心奥深くの記憶


こころとからだは自由自在(#^.^#) 桃寧のぶろぐ


整体をするときは、心をピュアにして掌を当てていきます。


そこには「どこが調子悪いのだろう」「この症状を治そう」とか言った雑念は一切不要。


唯唯、純粋に掌が動くままにすすめていきます。


その場所は、クライアントさんが欲するところに掌がスーッと行くのだろうなと思っています。


そうすると不思議なことに、クライアントさんの心の奥底に沈んでいた記憶が、フッとよみがえることがあります。


「子供の頃、母親に言われた一言を思い出しました。すっかり忘れていました」


「そういえば、私子供の頃、周囲から、「あなたは○○な子だ」とレッテル貼られていました。」


とかいろいろなことが・・・・・。鮮明な記憶としてよみがえるようです。


そのことに対してどう対処するのか・・・・・。何もする必要は無いのです。


クライアントさんも私も「そういうことがあったのですね」と認める。


判断を付ける必要はなくて、純粋に心穏やかに認める。


そうすると体も心もスーッと落ち着いて、その人本来の魂が輝き出します。

AD