本当にここに歌詞を載せたいくらいの曲だ。


 ここのところ鬱状態にはまってしまい、抜ける糸口がなかなか見つからなかったのだが、この曲をじっと聴いていたらじんわり涙が出てしまった。


 そして10回くらい繰り返し一緒に歌っていたら、なんか少しずつだけど元気が出てきた。


 今、私の真上にある空が快晴になりますように。


 多くの人々に支えられている私もきっといつか本当の意味での快晴の空を見れるはず。


 平穏で静かでそれでいて透きとおった秋の空のように、澄んだ心の状態を味わってみたい。


 私のまわりの皆さんの力をお借りしながら、でも私自身の力で、すみわたる青空をいつか自分の頭上に本当に見てみたい。
 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年08月10日(水) 23時32分55秒

OCEAN

テーマ:勇気や元気をもらう歌

 B'zの新曲"OCEAN"が発売された。この曲はドラマ「海猿」の主題歌である。


 「海猿」を毎回楽しみにみている私は、毎回ドラマの最後に流れるこの曲の発売を心待ちにしていた。


 久々にB'zのCDを買った。とても爽やかな海の香のするラブバラードである。


 正統派をいく、いかにもB'zらしいバラード。稲葉さんの歌もさることながら、松本さんのギターも透明感があってよい。


 ただ、もうちょっとサウンドに遊び心や冒険心が欲しかったなあという気もする。


 なんせB'zは"太陽のkomachi angel"の頃からリアルタイムで聴いているので、今でも彼らがつくる音楽には期待が大きいのだ。


 B'zのお二人にはまだまだ、若者たちに道を譲らないで新しい音楽をどんどん創造していって欲しいなあ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年07月28日(木) 01時31分51秒

SMAPニューアルバム

テーマ:勇気や元気をもらう歌

 SMAPのニューアルバムとシングルが発売された。早速ニューアルバムを買ってきた。


 今回のアルバムは3枚組である。今メインの”SAMPLE BANG!”を聴いている。


 ざっと聴いた感じで私が気に入った曲は4曲目の"Dawn"と13曲目の"It's a wonderful world."。


 この2曲はとっても癒し系である。曲も歌詞もGOOD!


 SMAPに癒されたい方にはおすすめである。


 12曲目には友だちへが入っているのだが、新曲のシングルが当然のことながら入っていない。


 というわけで今、ニューシングルを買うか否かで悩んでいる。


 まあ、とりあえず、まだ聴いていない"HIGH BANG!"と"KAIZOKU BANG!"を聴いてからゆっくり考えようと思っている。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年07月11日(月) 18時20分05秒

Def Tech / My Way

テーマ:勇気や元気をもらう歌

 今”Def Tech”にはまっている。


 世間では結構前から流行っていたようだが、私はついほんの3日前にテレビの音楽番組でこのグループを知った。


 ちょうど番組では”My Way”という曲を流していたのだが、たった一回聴いただけではまってしまった。


 はじめて”Def Tech”の”My Way”を耳にした感想は、とても素直で優しい感じのラップ・ミュージック。


 聴いていると自然に心が平穏になるような気がする。


 ちょっと”Dragon Ash”のバラード系の曲感にも通じるところがあるけれど、”Dragon Ash”よりももっと音楽が柔らかい。


 それでいてラップに乗せた独特のハーモニーが美しく、新しい。そして、どこか懐かしい。


 この曲は”Def Tech”というミニアルバムに収められている。


 シングルカットは特にされていないようだが、このミニアルバムの価格は税込み1500円。


 8+1曲入っていて、この内容なら超お買い得だと思う。


 興味のある方は


 Def Techの公式ホームページ http://www.deftech.jp/html/


 で一部の曲の歌詞を見ることができる(残念ながら”My Way”の歌詞は見れないようだ)。


 あと彼らの音楽のサンプル(さっき聴いてみたら1分43秒~2分22秒位の部分が”My Way”だった)も聴けるので、一度お試しあれ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年06月29日(水) 00時53分33秒

ミスターチルドレン(四次元)

テーマ:勇気や元気をもらう歌

 ミスター・チルドレンが新曲を出した。「四次元」という4曲(プラス1カラオケ)入りシングルだ。


 できばえはまあまあかな。詩もそれなり。ミスチルらしいがちょっとインパクトに欠ける。


 なんか、桜井さんが小脳梗塞で倒れて以来、ミスチルの音楽はちょっと不調な気がする。


 詩もしかり、サウンドもしかり。


 桜井さんと私は同世代だ。


 私とは違って詩的センスも抜群な桜井さんには、もっともっと新しくて心にジーンとくる歌詞が書けるような気がする。


 桜井さんは病気からはほぼ立ち直ったが、まだまだいろいろな意味でちょっとスランプなのかもしれない。


 私が10年間闇の中でもがいているのよりは、少しはマシなのかもしれないが、似たような状況なのかもしれない。


 でも彼は一曲目の歌詞の中で「生きている理由はないが死にたくない」という主旨のことを言っている。


 私にもそんな言葉がいつか言えればいいなあと思う。


 彼にはこれからも聴いている人々に希望を与え、元気を出させるミスチルらしい音楽を作っていって欲しいなあとファンの1人として思う。
 
 
 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。