こころとからだは自由自在(#^.^#) 桃寧のぶろぐ

心配していた重篤なクライアントさんから電話をいただきました。
開口一番「復活しました!」
まだまだ安静が必要だけど随分元気になられたとのこと。
そこまで至るには数々のドラマが展開されたとのこと。
私は聞きながら「凄い!」としか言えませんでした。
必死の思いで頑張られたクライアントさんには唯唯、畏敬の念です。
そして、さらに嬉しかったことは、
その方はとても生真面目な性格で
自然療養を頑なに取り入れていらっしゃったのですが、
今回の件で、食事制限の枠を少し外してくれたこと。
体力をつけるために、卵やお魚・お肉も食べるようにしたこと。
お薬も、納得できるものなら使用することにしたこと。
それを聞いて、その方の心が解けてきたのだな~とわかりました。
ご本人も「ここまで来なければわからなかったのかも」とおっしゃってました。
私もかつては完璧な自然食生活をしていましたが、
それだけでは、今の世間一般では不自然なことを感じ、
今はゆる~い自然食生活です。時々ですがお肉もお魚もお菓子もお酒もいただきます。
施療法は基本、東洋医学系ですが、必要に応じて西洋医学の指導もいたします。
この二つは決して喧嘩するものではないと思っています。
そのクライアントさんも「これからはゆるく楽しくやっていきます」とのこと。
その声にはとてもハリがありました。
その姿勢に私の方が喜びと幸せをいただきました。
ほ~んとうに嬉しいです!ありがとうございました。
AD