腰痛の患者さん

病院リハビリ室での事。

腰痛で来院された患者さん。

「痛み止めの注射打ってもらおうと思ってきたら、先にマッサージしてと言われてん。注射の後は触れないもんな~」と言いながら、
歩くのも辛そうで、ベッドへ上がるのもやっとの状態。

そんな様子の患者さんに触れると不思議なことに「?!嬉しくて楽しい!」気持ちがこみ上げてきたのです。

特に腰の部分は「わぁ~!」ととてもHAPPYな気持ちが溢れてしょうがない。

私自身の力はほどよく抜けて手が自然に動く感じ。

病院の場合は時間が決まっているのでストップウオッチが鳴れば強制終了。

「もっと触っていたいな」と思いながら終えましたが、実際はそれくらいの終わり方が理想です。

するとその患者さん、ベッドから降りた途端に腰をあちこちに動かしながら、「あれ?ちっとも痛くないわ。注射するのやめよう」とにっこり(*´∀`*)

今までは、患者さんの体に触れると<気がスーッと流れる感じ>は良く経験していたのですが、

今回のような感じは初めて!不思議だけど楽しい体験でした。

こころとからだは自由自在(#^.^#) 桃寧のぶろぐ
AD