押し込めた記憶

テーマ:


道を歩いていて妊婦さんをみかけました。

一緒に歩いているのはお母さんかな?と思ったところで、

ふと昔の記憶がよみがえりました。

私が二人目の子どもを妊娠して、出産のために実家へ帰ると電話したところ、

「あんたが出産して入院中、上の子は誰が面倒みるねん。帰ってこなくていい」

と言って電話をガチャンと切られてしまいました。

しかもご丁寧なことに、直ぐに電話をかけなおしてきて

「今度も旦那さんのお母さんにみてもらいなさい。
このことは私が言ったのではなくて自分で決めたことにしなさい。いいね!
私が断ったなんていわないでよ」と・・・。

あのときの私は呆然としてしまったんだよな~。と思い出したら、

今頃になって涙が出てきそうになってしまいました。

もう20年以上も前のことなのに、

すっかり忘れてしまっていたことなのに、

ふとしたきっかけで思い出してしまいましたが、

今ではもう母を恨んでいるわけではありません。

今となってはなんとも思っていません。

只、昔のそのときの私の心が置いてけぼりだったこと。

私は悲しかったんだということを今の私自身でしっかりと受け止めることが必要なんだなと気づきました。

心の奥深くに押し込んでしまった辛い記憶。

もう出て来ても大丈夫な私、今の環境に安堵しながら、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
AD

コメント(2)