「どうして整体師になろうと思ったのですか?」と聞かれました。

別にどうしてもなりたくて目指していたわけではないのです。

気がついたらそうなっていたというか・・・・。

でもふと思い出しました。

幼い頃、母親の体を揉んでいて、その体が柔らかくなっていく感覚が楽しかったこと。

当時幼かった私が、上手にもめる訳もなく、そんな感覚がわかるはずもないのに、

その、柔らかくなる感覚は今もハッキリと覚えています。

おそらく、無垢な心で体に触れていたのでしょうね。

野口整体で言うところの<天心>だと思います。

すっかり忘れていた記憶でしたが、

質問してくださった方にそのことをお話すると

「お母様からのおくりものだったんですね」と言っていただき

とっても心が温かくなりました。

昔の私と今の私が繋がった瞬間でした。

AD