夏休み残りの過ごし方&課題&今後のこと



小学校受験 "本気”で慶應義塾幼稚舎をお考えの方へ   「あじを写生しました!」 目に指をつっこんだり、魚の

                              口を両手で開いてみて、面白がるお子様など、    

                              初めての体験のご様子でした。


小学校受験 "本気”で慶應義塾幼稚舎をお考えの方へ


  お子様方は良い夏休みを過ごされているでしょうか。


 又、親ごさんも「お受験」としての、大事な夏休みの過ごされ方をなさっていらっしゃるで


しょうか。


 受験本番を迎える年長さんのこの夏休みの過ごし方として、年長夏期特別クラス


カリキュラムの1つとして5日間を、「表現力強化」の時間として有意義に過ごしました。


 残りの夏休みの使い方として、常日頃より拝見しているお子様方のご様子から、又、


先週の1日の7時間を共に過ごす、「受験保育」時でのお子様のご様子からの、残りの時間の


過ごされ方、克服しておくべき課題、また、今後のための準備としての提案をしていますので、


課題をこなされ、自信につながる、基盤の整った秋を各ご家庭でお迎えいただきたいと思います。


 夏休みは「体験」することを重視していただきたい…と考えております。


 「体験」から身に付くことは、子供にとって、予想以上におおきいものです。


ただ、大人が意識して伝えないと、決して味わえないものでもあります。 特に、特別なこととして


お考えにならずとも、家の中のことでも、外のことでも、一緒に行動なさる折りには、


≪伝えたいこと≫


≪感じてほしいこと≫ 


をどうぞ、口に出してお子様方にお伝えください。


そして、お子様方からも、


≪感じたこと≫ 


≪伝えたいこと≫


が彼らの口から自然に出るように仕向けていただき、良く、話を聞いて差し上げてください。



夏休み中の課題として、


≪生活編≫


≪手先の巧緻性編≫


≪数や図形の操作編≫


≪体力・健康編≫


で、年中児さんも含め、多くの課題を出してあります。(*配布物を参照)


 色々なご予定のある中、大変なことと思われますが、夏休みの有効な使い方如何が、


今後の学習面の定着度に影響してまいりますので、夏休みの中間地点で、今一度、


アドヴァイス申し上げました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 来週の5日間は、


午前 9:30-13:30の4時間


「5日間deペ-パー徹底攻略」→ ペーパー全領域の基礎問題を

                        徹底的に学習


午後14:00-16:00の2時間


「5日間de個別テスト対応 言語徹底攻略」→ 面接及び個別試験の言語

                                  領域を一人ずつ丁寧に指導



午後 16:15-17:45 の90分を


「4日間de受験体操(応用自在+体操)」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


と・・・・、 年長さんは、なかなかハードなスケジュールで1日を過ごします。


 お母様にはお子様への健康管理をお願い致します。


 飲み水を多めにお持たせ下さい。



この夏が各ご家庭にとって、一層思い出深い夏となりますように!


来週からも、がんばりましょう!!!



少人数制指導・1対1の個別指導でお子様を合格させる

タンポポ会幼児教育研究所