入院されているクライアントさんの整体をさせていただきました。
お店に来ていただく場合は、私とクライアントさんとの1対1なので
意思疎通はすんなりといきます。
ですが、出張の場合は、そこにクライアントさんのご家族も居合わせます。
そうなると、クライアントさんの背後に、ひしひしと感じるオーラ。
病状を心配されているご家族の方との意思疎通もはからなければいけません。
それはすんなりと行く場合は皆無で、時間をかけて取り組んでいくことになります。
いくら、ご本人が納得されていても、ご家族は整体というものに心配の念を拭えません・・・。
ましてや、入院の場合となると、その病状の深刻さに余計に深くなります。
いつも以上に「透明な集中」を心がけながらの整体になります。
先日もそんな感じでした。
仕事ですので、今更、しんどいとかは思いません。
素直に自然に受け止めていますが
こんな時は仕事帰りには、ぶらっとどこかに寄り道をしたくなります。
昨日も電車を途中下車して初めての街をブラブラ。
あちらこちらが目新しくてキョロキョロ。
そして、前から行ってみたかったお店でランチタイム。
お店はとっても繁盛していました。
身体に新鮮な空気を吸い込めた時間でした。
AD