読書

テーマ:


三浦しをんの本が好きです。

この本も読んでいる間に何度も涙がうるうる・・・。

登場人物も個性豊かで、ついつい引き込まれる。

読み終わった後の爽快感がなんともいえない。

AD